仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



仕事をしていると嫌な目にも合いますよね。

 

 

もちろん、不愉快になるよな苦手な人や嫌な奴にも会います。

 

 

でも、仕事をする会社で暴力を受けることって絶対に許されませんよね?

 

今ではこんなにも種類豊富な求人や副業があるようですね。

 

チェックする>>>知らないと損する!知って得する!副業や種類豊富な求人情報について

 

 

話は戻りますが、会社で辛くて辞めたくなるような暴力を受けたときにどこに相談したら良いのでしょうか?

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

あなたは仕事場は大丈夫!?鉄拳制裁だけじゃない社内暴力の範囲

仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき?

「暴力」に関しましては「頭を殴られた」「腹を殴られた」「平手打ちを食らった」といった類の行動を思い起こしてしまいます。

 

ですが「ペンを投げ掛けられた」「本を飛ばされた」なども暴力と考えられるものです。

 

「痛い」「痛くない」、「外傷がある」「外傷がない」という感じの懸案事項ではないといえるでしょう。

 

同時にこのページでもチェックしてみましょう。

 

 

「警察に相談するなら暴力の仕返しはNG」

上司がそうした暴力をしているのに周辺の人間が素知らぬ振りをしているのであれば、否定できないブラック株式会社です。

 

暴力は「傷害罪」に相当する立派な犯罪で、正真正銘のあってはダメであることです。

 

また耳を傾けなくてはいけないこととしては仇討ちをすると自分も暴力を振るったことになります。

 

あなただって犯罪を犯していることも想定されるのでその点は十分に頭に置いておくようにしましょう。

 

 

「社内暴力は下記の対処で警察にいこう」

身体にある程度のダメージがあるようなケースでは病院施設に行って診断書をもらう

(日常的に行っているようなケースでは、普段から現状を積極的に詳細に記録しておく)

 

目に見えて外傷があるのなら診断書を持った上で警察署にご状況を

 

自分の会社に人事部やパワハラのホットラインなど相談できる部署があるのなら相談を持ち掛ける

 

自社にカウンセリングできないような問題点であれば各地域の労働局にお願い

 

診断書が出してもらえるような事態の中であれば診断書を持った上で相談を持ち掛けるのがベストです。

 

確証がないケースでは人事やホットラインなどの社内コミュニティに直接相談、難しければ地域の労働局に相談、といった具合です。

 

自分の会社に相談できる人がいなくても、社外には話し合いができる人がいるというのはしっかりと記憶しておきましょう。

 

「怖くてお話できない」という人も中にはいますが、行動をしないと上司はつけあがって将来的にもずっと同じようなことを絶え間なくきます。

 

ともかく、今の自分の社会環境を改善すべく用事です。

 

同時にこのページでもチェックしてみましょう。

 

 

 

こんな場所も!仕事の社内で暴力を受けて辞める3つの相談所とは?

仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき?
警察に相談する

「蹴る、殴り、はたく」などの暴力は立派な傷害罪ですので、あまりに酷いケースであれば、我慢せずに警察に相談するのが一番でしょう。

 

また、この際にお医者さん診断してもらいます。

 

そして診断書をもらってから警察に行くことで、被害届の提出がよりスムーズになり、警察も傷害事件の案件としての証明にもなります。

 

 

弁護士や行政書士に相談数

実際に弁護士を雇って、裁判で争うのも一つの手です。

 

仕事をする会社での暴行が私生活に支障が出るようなあまりに酷いケースであれば、それなりに慰謝料も頂くことが出来ます。

 

また、弁護士はちょっと自分には敷居が高いと感じる方は、行政書士事務所に訪ねてみる人も多いんだそうですよ。

 

 

会社で内部告発する

基本的に会社には、社内のトラブルに対応している相談センターが設けられています。

 

すると内部告発もしくは相談することが出来ます。

 

弁護士や警察に行くほど深刻ではないが、日常的に「叩かれたり、引っ叩かれる」のようなことがある場合はここに内部告発するのも方法の一つでもあります。

 

ここで、一つ注意点もあります。

 

 

労働保険料は仕事で暴力を受けて辞める相談しても意味ないの!?

仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき?よく、仕事先の職場で暴力を受けて、労働基準監督署に相談する人が少なくないようです。

 

しかし、これは場所によっては全く意味がないこともあるので注意しましょう。

 

基本的に誤解している人も多いですが、「労働基準監督署は職場の暴力や障害の相談をする場所ではありません」という意見も。

 

もし、相談するとしたら暴力によって労災が承諾されないときなどに相談するという使い方が適切だと言われています。

 

なので、傷害事件は労働基準監督署は関係ないので、効果は期待できませんが、仮に相談しても厳重注意くらいにしかならないと言われています。

 

 

 

「もう職場に対して精神的にムリだ」と思ったらどうすればいいの?

仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき?

確かに体調を崩してしまうと、仕事を変えるまでの間にブランクが空きがちになり、コンディション不完全などトラブルを抱えていると次の会社で採用されにくくなるおそれもある。

 

「休職」という選択項目も、会社復帰が公然の事実なので、そのまま退職してしまうとブランクがあるのと変わらない。

 

「もうムリだ」と思ったら、日付と印を入れた退職届を提供するなど、早めに適正な手続きを踏んで辞職をするのが理想的だようだ。

 

法律でも2週間前に離職の胸の内を示せば、会社を退社できることが常識。

 

ただし裁判を起こすなど、会社と逃げも隠れもせず対決するのは「転職」という観点から見ると敬遠したほうがオススメだという。

 

非人道的な嫌がらせを受けたら、仇討ちをしたくなるところですがNGです。

 

「前職の会社に通話され、職場状況を調べられることもあるので、次の転職というポイントでは円満に退職しておいたほうが良いです。

 

同じ理由で、『急に来なくなった』『休みがちだった』と言われるのも避けたいところです。『許せない』という気持ちはわかるのですが…」

 

もちろん、辞職する前に仲の良い先輩や同期に相談したり、会社の労務・総務担当に相談を持ち掛けることで解決することもあります。

 

労働基準監督署などに「匿名」で相談し、組合の改善を助長するのも念のため考慮しましょう。

 

同時にこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

でも、なぜそんなに被害にあうのでしょうか?

 

もしかしたら、運気が悪くなっている証拠かもしれません!!

 

 

仕事の会社で暴力を受けて辞めるのは仕事運が悪い証拠かも!?

仕事の暴力による相談場所!社内暴力への対応は警察に言うべき?日頃から頑張って働いているからこそ、もっと仕事運をアップさせたいと思ったことはありませんか?

 

やはり、金運や仕事運ってとっても大切ですから。

 

現在は、観葉植物は基本的にどこに置いても効果を発揮すると注目されており、置いてはいけない場所は特にありません

 

つまり、観葉植物を置くこと仕事運を上げることができると風水的に言われ、植物の選び方は葉がとがっていないものを選んだほうが良いです。

 

特に、小さいながら強く上に向かって伸びる「ミリオンバンブー」の観葉植物は仕事運を上げるのに効果的。

 

ちなみに、寝室は最も仕事運に影響を与える箇所なので注意。

 

寝室は悪い気を取り除き、新しい気を取り入れるので悪い気を取り除く寝室が汚れていると、仕事運はアップできず・・・

 

また、寝室に鏡は仕事運にNGというのは風水で有名な話で、主寝室ではさらに悪いので、注意しましょう。

 

最近では、成功している起業家やビジネスマン達の仕事への運気が向上する、こちらの風水グッズがメディアで紹介され人気みたいですね。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?