職場のおかしな変人の特徴はコレ!仕事場のヤバイ奴が君の会社にも


この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。





 

仕事していると色々な人に出会うし、接する機会も多くなりますよね?

 

ところで、職場にちょっと不思議な変な人っていますか?

 

調べてみると、色々な変人の目撃情報があるようですね。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

仕事の職場や会社にいる!おかしい変人の5つのヤバイ特徴


:独り言でブツブツなにかを言っている

もはや、なんでこの人を雇ったのかわからないほど奇妙な人種で、基本的にコミュニケーションは取れるのですが、なぜか独り言が多い様子。

 

しかも、ブツブツ呟くように言っているから、なんだか「不満を言われているんじゃないか?」と錯覚してしまいそうになります。

 

 

:急に怒り出す火山野郎

話していると、急に声を荒げて怒り出す変な人も人も多く、なにか地雷を踏んだのは間違いないですが、もはや沸点がわからない状態。

 

こんな人がいると、まともに話すのが怖いですし、急に怒り出して沸点がどこにあるのか分からないので、人間関係を築いていくのがとっても面倒くさくて億劫に・・・・・

 

 

:翌日に急に態度が急変するAB型

この変人なタイプは基本的に二面性があると言われている、AB型の人に多いと言われていますが、その日はすごく楽しそうに会話していました。

 

仲良くなれたかな?と思い翌日になると・・・・・

 

「フンッ!!」っと言わんばかりの好戦的な態度に急変しており、昨日とは別人のような態度に豹変しているような疲れるタイプの変人です。

 

 

:遅刻しまくる変人

基本的に、何度注意しても病気のように治らないで遅刻が多い人は変人の可能性があるという報告も寄せられています。

 

つまりは、楽観的と変人は紙一重というわけでしょうか?さらに、言えば「熱い奴」と「おかしい奴」も紙一重だと言われていますね。

 

 

:アスペルガー症候群

これは、あまり病気の一種でもあると医学的に言われているので、変人の類に入れて良いものか?

 

謎ですが、アスペルガー症候群の人は社会の中で変人と言われています。

 

しかし、どこかコミュニケーション能力が欠落している人は、どこかの能力が抜群に優れている天才肌の人かもしれません。

 

 

 

職場には変人や理解不能な強者が蔓延っている社会でもあります。

 

下記のようなとんでもない事例もあるそうですよ。

チェック>>>こんな酷いことがあるの!?職場にいる嫌な「先輩・上司・同僚」とのエピソードや事例

 

では、辛い職場ではどのような対処法があるのでしょうか?

 

 

あなたも気を付けよう!おかしい人だと思われる行動

「感情の起伏が激しすぎる人」

「この人頭おかしい・・・」と思われることが多いな人には、感情の起伏が激しすぎるという側面を持っています。

 

ちょっとした事でカーッとなって怒鳴ってしまったり、カリカリしてその感情を剥き出しにしたりする人でし。

 

眺めていてぎょっとしてしまいますし、どうしてそこまで感情の機運が盛り上がってしまうの?と言えそうです。

 

普通社会人はそこそこの感情の高ぶりというものは創り出さないようにするというのが仕事マナーとなっています。

 

それを絶対にオーバーして思いの丈をむき出しにする場合だと「この人物どこかおかしい・・・」と相手は映ってしまうのです。

 

そういう人は何かそれ相応の事で激昂するパーセンテージがありますから、近くの人も接近したいとは思わなくなったのです。

 

多少無理してでも距離を取った方が当たり障りがないので、だんだんと人気に衰えが見えていく事でしょう。

 

怒鳴ったりイライラするといったマイナスの感情にとどまらず、エキサイトしすぎるという人もやはり「頭のおかしいのでは?」と受け取られてしまいます。

 

急に笑ったりはしゃぎだしたり、または泣き出したりすることもある人には誰も親しくなりたいとは思ったりしないでしょう。

 

人間としての適性がないと思われてしまう危険性がありますから、心当たりのある人は胸の内のセーブをするようにお気を付けください。

 

 

「発言がコロコロ変わる人」

発言がコロコロ繋がってしまうという人も「この人頭のおかしいのでは?」とイメージされてしまいます。

 

以前はそう言っている風に言っていたのに態度を変えて全く違う意見を言い出したりします。

 

個人により発言内容を変えるようでは、その人に対しての信頼はもちろんなくなりますし「頭がおかしいのではないか」と感じられてしまう可能性があります。

 

どうしてまったく思いもよらない発言になるのかといった感じが気付かれませんし、そういう人には近づかないようにしようと警戒されるケースもあるでしょう。

 

「頭がおかしい」と理解されてしまう人の特有性に、発言がコロコロ変わるという事は十分入り込みます。

 

くれぐれも個人的な感想には責任を持って言い捨てるようにしましょう。

 

 

「常識では思い浮かばない行動をする人」

「ちょっとこの人頭のおかしいのではないか?」

 

と考えられることが多いな人の特徴に、常識では考えらない用件をするというものが見られます。

 

例えば仕事場に出勤する時に、職場に適するとは言い難いような華美な色のスーツややけにカジュアルなファッションで出勤してくるとか。

 

すると、身近な人はぎょっとして「あの人頭がアンバランスになったのではないか?」

 

などと思わざるを得ないのです。

 

また上司がレクチャーをしている時にあくびをしたりトイレといって席を立つことになったりするようなケースでも見られます。

 

普通の平社員が話しかけないような会社の幹部に同僚に話しかけるみたいな状況でフランクにお伝えしてしまったりするような人は、やっぱり頭がおかしいのでは?

 

とイメージされてしまうでしょう。

 

常識では思い浮かばない行動をするという事は、周囲の人を驚かせるだけでなく、同時に恐ろしくも陥れます。

 

そういう不安を抱えていた周りの人間は「あの人はキチガイじみたい」という風に思って除去しようとするのです。

 

自分では計算に入れないという場合でも、やはりTPOやビジネスマナーというものがあります。

 

そういうものをしっかりと気にかけて、必要以上に周囲に不安を与えるような、無茶苦茶な行動は行なわないようにするようにしてみましょう。

 

 

「道徳的観念というものがない人」

「この人頭のおかしいのでは?」

 

と考えられることが多いな人の特徴として、一般的な道徳的観念というものを計算に入れないという事があります。

 

例えば普通できれば会社内で出世したり少しでも良いポジションに足を突っ込んだらと考えたりするものです。

 

ですが、そのようなことに全くこだわらないという人は、周囲から見て「頭がおかしいのではないか」と思われてしまったりします。

 

せっかく良い勤務地変更話があって、支店長として栄転となるようなケースでも同じ事が言えます。

 

引越ししたくないといった独自の価値観をベースにしてそれを断ってしまったりすると「あんな良い話を断ってしまってあいつは頭のおかしいのではないか?」

 

などといわれてしまいます。

 

道徳的観念というのは人それぞれですが、それでもメジャーな価値観と言われるものを気にしないという人は、どうしてもそのように思われてしまいがちなのです。

 

何にベネフィットを求めるかという事は自分たちが選択すればよいのですが、あまりに庶民的な意見とは違うような場合。

 

受け入れてもらえないという側面もありますので、胸に締まっておいてもいいかもしれませんね。

 

そっちの方が無難にすむといったケースもあるのも事実です。

 

 

「自分は無価値だと思っている」

「どうせ自身の力だけなんて」とか「私には何の真価もない」などと極めて自己評価の低レベルな人というのがたまにいます。

 

とはいえ、もちろん落ち込んだ時に自分を責める人やネガティブ思考の人など、自己評価の低さも瞬間的なものであればさほど違和感はありません。

 

しかしあり得ないほど自己評価の低い人というのは、頭のおかしい人と言う部分ができるでしょう。

 

例えばこのタイプは自分にことが無駄なという自暴自棄な思いから自らを損傷させてしまったり、自棄になって犯罪を行なってしまうなんてこともやりかねません。

 

そこまで目茶苦茶な行動でなくても、毎回のことですが周囲に敵意をむき出しにするなんてことが見受けられます。

 

この場合、自分は無価値だからこれよりもっと何を行ってもその価値は下がることがないであろうという思い込みゆえに、極端な行動に走る可能性があると思います。

 

 

「自分の非を絶対に認可しない」

誰の目にも明らかに自分が間違えていても、それを絶対に異を唱える人というのがいます。

 

もちろん人は誰しも自分の過失を認めるのはイヤなものですし、率直にお詫びをするのが苦手な方も大勢いるでしょう。

 

しかし頭のおかしい人はその非を認めないという行為が限度を超えており、さらには他人に責任転嫁をすることもしょっちゅうなのです。

 

いくら周囲に間違いを指摘されようがはっきりとしたミスの証拠があろうが、頭のおかしい人は決して自分が悪いとは認めず、最後には逆ギレしてしまいます。

 

そしてよく知られている人が自分の間違いを認めたがらないのと頭のおかしい人が認めないのとでは、比べ物にならないほど違うところがあります。

 

それは頭がおかしい人は自分自身に都合のよい考え方をしますから、たとえ自分が悪くとも悪くないとお世辞抜きで信じているというポイントなのです。

 

何の疑いもなくやましい心もなく、自分は問題ないとイメージしてしまうのが変わり者の人なのです。

 

 

「善悪の境界線があいまい」

頭のおかしい人は良いか悪いかの判断ができず、気にしなくて悪いことをやってのけます。

 

例えば小っちゃい頃であれば虫や植物を攻撃したり、感情の赴くままに八つ当たりするなんてことは誰しもが一回くらいは体験したことがあるでしょう。

 

これは幼い頃にはまだ良いか悪いかの判断ができないからで、本来であればこの時期に周りの大人からそれは悪い事なんだと教わります。

 

しかし幼い頃にしっかりと理非善悪を理解していなければ、成人しても善悪の判断ができない頭がおかしい人間に見舞われてしまうことも想定されます。

 

そうなると小っちゃい頃には虫や植物を損壊させるくらいでとどまっていたのが、今度はその対象が動物や人にまで広がって行きしまうことも推定されます。

 

このタイプの人の最も人目を引く特殊性は行動と表情が伴いいないということで、笑いながら何ともなくて他人を攻撃したり、喜ぶべき時に無表情であるとかとするのです。

 

 

「限度というものを知らない」

頭がおかしい人、あるいは身近な所からそう見受けられる人は、物事の限度と言えるものを知らない場合が多くいらっしゃいます。

 

これは自分で限界を上回っていると分かっていてもストップできないである可能性もありますし、元を正せばその限界が分かっていない人もいます。

 

例えばトラブルをした時にとことんまで相手にして暴力を振るってしまうのもそうですし、ギャンブル、買い物禁断症状なども限度が明確になっていないからこそなってしまうのです。

 

そしてそのようなタイプの人はその自分自身だけでなく、周囲にまで面倒を掛けてしまうことが多く、特に身近な人たちであれば頭がおかしいからだけでは済まされません。

 

一歩勘違いしたら大きく道を踏み外してしまう状態にだってなる可能性がありますし、そうなってからではすでに遅い時間なのです。

 

ですからそこまで道を踏み外す前に子どもたちと保護者など身近にいる人が止められれば済むのです。

 

しかし気遣いしてくれる人が周りにいない場合にはかなり想像を絶する人物になると言い切っても問題ないでしょう。

 

 

 

仕事の職場や会社にいるヤバくておかしい変人への対処法


:関わらないようにする

「この人はちょっと変わってるなーー!」

 

と思うような人とは関わらないようにするのが一番という意見も少なくありません。

 

なので、少しでも気分を害するようでしたら、ストレスの原因にもなりかねないので、あまり関わらないのが一番でしょう。

 

 

:我慢して付き合う

変な人と言っても決して悪い人ではありませんし、自分に危害が及ぶような相手でなければ、仕事をするうえで、我慢してその人と付き合うのも一つの対処法です。

 

しかし、どうしても無理な場合は、仕事といえど、我慢せずに関係を断ち切ってしまうのがベストな方法でもあります。

 

 

:観察してみる

変な人は、行動が独特ですし、職場の同僚たちとの話題の種にもなることが多いようですね。

 

なので、避けるわけでもなく、我慢して付き合うわけでもなく、人間観察して面白がってみるのも一つの方法です。

 

しかし異性の場合、あまりジロジロみていると「自分に好意があるのかも!」

 

なんて勘違いされることもあるようですね。

 

 

他にも、職場にいる「嫌な奴」にはこんな対処法をとっているとの体験談もありますね。

チェック>>>本当に最悪なヤツが!!職場にいる卑劣な奴へ対処法エピソード

 

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

2件のコメント

  1. それ、わかります。
    でも、まだ周りに迷惑を気にして静かにしてるからいいじゃないですか!!
    こっちなんて、同じ職場に独り言をいってる変な人がいますよ!!

  2. どこの世界にも不思議な人っていますよね~(^^♪
    でも、そういう人がアインシュタインのような天才なのかも!?
    ですよ(^^♪

ただいまコメントは受け付けていません。