杜仲茶の効果(効能)で便秘を解消しよう!下痢や肝臓への副作用は?


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





トチュウ(杜仲)とは中国では漢方にも利用されるほど、歴史の長いハーブの一つです。

 

今では日本でも「国産杜仲茶」として通販や専門ショップなどで、市販されています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

ちなみに杜仲茶に関するの人気商品はこちらです。

 

 

杜仲茶の効果(効能)で便秘を解消しましょう。

トチュウハーブティー(杜仲茶)には、利尿作用を活発化させる成分が含まれているため体を内側から綺麗にする効果もあります。

 

ハーブティーを飲むことで、体内の有害物質を排出(デトックス)を活発化させることでダイエット効果も望めます。

 

このハーブの効能は便秘にも役立ち、便通が悪く悩んでいる人にもちょうどいいと思います。

 

では下記で詳しく知ってきましょう。

 

杜仲茶が便秘に効果的とされるのは下記のようなふたつ理由があります。

 

 

「ピノレジノールやジグルコサイド」

そしてもうひとつ杜仲茶にはピノレジノールやジグルコサイドという成分が含有されていてます。

 

このピノレジノールやジグルコサイドは血管を強化する効能があります。

 

血の動きを良くすることでターンオーバーを促します。

 

これにより代謝が快復して、消化吸収が遅れることなく行われ便秘に対し効果が手に入ります。

 

また体を内側から綺麗にする効果もあるので、老廃物を排出する効き目があるため便秘解消に繋がるということなのです。

 

 

「ゲニポシド酸」

杜仲茶に含まれるゲニポシド酸が便秘に効果を発揮していきます。

 

このゲニポシド酸は自律神経を催促するナチュラルプロセスがあり。

 

鈍った腸を生き生きさせることで便を体外に押し出すぜんぞう運動を活動的にさせます。

 

既にあるビサコジルやセンナなどは腸をダイレクトに活動的にさせます。

 

ゲニポシド酸は自律神経に呼び掛けるので、無理を感じさせない排便作用を助長することができます。

 

 

 

杜仲茶の効果(効能)は下痢や肝臓への副作用は大丈夫?

「杜仲茶は肝臓・腎臓への副作用はなく、むしろ働きを促す」

 

杜仲茶の中におきましてカリウムはナトリウム(塩分)の排出作用があります。

 

これがカラダの内側の不要な成分や毒素を尿として身体の外に排出する効果を確立されています。

 

もともと排泄行為は、肝臓や腎臓が不純物・毒素を濾過して執行されています。

 

この肝臓・腎臓の働きが希薄になる影響で腎不全などの成人病がひきおこされます。

 

杜仲茶の高い利尿作用が肝臓や腎臓の働きに一役買ってくれるため、生活習慣病が生じる危険度を減少させてくれることが可能だと考えます。

 

特に飲酒の慣習がある人に朗報で肝臓と腎臓が活動的になることを通してアルコールを分解して尿として外に出す働きが増加します。

 

 

「下痢などの副作用はないが、飲み過ぎは注意です」

 

基本的に杜仲茶には下痢や吐き気などの副作用は報告されていません。

 

ですが杜仲茶と言えど水分ですから飲用し過ぎるとお腹が緩めになるケースになります。

 

これは杜仲茶はもちろんですが他の飲料でもおんなじことを考えていいでしょう。

 

このように副作用というものはないでしょうが、気に掛けて摂り入れたほうがいいというものはいくつか見られます。

 

自分の体調を確認しながら飲むことを目標にしましょう。

 

 

すごい効果がたくさん!杜仲茶(トチュウチャ)の効能

「加齢対策(アンチエイジング効果)」

このハーブは中国漢方で不老長寿の生薬として普段から用いてきました。

 

トチュウ(杜仲)に含まれている「ゲニポシド酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、繊維、植物性亜鉛」には老齢化とともに低下する免疫性を快方に向かわせます、

 

これが風邪やインフルエンザなどの感染症を防御します。

 

 

「栄養補給(偏食改善)」

トチュウ(杜仲)のハーブには体の衰えを補う栄養素を豊富に含んでおります。

 

これが偏った食生活(偏食)をサポートしてくれます。

 

ノンカフェインなのでカフェインによる副作用はなく、お年寄り~子供まで気軽にトチュウハーブティー(杜仲茶)を飲むことができます。

 

 

「高血圧予防・改善効果」

昔から中国で杜仲は薬草として発見されており、「高血圧症、動脈硬化症」の病を患っている方にトチュウ(杜仲)の成分を投与しています。

 

またトチュウ(杜仲茶)を日頃から服用することによって血圧が降下するだけではありません。

 

他にも便秘、高血圧症に伴う不快な症状、めまい、頭痛、耳鳴りや不眠なども改善さたという報告が数えきれないほどあります。

 

 

「つらい腰痛の改善効果」

中国漢方では不老長寿の生薬として重宝されているこのトチュウ茶(杜仲茶)の効能です。

 

これには「腰痛や足腰の疲労感解消、頻尿、肝機能や腎機能の強化、高血圧、便秘」の症状に効果的とされています。

 

また、トチュウ茶(杜仲茶)はダイエットハーブティーとしても知られ、体内脂肪を燃焼させ、肥満を抑える働きがあることが研究でも取り扱われています。

 

 

「むくみ解消(老廃物・毒素排出促進排出)」

杜仲茶には肝臓によいといわれているジグルコサイドや、ピノレジノール、ゲニポシド酸という成分が含まれております。

 

よく杜仲茶と焼酎を割る飲み方が多いのもこのためです。

 

そして肝臓の機能を向上させることで、脂肪を分解、排出すると同時に不要な成分も体外に出していくので毒素排出にもなり痩せやすい体質に近づくことが来ます。

 

 

「ダイエットサポート効果」

全身の体脂肪への影響も減少させる影響を与えます。

 

しかし杜仲茶はダイエットやウエスト周りの贅肉をなくすのにとても実効性のあるハーブティーです。

 

内臓脂肪を減少させてお腹周りをスッキリさせます。

 

また痩せるために有効な基礎代謝アップも期待できます。

 

杜仲茶は胆汁酸の働きを効率的にあげて胆汁酸がホルモン様の働きを血中ですることで脂肪燃焼にも役立ちます。

 

 

 

最後に「杜仲茶の効果的な飲み方を」紹介します。

1日コップで5杯くらい口に入れるといいです。

 

ホットでもクールでも効果が決まっているので、作り置きも問題ありません。

 

ヤカン目いっぱいにお湯を沸かして煎じたものを熱いうちに飲用して、残ったのだとすればペットボトルで冷蔵庫に保管してクールダウンしてのみのもコスパが良いです。

 

杜仲茶は即座に効果の出るダイエット法じゃありませんので、水やジュース代わりに飲むという調子で毎日5杯くらい飲むことを目標にしましょう。

 

また、食事中に一緒に飲むと効き目があると考えられています。

 

食べた油を分解してくれますので、ディナータイムのお供には杜仲茶を推奨します。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。