毛穴が開く理由を画像で解説!毛穴の開きに関する男女の改善方法も

気になる話題をクリック!目次一覧


この記事を読むのに必要な時間は約 41 分です。





あなたの顔を鏡に映して、毛穴の開きが目に見えて想定されることに気がつき、ショックを受けた経験がございませんか?

 

気が付いたら開いてしまった毛穴ですから、一体何が原因なのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

それでは、毛穴が開いてしまう直接的な原因を解説します。

 

 

チェックしよう>>>ニキビや肌トラブルに悩むあなたにピッタリ!肌の問題を解決するために大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

 

まずは「毛穴が開く理由(原因)」を画像とともに知ろう

毛穴の開きの原因はコレ!ニキビも要因を目立たなくする化粧水

毛穴が開いてしまう原因は様々ですが具体的にどのような症状なのでしょうか?

 

例えば「皮脂の過剰分泌」でも毛穴は開きますし、女性にとって老化肌を避けられない惨状でもあります。

 

では、実際に毛穴が開く理由(原因)」を画像とともに知っていきましょう。

 

 

画像①「皮脂の過剰分泌」による毛穴の開き

皮脂が必要な物以外に分泌されていると、余分な皮脂によって毛穴が拡大していきしまいます。

 

それだけではなく、毛穴や皮膚表面に残留している汚れや古い角質などが皮脂と混ざって酸化します。

 

これによって毛穴が黒っぽくなって見える理由にもなります。

 

 

画像②「肌のたるみ」による毛穴の開き

加齢などによって、毛穴のある角質層の奥の「真皮(しんぴ)」というポイントを作り上げているコラーゲンやエラスチンが減少。

 

すると肌の土台が崩れます。

 

その影響を受けて肌表面のハリが失われ、顔が全体を通じてたるんできます。

 

これによって皮脂や汚い部分などで開いた毛穴が拡がり、楕円形状が発症してしまいます。

 

この毛穴が縦長の楕円形状に広大化して見えるのが特徴ではないでしょうか。

 

加齢とともに起こる肌の土台であるコラーゲンやエラスチンの減少

日頃の保湿が十分とは言えずあること、

表情筋の凝りや代謝力の低下

 

これらが問題視されています。

 

 

 

画像③「ニキビ跡」による毛穴の開き

ニキビを潰すと治癒後に瘢痕化(はんこんか)し、そのか所の毛穴が開いたままのように変化してしまいます。

 

ニキビを治したいがために洗顔をし過ぎたり、保湿をおこたるなどの間違った処理を実施することで肌が乾燥します。

 

すると過剰な皮脂分泌が起こることで、毛穴が埋め尽くされており、開いてしまいます。

 

つまり過剰な洗顔や保湿を十分にしないことなど、間違ったケアが症状を深刻化させてしまう可能性があります。

 

 

画像④「肌の乾燥」による毛穴の開き

毛穴の黒ずみが目立つ、触るとザラザラしているのが特徴です。

 

洗顔のし過ぎ、潤い対策が中途半端、または水分補給が充足していないことで肌がパサパサし過剰に皮脂を分泌してしまうのも要因。

 

他にもメイク落としや洗顔が足りず肌に汚れが留まっていることが主な引き金になっています。

 

毛穴があいてしまった状態は、複数に区別することができます。

 

それらの特徴と自分の毛穴を比較対照とすることで、毛穴が開いている原因をまとめることができます。

 

 

 

あなたはどれ?いろいろなタイプがある毛穴の悩み

毛穴の開きの原因はコレ!ニキビも要因を目立たなくする化粧水

毛穴に関するトラブルと言ってもタイプは様々です。

 

このページでは様々なタイプの毛穴に関する悩みと症状を取り上げています。

 

「オイリースキンによる毛穴の開き」

顔のTゾーンやUゾーンは、皮脂温度の上昇によって皮脂線の分泌が盛んになってしまいます。

それによって毛穴が押し引かれてしまい、大きく毛穴が目立ってしまうわけです。

 

 

「 ニキビが原因の毛穴の開き」

皮脂の分泌量は非常に多く、ニキビができると、毛穴があいてしまいます。

その中に角栓(皮脂と古い角質とが重なり合ってかたくなったもの)が溜まります。

 

 

「たるみによる毛穴の開き」

加齢現象により肌がたるんでしまい、シワが出来たりすると、毛穴が縦長になって開いてしまいます。

 

 

「イチゴ鼻」

この病状は多くの女性がお悩みの症状で、顔や鼻のまわりのTゾーンに、角栓がドッサリできる状態です。

ブツブツしてイチゴと勘違いするようなことからイチゴ鼻と呼ばれ、10代~20代の若い人に多く見られています。

鼻を集中的に、毛穴の開きに加えて赤みも気になると言う人もそれなりにいらっしゃると思われます。

 

 

「毛穴の黒ずみ」

顔の皮脂の分泌量が多いTゾーンやUゾーンは、皮脂が毛穴に停滞しやすくなってしまう実態に陥っています。

そうなることで、毛穴が拡大したり、皮脂が酸化反応を起こして黒ずんだりしています。

 

 

「帯状毛穴」

たるみ毛穴が進行し、開いた毛穴が連結してシワのように変化しいるのが特徴です。

たるみ毛穴と同様の原因に加え、カサカサが主な発端になっています。

 

 

「ニキビ毛穴」

毛穴にニキビがいくつもできているのが特徴です。

皮脂分泌の多い10代や生理前のホルモンバランスの乱れ、代謝周期が活動的でなくなっているときなどに起こりやすいです。

毛穴に溜まった古い皮脂や角質、汚れが酸化することで肌の㏗バランスが崩れ、ニキビの原因菌が増殖を行なってしまうことが主な要因となっています。

 

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

男女にオススメ!毛穴の開きに関する改善方法を知ろう

毛穴の開きの原因はコレ!ニキビも要因を目立たなくする化粧水

スキンケアの中でも特に重要で、毛穴の開きを治す効き目があるのが「正しい洗顔と保湿」です。

 

24時間365日、私達の肌は空気中のホコリや化学物質などの汚れた状態、乾燥、肌に残った古い角質や雑菌などの刺激を浴びています。

 

そこでキーポイントとなるのが、正しく洗顔することで肌の清潔を保ち、正しい保湿によって肌をきちんと保護することです。

 

顔の中でも、鼻は特に皮脂の過剰分泌などによる毛穴の開きが発症しやすい場所です。

 

 

 

まずは毛穴の開き改善には化粧水選びを心掛けましょう

毛穴の開きの原因はコレ!ニキビも要因を目立たなくする化粧水

化粧水は毛穴のトラブルや肌の荒れ(ニキビ・吹き出物)を改善する基盤と言っても言い過ぎじゃないほど、重大なスキンケアの一つであると言えます。

 

これが意識して行っていないと毛穴のトラブルやニキビは良くならないものです。

 

 

逆にこの部分が行なっていればあっさりとお悩みを解決出来ます。

 

つまり毛穴の問題にとって

 

「肌につける化粧水で何を活用しているか?」

 

これで友人や知人と非常に大きい差を広げることができます。

 

 

 

毛穴ケアを綿棒でする方法を紹介!鼻の角栓の取り方が実は簡単。

皮膚の表面は皮脂膜が多く、そこに汗孔や毛穴が開口しております。

 

毛穴からは毛幹(毛)が出ており、毛穴を下にたどると毛球がありますが、毛穴に皮脂が溜まりやすい場所でもあります。

 

 

そこでオリーブオイルと綿棒を活用する方法は肌のダメージになりにくく、角栓もしっかり除去できるから有難い。

 

綿棒を用いる毛穴お手入れでは、綿棒に含ませたオリーブオイルで滑りが好転するのでお肌へのダメージも低く、衛生的に実行できます。

 

 

 

鼻の角栓の取り方は簡単!毛穴ケアを綿棒でする方法とは

①:まずは優しく入念に洗顔

最初に前準備として、クレンジングと洗顔でメイクを洗い流してください。

 

メイクオフしたら、スチーマーや蒸し手ぬぐい等々でしっかり毛穴をオープンしておくと、より手を煩わさずに毛穴に詰まった角栓が無くせます。

 

綿棒ケアでより角栓を取りやすいようにすると考えるなら、ギリギリまで蒸しタオルで毛穴を開かせることがイチ押し。

 

 

②:綿棒にたっぷりとオリーブオイルを染み込ませる

フレグランスなどが加味されてたりするオイルよりもシンプルな成分のものをお勧めします。

 

そこで家庭でも使用しているオリーブオイルなどが肌に優しく、オリーブオイルが持つ本来の老化防止効果も得られます。

 

もちろん、必ずしもオリーブオイルである必要はないですが、美容効果も踏まえるとオリーブオイルが適任でしょう。

 

 

③:毛穴を綿棒でやさしくマッサージ

鼻全体をコロコロ穏やかに転がすような形でなでていくというわけです。

 

 

角栓を不安視しているスポットで、綿棒を横に倒しながらグルグルと回転させます。

 

 

強くゴシゴシしないように、やさしく回転させていくのがコツになります。

 

 

グリグリ無理矢理行なうと肌を損傷させてしまうので原則的に優しく実践しましょう!

 

滑りが芳しくないなと覚えたならお肌にも少しオリーブオイルをなじませましょう。

 

 

これでもとれない頑固な角栓は、オリーブオイルを盛り込んだ綿棒2本で挟んで取り除くことを意識するとにゅるっときれいにとれます

 

 

角栓は毛穴から浮かび上がった皮脂や、落としきれないメイク汚れた状態など。

 

油なじみのよいものなので、オリーブオイルを贅沢に活用したこの方法で汚れた状態がオフに出来るのです。

 

 

④:「オリーブオイルを落とす洗顔を」

豊富な泡ですすぐ事によってオリーブオイルが落ちやすいようになると思われます。

 

 

オリーブオイルが顔に残存しているのは危険。

 

そのままだとお肌の問題が生じる事にもならない保証はないのでしっかりとオイルを取り去ってみてくださいね。

 

 

すすぎの終わりには、冷えた水で4~5回すすぐと、角栓が取れた毛孔が冷水でギュッと締まっておすすめです。

 

 

 

⑤:「最後は化粧水や乳液で保湿ケアを忘れずに」

 

何も手を加えないとまた汚いものが蓄積され角栓が塞がってしまいます。

 

 

この終了の乾燥肌対策ケアが重要なのです!

 

 

角栓が取れたら毛孔を締めることが重要です。

 

 

冷水や冷えた化粧水を入れ込んであげて、少したってから美容液でしっかりモイスチャー対策するのがイチ押し。

 

クリーンなタオルでポンポンと余った水分を取ります。

 

後から、収れん化粧水を使い毛穴をギュッと締めてから保湿化粧水や美容液などでモイスチャーケアをしてください。

 

 

 

自分の毛穴タイプを知って角栓の詰まる毛穴のスキンケア

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

毛穴の問題にも多様な種類があり、要因も様々です。

 

 

必要以上の皮脂の分泌によって毛孔が開いたり、年齢の積み重ねが原因のたるみが毛穴が開くことも考えられます。

 

 

トータルして4タイプあるため、あなた自身の肌の毛穴目立ちがどのタイプに当てはまるのかを試すことをお薦めします。

 

元凶の判断を間違えないことで、肌質にピッタリの対策を実施することができ、キレイな毛穴への道が開けます。

 

 

画像①「赤み毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「赤み毛穴タイプの特徴」

顔全体の皮脂分泌が盛んで、ひとたびニキビが出現すると併発を繰り返します。

 

Tゾーンを主体とした、赤みを帯びた毛穴の開きが多く見られるのが特徴です。

 

 

「赤み毛穴タイプの原因」

空気中の汚れやメイクアップなどの影響され、角栓が酸化することが原因で肌全体の炎症が発症します。

 

根本にある肌質、またはアンバランスになったフードスタイルやホルモンバランスの影響力などから、皮脂が過剰に分泌されています。

 

洗顔は炎症を断ち切らせる低刺激な石けんでやってみましょう。

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は毎日のパッティングで炎症を鎮める」

フルーツ酸やグリコール酸がブレンドされた化粧水には、炎症を鎮静化する作用が考えられます。

 

コットンの4隅がひたひたになるまで化粧水をしっかり取って、365日欠かさずパッティングすると良いでしょう。

 

パッティングの時間は、顔全体にうるおい感が浸透しひんやりするまでが基点です。

 

 

画像②「黒ずみ毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「黒ずみ毛穴タイプの特徴」

小鼻周りは元々皮脂分泌が活気づいているため、毛穴が黒く目を引きやすい部分です。

 

常に開きっぱなしのように見えるので、メークアップでも中々隠し通す事のできないのが厄介な問題です。

 

 

「黒ずみ毛穴タイプの原因」

空気や太陽光に含まれる紫外線などが原因であり角栓が酸化することで、毛穴が押し開いたまま詰まったように変化してます。

 

日光の紫外線の強い夏のシーズンは、毛穴を塞がない日焼け止めを選んで使用することをお勧めします。

 

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は蒸しタオルで毛穴の角栓を離れやすくする」

蒸しタオルは、水をにじませて軽く絞ったタオルを電子レンジであったかくすると完成します。

 

タオルで小鼻周りを包み込み、温かい蒸気を3~5分になるかならないか当てて下さい。

 

皮膚が温かいうちにクレンジングや毛穴パック実践することで、黒ずみを根こそぎ断つのにより負担が軽くなります。

 

 

画像③「ざらつき毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「ざらつき毛穴タイプの特徴」

Tゾーンはもちろんの事、顔全体の毛穴に触るとザラザラ感を感じます。

 

素肌に残留した過剰な皮脂やメイクアップ汚れなどで角栓が塞がっており、白っぽくなってしまっているのが特徴だと言えます。

 

 

「ざらつき毛穴タイプの原因」

分泌された皮脂と、古い角質やキレイにし損ねたお化粧が混合することによって、毛穴詰まりに見舞われています。

 

しかし、白ポツ角栓は埋め尽くされてからの時間の経過が短い可能性が大きく、角質層へのダメージも浅薄なため、優しいメイク落としや洗顔で汚れを落とすことが困難ではありません。

 

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は週に一度のオイルマッサージで毛穴の角栓を除去」

メイクをしっかりと落として、お風呂に入りながら毛穴の汚れをマッサージしましょう。

 

クレンジングクリームやオイルなどはお気に入りのものを活用することで、とにかく丁寧に行うのが重要な点になります。

 

毛穴汚れを浮かび上がらせることに注意して、「の」の字を描きながらマッサージをトライしてみましょう。

 

入浴時とは違ったマッサージは、蒸しタオルで素肌を温かくしてから行うと実用的です。

 

 

画像④「たるみ毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「たるみ毛穴タイプの特徴」

ほうれい線に結び付いていくような、斜め下に開いた毛穴が特徴だと断言できます。

 

ベースメイクの毛穴落ちが初めの症状と考えられます。

 

 

「たるみ毛穴タイプの原因」

年齢を重ねれば重ねるほど、肌表面にハリがなくなってくることが理由です。

 

水分保有力の劣悪化に影響されて毛穴が涙型に開き、口元のほうれい線につながりやすくなり引き起こされます。

 

習慣的に表情筋のトレーニングを実施して、内側からキッチリと土台を作り上げていきましょう。

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は乾燥を感じたらその日にマスクで保湿」

カサカサした室内にいた日や太陽光に含まれる紫外線を受けた日は、いつものアフターケアに保湿マスクを付け加えましょう。

 

フェイスパックをする時間が作れないときは、お風呂の時間活用することで行うのが賢明でしょう。

 

お風呂の湯気によって肌が軟化するので、水分の吸収力が高くなってうるおい感があるようなモチモチ素肌に変わります。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

 

日頃から角栓の溜まらないようにする「5つの毛穴ケア」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「睡眠不足による疲労の蓄積をさけるようにする」

 

「化粧水や保湿クリームなどによるスキンケア」

 

「栄養バランスの偏らない食生活を心掛ける」

 

「自分の肌質にあった正しい洗顔料を利用する」

 

「腸内環境を整えておくためにもお腹を冷やさない」

 

これらを心がけ皮膚を労わってあげることで肌の健康を保つように心がけましょう。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

毛穴が皮脂を分泌するのは角栓に良いこと?悪いこと?

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

皮膚による疾患、症状は様々ですが、ニキビが他の皮膚炎や湿疹と決定的に違うのは、必毛穴に炎症が起きることです。

 

 

これはニキビのできやすい皮膚が毛穴と皮脂線の出口が一緒になっているからです。

 

つまり毛穴から皮脂が分泌されており、そしてこの毛穴と皮脂の出口が同じだというところに、まさしくニキビが出来る原因が潜んでいます。

 

毛穴は皮脂を分泌する皮脂線とつながり、皮脂線から分泌された皮脂は毛穴から排出されます。

 

 

皮脂は汗と一緒になって皮脂膜を形成し、水分の蒸発を防いだり肌にうるおいを与えています。

 

 

この状態が一般的に健康的な状態の皮膚と言われています。

 

ところがこの毛穴に皮脂や角栓が詰まることから、ニキビは発生しています。

 

一般的にニキビは「顔(頬、口周り、額)や胸、背中の上部」などで好発し、多く発生すると言われています。

 

厄介なことに、これらの場所にできるニキビは非常に人目に付きやすく、また症状の深刻化がおこりやすい場所であるとも言えます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

毛穴の詰まりでニキビができる理由を解説!頬やおでこをケアしよう

毛穴に関する問題に悩みを抱えていらっしゃる方は結構いらっしゃいます。

 

例えば毛穴の詰まり(つまり)によるニキビが代表的ですが、原因が理解できていないと一生ニキビに悩まされ続けます。

 

では毛穴のつまりがニキビを引き起こすメカニズは何なのでしょうか?

 

下記に毛穴の詰まりが引き起こすニキビについて紹介します。

 

 

毛穴の詰まりで頬やおでこにニキビができる理由を解説。

「毛穴のつまりが頬やおでこニキビの進行」

 

毛穴の近辺の角質が厚く変わって、毛穴に皮脂が目詰まりしやすい事態に。

 

毛穴の一杯になっていてが進み、コメド(面皰)ができると考えます。

黒くブツブツしたコメドが映る状態が「黒ニキビ」。

毛穴が締めて白く感じられるのが「白ニキビ」の症状。

 

いっぱいの皮脂を栄養にしてアクネ菌や細菌が増殖し、炎症が出現した「赤ニキビ」に。

 

毛穴の周囲の角質が厚く硬直しきて、毛穴に皮脂や一つ前の角質が蓄積し出すと次第にポツンポツンとニキビの症状が出はじめます。

 

溜まった皮脂が固まってできたコメド(面皰)が毛穴の出口を栓のようにふさぐようになります。

 

すると中の皮脂は日を追うごとに肌表面に出ることができずに蓄積する一方に。

 

この皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖、身体が抵抗する為に炎症に。

 

 

「毛穴の詰まりがもっともニキビを発症させる原因に」

 

「必要以上の皮脂」

「毛穴の詰まり」

「アクネ菌の繁殖」

 

といった基礎条件が整備されると生まれ易くなります。

 

毛穴の奥には皮脂を生み出す皮脂腺を組み込んでいます。

 

皮脂は毛穴を通過して肌の表面へと排出、ベールのように乾燥肌から守る役割を担います。

 

ところが、過剰に分泌された皮脂や劣化した角質などで毛穴が塞がると、通常であれば排出するはずの皮脂が中に封じ込められてどんどん蓄積していくと言う点に。

 

皮脂を栄養物とするアクネ菌が繫殖してニキビの初期である白ニキビが出現してきます。

 

 

「ニキビと肌から分泌される皮脂の関係」

 

ニキビに見舞われる原因だからとマイナスな印象を抱かれがちな「皮脂」。

 

でも、皮脂はみずみずしくきれいな肌に絶対不可欠の重要成分でもあります。

 

肌の奥で作りあげられる皮脂は、毛穴を通り路として肌表面に放出されます。

 

そして皮脂膜となって水分の蒸発を防ぎ、外部からの触発からガード。

 

うるおいをキープする作用をしているという状況です。

 

しかし、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴に滞留したりするともともと肌に存在するアクネ菌の栄養に。

 

たちまちニキビができてしまうというわけです。

 

重要だと思うのは、皮脂のバランス。

 

そして毛穴に埋め尽くさないこと。

 

 

 

「ニキビができる理由にアクネ菌も関与」

 

別名「ニキビ菌」と呼称されることもあるアクネ菌。

 

言うまでも無くニキビに関連していますが、できやすい肌にだけあるというのは無理です。

 

アクネ菌は本来は肌に見られますので、私たちに絶対不可欠の善玉菌と言えるものでもあります。

 

皮脂と同じ様に、毛穴がつまることで増殖してニキビをつくってしまうのです。

 

問題のない肌を守るには毛穴のつまりを誘因から予防、アクネ菌を増やさないこともキーポイントです。

 

 

「肌を生まれ変わらせるターンオーバー(新陳代謝)」

 

肌は一定のローテーションで生まれ変わりを繰りかえしています。

 

肌奥の基底細胞で作られた新しい皮膚が飛躍的に表面へと持ち上げられてます。

 

すると、いちばん表面の古い角層と入れ替わる代謝周期により、美しさや健やかさを遵守しているのです。

 

このローテーションがちゃんと維持されなくなると、ニキビができやすい状態へ。

 

本来はがれ落とせるはずの一つ前の角質が肌表面に残ったままで、毛穴を埋め尽くしてしまうのです。

 

新陳代謝を整えるには、スキンケアだけでなく、ビタミンの摂取など内側よりのサポートが一役買います。

 

 

実は「毛穴」こそが肌質を決めてるって知ってた?

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

肌の問題に関するアンケート用紙を実施しても、常に上位の方に引き上がってくるのは「毛穴の開き」、「毛穴の黒ずんだ部分」です。

 

このトラブルに苦悩している多くは女性ですが、男の人も毛穴にお悩みを持っている方も相当数います。

 

元を正せば毛穴とは、うぶ毛や生育してくる穴ですが、もう一つ頼れる働きをしてくれます。

 

それは毛穴の皮脂腺から分泌されていた皮脂の「出口」という役割で、皮脂とは皮膚のしっとり感をキープする保湿の役割も。

 

悪役な認識がありますが、基本として皮膚を乾燥から守り、滑らかにみずみずしくするための重要な脂分です。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

美肌サポートにも!毛穴にはこんな役割があるんです。

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

顔全面にある毛穴は約20万個といわれ、その数は先天的にほとんど変化しません。

 

 

大人でも赤ちゃんでも同様の毛穴を保有しているということは、それだけ人間にとって毛穴というものが必要不可欠であるからといえるでしょう。

 

 

では、なぜ毛穴は必要なのでしょうか。なぜかというと毛穴の役割にあります。毛穴の役割は主に次の4つです。

 

 

毛穴から出る皮脂が肌に膜を仕立てることで、空気中のホコリや化学物質などの外的触発から皮膚を保護対策をする

 

毛穴から出る皮脂の膜によって皮膚の保湿をキープし、カサつきを防ぐ

 

毛穴から汗や皮脂と同時に体内の毒素を排除する

 

毛穴から出される丁度良い皮脂が皮膚の㏗バランスを保ち、雑菌の繁殖をストップさせる

 

保護・うるおい・デトックス・抗菌という、美容と健康になくてはならない機能が実装されている毛穴という理由。

 

うまく付き合うことができれば、より一層美しい肌を保持できるはずです。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

頬やおでこニキビの毛穴トラブルのメカニズムって何?

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

分泌された皮脂は素肌の代謝サイクル(ターンオーバー)によって排出されます。

 

しかし、この代謝周期が滞った時、毛穴のトラブルを起こすのです。

 

また、皮脂とは別に肌の老朽化によるたるみも毛穴のひらきの要因になります。

 

毛穴の詰まり関連のお悩みは皆様の敵である「ニキビ」、「コメド」などの症状が発症する元凶であることもあります。

 

皮脂によって毛穴が埋まってしまいます。

 

そこからアクネ菌が繁殖します。

 

「白ニキビ、黒ニキビ」もっとトラブルが深刻になれば「赤ニキビ」になる可能性があると思います。

 

 

 

毛穴パックはニキビを悪化するからやめたほうがいい?

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

毛穴トラブル症状にお悩みの方は日ごろより「毛穴パック」などの方法で色々な方法でスキンケアしたりして、努力を考えられていますがこれといった効果はありません。

 

逆に肌ダメージにつながったり、肌を悪影響を与えてしまうこともあります。

 

特に毛穴に詰まった汚れを自らの指や器具で押し出したり、市販の毛穴パックを活用していらっしゃる方もいます。

 

ですがこの方法は医学的にはあまり推奨可能な方法ではないとエキスパートに公表されています。

 

毛穴に関するお悩みはかなり殆どの人が悩んでいると言うのが現在の状況なのです。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

ニキビ以外にも!色々な「毛穴のトラブル症状」の悩み

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

「たるみ毛穴・帯状毛穴の対処法」

 

①:傷んだ細胞を正常に戻して、真皮層の水分を補うモイスチャーケア。

 

②:真皮層に繊維状に張り巡らされたコラーゲンやエラスチン。

 

これらをお手入れするために効果的といわれているのが、肌のお手入れと食事内容です。

 

スキンケアでは傷んだ皮膚細胞を正常に修復する「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの抗酸化質量のある物体を含めた美容液でケアをします。

 

 

食生活では、肉や魚などのタンパク質と、緑黄色野菜を摂取すること。

 

 

タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、野菜からも抗酸化ビタミンが同時並行的に吸収されることで、真皮層のコラーゲンを作る原料になるというわけです。

 

動物の骨や皮、内臓、腱に多く含有されていて、それらは加熱処理することで分解されて溶け出すので、煮込み料理などがおすすめです。

 

ただし、肉料理の際は脂肪分の摂取し過ぎに注目してましょう。

 

 

「ニキビができやすい毛穴の対処法」

特に帯状毛穴によって小ジワのような状態が目立つ方もいます。

 

これには角質層のうるおいを逃がさない働きをする「セラミド」と「ヒアルロン酸」を一緒にしたモイスチャーケアが賢明だと思います。

 

角質層のうるおいを満たし、キメを改善することで小ジワの予防ができます。

 

 

ニキビ毛穴の対処には

角質の詰まりを適正化すること

肌を保湿をすること

食事の栄養配分を整えること

 

これらが必要不可欠になります。

 

 

 

まずはコレ!毛穴の詰まりによるニキビは化粧水が重要

毛穴のつまり汚れの原因は!オススメ化粧水は開いた毛穴

化粧水は肌トラブルを改善する基盤と言っても良いほど、重大なスキンケアの一つであります。

 

これがしっかり出来ていないと毛穴のトラブルやニキビは治らないものですが。

 

逆にこれができていれば簡単にお悩みを解決できます。

 

つまり毛穴のトラブルにとって

 

「肌につける化粧水で何を使っているか?」

 

で周りの人間と大きな差をつけることができます。

 

 

 

毛穴に皮脂が溜まるオイリー脂性肌改善!男女のお悩みを治すには?

肌の潤いを保つためにはニキビの原因でもある皮脂も重要な役割を担います。

 

 

顔に皮脂が適度に分泌されれば、皮脂膜という皮脂による薄い油の膜が皮膚全体を覆うことで外部の刺激から肌を守りさらに潤いやなめらかさを保ちます。

 

 

皮脂膜は弱酸性の性質をもち、皮膚の表面の雑菌などが、増殖しにくい環境に整えてくれます。

 

しかし皮脂膜もれっきとした油なので、オイリー脂性肌やニキビの原因になる可能性も多いにあり得ます。

 

そこで男女問わずお悩みの原因である「顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌を改善方法(治す方法)」を紹介します。

 

 

 

顔の皮脂の過剰分泌を抑制しよう!オイリー脂性肌の対策

「正しい洗顔を!毎日の洗顔方法を見直してみる」

 

皮脂を除去するためのメジャーケアは、洗顔です。

 

朝は水洗顔だけという人もいらっしゃるようですが、皮脂は睡眠中にも分泌・酸化反応を引き起こしております。

 

 

文字通り皮脂は脂なので水だけでは落ちていかない。

 

なのでオイリー肌の人(テカテカ肌)は洗顔料を使っての洗顔を行いましょう。

 

 

皮脂は分単位で分泌を続けているので、肌が油っぽい方は多少落としすぎても大丈夫ですよ。

 

 

ただし、1日何回も洗顔を無理矢理行なうと、逆に皮脂の分泌が増大する可能性もあります。

 

皮脂量は、皮脂膜によって分泌が抑制されています。

 

洗顔などを通して皮脂膜が消失すると、皮脂膜を作ろうとして分泌量が増えます。

 

つまり皮脂腺が鍛えられ、皮脂の分泌が激しさを増すという事実。

 

 

洗顔は「1日2回(朝晩)」が一番です。

 

 

ゴシゴシする洗顔は、肌の水分を保つセラミド(細胞間脂質)も一緒に洗い流してしまうため、潤い感が失われていきます。

 

 

洗顔料の泡を使って、転がすようにソフトに洗顔することがキーポイントになります。

 

鼻横のくぼみ周辺は、皮脂が多いだけに限らずて洗浄を忘れやすい部位のため、念頭においてキレイにしてましょう。

 

洗顔料はペースト状のフォームタイプも良いですが、泡が細かいタイプのほうが、スッキリと皮脂や汗きれいにしてくれます。

 

 

 

「ビタミンC誘導体入り化粧水を使用してみる」

 

ビタミンC誘導体という化粧品成分は、少しだけですが、皮脂分泌抑制と皮脂酸化予防の作用が伴います。

 

ビタミンC誘導体は複数の種類があります。

 

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

3-O-エチルアスコルビン酸

リン酸アスコルビルMg

アスコルビルリン酸Na

 

 

これらの表記されたものが賢明でしょう。

 

ビタミンC誘導体は、水に溶けやすい水溶性成分のためにと考えて、化粧水やローションにたくさん内包されています。

 

 

こちらのページも見てみましょう。

 

 

 

「ベタベタを防ぐ油分の少ない美容液や化粧水を利用する」

 

皮脂が水分を維持する割合は限られるのですが

 

「皮脂が肌の潤いを守っているため保湿は必要とされない」

 

と思う人もいます。

 

 

乾燥肌対策でケアをしないために、皮脂が多いけどカサカサになるという乾燥脂性肌(混合肌)の人が急増しています

 

 

皮脂はテカリの誘因になりますが、肌の水分量が少ないと、皮脂と水分の格差が生じてグ~ンとテカリが際立ちます。

 

 

保湿対策をすることによって皮脂と水分のバランスが縮小し、皮脂浮きを減少できるのです。

 

ただし、保湿化粧品の選び方が重要だと断言できます。

 

 

保湿化粧水だけでは足りないと言えます。

 

その他の保湿アイテムが必要不可欠ですが、当然油分の多い乳液やクリームは避けた方が賢明です。

 

 

そこでオススメなのが下記のページで紹介されるサラサラする保湿美容液や化粧水です。

 

 

できればオイルフリーやオイルカットのものをチョイスしてください。

 

保湿美容液は化粧水よりも保湿成分が多く配合されるケースが多いため、しっかりとうるおいがプラスされてくれます。

 

 

保湿力に優れたセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの成分が入ったものが役立つでしょう。

 

 

一石二鳥効果として室内のエアコンで肌がカサカサになるという方もたくさんいるため、保湿美容液を利用することで外気から肌を守ってくれます。

 

 

 

「油分を吸収しやすい上質なあぶら取り紙を利用してみる」

 

油取り紙昼間の皮脂対策としては、あぶら取り紙が働きを示してくれます。

 

皮脂が浮き始めれば、コマメに取り除くこと

 

額や鼻、鼻横周辺の皮脂は、念頭において複数回取る

 

擦り付けるのではなく、押し当てるほうがよく取り込める

 

ひとまず使った紙は再使用せず、いつも新しいあぶらとり紙を使うこと

 

ティッシュで取るというよりも、断然肌にダメージを与えない

 

洗顔のように、全ての皮脂が取り去られることはなく、素肌を守る必要な部分は残留するため、昼間の皮脂対策にはナンバー1である

 

「金箔打紙製法」と呼称される加工製法で完成されたあぶら取り紙が、非常に密度が高いレベルで吸着力に評判が良い

 

 

 

「食べ物や睡眠時間などの生活習慣を見直す」

 

皮脂の分泌量は、生活習慣との関わりがあるようです。

 

ムシャクシャなどのイライラや寝不足による疲労感の積み重ねは、男性ホルモンを向上させて皮脂の分泌量を増やすと言われています。

 

 

日常的に規則的だライフスタイルを心掛けて皮脂の過剰分泌を抑制するようにしましょう。

 

 

フードスタイルでは「油もの・刺激物・甘いもの」を食い過ぎはいけません。

 

 

特に高脂肪食を代表とする「リノール酸」は皮脂の分泌が高まることが認められてます。

 

べに花油(サフラワー油)

ひまわり油(サンフラー油)

コーン油

サラダ油

大豆油

ごま油

 

残念ながらこれらはリノール酸が多い傾向にあります。

 

なので調理の際はオリーブオイルが良いです。

 

 

食品から考慮すれば高カロリーな食事はNG!

 

天ぷら・フライなどの揚げ物

ドレッシング

マーガリン

ポテトチップなどのスナック菓子

インスタントラーメン等

 

これらの過剰な摂取しは避けた方が良いでしょう。

 

油以外では「くるみ・ピーナッツ・アーモンド等」にもリノール酸が多く内包されています。

 

 

 

では、男女のお悩みである「顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌」の原因は何なのでしょうか?

 

原因を追究していきましょう。

 

 

日常に潜む!?毛穴に皮脂が溜まるオイリー脂性肌の原因

私たちの肌は日常生活の中でホコリやチリを吸着してしまっております。

 

例えば「一日中外に出ていて帰宅すると、皮膚がかさついたり、ほてったりする」ことがあります。

 

これは「ホコリやチリ」、「古い角質」などが原因でもあります。

 

皮脂を作り出している皮脂線は毛穴に密接しています。

 

これらの汚れが毛穴をふさいでしまうと、ニキビの初段階でもある「コメド(小さいニキビ)」が形成させてしまいます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

皮脂や汚れを溜め込んだオイリー脂性肌は危険なことが?

皮脂や汚れを溜めこんだ皮膚は、アクネ菌などが増殖しやすい環境を作ります。

 

炎症や膿泡を招くことにもつながってきます。

 

 

しかし、もともと皮脂は皮膚を守り、潤いやなめらかさをキープします。

 

 

雑菌などの増殖を抑える役割を担っています。

 

ですが、さまざまな汚れが付着してしまうとニキビの原因にもなります。

 

 

さらに「顔や頭部、胸、背中」などに集中的に皮脂膜が張られております。

 

特に顔の「眉間、鼻、口まわり、あご」のどの中心部のいわゆるTゾーンと呼ばれる部位は、とりわけ皮脂の分泌が活発でニキビが出来やすい環境でもあります。

 

 

 

オイリー脂性肌の原因である顔の皮脂の特徴を知ろう!

「肌の皮脂分泌を化粧品では抑制できません。」

 

これは、脂性肌(オイリー肌)の人が抱えている悩みのナンバー1です。

 

皮脂の分泌がたくさんある人は、顔のテカリ・ギラツキ・ベタツキに見舞われることが多く、ニキビができやすいと言えます。

 

また、皮脂が刺激剤に転じて赤みを帯びたり、脂漏性皮膚炎の大元となっている可能性もあります。

 

皮脂を抑制することはできず、運が悪いことに、皮脂の分泌はホルモンの影響が圧倒的に関与しています。

 

そのため季節による自然の増減を除いては、スキンケアやコスメティックスで皮脂や顔のテカリ(脂性肌)抑えることは出来ません。

 

 

「冷水で皮膚を引き締めると、毛孔がギュッと締まって皮脂が減少する」

 

このような美容法も出回っていますが、往々にして無意味に終わります。

 

素肌をクールダウンすると、立毛筋という人体で一番小さい筋肉が縮小してキュッとなった風に感じていますが、その結果は30分も持つことはありません。

 

100歩譲って、たとえ瞬間的に毛穴が縮まっても、皮脂を抑制する本質的な問題解決にはならないと言えます。

 

 

「皮脂は肌の水分を守る役割も果たします。」

 

「皮脂を取りすぎると肌がカサカサになる」と、信じこんでいる人が相当見られます。

 

 

肌のうるおい感を維持に対する貢献度は、角質層で守られているセラミド(細胞間脂質)が約80%を占めます。

 

それ以降天然保湿因子(NMF)が約17%、皮脂は残りは約3%にずきません。

 

 

つまり、皮脂が肌の潤いを守ることは困難なのです。

 

赤ん坊のお肌をイメージして下さい。

 

艶があるプルンプルン感がありますよね。

 

これは、水分が多く皮脂が多くないという最適なお肌タイプをしている為です。

 

 

「皮脂は肌老化(劣化)を招ねいてしまうことも!?

 

皮脂腺から皮脂が生み出されると、時とともに皮膚上で酸化反応を引き起こして「過酸化脂質」という質量のある物体に変容してしまいます。

 

過酸化脂質による悪影響

 

 

それほど周知されていませんが、過酸化脂質は毛穴周りの表皮に悪影響を齎(もたら)して毛穴の開きを促進します。

 

 

さらに、その毛孔の開きが連なったりしてシワになることが実証されています。

 

顔の中におきまして皮脂が乗っているのは、おでこ(額)から鼻にかけて(Tゾーン)と鼻横近辺です。

 

まじまじ確認するとそれらの部位は他の部位よりも毛穴の開きに広さがあると言っても過言ではありません。

 

つまり皮脂の多いゾーンは劣化しやすい!

 

言い方を変えると皮脂の多い部分のお悩みが増加傾向にあるなら、肌老化の始まりのシグナルなのです。

 

また、脂漏性皮膚炎・ニキビ・肌の不調・赤らお顔などの問題も、皮脂が乗っているスポットに見られるのが性質だと考えられます。

 

 

「オイリー脂性肌の皮脂はメイクとの関係が深い特徴が?」

 

歳を積み重ねるにつれて、化粧のノリが酷くなってきた…

 

夏のシーズンのメーキャップは、少しの間で崩れ始める…

 

数多くの人が、このようなジレンマを持っていることになると思います。

 

女性の方々は、30歳代に入ると皮脂の分泌がちょっとずつ低減して行って、40代に入ると速いペースで減ります。

 

他にも、常日頃のクレンジングなどで長期にわたり大きな影響を与えているため、皮膚の潤いも劣化してやすい傾向が見られます。

 

最終結論を申し伝えますと、メーキャップのノリは皮脂と水分のバランス状態で確定されるわけです。

 

 

つまり、カサカサしやすい素肌は粉浮きしやすくなります。

 

逆に皮脂がのっているお肌は崩れやすいようになるというわけですね。

 

 

夏のシーズンはメイクの崩れが際立った傾向にあるといえますが、その裏側には、メイク料に含まれる油分と皮脂が混じり合うことです。

 

 

認識違いされやすいのが、汗によってメイクが乱されるというピント外れの視点です。

 

 

汗は約99%が水で作り上げられており、メイク崩れの引き金になる油成分は混入されていません。

 

つまり、汗がメイクを乱す事実はありません。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。