レモンの皮の効能と活用方法を解説!健康に効果的で癌予防になる?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は6 分で簡単に読めます



レモンピールとはミカン科に属するハーブです。

 

レモンの皮を乾燥させたもの(ドライレモン)を指し、日本国内では「国産レモンや無農薬レモン」が香り高く需要が高いです。

 

古くから風邪予防など健康サポートハーブティーとして利用されてきました。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

健康に効果的です!レモンの皮の効能について紹介します

 

「風邪の症状予防、改善効果」

レモンの皮(レモンピール)の成分効果には、「抗菌作用、解熱作用」があります。

 

熱を伴う面倒な風邪症候群のときにハーブティーを熱いうちに飲むと風邪に効率的とされています。

 

レモングラスやオレンジピールとのブレンドすることで、より高い効果が期待できます。

 

他にもビタミンCを含み、「疲労回復効果」、「免疫性を向上」することで、より風邪予防をお手伝いすることになります。

 

 

「食欲不振を改善する効果」

さわやかな酸味には食欲を促す(食欲増進)効能が存在しています。

 

お食事の際に「食事がのどを通らない、喉につっかえるような感触」があるときは、このレモンピールティー(レモンの皮)を食事のご一緒にすると役に立つでしょう。

 

また胃の活動を促すことで「食欲不振や胸焼け」の解消にも効き目があります。

 

 

「浮腫み(むくみ)解消効果」

レモンの皮には利尿作用があり「浮腫み(むくみ)効果」にも一役買ってくれます。

 

それだけでなく「血行不良・冷え・むくみ」やそれらが元凶の不調(頭痛・眩暈・倦怠感など)の軽減効果も期待できいます。

 

これとは別に、毒素・老廃物排泄促進(デトックス)、関節炎やリウマチにも実用的だと評価されています。

 

 

「アレルギーの軽減に」

精油成分(シトラール)においては抗炎症作用や抗ヒスタミン作用(アレルギー症状抑制)が存在します。

 

ポリフェノール類の抗酸化作用もアレルギー体質の改善。

 

様々な成分の複合効果による花粉症などの症状緩和に有効となると考えられます。

 

レモンピールはレモンの皮を乾燥させて作られます。

 

遠い昔からフランスやイギリスでは、風邪のひきはじめにお湯、砂糖を加えて飲用されてきました。

 

 

日頃から溜まった「疲労を回復する効果」があります。

レモンの皮(レモンピール)の成分には、動脈の内壁があつくなるのを防止。

 

「静脈、血管、毛細血管」を改善する効果が認められるため、疲労回復に一役買います。

 

 

爽やかで受け入れやすい香りですので夏バテの時などにもよく利用されます。

 

ちなみに、類似名を持つ「レモングラスやレモンバーベナ」と誤認される可能性が高いですが、全くの別種です。

 

 

女性を悩ませる冷え性(ひえしょう)を改善する効果とは

静脈や血管、毛細血管を強くすることもあって、レモンの皮は静脈瘤予防や打ち身の治りを早めるのにも効果的と公表されています。

 

また末梢血管への血の巡りを良くする働きもあり冷え体質、特に末端冷え性の方にも適しています

 

 

アロマテラピーとしての癒しの役目もありますので、一日の疲れを癒したいときにも人気を博しています。

 

季節の変わり目に「花粉症」や「冷え性」のお悩みには「ネトル、エルダーフラワー、ローズヒップ、エキナセア」などのブレンドに人気が集まっています。

 

 

 

実は古くから薬効が信頼を集めているレモンピールティー

古くからフランスやイギリスでは風邪をひいたときの飲料として、お湯に「レモンの皮」と砂糖やはちみつを加えたホットレモンジュースの作り方が伝統的です。

 

 

「殺菌・抗菌・解熱作用」があり、風邪の初期症状・発熱時のケアに調和しております。

 

 

現在でも風邪をひいた時に飲むお茶の定番としても需要があります。

 

さらに食べ物の消化を促進させます。

 

 

知ろう!レモンの皮(レモンピール)の活用方法を解説

「レモンの抽出液でお掃除クリーナーとして活用」

 

何を置いてもかなりのレモンの皮を出費させるならこちらのテクニックがもってこいです。

 

レモン酢を作るポイントで、密封ガラス器に詰め込むだけレモンの皮を充足させて酢を注ぎ込みます。

 

それを2週間ほど放置しておいてください。

 

頑固な汚れやホコリには、この掃除クリーナーにミネラルウォーターを5:5割り合いでブレンドして使用することをお勧めします。

 

頑固な汚れだけじゃなく、冷蔵庫の中やレンジの中などさっとひと吹きすれば、すがすがしい気分のレモンの香り居据わる芳香剤としても活躍してくれそう。

 

 

「レモンの皮とオリーブオイルで手作りドレッシング」

 

まず第一に、レモンの皮をオリーブオイルに漬け込んで作成するハンドメイドオイル。

 

レシピは単純です。

 

何かの入れ物にお好みの量のレモンの皮とカップ1杯相当分の抽出液トラオリーブオイルをプラスするだけ。

 

時々ブレンドしてながら、2週間経過したら殺菌された器に移替えて冷蔵庫にキープして活用します。

 

オリーブオイルにレモンの皮をゆっくりと漬け込むことから、レモンの風味とヒンヤリとした香りが浸潤します。

 

レモンを絞った時とはまた違うナチュラルなテイストで、パスタやサラダに使うと最高の品物です。

 

 

「レモンの皮を置けば虫除け対策になります。」

 

アリや害虫が存在するドアや窓の下枠、隙間や穴に従ってちいさくスライスしたレモンの皮の設置を行ってはいかがでしょうか。

 

間違いなく虫たちはレモンを拒否するので入って来ないのです。

 

ゴキブリやノミであるとしても虫除けの助けになります。

 

害虫が苦手な方は使ってみましょう。

 

 

「レモンピールハーブティーとしての活用」

 

これが一番と言ってもいいほど「レモンの皮」の活用方法にピッタリですし、手間がかからず手頃です。

 

またブレンドハーブティーとして飲用することで、より健康に効果です。

 

では、このレモンの皮を利用したハーブティーはどんな風味と効果なのでしょうか?

 

下記に口コミを紹介しています。

 

東京都_30代_会社員_T・Aさん

「レモンピールハーブティーの風味について」

このハーブティーを飲むのは2回目です!

 

1年前に飲用した考え方とはちょっと違って、気候のいいでフローラルな花の風味にフワっとレモンの香りも感じ取れますね。

 

ハーブティーはほんのりとレモンの気分爽快な香りとほのかな酸味が際立ちます。

 

後味に軽い深みも残り、思っている以上に飲みやすいです。

 

はちみつを加えた作り方が人気ですし、ヒーリング作用もありました。

 

けっこう飲用している人が多い印象ですね。

 

少しハチミツを加えてホットで飲む・症状やターゲットに合わせたハーブティーに加えて飲むのが一押しです。

 

「レモンピールハーブティーの効果(効能)について」
 

生理(PMS/生理前症候群)にも効き目がありますが、なによりも気持ち的にも安心させてくれるのがこのハーブティーのいいところですね。

 

寝る目に口に入れるとなんだかオシャレな気分にしてくれます。

 

友人はPMS症状に成果が得られるとおっしゃっていました(*^▽^*)

 

私の場合は特に肌荒れに効き目を見せるイメージ(^_-)-☆

 

 

生理中は肌が荒れ地と化すのですが、今回はそれもなく、過ごしやすかったです。

 

やはり、ホルモンバランスと肌荒れ(ニキビ)は密接な関連性があるのかもしれませんね。

 

どうでしょうか?

 

このようにレモンマートルの効果や風味は口コミでも評判です。

 

ちなみに、あなたはレモンの皮(レモンピール)ががん予防に役立つと聞いたことはありますか?

 

下記を見ていきましょう。

 

 

乾燥したレモンの皮は健康に効果的で癌予防になるの?

レモンの皮には抗菌性に作用する成分があり、細菌感染に歯止めをかけることが実現できます。

 

乾燥レモンピール(乾燥したレモンの皮)に含まれる栄養成分は、免疫システムをパワーアップするのにお勧めです。

 

コレステロールを下降させ、癌を阻止します。

 

芳香成分「リモネン」は、柑橘系の皮に存在している苦み成分がある化学物質。

 

このリモネンがガン細胞の発育を遅らせ、癌細胞を殺すようにダイレクトに影響します。

 

乾燥したレモンの皮は、ガン細胞の細胞分裂をストップする22の抗癌化合物を含み、癌のリスクを50%縮減させることができます。

 

 

前立腺癌、乳癌加えて皮膚癌の他の器官への定着を阻害することが理解できています。

 

 

 

レモン精油成分はと美白に役立つ!使い方も知っておこう

レモン(檸檬)とはインドを原産とする常緑低木のハーブで、果実は一般的に食用、香り付けに利用されています。

 

ちなみに香りが似ていることから「レモングラスやレモンマートル」と誤解されますが、これらとは全くの別種です。

 

近年ではレモンの風味を利用した加工品や観賞用として鉢植えなどにも適しています。

 

「中世の聖地回復の戦い」では、十字軍がヨーロッパに持ち帰った宝物の中に、レモンも入っていたと言われています。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

もっと知ろう!「レモン精油オイル」の効能(アロマ効果)について

「心への効能」

「気持ちを冷静にする」

レモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)には頭をすっきりさせ、気分をリフレッシュします。

さらに心の動揺を鎮め、気持ちを冷静することから「心配や不安」などの不安定な精神状態を改善してくれます。

 

「頭をスッキリさせたい方に」

爽やかな香りが特徴の精油成分には、頭をスッキリさせ、気持ちをリフレッシュしたいときにも最適です。

他にも、レモンの芳香成分には防虫効果(ゴキブリオや蚊など)があることから、アロマテラピーとして室内で利用すれば、ゴキブリ対策にも有効です。

 

「勉強や仕事に集中できないとき」

勤務や学業の合間でストレス発散を兼ねて、レモンの精油を用いて芳香浴をするとオススメです。

ハンカチにレモンの精油を数滴滴下して香りを嗅いだり、お湯をいれたりしたマグカップに精油を垂らして深呼吸行ってみることも働きを示してくれます。

「体への効能」

「風邪やインフルエンザに」

レモン(檸檬)の精油を利用したアロマテラピーには免疫力を高め、感染症を予防することから風邪やインフルエンザなどの症状にも有効です。

さらに、体内だけでなく、水虫(みずむし)などの皮膚の感染症にも役立ちます。

 

「冷え性や浮腫みに」

「冷え性、むくみ」の改善にも効果的ともいわれているほどの効能をもちます。

精油は体の感染症から守る白血球を刺激する効果もあるため、近年では「傷口を治療、感染症予防」にも利用されています。

ちなみに、果実にはビタミンCを多く含むことから多方面に利用されます。

以前は内分泌線の強壮剤とも考えられたそうで、賛成の中和をする働きが胃酸過多など、体が酸性に傾いたときにも役立ちます。

 

「胃もたれ防止に」

レモンには消化促進作用や、弱っている胃腸のぜん動運動を正常化する作用もあるので、胃もたれを感じたときに効果を見せてくれます。

また、消毒殺菌作用にも優れているので、芳香を空間に漂わせることで、風邪症候群やインフルエンザなどの感染症の予防にもなってくるのです。

「肌への効能」

「肌をワントーン明るく」

レモンの精油成分を利用した芳香浴(自然療法)には血行をよくし、肌の明るさを取り戻す効能が期待できます。

また、この血行をよくする作用は、髪や爪を強くし、成長を促してくれます。

一般的にレモンの精油(アロマ・エッセンシャルオイル)は柑橘系のフルーツの代表とも言われているレモンの皮から採取されることが一般的です。

ちなみに、レモンの名前はアラビア語のライムとペルシャ語の「リムン」が由来しており、いずれも柑橘系の果実を意味する言葉です。

 

「肌のお手入れに」

肌の収れん有効性もあるので、レモンの精油を0.5%に希釈したローションなどを作って肌のお手入れに組み込んでもよいでしょう。

これがニキビビ対策にもつながります。

ただし、レモンの精油には光毒性(肌についた状態で紫外線を浴びると皮膚にダメージを与える性質)があるので、活用することになるときは必ず、太陽光に含まれる紫外線を避けることが大切だと考えます。

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

でも魅力はそれだけじゃありません。

 

見ていきましょう。

 

 

「レモンの精油オイル」には美白効果があるって本当?

レモンにはビタミンCが含有されております。

 

この成分にはシミの原因にもなるメラニンの生成を抑制し、単純に肌を白くする漂白作用を持つと言われているエッセンシャルオイルです。

 

 

これを採用するとくすみが無くなって、トータルで肌の印象が明るくなってくるのです。

 

遺伝が誘因の場合以外は殆ど、メラニンがシミの引き金となります。

 

一度生み出せてしまったメラニンは、代謝周期(ターンオーバー)で排出しなければいけません。

 

そこでまた次にメラニンが生成されないように制御することも肝心だと言えます。

 

レモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)には、シミやそばかすの原因にもなりメラニンを抑制するとともに、肌の炎症系のトラブルにも効果的です。

 

 

 

「レモンの精油(エッセンシャルオイル)」の詳細とは

学名 Citrus limon
科名 ミカン科
原産国 アメリカ、スペイン、イタリア、ブラジル
採取方法 レモンの果皮を使った圧搾法
香りタイプ 柑橘系
香りの特徴 レモンを切ったときに広がるキリッとした鋭さのあるフレッシュな柑橘系の香り
ノート トップノート
作用まとめ 緩下、強壮、駆風、解熱、健胃、抗ウィルス、止血、利尿、収斂(しゅうれん)、腐食、殺菌、殺虫
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、カモミール、カルダモン、サンダルウッド、ジュニパーベリー、ジンジャー、ネロリ、フェンネルスイート、フランキンセンス、ベンゾイン、ラベンダー、ユーカリ、リンデン、ローズ

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

体験レビューも!「レモンの精油オイル」を愛用している人の口コミ

大阪府_20代_会社員_H・Aさん

初めての購入ですが、レモンの果汁のような甘さと酸っぱさが楽しめるように思えます。(*^-^*)

 

いつもムカムカして、ストレスが溜まってしまいますし、なんだか精神的にムラがあるような・・・・・

 

 

風邪をひきやすく、喉がしょっちゅうイガイガしますし、鼻水が止まりません。

 

 

そんなときはレモンの精油オイルが必須ですね(*^-^*)

 

 

調子も良くなりますし、イライラしているときには体にスーっと香りが入ってくるようです。

 

 

千葉県_20代_主婦_F・Tさん

少し甘く、清々しい気分のレモンの香り(^_-)-☆

 

 

こちらのお店さんのものはおおむねライトな香りですね。

 

石鹸作りなど、浸透させたり薄めたり加工したりして香りを楽しみたい方にはオススメですね!!

 

私は原液で利用しているので、とても調度いいのです。

 

 

アロマテラピーにも効果がありますよ(^^♪

 

 

顔が浮腫み(むくみ)やすいので、朝起きると顔がパンパンに腫れ上がっているかのようで、化粧がしにくい!

 

 

そんなときはレモンのエッセンシャルアロマオイルで芳香浴に限ります(^_-)-☆。

 

 

上記でもわかるようにとっても評判な精油だということですね。

 

ですが、まだそれだけじゃありません。

 

もっと詳しく見ていきましょう。

 

 

どんな利用方法があるの?「レモンの精油オイル」の使い方について

一般的にレモンの精油(エッセンシャルアロマオイル)の利用方法として、アロマディフューザーを活用したアロマテラピーがオススメされています。

 

 

他にも、お風呂に数滴加えることで、顔以外の体のシミに効果が期待できます。

 

ほかの精油とのブレンドにも便利で、色々な精油と相性が良く、色々な香りが楽しめます。

 

ヒーリングしたいときや、集中したいときなどに評判のレモン。

 

ブレンドして使い尽くすのであれば、ラベンダーやペパーミント、ローズマリーとブレンドレシピするとよいでしょう。

 

また、感染症予防を目的とするケースになると、ティーツリーと一緒にすると最高のや使い方です。

 

無水エタノールや精製水と一緒にして、部屋スプレー(ヘアミスト)にするのもおすすめです。

 

 

 

ほかの精油(エッセンシャルアロマオイル)とブレンドも便利です。

リラックスしたいときや、集中したいときなどにおすすめできるレモン。

 

 

ブレンドして使うのであれば、ラベンダーやペパーミント、ローズマリーと組み合わすとよいでしょう。

 

 

また、感染症予防を期待する際に、ティーツリーと組み合わせると最適です。

 

無水エタノールや精製水を同伴して、ルームスプレーにするのも適切だと思います。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?