頬ニキビがポツポツとできやすいときは?広がる前に効果的に治そう!

気になる話題をクリック!目次一覧

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は20 分で簡単に読めます



ポツポツと広がっていく頬のニキビに悩まされていませんか?

 

ではそんなときはどうしたら良いのでしょうか?

 

さっそく頬ニキビがポツポツとできやすいときに、ポツポツ頬ニキビが広がる前に効果的に治す知識を学びましょう。

 

 

 

 

 

頬ニキビのポツポツが広がる前に肌質に合う化粧品を選ぶ

 肌質を改善する化粧水はコレ!生まれつきの悪い肌を診断

「気になる脂性肌(ギトギト肌)」

 

皮脂の分泌量がもっとも過剰な肌のタイプです。

 

この脂性肌タイプの方は皮膚(肌)が厚くなりやすく、穂湯麺がデコボコに見えがち。

 

顔全体が皮脂によってテカってしまいます。

 

 

また、毛穴が大きく開いており、皮脂や汚れ(チリ、ホコリ)がつまりやすく、頬ニキビの出来やすいタイプの肌質です。

 

 

化粧水選び間違えてしまうと、頬ニキビや吹き出物を招きやすい肌質なので十分に注意が必要です。

 

 

化粧水の選び方は「保湿力が過剰でないさっぱりタイプの化粧水がオススメ」ということ。

 

 

夏などの気温の高い季節は皮脂の分泌量が増え、冬は減少するのが普通です。

 

季節によっては肌のタイプが変化することも珍しくありません。

 

また、年齢と共に肌の機能が衰えたり、年代によっては肌タイプも異なってきます。

 

なので自分の肌が今どんな状態にあるのかをチェックし、スキンケアの方法や頬ニキビ対策を工夫することがとても重要になってきます。

 

 

 肌質を改善する化粧水!生まれつきの悪い肌を診断

「パサつく乾燥肌(カサカサ乾燥肌)」

 

皮脂の分泌量が最も少ない肌タイプです。

 

一見、頬ニキビの出来にくそうな肌です。

 

 

しかし乾燥肌のタイプの方は肌のきめも粗く整っていないことが多いです。

 

皮脂膜が十分に形成されないため、ちょっとした刺激でかぶれや湿疹などが起こりやすく、肌が弱ってしまうことが多いです。

 

 

乾燥肌の人は敏感肌でもあることから、保湿できる化粧水がオススメ。

 

ですが、自分の肌質に合った優しいコスメティックを選ぶこと条件です。

 

 

 肌質を改善する化粧水!生まれつきの悪い肌を診断

「混合肌(オイリードライ肌)」

 

部分的に肌がカサついたり、油っぽかったりする肌のタイプです。

 

特に多いのは、顔全体は乾燥しやすいけれども、額(おでこ)や鼻などは皮脂の分泌量が盛んな乾燥型脂性肌です。

 

スキンケアが少し困難だったりする方もいらっしゃいます。

 

 

混合肌のタイプは非常に扱いが難しく、顔の部分によって頬ニキビができやすかったり、全くできないこともあります。

 

 

まずは、その肌質から改善していくことが肌荒れニキビを防ぐもっとも効果的な方法とも言えます。

 

 

 

 肌質を改善する化粧水!生まれつきの悪い肌を診断

「普通肌(スタンダートスキン)」

 

 

皮脂の分泌が適度で、肌トラブルが起こりにくく、キメも整っているので、理想的な肌タイプとも言えます。

 

 

しかし、しっかりとスキンケアすることが大切で、これを怠ってしまうと頬ニキビを招いてしまう傾向にあります。

 

 

理想的な肌だったとしても十分にスキンケアを心掛けるようにしましょう。

 

 

どうでしたか?

 

 

このように肌質によってケアも違います。

 

で次に肌質を改善する食事メニューについて知っていきましょう。

 

 

 

広がった頬ニキビのポツポツを効果的に治す栄養成分とは

肌に栄養を送り血行を活性化する「ビタミンE・鉄」

腸で吸い込んだ栄養成分は、動脈を流れる血液により肌のすみずみまで巡り合わせます。

 

他方、無用になった不要な物質は静脈を流れる血液が収集します。

 

それらの傾向によって、肌の細胞が健康的に生育するのです。

 

したがって、栄養成分と老廃物の運搬役である血液が自然に流れていくことが必要不可欠です。

 

血液の流れに滞りがあると、細胞が栄養素不足になり、健康な肌にすることができません。

 

血行が悪いと顔色が悪く見えたり、肌の代謝周期(新陳代謝)が規則正しく行われず古い角質が肌の表面にとどまることで黒っぽくなって見えることも。

 

「ビタミンEが多く含まれる食品」
すじこ たらこ
うなぎ かぼちゃ 赤ピーマン
アーモンド 抹茶 アボカド
「鉄が多く含まれる食品」
レバー 牛肉 卵黄
あさり しじみ
かつおぶし 油揚げ

 

 

 

腸内環境を正常化する「食物繊維・発酵食品」

まずは栄養成分を体内に取り込む腸を綺麗にしないと、肌に栄養分がいきわたりません。

 

腸の中には、バクテリアや微生物、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする約1000種の腸内細菌が100兆個も見受けられるといいます。

 

人間が作り生み出せないビタミンやエネルギーを送っています。

 

腸内環境を良化するためには、腸内細菌の種類を引上げるよりも含まれている数を増やしたり、動きを生き生きさせることが必要です。

 

そのために取り込みたいのが、食物繊維と発酵食品になります。

 

「食物繊維が多く含まれる食品」
豆類 おから 納豆
ごぼう アボカド 海藻類
きのこ類 大麦
「発酵がされている食品」
納豆 かつおぶし みそ
キムチ ぬか漬け ザワークラウト
塩麹

 

 

 

肌の新陳代謝を正常化する「タンパク質・亜鉛・ビタミンA・C」

腸内環境を整え、血行を良化してはじめて、肌の栄養成分となるものが生きのびてきます。

 

肌の代謝周期を適正化するために意欲的に摂りたいのが、タンパク質と亜鉛、抗酸化作用のあるビタミンA・Cです。

 

細胞を作るにはタンパク質を欠かせません。

 

血管を作るにも、筋肉をしっかり作るにも、肌を作るにも、限りすべてのベースとなるのがタンパク質なのです。

 

タンパク質を丁寧に摂り入れて、アミノ酸の供給量を増大させれば「保湿力」「弾力」が高まり、ターンオーバーも活性化されます。

 

 

「タンパク質が多く含まれる食品」
肉類 魚介類
大豆製品 乳製品
「ビタミンCが多く含まれる食品」
パセリ 芽キャベツ
ピーマン ブロッコリー モロヘイヤ
キウイ いちご ゴーヤ
パプリカ
「ビタミンAが多く含まれる食品」
レバー あん肝 たら
モロヘイヤ ハツ すじこ
にんじん あなご うなぎ
しそ 卵黄
「亜鉛が多く含まれる食品」
牛肉 牡蠣 卵黄
たらこ いわし ごま
ココア レバー その他貝類

 

 

「肌質を改善する期間は28日が目安です。」

肌の新陳代謝は28日前後のローテーションで行なわれるのが堅実ですが、加齢や紫外線、ホルモンなどの因ります。

 

 

20歳をピークにそのサイクルがより一層長くなると自然に考えられています。

 

 

正常な新陳代謝に一役買って健康な肌をキープするためには、腸をきれいにして、血行を促し、欠かすことができない栄養素を摂る。

 

 

という3つのステップで改善を求めていましょう。

 

刺激物やおやつ(糖質が多いもの)、酸化した油などは皮脂の分泌量を増殖させるので、できれば回避したいところです。

 

ひとつの例として、カフェインをいっぱい含むもの(コーヒー等)、チョコレート、白砂糖の含有されているもの、スイーツ、天ぷらなど、お菓子、パスタ、中華麺、ピザ、ビール、甘いカクテル、調味料などです。

 

 

 

ニキビが出来やすい体質の方は、生活習慣が乱れるとすぐに新しいニキビが増えてしまうという経験をしたことがありませんか?

 

 

「生活習慣をきちんとしていても頬ニキビはできてくるけれど、生活習慣が少しでも乱れるとすぐにひどい状態になるので、嫌になってしまう」

 

 

と嘆く方も多くいらっしゃいます。

 

そこで下記では「頬ニキビにいい食事レシピ」を紹介します。

 

 

 

簡単レシピ!ポツポツ頬ニキビの炎症を効果的に治す食事

「ポツポツニキビに~トマトとパプリカのサラダ」

 

材料はこちらです。

トマト 1個

黄パプリカ 1個

大葉 2枚

オリーブオイル 大さじ1.5

クレイジーソルトそうでなければ塩をわずかに

 

 

作り方はこちらです。

トマトを一口大に、パプリカは二分の一にカットして中の種を抜き出してから5mm幅の千切りに決定する

 

大葉はみじん切りにする

 

ボウルにトマトとパプリカ、大葉を組み込んで、オリーブオイルとクレイジーソルトをいれたらしっかりブレンドする

 

冷暗所で1時間ほどクールダウンし終了

 

 

 

「肌を強くしてニキビを予防~カボチャと人参のマッシュサラダ」

 

材料はこちらです。

カボチャ 1/16個(100g)

人参 1/2本

レタス 4枚

ミルク 1/2カップ

塩 お好み

 

 

作り方はこちらです。

カボチャの種とわたを取り除いて、1cm幅の薄切りに決める

 

人参は5mmくらいの厚さの半月切りと考えて、レタスは簡単に食べられるボリュームに千切って器に装っておく

 

小鍋にミルク、カボチャ、人参、塩を控えめ程度に加えて火に掛けます。

 

ひと煮立ちしたら蓋をして、弱めの中火で5~6分お湯の中で加熱する

 

カボチャと人参がしなやかくなり、水分量が二分の一に達したら弱火にして塩をちょこっとプラスしてから、木べらで粗くつぶす

 

レタスの上に装って、好みでマヨネーズをかける

 

 

「新規のニキビが出来る方は~ピーマンの梅肉おかか和え」

 

材料はこちらです。

ピーマン 3個

ごま油 大さじ1

梅干し 2個

醤油 少々

カツオ節 5g

 

 

作り方はこちらです。

ピーマンを縦2分の1にカットし、ヘタと種を取り去って横に2mm幅にカッティングする

 

梅干しは種を排除して、包丁でたたく

 

ボウルにピーマンと梅干し、ごま油を入れ込んでブレンドして、醤油を隠し味ぐらいに加えて和える

 

一番最後にカツオ節をミックスしてから、器に盛り塗りつける

 

 

 

治らない方へ!頬ニキビのポツポツを鎮静化する栄養成分

ニキビや吹き出物を食べ物で改善!肌荒れの原因の食事と飲み物

ビタミンB群

ストレスに見舞われると大量に費消されるのがビタミンB群です。

 

 

ビタミンB12

神経系を規則正しく機能させる働きがあり、ビタミンB1にはメンタリティを安定させる作用が存在します。

多く配合されている食材:納豆、味噌、サバ、イワシ、レバー、チーズ

 

 

ビタミンA

ストレスに負けまいとするホルモン(副腎ホルモン)を構築する材料になります。

多く含有されている食材:レバー、にんじん

 

 

マグネシウム

交感神経の仕事しすぎを押し止め、メンタリティを安定させる効果を発揮してくれます。

多く含有されている食材:しらす干し、大豆製品、あさり、昆布

 

 

亜鉛(あえん)

脳の神経伝達物質を作る素材となると考えられます。

多く含有されている食材:生牡蠣、レバー、牛肉

 

 

どうでしたか?

 

 

意外にも頬ニキビを改善する栄養成分が多いことがわかりますね。

 

また普段からコンビニを利用することはありますか?

 

実はコンビニの食材は頬ニキビの原因になると専門家から懸念されています。

 

 

 

悪い生活習慣!コンビニ弁当はポツポツ頬ニキビを悪化!

ニキビや吹き出物を食べ物で改善!肌荒れの原因の食事と飲み物

365日ジャンクフードやコンビニエンスストアの添加剤だらけ。

 

 

お弁当、洋菓子などを口にしている人は、肌になんらかの問題を所持しています。

 

 

欧米食中心の食事やジャンクフードばかり食べている人は、知らず知らずのうちに毒素が体内に溜まってしまいます。

 

 

毒素は外から排便として出されない限り体に溜まり続けます。

 

便が腸内に長くたまって腐敗を起こすことを「宿便」といいます。

 

腐敗ガスであるアミン酸や不要な物質は毒素を作成します。

 

 

この宿便が血液を不潔にし、血液が不衛生になることで皮膚が汚れ、ブツブツとして肌に見受けられるのです。

 

 

 

しかし頬ニキビのための食事メニューを配慮して用意するのって時間がかかりますよね。

 

「コンビニのものを調達して怠けても良いと思うなあ。」

 

と思い描いた時には、コンビニ食をコーディネイトした食事レシピにしましょう

 

上記のように総菜や弁当などの加工完了のものは添加剤過多のためあまり良いとは言えません!

 

ですが他のものを使ってラクラク用意することは可能だと思います。

 

 

 

ヨーグルトで便秘を解消!頬ニキビのポツポツをすぐ治す

「ニキビのもとを断つ!玄米フレークのヨーグルトかけ」

 

ヨーグルトが腸内環境を良化。

することで、体の内側からポツポツと大量発生する頬ニキビの原因(毒素)を体外へ排出。

ポツポツと出来る頬ニキビが広がる前に根本的な改善に繋がります。

 

 

材料はこちらです。

玄米フレーク 40g

ヨーグルト 100g

ナッツ 適正な量(状況に応じて)

フルーツまたはドライフルーツ 適正量

 

 

作り方はこちらです。

玄米フレークをボウルに盛り、ヨーグルトをかける

 

果物またはドライフルーツをその上に盛りつけ、終わりに好みでナッツを振りかける

 

とてもラクラク作れるため、大忙しの朝にはピッタリの食事メニューです。

 

果物とナッツ類でビタミンもしっかりと摂れ、ヨーグルトの乳酸菌で腸内周辺環境も整備されます。

 

コンビニではフルーツの詰め込みのようなスイーツ形式のものも市販されているので、一層簡単に作成することができますね。

 

 

 

話は変わりますが、頬ニキビを良化するときに食事には用心しても、飲み物も留意しなければいけないと思いませんか?

 

正直言って糖質などを多く含む飲み物を外せば、一体どんな飲み物が改良するために良いのかはっきりとしていませんよね。

 

では、頬ニキビを治すのに効く飲み物について押さえていきましょう。

 

 

 

飲み物も大切!繰り返すポツポツ頬ニキビを治すドリンク

 

「ハトムギ茶」

ハトムギ茶のヨクイニンエキスはニキビこと以外に、イボやアトピー、肌の問題にも効果的。

肌のターンオーバーを促す効果を確立されています。

 

 

「ドクダミ茶」

ドクダミ茶には高レベルな利尿作用、抗糖化作用、体にたまった毒を取り除く効果があります。

そして肌の新陳代謝が促されることで頬ニキビをブロックすることになると考えます。

肌のバリア機能を向上させ、代謝を正常化することでニキビのプロテクトをすると考えることが可能となります。

 

 

「ルイボスティー」

ルイボスティーの活性酸素を取り去ってくれるSODという酵素の作用で、毛穴の塞がりを無くすことができます。

また、安眠効果のあるので不眠症からのストレス性の頬ニキビ予防などにも役割を担います。

 

 

「ローズヒップティー」

ローズヒップには豊富なビタミンがブレンドされていますので、頬ニキビだけでなくシミが不安な時に口に入れると改善に。

他にも保湿や疲労回復、利用作用なども見込めるので、肌の保湿や老廃物除去にも効果を発揮できるでしょう。

 

 

「カモミールティー」

カモミールにはヒーリング効果があるということで有名。

鎮静効果、消炎作用、発汗や利尿というような、ニキビへの効果から体内毒を排出する効果にもつながる効果が見込める。

 

 

「ネトルティー」

ネトルですが、血をキレイにして炎症や赤みが心配な時に、血流を良くします。

他にも抗アレルギー作用も存在しますので、花粉症などに悩む人はこちらを飲むと良化できると考えられます。

 

 

「豆乳(調整または無調整)」

豆乳の有効成分は「大豆イソフラボン」です。

女性ホルモンのエストロゲンと似た仕事をします。

その為、エストロゲンの不足を補充して、バランス状態を保ちます。

ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、ビオチン、ナイアシン、葉酸、ビタミンEといった肌トラブルやニキビに効くオーソドックスな栄養素が含有されています。

皮膚のターンオーバーの促進、皮膚の成長を促進させて、皮脂の分泌を抑制する効果をまとめて手にできます。

 

 

このように現状よりも頬ニキビを悪化させない方法はいくらでも存在しております。

 

その第一歩として生活習慣の改善する方法があります。

 

では、逆にニキビ肌荒れを悪化させる飲み物はあるのでしょうか?

 

下記に紹介しています。

 

 

 

治らない原因!頬ニキビをポツポツ増やす食べ物や飲み物

「お腹に悪い冷えたドリンク(飲み物)が頬ニキビに」

 

冷えている飲み物を湯水の如くふくむと、全身が冷え、血液循環が鈍化してしまいます。

 

これが肌のターンオーバーを遅らせる誘引です。

 

冷えている水は腸まで達することはなく、胃で流れがストップします。

 

体温と同じ温かさの水や熱いお湯は胃で止まらず、サラサラっと腸まで届くことになります。

 

全身の老廃物をクリーンナップさせるために青汁をすすめていますが、そうすることで水分が全身に回り、体を内側から綺麗にする効果がアップします。

 

 

「お菓子などの甘い糖分を多く含む食べ物が頬ニキビに」

 

糖分に栄養価はほとんど見受けられません。

 

強いていえば、カロリーを補う影響だけだと言っても過言ではありません。

 

配慮しなければならないのが、糖分を過剰摂取ると血糖値が上がり、「糖化」という反応を発生させます。

 

これが老化現象を早め、肌の弾力を奪い、シミや吹き出物となるケースがあるのです。甘いものは食い過ぎず、適量に気を付けましょう。

 

 

「牛乳などの白いもの(精製された食品)を避ける」

 

白砂糖や白米、小麦粉などの精製された食べ物は自律神経の働きが不調になる誘因になり、ストレス性の頬ニキビを招くことに。

 

 

栄養価も低く、身体をクールダウンします。

 

 

これ以外にも白砂糖はカラダの内側から、ニキビ肌荒れを改善する「ビタミンやカルシウム」を奪います。

 

 

あまり神経質になるのもおすすめできません。

 

ですが、できる範囲内で白いものを避け健康的なものに置き換えを行ってチャレンジしてみることを目標にしましょう。

 

白砂糖→てんさい糖(体を温める非常に効果のある砂糖です)

 

白米→玄米、胚芽米や分つき米(玄米と白米との平均的なお米)

 

小麦粉→全粒粉

 

牛乳→豆乳で代用するようにする

 

このように日頃からの食事メニューは肌荒れ(ニキビ・吹き出物)の原因につながるので、食生活には注意しましょう。

 

青汁を頬ニキビ対策として導入するのも効果的です。

 

 

また遺伝的な肌質や体質によっては治療なしでニキビを治すことは難しいですが対策もあります。

 

 

 

1日の食生活は直接的に頬ニキビがポツポツできる原因に

私たちの肌の細胞は、日常的に新規に生え替わっています。

 

私たちの体は、肉や魚、野菜など摂取したものが腸で消化されることで形作られるので瑞々しい肌になりたい気持ちがあるなら、好条件なフードスタイルをとらなければいけません。

 

「食べ物の質」が、ダイレクトに素肌に現れてきます。

 

皮膚は一切うそをつきません。

 

極めて嘘偽りのないのです。

 

栄養配分のとれた和食中心の食事を採用している人は、間違いなく肌が魅力的です。

 

 

 

乾燥肌も頬ニキビをポツポツと広げる原因になっています

いつまでも潤いや弾力を保つ若々しい肌を維持するには、潤いや弾力をキープするのに欠かせない役割を担っています。

 

この部分に十分な水分があることで潤いが保たれ、ふっくらとした張りが実現するからです。

 

なかには乾燥肌に悩まされている方もいます。

 

では、まず最初に乾燥肌対策になる食事について学んでいきましょう。

 

 

カサカサ乾燥肌を食生活で改善!頬ニキビを栄養素で治す

「オメガ3系脂肪酸で血をサラサラに」

オメガ3系脂肪酸は、カラダの内側で作ることが不可能な不飽和脂肪酸の1つ。

 

血をサラサラにする効き目のあるα-リノレン酸やEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)等があります。

 

またホルモンや細胞膜の材料になり、美肌をキープする。

 

肌のモイスチュア効果を改めるセラミドの原料になる。

 

「多く含まれる食材」

アマニオイル、エゴマ油、イワシやサンマなどの青魚など。

 

 

「タンパク質でコラーゲンを生成しよう」

アミノ酸をたっぷりと含む肉や卵などの高品質なタンパク質を補給しなければ、うるおいの素となる天然保湿因子が足りなくなることに。

 

また、タンパク質はコラーゲンのもとなので、充分でなくなると肌のツヤやハリもなくなるのです。

 

他にも肌の生まれ変わりを活性化させ、新陳代謝を規則的に行なわせる。

 

「多く含まれる食材」

肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品

 

 

「ビタミンEで肌のバリア機能を高めましょう」

ビタミンEは、血液循環活性化や肌のバリア機能の増強など、乾燥肌には美味しい事尽くめです。

 

ビタミンEの血流改善効果によって身体中に血液が送り込まれ、細胞のターンオーバーが盛んになりることで皮膚の乾燥が改善。

 

肌にハリやツヤが出て来るといった役割も担います。

 

さらに皮脂の酸化を阻止し。

 

肌を固守するバリア機能を強めることで、UVなどの外的負荷から肌を守り、パワフルな肌へと誘導します。

 

「多く含まれる食材」

ごま、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボカド、すじこ、あんこうの肝など。

 

 

「ビタミンB群で肌の細胞を丈夫にしましょう」

ビタミンB群に関しても、特別ビタミンB2とB6は美しい肌のキーポイントです。

 

糖質や脂質の代謝を活性化させます。

 

細胞の修復やエネルギッシュな皮膚成長をサポートするビタミンB2が欠如したら、ターンオーバーが乱れます。

 

結果として乾燥やニキビなどの肌の不調が発生しやすくなったり、シミの元にもなると考えられます。

 

タンパク質の代謝を象徴するビタミンB6は、ホルモンバランスを回復する力があります。

 

「多く含まれる食材」

ビタミンB2は、レバー、豚肉、うなぎ、納豆、牛乳など。

ビタミンB6は、レバー、さんまやまぐろなどの魚類、卵、大豆製品など。

 

 

「ビタミンAで肌の内側から潤いを」

ビタミンAは大別して、動物性食品に入り込むレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロテンが見られます。

 

肌の代謝サイクルを活発にする効果もあります。

 

他にも、皮脂膜や肌に潤いを持たせる天然保湿因子の産出を良化し、皮膚や粘膜のうるおいを保持する。

 

「多く含まれる食材」

レバー、うなぎ、卵、ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜。

 

 

「ビタミンCでコラーゲンを生成して肌をプリプリに」

ビタミンCは、美肌にはキーポイントとなる水溶性ビタミンの1個です。

 

身体内の活性酸素を分解して肌への重荷をストップさせるほか、肌のプリプリ感を担うコラーゲンの生産をサポート。

 

肌の代謝周期を正常化しくれます。

 

またコラーゲンの組立てを活発化させるだけでなく、細胞を劣化させる体内の活性酸素を根絶します。

 

「多く含まれる食材」

いちごやキウイなどのフルーツ、野菜など。

 

 

 

ずっと治らない!頬ニキビを悪化させる内臓に悪い食べ物

せっかく乾燥肌に効く食材を食べていても、それを相殺してしまうようなNG食品を食べていては台無しです。

 

本気で乾燥肌を改善するなら、つい食べてしまいがちな以下の食品は避けるようにしましょう。

 

 

ファーストフードやインスタント食品

油が多いファストフードやインスタント食材。

 

 

暴食しは、代謝に必要不可欠なビタミンB群をたっぷりと使うことになり、肌のターンオーバーを遅らせてしまう場合があります。

 

またお菓子は砂糖を糸目をつけずに使っています。

 

カラダの内側をサビさせて糖化が生じる原因に。

 

コラーゲンに悪影響を及ぼしてしまうので、暴飲暴食にはご留意ください。

 

 

どうでしたか?

 

では次に乾燥肌の体質改善をサポートする漢方を紹介します。

 

 

漢方薬も効果的!男性~女性を悩ませる頬ニキビを予防

繰り返す大量の頬ニキビから見られる湿疹や皮膚炎に頻繁に利用される漢方薬です。

 

特に子供~高齢者のかゆみに適用となるオーソドックスな薬とも言えます。

 

分泌物があまりなくて、ブツブツが淡くてかゆみがある吹き出物等に関しても適します。

 

皮膚の乾燥は「血」が欠如する「血虚(けっきょ)」の一番大きいトラブルです。

 

「当帰飲子」は「血虚」の基本方剤を代表とする「四物湯(シモツトウ)」を加味したレシピで、乾燥した肌のかゆみを改修させると考えます。

 

それほど体力がない、冷え症の人にオススメされる漢方でもあります。

 

 

 

近年では、子供や高齢者も乾燥肌に悩まされています。

 

そんなときに乾燥肌を改善するオススメの飲み物で水分補給療法しましょう。

 

 

 

胃腸に良いルイボスティーも人気!頬ニキビを治す飲み物

「スーパーオキシドで乾燥肌の原因である活性酸素を除去」

活性酸素は大量に生じれば細胞に悪影響を齎して乾燥肌や老化にも繋がるというデータがあります。

ルイボスティーには、この活性酸素に歯止めをかける効果を見せるSOD様酵素が含有され、 細胞のターンオーバーを促進してくれると評されています。

 

 

「肌に潤いを与えるビタミンC・B1・B2を補給」

抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進させてくれるビタミンCを内包。

疲労回復に実効性があるビタミンB1、脂肪の燃焼、細胞のターンオーバーを活性化させ健康な皮膚、髪、爪を成長させてくれるB2など含まれます。

 

 

ミネラルをしっかり体内に入れて、乾燥による肌荒れを防ぐ」

ルイボスティーは、マグネシウム・カリウム・亜鉛・マンガンポリフェノール・カテキンなど、ミネラルを多量に合せています。

ホルモンバランスを整備して肌荒れにも効き目がありそうですね。

 

 

「睡眠の質を上げて肌の生まれ変わりをサポート」

カフェインが一切含有しないので、妊婦さんや赤ん坊も一息ついて飲めるお茶です。

ノンカフェインなので眠りにつく前のリラックスタイムにもイチオシで、睡眠の質をアップさせることで肌の代謝を促して乾燥肌を体質改善します。

 

 

チェックする>>>乾燥肌以外にも!ルイボスティーの素晴らしい効果と口コミを紹介

 

 

 

乾燥肌が頬ニキビの原因の人は「シワやたるみ」に繋がる

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

私たちの皮膚が水分を保持する機能が低下してしまうと、シワやたるみといった皮膚の老化現象が起こってきてしまいます。

 

乾燥肌の人は、皮膚の水分を保持できないので、これが「シワ、たるみ」の進行するメカニズムでもあります。

 

真皮の下の皮下組織は皮下脂肪組織とも呼ばれており、名前のように脂肪をたくさん蓄える役割を担っています。

 

女性らしい丸みを帯びた体系は、皮膚の最下層の皮下組織が発達することで、実現しているといっても過言ではありません。

 

また、適度な脂肪をたくさん蓄えることで、私たち恒温動物である人間の体を保温するという重大な役割も果たしています。

 

 

頬だけじゃない!乾燥肌は顔中で大量のポツポツニキビに

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

実は乾燥肌の人は肌の免疫力が弱い傾向にあり、アクネ菌(ニキビ菌)による感染症を引き起こす要因にもなります。

 

ニキビの出現背景にあるのは毛穴が縮小して隙間がなくなり、そこに角栓が詰まって閉じられることです。

 

出口のない袋小路となった毛穴に皮脂が生成されることで、内部に蓄積してニキビ化する…という病状が引き起こされるわけです。

 

そして、毛穴の収縮と角栓詰まりは肌元来のバリア機能が適正に役目を果していれば現実的にはほとんど発生することはありません。

 

本当のところ乾燥による肌バリア機能の低下こそ、頬ニキビのきっかけと言えるのです。

 

 

 

スキンケアも大切!ポツポツ頬ニキビを治す保湿ケア方法

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

常日頃のスキンケア、そのタイミングで丁寧に保湿対策によるケアもしている女性のみなさんがほとんどだと思います。

 

でもその保湿ケア、自分では正しいと思っていても美容のプロから見ると間違っている部分がかなりあるとも言われています。

 

スタンダードと思っていたモイスチャーケアのどこに誤りが見られるのでしょうか。

 

化粧水は「500円玉大」よりもプラスでしっかり乾燥肌対策

 

化粧水の裏に、よく「化粧水は500円玉大の量を利用する」と掲載しているものが見受けられます。

 

正直なところ、手に出してみると500円玉大はずいぶん量が多いので「私の素肌だとこれほどまでに化粧水はいらない」と量を減らして使用中の女性のみなさんが多いと聞きました。

 

 

この「500円玉大」の量、1度に活用してしまわないと意味がないわけじゃないです。

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

「500円玉よりちょこっと抑え目の化粧水をお顔全面につける」

 

「カサつきが心配でたまらない目元や口元に再度化粧水を塗りこむ」

 

「しばらく経ってまだカサつきを不安視している場合は再度顔全体に化粧水を塗りつける」

 

このメソッドで化粧水をつけると、知らぬ間に500円玉大以上の量の化粧水にお世話になると言って間違いありません。

 

これはあくまでも手でつける場合で、コットンで化粧水をつける場合は500円玉大では実は少ない場合があります。

 

コットンを活用して化粧水をつけるケースになると、500円玉大と比べて多めにコットンに化粧水を浸して使用することをお勧めします。

 

 

寝起きも大切!雑なスキンケアはポツポツ頬ニキビを悪化

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

朝の肌のお手入れ、数多くの人が

化粧崩れが心配でたまらない

時間に追われている

 

とおろそかにしてしまうことがあると思われます。

 

このいい加減のお手入れがカサカサ乾燥肌に拍車を掛けてしまう時もあるようです。

 

素肌への外部からび刺激がたくさんあるのは、お出掛けをしたり仕事している日中の間です。

 

この外部の攻撃から皮膚を守る態勢を整えるのが早朝のお手入れということなんです。

 

朝ケアが行っていれば外部刺激から肌をガードすることができます。

 

さらにしっかりとモイスチャーケアをすることでカサつきも阻止しますし余分は皮脂分泌もなくなると思われます。

 

 

早朝ケアでズボラなお手入れをしがちなのが乳液。」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

化粧水はしても乳液はベタつきが気に掛かるとつけない人が多いようです。

 

乳液は化粧水の蒸発を阻止する働きと、肌に適度に油分をプラスすることで皮脂分泌を調整する効果を発揮してくれます。

 

乳液のベタつきが気になってたまらないという人

 

「日中用美容液」

「日中用乳液」

 

と言われる物が市場に出回っているので使用することをお勧めします。

 

日中、皮脂分泌が多いケースの人は素肌が乾燥している可能性が大きいので、キッチリと乾燥肌対策をしましょう。

 

 

過剰な保湿クリームがポツポツできる頬ニキビの原因に?

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

肌のお手入れの時に、多量にクリームを塗るとニキビや吹き出物がでるから、なるべくクリームなどは塗布しないと感じている人がいます。

 

この元凶として発表されているのが「クリームは油分がたくさんあるので皮膚に余分の油分がついて吹き出物になる」という根拠ですが、実際の所そうとは言えないのです。

 

肌の吹き出物は、クリームなどの油分だけが原因でできることはほとんどありません。

 

「クリームでニキビができるのは以下ことが!」

クリームがマッチせずお肌が炎症を発症している

 

毛穴などの細菌がクリームを栄養成分にして繁殖する

 

自分のお肌タイプにピッタリ合うものを選択していない

 

近頃のクリームは、油分ばかりでなく美容成分が潤沢にブレンドされています。肌のカサカサが気掛かりな人は意欲的にクリームを使うのが利用価値が高いです。

 

 

 

奥の手に!ピーリングが大量のブツブツ頬ニキビを治す。

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

肌の余分な角質を取るためにピーリングをするのですが、素肌のカサカサしやすいシーズンにはピーリングをするとお肌に負担を負わせてしまうと中止してしまうことがあります。

 

このピーリング、敏感肌や乾燥肌の人は気をつける必要があります。

 

ですが乾燥シーズンだからピーリングがタブーというのは誤認識だと言われています。

 

普通肌・皮脂肌の場合、カサカサしやすいシーズンでもピーリング後にキッチリとモイスチャーケアをしてあげれば素肌へのダメージはあまり見られなくなります。

 

反対にピーリングをしないことで素肌にいらない角質が残り、肌荒れを引き起こしたり肌がゴワゴワして化粧のりが深刻になります。

 

「ピーリングをする時は以下のことを厳守しましょう」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

ピーリングは夜の時間帯する

 

ピーリングはお肌状態のもとで回数を決める(週1~2回程度で効果あり)

 

ピーリング後はキッチリとモイスチャーケアをする

 

ピーリングは、その時々の皮膚の状態によってチョイスするのがいいとされています。普通肌の人であれば、週2回くらいで結果はあるといえるでしょう。

 

しかし、肌に吹き出物やニキビができていたり疲れが表れている時は、1週間に一回でもOK。

 

カサつきしやすい時期でも入念にピーリングをして、しっかりとお肌にうるおい感をプラスされてあげましょう。

 

 

医学も推奨!ポツポツ頬ニキビをすぐ治す朝のスキンケア

これまで行なっていたモイスチャーケア(乾燥肌対策)、もっと効率的にするには美容のスペシャリストと紹介されている人たちの技を採り入れることも大切になります。

 

美容のプロと紹介されている人達はいかなるお手入れをおこなっているのでしょうか。

 

特に朝ケアはついついいい加減にしまうのでプロフェショナルなちょっとした技は記憶しておきたいですね。

 

 

「朝の洗顔はうるおい感にポイントを置く」

「睡眠中に肌は不衛生ではないから、朝は水オンリーの洗顔でいい」という美容法を挙げられます。

 

そのこともあり、早朝は水洗顔をしている女性だって珍しくありません。

 

水洗顔を行なっている人の中には、「朝から洗顔料を使うと顔が乾燥するから」という人もいるようです。

 

そういう問題事を解決するには、朝の洗顔料は「うるおい成分の高いもの」を採り入れるのがキーポイントになります。

 

朝の肌は埃などの汚れた状態はほとんどなくて、取り去るものは不要の皮脂程度。

 

なので洗顔力の強力なものを選ぶ必要がない訳なのであります。

 

モイスチャー成分のハイレベルなものをピックアップすれば素肌がカサカサになることもありませんし、余分な皮脂を除去してしまうこともないといえるでしょう。

 

 

「ブースターと化粧水を上手に使って保湿」

朝、化粧水をささっと塗ってしまうと皮膚がキッチリと保湿されないため、日中肌がカサカサになったり皮脂が過剰分泌してしまうことがあります。

 

「ゆっくりと化粧水をつけるタイミングなどあるはずがない!」という人はブースターを使うのがおすすめしたいと思います。

 

ブースターを活用すると、化粧水の浸透力が引き上げるのでなかなか浸透しない化粧水もスーッと素肌に馴染んでいくに違いありません。

 

時間に追われているから手を抜くのではなく、ひと手間プラスしてあげることで以前よりも肌のうるおい度は高くなります。

 

それでも、化粧水を落ち着いて付けている時間なき場合は、ブースターを付けた後にシートマスクを活用したら他の作業をしながら肌のお手入れをすることもできます。

 

 

「日中用美容液やクリームでモチ肌の完成」

「肌は乾燥しているけれど、早朝から油分のあるものを使用したらメイク崩れに見舞われる」とクリームはあまり使わないようにしているという人いませんか?

 

現実的には、クリームより乳液のほうが油分が少なく、軽いつけ心地なのでとても使い勝手が良く有益性がいいです。

 

しかし、朝のクリーム使いはモイスチャー効果だけではなく日中の化粧崩れ予防にも有用だと定義されています。

 

日中、皮脂が過剰に生み出されるのは皮膚がカサカサになったことで潤すために皮脂が過剰分泌します。

 

自分で入念に乾燥肌対策、保護をしていれば過剰な皮脂は表れにくくなります。

 

 

朝のケアでクリームを使うタイミングでポイントはコレ!

手のひらでクリームを温かくしてからお顔に塗布する

 

手のひらで優しく押し付けしながらつける

 

不要の油分があると感じ取れた時はティッシュを軽く顔に当てるする

 

これを遂行すればクリームも肌にちゃんと馴染み、モチモチ肌に仕上がります。

 

また、クリームは油分が多いと感じられる人は日中用美容液にお世話になると油分を抑えてしっとりとした肌をキープすることができます。

 

 

「夜ケアのポイント!いたわりとしっとり感」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

乾燥肌対策ケアは早朝だけではないのです。

 

夜のモイスチャーケアは早朝とは異なり、素肌への「いたわり」と「潤い」を重点にしたお手入れをしてあげることが大前提となります。

 

1日、外的刺激などでストレスを溜めさせられた肌を丁寧にいたわってあげることで、お肌の質も良くなります。

 

クレンジングは肌ダメージが少なくて済むものを選ぶ

 

夜、メイクを落とすためにクレンジングをしますが、素肌をいたわるためにはクレンジング剤選びも肝心だと思います。

 

肌は擦りすぎると傷付けてしまうので、幾度となく洗浄しないといけないようなクレンジング剤はなるべく採用しないようにしましょう。

 

肌へのダメージ、潤いを考えるとミルクタイプがイチ押し。

 

部分メイクは専用クレンジングでふき取り、その他はミルクタイプでも十分復調します。

 

「しっかりメーキャップなのでミルクタイプでは心配ごと」という人は、潤い成分や美容成分の配合されているクレンジングを使うと皮膚のカサカサは気にならなくなります。

 

ブースター代わりにオイルを使うのが決定ポイント

 

朝、化粧水前にブースターを使用しますが、夜間もしっかりとブースターで化粧水の浸透力を大きくさせます。

 

 

「夜間使いたいのは美容オイルです。」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

最近の美容オイルはブースター代わりに使用可能ものが多いので、1本持っておくと効果を発揮します。

 

「化粧水前にオイルを使うとはじかれそう」と思われますが、美容オイルは普通のものとは異なるので化粧水をはじくわけがないです。

 

ブースター代わりのケースでも、オイルも丁寧に塗ってあげるのが重要です。

 

手のひらにオイルを数滴垂らす

 

手のひらできっちりオイルをあったかくする

 

手のひらで優しく押し当てるように顔全体に付けていく

 

カサつきが気になるポイントは特に集中的にオイルをつける

 

アロマ的なオイルもあるので、そういうものを活用したら心もリラックス効果もありオススメです。

 

 

「クリームは首まで塗ってうるおい持続」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

化粧水・美容液の直後にクリームを塗るのですが、その時は油分などを意識せずにたっぷりと塗るのがコツになります。

 

肌の水分蒸発防止だけに限らず、クリームをふんだんに塗ることでクリーム内の水分も皮膚へ浸透しモチモチとした肌を形成してくれます。

 

この時に心に留めておきたいのが、塗る箇所です。

 

クリームを塗るときは日中外気や直射日光(UV)を受けた首やデコルテ部分にもしっかりと塗り付けてあげましょう。

 

首やデコルテは世代間が出やすいといった部分でもあります。

 

クリームを塗ることでカサつきだけでなくプリプリ感なども与えてくれるので、若さのキープにもなります。

 

 

「目元・口元にひと手間加えて乾燥知らず」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

顔でダントツに働かせているというデータがあるのが、目元と口元です。

 

たくさん動作させる部分は特に潤いが失われやすくなるので部分的なお手入れも大切だと思います。

 

顔全体のモイスチャーケア(うるおいケア)が終了した後、口元と目元には更に特別なお手入れをしてあげましょう。

 

部分ケアで「アイクリーム」がありますけれど、これは目元専用のケア用品と考えている人がいます。

 

アイクリームは、口元ケアにもオススメの万能クリームです。

 

ピンと張ったような感じにするにはアイクリーム(目元ののクリーム)は入手すべき商品です。

 

アイクリームがない場合は、目元と口元だけ少し分厚くもう一度クリームを塗ってあげるだけでもパサパサ乾燥肌防止になります。

 

 

「多忙な人は化粧水後にシートマスクを!」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

毎日メインの仕事や炊事洗濯で時間に追われると、夜帰宅が遅くなったからお手入れができない

 

「時間に追われている時は大まかお手入れをしたい」という人も多いのではないでしょうか?

 

こういう時は、調剤薬局などで売り買いされている美容成分配合のシートマスクをフル活用しましょう。

 

シートマスクを利用しても、効果を見受けられないという人もいます。

 

その原因を調べてみると、シートマスクのカサカサが元凶のようです。

 

素肌に美容成分が浸透する前にシートマスクが潤いが無くなってしまい、利用不能になっているというのがあるようです。

 

そういうケースでは、シートマスクの上に水分蒸発を阻止してくれるものをつけるとしっかりと素肌に美容成分が浸潤します。

 

今日この頃、100円の大量販売店でもシートマスクの上につける乾燥防止マスクなどが販売されています。

 

また、シートマスクの上にラップをしたり、シートマスクを2枚重ねにすると働きを示してくれます。

 

2枚重ねにするとシートマスク(フェイスマスク)がカサカサになるスピードも間に合わないので、素肌に美容成分がしっかりと浸透します。

 

 

スキンケアは肌の特質でスポットを当てるところが違う

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

上記で、朝と夜のカサカサ予防の基本的な肌のお手入れを紹介しました。

 

しかし、肌のタイプによっては効果に納得がいかないケースがあります。

 

スキンケアするより先に、まずは自前の肌のタイプを認識できることから始めましょう。

 

自分の肌のタイプをジャッジするには、洗顔後が分かりやすくなっているんです。

 

次の方法で、あなたのお肌がどのタイプになるのかをピックアップしてみましょう。

 

いつもと同様に洗顔をする

 

タオルドライをした後、10分間放ったらかしにする

 

肌がヒリヒリしたり突っ張ったりしていないか価値判断を行う

 

あぶらとり紙を頬・額・鼻に10秒間くらい優しく押し付ける

 

これで、次の肌質のどれに相当するかをリサーチしましょう。

 

肌質によって頭に入れておきたい、モイスチャーケア(乾燥肌対策)を紹介します。

 

 

「普通肌は臨機応変にクリームなどを付与」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

上記の肌のタイプリサーチで、次のような結果が出た人は「普通肌」になります。

 

ヒリヒリやツッパリとした感じがない

 

あぶらとり紙に脂(皮脂)がつかない

 

肌にカサカサした違和感がない

 

普通肌のケースでは、上記で提示した朝・夜ケアでちゃんとうるおい持続効果が期待できます。

 

しかし、普通肌の人でもカサカサになる時期は皮膚にかさつきが出たりすることが見受けられます。

 

そういうケースでは、クリームを少し添加して乾燥肌対策してあげるようにしましょう。

 

 

「乾燥肌・敏感肌はセラミド配合化粧水を」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

上記の肌質リサーチで、以下のような適えられた人は「乾燥肌・敏感肌」になります。

 

顔全体にツッパリ感があり、ヒリヒリ痛むことを経験した

 

あぶらとり紙に脂(皮脂)がまったくつかない

 

肌がカサカサまたはパサパサする

 

こういう人は、乾燥肌や敏感肌ということを指します。

 

普通、肌は細胞間脂質(セラミド)や皮脂で水分をキープしているのですが、顔の汚れを落とすとこれが流れ去ってしまいます。

 

洗い流されても、健康的な肌であればまた元通りにして保湿された素肌になりますが、元に復活しない状態が続くとカサカサ乾燥肌や敏感肌というわけです。

 

乾燥肌や敏感肌の人にイチ押しなのが、セラミド配合の化粧水です。

 

最近よく見掛けるのが、「ヒト型セラミド」含有のもので、これは肌の保湿力をアップさせてくれます。

 

ヒト型セラミドと一緒に、以下のような成分を含む化粧水を選ぶとカサカサ乾燥肌の人でも潤いが希望が持てます。

 

コラーゲン

ヒアルロン酸

エラスチン

アミノ酸

 

こういったものが含有される化粧水でしっかりとうるおい持続をし、クリームで蓋をしてあげればプルプルのと潤った皮膚になります。

 

 

「混合肌はいつもの肌のケアに頬の保湿を」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

上記の肌質チェックで、以下のような結果が出た人は「混合肌」というものになります。

 

頬など顔の部分的にツッパリ感が感じられる

 

おでこや鼻などのTゾーンポイントだけ皮脂が乗っている

 

混合肌のケースでは、基本的には普通肌の人と同様のようなお手入れで大丈夫です。

 

しかし、頬はカサカサしやすい為、ちょこっと保湿をしてあげることが大前提となります。

 

基本の肌のケアをした後、頬の部分だけ化粧水を繰り返し付けしたり、クリームをちょびっとだけ多く塗ってあげるだけでも保湿をすることができます。

 

ただし、混合肌で神経をつかわないといけないのがインサイドドライです。

 

表面は皮脂で油を塗ったようになっているけれど、肌の内側が乾燥で水分不足といったケースがあります。

 

こういう時、水分が今以上蒸発しないようにと激烈に皮脂を生み出すことが想定されます。

 

Tゾーンが異常に脂ギッシュな場合、インサイドドライの可能性もあるのでまずは入念に保湿をし、クリームで水分が蒸発しないように保全しましょう。

 

 

「脂性肌は化粧水前に拭き取りローションを」

乾燥肌の対策改善方法を!ニキビ予防できる顔へのスキンケア

上記の肌質リサーチで、以下のような結果が出た人は「脂性肌」というものになります。

 

肌にツッパリ感が一切無い

 

頬・鼻・額トータルの部分があぶらとり紙に脂(皮脂)がつく

 

脂性肌の場合、皮脂で水分が豊富になっているため肌のお手入れにちゃらんぽらんにしまった場合があります。

 

しかし、脂性肌だからお肌の奥の方まで水分が豊富になっているだけとは言い切れません。

 

脂性肌の場合、化粧水を塗布する前にふき取ってローションなどで毛穴の汚れなどを取り去ってあげることを目標にしましょう。

 

拭き取りローションを活用することにより、余分な皮脂や毛穴の汚れを取り除くにとどまらず毛穴を引き締めてくれる結果も望めます。

 

その後は、普通肌と変わることのないようなスキンケアで支障ありませんが、皮脂が多いケースになるとサッパリタイプの化粧水やクリームを使うのも何かと便利です。

 

 

 

チョコレートがニキビを作る事実!食べ過ぎたら肌荒れ予防が不可能

チョコレートを食べ過ぎて、ニキビが出来てしまったという人はけっこう多いのではないでしょうか?

 

これはニキビや吹き出物などに悩まされている人のアンケート調査にも明確に出ております。

 

こういった症状にお悩みの人は「お菓子類などを頻繁に食べたりし、偏った食生活」を送ってしまっている人が圧倒的に多いです。

 

またビタミン不足も肌荒れニキビを招く原因と言われていますが、実はビタミンだけ摂取しても改善するわけではあります。

 

 

絶対に食べ過ぎるな!チョコレートが肌荒れニキビを作る

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

例えばチョコレートを多く食べることによって、大人ニキビ(吹き出物)や思春期ニキビを発生してしまうと言うことは医学的には直接的な原因は無いそうです。

 

つまり、「お菓子(チョコレート)を食べすぎるとニキビができる!」ことはありません。

 

しかし、これが落とし穴です。

 

チョコレートは言ってしまえば「油の塊」でもあるので、ニキビのエサとなる皮脂の過剰分泌を招いてしまうことにもなります。

 

また偏った食生活によって皮脂分泌量が盛んになるため間接的な原因(要因)になると専門家に言われています。

 

まとめると甘いもの(チョコレートやクッキー)などは、間接的ではありますが肌荒れニキビの要因になるということです。

 

 

チョコレートと食べ過ぎたときにデメリットほかにもあります。

チョコを食べ過ぎたらニキビに

上記で説明した通りでチョコレートは言ってしまえば、「油分の塊」のようなもの。

食べ過ぎることでアクネ菌のエサとなる皮脂を多量に分泌させてしまいます。

 

 

チョコレートを食べ 過ぎて太る

チョコレートはお菓子の中でも、100gだけでも500㎉~700㎉もある高カロリーなお菓子です。

食べ過ぎることでニキビはもちろんのことですが、「太る」のは当然です。

 

 

チョコを食べ 過ぎて気持ち悪い

甘いものを口に入れると、血糖値がアップし、すい臓からインスリンが生成される!

この反応はカラダの内側へのダメージが大きいため、食べ過ぎたタイミングで脳がNGをかけて気持ち悪いと言う原因に

 

 

チョコ を食べ 過ぎて下痢に

大量の脂肪分が一足飛びで胃腸に取り組むと、腸の動きが活性化されすぎて、便の水分をきちんと補充しないまま外に放出しようとします。

その為に、下痢のが通例です。

 

 

 

同じです!高カカオ70%のチョコレートもニキビを招く

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

高カカオ70%のチョコレートチョコレートなどの脂肪分や糖分は、皮脂の材料となってしまいます。

 

この過剰な摂取によって、皮脂の分泌量が増えてしまい、これが大人ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因を招きます。

 

 

また、脂肪分や糖分は皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうことも研究によってわかっています。

 

つまり、「チョコレートやポテトチップス」などの偏った食生活は間接的ではあるものの毛穴に皮脂が詰まる原因になります。

 

 

 

つまり「チョコレートが肌荒れしない!」コレは完全に嘘

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

お菓子類が美容にも肥満にも悪影響を及ぼすことは周知の事実ですが、その誘惑を振り切ることはとても難しいです。

 

少し、おつまみとして嗜む程度ならば問題ないと言われています。

 

しかし脂肪分や糖分の多い食べ物は口当たりがよく、なかなか適当なところでやめられなくなってしまいます。

 

 

チョコレートなどの甘いものはみなさんが思っている以上に「油(油分)の塊」でもあるのです。

 

つまりわたしたちはアクネ菌エサになる油の塊を食べているようなものです。

 

 

チョコレートやポテトチップスなどのお菓子ばかり食べていて栄養バランスが偏ると、栄養不足になってしまいます。

 

 

 

チョコを食べ過ぎても頬ニキビができないで予防する食事

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

チョコレートの食べ過ぎが原因で間接的にニキビや肌荒れを生じてしまうのは、医学的にも報告されています。

 

それを防ぐためには、実際にはどれくらいの食事をすればいいのか?

 

多くの人が悩んでいると思います。

 

もちろん、その人の体重に左右されますが、例えば体重50kgの女性だと下記のような食事が推奨されています。

 

まずチョコレートを食べ過ぎた際に食事量に関しては下記のメニューを参考にしましょう。

 

乳製品200g・玉子1個・肉60g・魚貝50g

豆または豆製品70g・野菜100g、果物100g

ごはん2、3杯・砂糖5g・油脂大さじ1/2

お酒は200カロリー

 

 

上記の食事メニューが1日に取る食事量です。

 

 

 

お菓子を食べたらポツポツ頬ニキビが発生するものです

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

上記の1日の食事の摂取量でわかると思いますが、いくら肌荒れニキビを予防のためとはいえ、意外にも偏食を改善するのは困難です。

 

つまりチョコを食べてもニキビができない方法は難しいということがわかります。

 

特に、一人暮らししている人や家庭環境によっては、偏った食生活を送ってしまう人も多くいます。

 

この状態ではいつまで経っても、肌トラブルは改善されませんし、もっと悪いことに偏食は少しずつ健康的な生活を蝕んでいきます。

 

 

そこで、偏食によるニキビや肌荒れにオススメされている、人気の商品はこちらです。

 

 

 

甘い食べ物を食べても頬ニキビができない方法ってある?

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

多くの人が偏食を改善にサプリメントなどを利用しています。

 

もちろんサプリメントも十分に役立ちますが、サプリメントは正しい商品選びをしないと胃腸を悪くすることに。

 

また、野菜だけ取っている人も偏食につながりますし、偏食改善は困難だと諦めてしまう人もいます。

 

 

現在では、これらをサポートする多くの商品が販売されていますが、「どれも効果がない・・・」と嘆く人もいます。

 

実はニキビや肌荒れの原因として、チョコレートの食べ過ぎだけでなく「便秘、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、胃が悪い」などが複合している場合も。

 

 

つまり重要なのが「複合的なニキビの要因を解消きる商品を利用するか?」

 

ということが偏食によるニキビや肌荒れを防ぐ要因になります。

 

こちらのオススメされているのがこちらの商品で、「偏食改善・ニキビ予防・便秘解消」など多くの効果が口コミで寄せられています。

 

 

チェックする>>>「栄養も取れてニキビにも効果があると評判の商品」

 

 

 

チョコレートを食べても大丈夫!栄養素が頬ニキビを予防

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

中でも、ビタミン類はニキビを予防するのに重要な役割を担っています。

 

特に、ビタミン類はニキビと大きく関係しているのは、医学的にも証明されています。

 

ニキビ症状を避けるため、ビタミン類はしっかり摂取しなければなりません。

 

下記に、ビタミンの肌に対する役割について紹介しています。

 

「ビタミンA」

古い細胞が溜まってしまう角化異常が起こりやすくなり、結果として皮脂も毛穴に詰まりやすくなってしまう環境を作ってしまうのを予防。

 

「ビタミンB群」

皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、皮膚の抵抗力も弱まってアクネ菌(ニキビ菌)が増殖しやすい環境を作ってしまうのを予防

 

「ビタミンC」

細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミが出来やすくなってしまいます。

また、肌の免疫力も落ちることで、アクネ菌(ニキビ菌)による細菌の感染症を起こしやすくなるのを予防。

 

 

 

頬ニキビの予防法を解説!「洗顔・保湿・食事」生活でどれが大切?

ニキビは「コメド」や「丘疹」なんどの初期の状態で改善できれば問題ないのです。

 

しかし、その症状が進行すればするほど後遺症が残ります。

 

シミや肌のデコボコなどの「アクネスカー(ニキビ跡)」と言われる後遺症が残る可能性が格段に上がってきてしまいます。

 

「アクネスカー(ニキビ跡)」はニキビよりも厄介で、一生治らない「アクネスカー(ニキビ跡)」も存在します。

 

そうならない根本的な解決策としてニキビを予防しましょう。

 

 

「予防」が頬ニキビのポツポツを治す美肌に一番効果的!

ニキビは突然顔を出してきたように見られがちですが、ニキビを判明する前から少しづつ大きくなっています。

 

ニキビの成長メカニズムは噴火に喩えられることも無数にあります。

 

まずマグマが地中で力を蓄積するように皮膚目に入らないところで炎症が起きます。

 

それが肌表面にポンと噴火してしまうように姿を現します。

 

この噴火までの期間、肌内部ではいくらかの時間を費やしてニキビは生育していると思われます。

 

肌内部でニキビが一回り成長する間に正しいお手入れすること。

 

すなわち「予防」が頬ニキビケアの最も実効性ある手段になります。

 

表面的には現れてからでは治すのが大変なのと、炎症の具合次第では頬にニキビ跡を残してしまうリスクがあるからです。

 

 

 

 

広がるポツポツ頬ニキビは洗顔から!正しい肌のお手入れ

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

大人ニキビが起きる原因は、生活環境やイライラする気持ちなど複合的で複雑です。

 

そこで、提案としてはまず洗顔などによる肌のお手入れ方法を適正化することです。

 

スキンケアは日頃からするものなので、その些細な積み重ねが素肌に最終的に現れます。

 

お手入れ施術を確認し直して、頬ニキビを実物化させない皮膚に調節した方が良いでしょう。

 

 

「クレンジング洗顔」

適度の量を手に載せて、左右両方の手の平に広げ、頬から伸ばして浸潤させます。

これからう肌でTゾーンがテカり傾向がある人は、テカっているポイントを入念に洗顔してみましょしょう。

Tゾーンからなじませ、唇の直下、小鼻も忘れることなくクレンジングします。

洗顔する際は、ぬるま湯で手間なく汚れを落とします。

 

 

「泡による洗顔(せんがん)」

用いる量を守り、手でソフトに浸潤させます。

手でパチパチやゴシゴシと叩きのめすとお肌の刺激となってしまうのでNGです。

たっぷり泡を立てた泡洗顔して汚れを落とす。

指が接触すると肌のキメを損傷させ、肌の免疫機能と落とすので留意することが大切です。

 

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

痛い頬ニキビの予防は保湿が重要!化粧品を選ぶポイント

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

「保湿力がある」

頬ニキビを発症させる原因は、皮脂過多ではなくカサカサ肌です。

モイスチャー成分がキッチリと含有されているものをセレクトするようにしましょう。

カサカサ乾燥肌の人は、プルプルタイプの化粧水選定をすると賢明だと思います。

 

 

「抗炎症成分が調合されている」

頬ニキビケアにあたって抗炎症成分は肝心だと思います。

ただし、あり得ないほど強いものは敏感肌の人にとって肌荒れニキビ誘因になるおで注意が必要です。

おすすめは抗炎症効果効用に長けており、にきび用基礎化粧品にピッタリ合う成分をセレクトすることです。

 

 

「ノンコメドジェニック商品」

ノンコメドジェニック商品は大きく2つにカテゴライズされます。

どちらも、必ずしもニキビができないというのは無理ですが、ニキビ対策のコスメティックとして1つのお手本になります。

 

 

顔の大人ニキビのケースでは、すぐにできる解決手段として肌のお手入れ方法の見直しがあることを申し上げました。

 

さらに踏み込むと「基礎化粧品を見直し」は即座にできる対策法として適切だと思います。

 

ニキビを対象とした「洗顔・ローション・保湿クリーム」がどんなものか知り、肌のケアに導入してみてください。

 

 

ポツポツ頬ニキビ予防と炎症を治す4つの美肌成分と野菜

 

皮脂の過剰分泌を抑える「ビタミンC」

過剰に分泌される皮脂がニキビの原因であることはすでに触れました。

 

ビタミンCはこの皮脂の分泌を抑えてくれるので、ニキビを予防につながります。

 

炎症に歯止めをかける効果もありますので、ニキビの炎症をおこすのを防いでくれます。

 

ビタミンCを大量に含む食品にはピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜、アセロラやいちごなどの果物があります。

 

 

ホルモンバランスを整える「ビタミンB6」

B6は肌細胞にアミノ酸を給付する効果が認められる栄養素です。

 

B6にはホルモンの分泌をコントロールする効き目もあります。

 

ホルモンバランスの崩れもニキビが現れる原因の一つですから、ニキビを治癒するためにB6はなくてはなりません。

 

ちなみに、B6を多く含む食品には鶏肉や青魚、ニンニク、そば粉などが存在します。

 

 

皮膚細胞を保護してくれる「ビタミンB2」

B2は脂質を効率よく燃焼するナチュラルプロセスがあり、ニキビが引き起こされる皮脂の分泌をセーブしてくれます。

 

B2は皮膚の細胞や粘膜が生成される時にプラスされる物質です。

 

不足すると新しい肌細胞ができなくなるので肌の状態が悪くなります。

 

多く含む食材にはウナギや豚肉、納豆、卵などが挙げられます。

 

 

肌の代謝活動をサポートする「ビタミンE」

ビタミンEは活性酸素の発生をセーブして肌の代謝活動が乱れることを防ぐ効果を及ぼしてくれます。

 

もう一つの血流促進作用に関しては、肌がシステマティックな代謝活動を行うためには、細胞分裂が行われるのに必要なエネルギーが肌細胞に供給されることが不可欠です。

 

細胞分裂のキーポイントになるエネルギーは血液の流れに乗って細胞に運ばれてくるので、血の巡りが良いことが肝要になるでしょう。

 

ビタミンEを多く含む食品には植物油やナッツ類、豆腐などが存在します。

 

 

 

診断する!ポツポツ頬ニキビの状態で自分の肌質がわかる

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

ニキビはその状態からレベルづけすることができます。

 

自分の頬ニキビがどんな状態なのか確認することで、今すべき対策や今後の肌ケアの答えが見えてきます。

 

「白ニキビ」

頬ニキビの初期状態。角質層が分厚くなり、溜まった毛穴に分泌されていた皮脂が詰まり、アクネ菌が増加しだしている状態。

痛さもなくわりと早く回復する傾向にあります。

この時点なら、潰した方がスピーディーに治ることもある。(ただし見様見真似で潰すのはリスキーですのでご遠慮下さい)

 

 

「黒ニキビ」

白ニキビが空気に接して酸化した調子。

白ニキビ同様、割とスピーディーに回復するので、念入りにニキビ対策する必要はありません。

 

 

「赤ニキビ」

アクネ菌が増えて炎症の病気になっている進度。

ニキビの周りが赤くなり、最低の場合痛苦が発症する。解決方法を勘違いするとニキビ跡に直結するので心がける必要があります。

 

 

「黄ニキビ」

赤ニキビが正常でなくなり、膿を伴った始末ぶり。

この時点になると、アクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌までもニキビに混入されて散在する。

潰すとニキビ跡となってしまうため絶対に押しつぶしてはいけません。

 

 

どうでしたか?

 

自分の肌の状態も知っておくことも大切です。

 

下記ではニキビの状態が進行した後期症状を紹介しています。

 

 

怖い!頬ニキビのポツポツが広がると肌が危険な状態に

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

「膿泡(のうほう)」

「丘疹(きゅうしん)」の症状が深刻化した状態です。

これは炎症している状態で、周囲の赤みがひどくなり腫れて熱を持つこともあります。

皮膚の表面にできるものと深部にできるものがあり、表面に出来たものを潰すと白っぽい膿がでてきます。

 

 

「膿腫(のうしゅ)」

皮膚の深部にできるもので、結節とも呼ばれています。

硬いシコリになっており、指で押すと痛みを伴います。

これは表面に出来る膿泡(のうほう)に比べると、完治に時間がかかってしまいます。

膿泡や膿腫の段階でいじって潰してしまうと、「アクネスカー(ニキビ跡)」になる可能性があります。

 

 

「アクネスカー(ニキビ跡)」

膿泡(のうほう)や膿腫(のうしゅ)をきれいに治さないと、色素沈着(シミ)や皮膚陥没(デコボコ肌)のような跡が残ってしまう状態をさします。

アクネスカー(ニキビ跡)にはケロイド状態のものや皮膚の表面が萎縮。

デコボコに陥没する場合もあります。

アクネスカー(ニキビ跡)の状態になってしまうと修復しにくい傾向に。

なるべくニキビは初期段階に改善をするのをこころがけましょう。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>肌荒れニキビにお悩みのあなたが知っておくべきことがココに!チェックして肌をキレイにしよう。

 

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?