紫イペ茶(タヒボ茶)の効能と飲み方を紹介!癌の予防に効かないの?


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





紫イペとはノウゼンカズラ科に属する別の名「パウダルコ」と呼ばれる高木ハーブです。

 

南米ではインカ時代から「神の恵みの木」と呼ばれ、ハーブティーは先住民がマラリアなどの感染症の予防に対応させてきました。

 

ちなみに紫イペハーブティー(タヒボ茶)の利用部位は主に樹皮です。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで人気の紫イペ茶(タヒボ茶)関連商品はこちらです。

 

 

 

すごい魅力たくさん!紫イペ茶(タヒボ茶)の効能とは

紫イペ茶の効果(効能)!ハーブティーの飲み方は癌の予防

「風邪などの感染症対策に」

このハーブティーは古くから「マラリア、風邪」などの感染症を予防の力を発揮してくれると評されています。

 

他にも「貧血、大腸炎、呼吸器障害、風邪、咳、真菌感染症、熱、喘息、リウマチ等に使用されるなどの事例もあります。

 

このようには何日間もハーブとして世界規模で用いられてきた。

 

 

「糖尿病を予防する効果」

原産国の南米では紫イペ茶(タヒボ茶)を糖尿病を予防するとして、日頃から常飲されています。

 

またインシュリン抵抗性を上げることで、脂質悪化の改善にも役立つことが分かっており、より糖尿病対策として注目されています。

 

さらに「強壮、抗炎症、抗菌、緩下、消化器機能不全、前立腺炎、便秘や花粉症(アレルギー)」などの症状改善に摂り入れられています。

 

インドの指導者ガンジーも紫イペハーブティー(タヒボ茶)を30年間用いていたと伝えられています。

 

 

「バランスのとれたビタミン・ミネラル 」

健康茶として満足のいく栄養タヒボ茶は「カルシウム、葉酸、ビタミンB6、マグネシウム」に象徴される身体に良いミネラル・ビタミンを内包しています。

 

栄養成分の豊富さは、他の健康茶に負けていません。

 

体調を維持することのために飲むお茶としてピッタリです。

 

 

「デトックス効果」

タヒボ茶の中には、発汗作用や利尿作用があるため、体内の老廃物が汗や尿、便として排出される効能があります。

 

こうした体を内側から綺麗にする効果が、ターンオーバーを活発化し結果として体質が快復されます。

 

これが疲れにくい身体や病魔に冒されにくい体質へと繋がります。

 

 

「鎮痛・抗炎・抗菌作用」 

有効成分が含まれるタヒボ茶は、薬のない世の中に痛み止めとして採用されてきました。

 

これ以外には、タヒボ茶は鎮痛作用ばかりではなく、抗菌・抗炎・抗酸化などの効果も見られます。

 

これとは別にサポニン、ペキチン、グリコシド、ステリン、フラボノイド、タンニン、テルペン、オシロイジンなど多彩な成分を含みます。

 

現在では、さまざまな作用を見せると究明されています。

 

 

 

「人気の紫イペティー商品を評判を口コミ」

 

東京都_50代_主婦_O・Kさん

 「紫イペ(タヒボ茶)の風味について」
紫イペハーブティー(タヒボ茶)はわずかに渋みのあるお茶で、ほのかな木の皮の風味(香り)が楽しめます。

 

日本茶っぽい印象です。

 

「はと麦茶、どくだみ茶、クマササ茶」を全部足して割ったような味で、日本人好みかな?

 

元気茶って感じのような気がしますし、効果も健康をサポートしてくれます。 日本のお茶っぽいですね。

 

シングルティーとしてもチャレンジ可能ですが、他のハーブとブレンドしてミックスティーとして堪能される多種多様なハーブティーです。

「紫イペ(タヒボ茶)の効果について」
 ストレス発散効き目があるのでしょうか?

 

「イライラ」しているときに摂取すると効果的ですし、体が丈夫になるので、体調もよくなります。

 

ガン予防にもなるそうですし、友人は「母親」の治療にこのお茶を利用しています。

 

効き慣れていないお茶なので、他にはない深い味わいなのかな(^_-)-☆。

 

と思っていたらそんなこともない感じでした。

 

長年の便秘がなくなったのと、ムカムカしていたのが少し改善されました。

 

愛飲者仲間は花粉症対策に実効性があるんだそうで、毎年飲用していますね。

 

癌予防に効果を見せるそうで、継続的に飲んでいきたいハーブティーです。

 

 

 

日頃から摂取することが「紫イペ茶(タヒボ茶)の効果的な飲み方」

紫イペ茶の効果(効能)!ハーブティーの飲み方は癌の予防

一般的に紫イペ茶(タヒボ茶)の飲み方として1日に500ml~1リットル程度の飲用が良いでしょう。

 

また、一気に飲むのではなく、1日の中で小まめに摂取することがオススメです。

 

風邪やインフルエンザなどの病気に悩まされる人は多くいますが、日常的に紫イペ茶を飲用することで免疫力が向上します。

 

継続的に摂取することでより効果が期待できるので、日常的に愛飲することが医学的にも推奨されています。

 

特に冬場はインフルエンザやノロウイルスが流行しがちなので、紫イペ茶を愛用して健康的な生活を心掛けるようにしましょう。

 

 

 

紫イペ茶(タヒボ茶)は癌の予防に効かないって本当?

近年では紫イペ茶(タヒボ茶)には「抗腫瘍作用」が見つかっており、これは「腫瘍」を根こそぎ断つ作用があります。

 

つまりガン細胞などの悪性の腫瘍を直接攻撃する働きと「免疫力増強作用」、「ガン栄養補給路を破壊作用」があります。

 

ほかにもキラー細胞の向上作用があります。

 

これは、ガン細胞をいち早く見つけて殺すガン細胞退治する効果効能)」があることから評価を高めているハーブティーです。

 

具体的にも紫イペ(タヒボ茶)の薬効に関する臨床データも増加し、認知され始めています。

 

今でこそ、癌(ガン)などの治療に役立つことが認識していますが、古くから先住民がマラリアなど、昔から感染症予防に使用した歴史があります。

 

 

紫イペ(タヒボ茶)は具体的に何の癌に効果的なの?

 

紫イペ(パウダルコ)はこれに関する薬効には、癌(ガン)細胞を撃退する効果があるのはわかりましたよね?

 

具体的には下記に癌に効果的と言われてます。

 

大腸、直腸舌、小腸などの消化器系

喉や食道などの気管支系

胃、肺、咽頭などの呼吸器系のガン

白血病・悪性リンパ腫などの血液系のガン

子宮、乳、卵巣、前立腺、睾丸などの泌尿器系のガン

 

また身体の内側に生じる癌(ガン)の病に効果が見られます。

 

また実際に病を患っている方の悪い部分を改善するサポートとしても役立っています。

 

現在ではサプリメントにも利用され中でも人気なのがこちら。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。