職場で好かれる新人の共通点の特徴とは?あなたも診断してみよう!

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は4 分で簡単に読めます



 

学校や仕事の職場など、多くの悩みの原因となるのが人間関係です。

 

 

しかし、職場の人間関係の中でも好かれている人と嫌われている人がいるのはなぜでしょか?

 

 

下記の共通点と特徴がある傾向にあります。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

診断しよう!職場で好かれる新人の特徴の共通点を診断(人柄編)

職場で好かれる新人の共通点の特徴とは?あなたも診断してみよう!
「ニコニコして愛嬌がある」

学生生活と同じで、いつも明るく元気な人は人を惹きつける傾向にあると、心理学でも言われています。

 

人間は表情で意思疎通を図るともいわれており、表情豊かな人ほど人に愛着を持たれやすい傾向にあるようです。

 

よく「仕事できないのになんでこの新人は好かれているのでしょうか?」という人が仕事の職場に居たりしますよね?

 

これは、その人の懐っこい性質から「許されたり、大目に見られたり」する心理的な傾向があるそうです。

 

 

「頑張り屋(努力家)」

積極的に仕事に取り組んだり、人は努力をしている人に好意的な印象を持つ傾向にあると言われます。

 

特に上司や先輩はこの人に対して「育成願望」という心理が働くようです。

 

これによって、「自分が成長させたい」という感情が相手に芽生え、愛情を注いでもらえるようになります。

 

努力していることが見てわかる人は、相手の向上心も刺激する効果があると医学的にも言われています。

 

つまり「努力家の人は」は相手にもそれを伝染させ、気持ちを前向きにさせる傾向にあると言われています。

 

 

「信頼できる(信用できる)」

仕事に限らず、人間関係のすべては信頼関係で成り立っていると言っても過言ではないほど「信頼関係」は重要です。

 

この信頼関係がおろそかになってしまうと、どんなに感じの良く清潔感のある人でも、ちゃんとした人間関係を形成することが出いません。

 

人間には、本能的に「騙されたくない防衛本能」が強く脳内で働いており、相手を信用できるかどうかを重点的に考えているという心理学的に言われています。

 

また、87%の人が対人関係において「信頼」を重点に置いているという報告が寄せられています。

 

まずは相手との信頼関係をしっかり築けるかどうかが、最終的に好かれる人につながるという傾向にあるようですね。

 

 

この診断結果であなたはどれに当てはまりましたか?

 

好かれている人には3つの大きく重要な共通点があるようですね。

 

 

他にも、こんな人が職場で愛されて出世すると言われているようです。

 

 

新人明日からできる!職場で好かれる新人を診断(行動編)

職場で好かれる新人の共通点の特徴とは?あなたも診断してみよう!

「感謝の言葉を忘れない」

人から感謝の言葉をもらうと自然と笑顔になり、やる気が湧き上がってきます。

 

やりがいのある仕事にも一緒になって「人から喜んで貰えること」があると考えられます。

 

しかしながら、私たちは「ありがとう」というメッセージの力を頭に叩き込んでいながら、関係が伸びたりします。

 

意気消沈することが多くなると、ついつい「されて疑いの余地はない」のような態度を受け取ってしまうことがあります。

 

相手が自分のためを思ってしてくれた行為に対し、感謝の言葉を忘れ、されて当たり前だと受けとめていては、いつのまにかその人が分かれていくのも当然だと思われます。

 

感謝の気持ちを言葉にすることで、初めて「役立ててよかった」と思えるタイミングになります。

 

どんなに小さな行為に対しても感謝の言葉を忘れないことが「好意を寄せられる人になる近道」という部分がありますね。

 

相手に好意を伝える私だけが使える武器として「心から笑うことが出来ること」があります。

 

目が合うだけで思わず笑顔になれる、どんなに辛いときでも笑顔で100パーセントの力で取り組む、そんな人を見守らなければいけないものです。

 

またニコニコといると、相手だけではなく自分にも良い影響を及ぼすことができます。「楽しいから笑う」は「笑うから楽しい」ということも可能なのです。

 

「上手く笑えない」と思う前に「なんて可愛らしい笑顔なんだ!」と鏡の前で自分を褒め称えてみてください。

 

できたら言葉にして、引き続きしてみてください。自分の笑顔を好意を持つことが「人から思慕される大きな一歩」となるに違いありません。

 

 

「どんなに小さなことでも褒める」

相手方の良いところを見つけ、さりげない褒め言葉をかけることができる人ほど周囲から評価が高いです。

 

わざとらしく絶賛するのは逆効果になるケースがありますが、人は誰でも「褒められたい、許認可されたい」とすることを望んでいるに違いありません。

 

褒め上手な人は、相手方のちょっとした変化、思いもよらぬ長所、好きなところを見つけるのが得意です。

 

相手の良いところに関心を向けるため、フレンドリーな言葉遣いや表情が自然に表れるという見方ができます。

 

また絶賛することの反対に叱ることがおきますが、叱り方の中に褒め言葉を含めることで相手の気持ちに気を付けることができます。

 

ポイントは最初と最後をプラスのキーワードにすることです。

 

相手を叱るときは多少無理してでも一対一で話せる環境が良いでしょう。

 

見せびらかされるように非難されるのは意欲や自信を失うことが考えられます。

 

駄目だしされている同僚の姿によって、職場環境にまで嫌な思いをさせるというようなケースもあるかもしれません。

 

心理学には好意の返報性というようなものがあります。

 

これは相手に好意に相当することで、同じだけの好意を返したくなる心理だと考えます。

 

つまり周囲から思いを寄せられる人は「こちらの意見を好意を伝えるのが得意な人」ということも出来るはずです。

 

 

「ポジティブな言葉を使う」

ネガティブな発言が多くある人とポジティブな発言が多い人がいたケースになると、当然のことですがプラス思考な発言をする人に好感触を持ちます。

 

しかし、あなたも弱気になったとき、悩んでいるときはネガティブな発言が多くなるに違いありません。

 

また親しい仲であっても、なんてことはない一言が相手を悪くしてしまうこともあります。

 

プレゼンの前で明らかに緊張している同僚がいたとして「緊張し過ぎじゃない?笑」などと冗談のつもりで心が落ち着くようなことを言ったとしましょう。

 

言われた本人はプレッシャーに強く、「相手は冗談めかして言った」という意図が伝われば問題ありません。

 

ですが、緊張状態に押しつぶされそうな心情だったら「どうして誰もやる気にさせてくれないのだろう」と心配になり、さらにドキドキが増加することもあるはずです。

 

「きっと上手くいくさ」、「君なら問題ないよ」とポジティブな元気づけの言葉をかけてもらって、気まずい空気になる人はいません。

 

何気ない意識の高い言葉に心が不安が解消されることもあるでしょう。

 

仕事の期限があと3日に迫ったとして、「もう3日しかない」と考えているのか、「まだ3日もある」と感じているのかによって一生懸命に取り組む姿勢は変わるものです。

 

周囲のためにも、あなた自身のためにも、できるだけチャレンジ精神旺盛な発言をするよう想定してみてはいかがでしょうか。

 

 

「相手の話しを聴くことができる」

「相手の話しを聴く」何ともベーシックなことですが、意外と困難を極めることです。

 

ただ話しを聴くだけなら例外なくできますが、「話をヒアリングしているときの自分の印象」まで気にかけている人は少ないのではないかと思います。

 

人が相手と意思の疎通をはかる場合、言葉よりも「言葉以外のこと」から多くの情報を得ることが存じております。

 

これは非言語情報の受け渡しと理解されていて、表情や仕草、姿勢といった見た目、コミュニケーションの中での間等々も入り込みます。

 

例えば、相手の話しをリスニングしている最中に腕を組み、目をつむっていたとしましょう。

 

自分としては相手の話しに力を入れて注意深く聴いているつもりでも、しゃべっている相手は全く逆の感じがすることがあります。

 

自分の考えや気持ちを伝え「わかってもらえた」と思えたとき、人は嬉しく受け取るものです。

 

人から好意を寄せられる人は、話すことよりも聴くことの方がよく理解しているのかもしれません。

 

話しを聴いているときに「自分の印象を傷付けるような仕草」がクセになってしまっている人は、改めて自分がどんな態度を採用しているのか考慮してみるのも宜しいかと思います。

 

話しの合間にバランスの良いあいづちを入れる、顔だけではなく体を向ける、相手の目を見て話しを聴く、などの話し手が楽しいものにするような仕草を習慣にできれば、何もしなくても好印象を持ったとしてもらえるはずです。

 

 

「相手の立場になって考えられる」

ときに、よかれと思ってしたことが「やり過ぎのおせっかい」として受け止められるである可能性もあります。

 

話しを盛り上げるためにプライベートに過ごす質問をした、一人の時間を感じ取りたいのにやたら電話を掛けてくる、親しいわけじゃないのに高価なプレゼントを渡す、などなど。

 

自分がされてラッキーな出来事が、何が何でも同じように相手を喜ばせるじゃないと断言します。

 

同じ言葉であっても、そのときの気持ちや場面によって受け取り方に異なる点は生成されるものです。

 

相手の立場になってあらゆることを考え、相手が呼びかけていることを察する力はコミュニケーション能力の基本だと言えます。

 

それを達成する為にも相手の話しを聴くこと、表情や身振り手振りを解釈することが大いに一役買ってくれるはずです。

 

相手の胸中にそっと寄り添えられるような暖かみは、とても暖かく、印象深いものなのです。

 

誰かのことを考えてを思って動作するときこそ、相手のことを一番に意識してみてください。

 

 

「見た目の重要性を心得ている」

中身でチャレンジするからパッと見なんか気にかけない。

 

恋愛やビジネスにおいても、性格や実力を重視することは素晴らしいこと想定されます。

 

ですが、だからといって外見に気を付けないのはとってももったいないことです。

 

人が相手の印象を決定するとき「第一印象をベースとして3回会う間に決まる」となると考えられます。

 

心理学ではこれを「スリーセット理論」と称しており、特に第一印象の意識が強く残ると言われています。

 

つまり周囲から好意を寄せられる人は「第一印象の段階から相手に一目を置かれることができている」と言えるはずです。

 

かえって、初対面で苦手意識を持たれてしまうと、時間がたってから挽回するのは時間が掛かることもあります。

 

 

新人のあなたは、この診断で最低でも1つ以上は当てはまっているのが良いでしょうか。

 

 

逆に仕事の職場で嫌われている新人はどんな特徴があるのでしょうか?

 

 

これはNG!職場で嫌われる新人の特徴を診断(嫌悪編)

職場で好かれる新人の共通点の特徴とは?あなたも診断してみよう!

「本音で話さず、嘘つきで信用できない人」

腹を割って話せない人は、相手に不快感を与えるようです。

 

 

「八方美人で状況次第で人間関係を変える腹黒人間」

腹が黒いと思われると、裏表があるんじゃないか?という認識になってしまいます。

詳しく知りたい方はこちらです。

 

 

「清潔感がなく、いつも汚らしい風貌でも平気な人」

口や体が臭い、汚らしい、不潔な人は特に女性に不快感を与えてしまいます。

詳しく知りたい方はこちらです。

 

 

「ボソボソとしゃべり、意見がハキハキしない人」

会話のキャッチボールをリズムよくできない人は相手にストレスを与える傾向にあると言われます。

詳しく知りたい方はこちらです。

 

 

「ムスっとしており不愛想で愛嬌がない」

コミュニケーションにおいて不愛想な人は、当然ながら人から敬遠される傾向にあると心理学的にも証明されています。

詳しく知りたい方はこちらです。

 

 

「口答えばかりで、不平不満が多い!」

口答えや多い人、不平不満の多い人は反抗的でネガティブという認識を持たれてしまうようですね。

詳しく知りたい方はこちらです。

 

 

 

このように、好かれる人に嫌われている人にも共通点や特徴があるようですね。

 

嫌われる行動診断で一つでもあてはまったいるあなたは疎まれている存在かもしれません。

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?