ニキビの正しい洗顔方法と回数を紹介!肌荒れを治す洗顔料も知ろう


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。





洗顔料は手間なく泡立て、汚れや皮脂を泡で包み込むようにするのも気にすべきポイントの一つです。

 

逆に、掌に出した洗顔料自体を顔につけてゴシゴシ洗ってしまうと皮膚を損傷させてしまいます。

 

中には、洗顔ブラシやタオルでガリガリと肌をこすった方が汚れを落とせると言われている方は多いです。

 

そのような洗いかたでは肌を傷めてしまい「顔や胸、背中」などに出来たニキビに悪影響を与えてしまうケースもあります。

 

チェックしよう>>>ニキビや肌トラブルに悩むあなたにピッタリ!肌の問題を解決するために大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

男女必見!ニキビ肌荒れへの正しい洗顔方法と回数とは?

男性でも女性もそうですが、1日に何回も洗顔したほうが良いと思っている方もいらっしゃいます。

 

基本的に洗顔は1日に1、2回の「朝と夜」の時間だけでも十分に皮脂や油を減らすことができます。

 

 

むしろ、過度な洗い過ぎはかえって肌に逆効果です。

 

 

皮膚のバリア機能が低下させてしまいかえって肌の悩みを招く可能性がふえてしまいます。

 

 

「洗顔は1日に何回するのが最善策なのか?」

 

ですが、各自の肌質・その日の肌の状態・季節と状況により異なということは知っておきましょう。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

ニキビを治すには1日に洗顔回数は何回なのが良いの?

実際のところは1日の理想的な洗顔方法としては「朝と夜の1日2回」となります。

 

これにはしっかりと理由があります。

 

「特殊な理由(生まれながら脂性肌・オイリー)がない限り、これ以上洗顔する必要性がないから」

 

ということです。

 

もちろん下記のような条件もあります。

 

「洗顔料を使用するか?」

「黙っていても汗をかく夏か?」

「言わずにいても潤いがなくなる冬か?」

 

でも話は違ってきます。

 

なので、『1日2回洗顔するのがベスト』ではなく、『洗顔は許可したとしても1日2回まで』と考えたほうが賢明でしょう。

 

 

 

肌荒れニキビ対策に「朝の洗顔方法」は本当に必要なの?

朝に洗顔をする目的は、眠っている間に分泌された「皮脂や汗」、ホコリなどのクリーニングするためです。

 

主に「水性の汚れ」が中心となっているので、「水だけを使用してきれいにしても」しっかりと汚れは落ちてくれます。

 

ですが「生まれながらオイリー肌で、綺麗にしすぎなくても皮脂が多く出やすい」

 

という方は、ニキビや皮脂の酸化を防ぐ対策のためにも、朝も洗顔料を使うことが必要です。

 

この医学的な報告には「朝は洗顔料を使う理由がない。水だけで十分だ。」には賛成の声、反対の声が両方あります。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

洗顔を毎日しないのはNG!洗顔料を使用しないで美肌に

乾燥肌ならまだしも「脂性肌や混合肌」毎日洗顔しないのはNG。

 

 

皮脂が毛穴のつまりを招きニキビを発生させます。

 

 

実は洗顔料を使用することに関して下記のような意見も。

 

『眠っている間にも皮脂は少なからず生じている。酸化を防ぐことを望むなら洗顔料でしっかり落とすべきだ!』

 

 

という洗顔を推奨する声が絶対と言っていいほど上がってきます。

 

皮脂は酸化すると過酸化脂質という「老化現象が生じる」元凶考えられます。

 

それを避けるためには洗顔料できっちり洗顔をしろ!

 

というのも賢明です。

 

ですがこのような意見も。

 

「元を正せば朝や夜の時間に使用する洗顔料を活用して落とすべき汚れはちょっとしかありません。」

 

「皮脂を残らず取ろうとするやり方には疑問しか抱きません。」

 

という評論もあります。

 

もしも洗顔料を使うことで、肌が乾燥しやすくなるカサカサ乾燥肌の人は水洗いだけでもOKです。

 

水洗いだけで洗顔方法も美肌への近道と言えます。

 

 

 

乾燥肌は洗顔料を使ってニキビ肌を洗うのは夜だけ?

「皮脂が大量に出すぎて大変!」という方であれば朝に洗顔料を使って手当てしてあげる方が良いと思います。

 

「カサカサ乾燥肌」

「敏感肌」

「肌が弱い人」

 

このような人は意向を無視して洗顔料を使えば肌をボロボロにしかねません。

 

特別問題なければ、朝は洗顔料は使う理由がないんです。

 

特にただでさえ水分がなくなる冬のシーズンは「ただただ乾燥を招くだけ」という意見もあります。

 

 

皮脂がそんなに出ていない(水でも落とせる程度)なら、過酸化脂質にもなりません。

 

 

夜の時間帯の洗顔の理由は、日中詰まった汚れ(皮脂・汗・ホコリ・メイク)を全て洗浄して、ターンオーバーを抑制しない状態にするためです。

 

 

睡眠中にターンオーバー(肌の生まれ変わり)が施されるので、「洗顔料を使って」きちんと綺麗にしてあげるのがベストです。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

男女必見!ニキビ肌荒れを治すなら洗顔料はキッチリ流す

洗顔後に洗顔料をキレイに洗浄してます。

 

このとき洗面台などにお湯を溜めて洗うよりは、シャワーを利用することが重要です。

 

なぜなら、洗面台などを使うことにより、お湯に溶けた洗顔料がしっかりとキレイにできないことがあります。

 

それが大人ニキビ(吹き出物)・肌トラブルが引き起こされることもあるからです。

 

洗顔した後は、最後にタオルで顔の水分を拭きやっておけば洗顔はおしまいです。

 

ここで、ポイントとしては清潔に選択したタオルを使うことによって、より肌の不調を抑止することが可能だと考えます。

 

衛生的ではないタオルでは、タオルの繊維の中にばい菌などが身を潜めており、大人ニキビ(吹き出物)が悪化する恐れがあるからです。

 

 

 

肌荒れニキビを治す洗顔料の大切さも知っておこう!

思春期ニキビ、大人ニキビ(吹き出物)対策していますか?

 

 

化粧水や保湿クリームで、肌に栄養を与えてあげることはとっても必要不可欠ですが、それだけではないです。

 

 

ニキビ肌を改善する前提条件として、アクネ菌による細菌感染を防ぐことこそが、第一条件です。

 

アクネ菌による感染症を予防するために、肌を清潔にすることが重要で、「洗顔方法」が肌トラブル改善のカギになるわけです。

 

 

そこで「なんの洗顔料を使うのか?」が一番重要になってきます。

 

 

こちらの商品は洗顔は肌荒れだけに限らず、毛穴の洗浄もするので「キメを細かくして整えたり」するのもおすすめです。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。