上司の説教への対策は簡単!部下のモチベーションを下げる上司に勝つ

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は4 分で簡単に読めます



 

仕事をしていると、うざくて嫌いな部下のモチベーションを下げる上司に説教され怒鳴られることってありますよね?

 

その相手は「仕事先の先輩・店長・主婦ばばあ」だったりと様々です。

 

でも職場で理不尽に怒鳴られたときの気分は最悪です。

 

仕事先で部下のモチベーションを下げる上司にうざい説教され怒鳴られたときには、どんな対処法があるのでしょうか?

 

調べてみると、下記の意見が多く上げられました。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

超便利!職場で上司に説教されたときの4つ対策法を活用

上司の説教への対策は簡単!部下のモチベーションを下げる上司

「怒られた事と素直に向き合う」

怒鳴られると、誰しも「攻撃された」や「嫌われている」と思いがちです。

 

仕事先で部下のモチベーションを下げる上司に説教され怒鳴られることもありますが、実は相手も好き好んで怒鳴っているわけではありません。

 

一見、理不尽に怒鳴られたと思いがちですが、実は自分がそれに気が付いていないだけで、ちゃんと原因があります。

 

なので、理不尽だと思われるようですが、素直に怒鳴られたことと向き合い、次に生かす人も少なからずいるようです。

 

詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください

 

 

「お詫びと感謝を同時に使うようにする」

理不尽に怒鳴られることは、働いていれば誰にでもあります。

 

普通の人は「すみません」だけしか言わない人が多くいますが、仕事のできるビジネスマンは「すみません」と「ありがとうございます」を同時に使いようです。

 

 

「仕事でミスや失敗をしてしまってすみません」

 

「仕事を教えてくれてありがとうございます」

 

 

を同時に使うことで、相手に反省と感謝の意思を同時に伝えます。

 

すると感謝も同時に使えることで、相手の自尊心を刺激して、より良い人間関係を構築することが出来ます。

 

詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

 

 

 

「絶対に起こられた自分を否定しないこと」

部下のモチベーションを下げる上司に理不尽に怒鳴られてしまったり、誰かに説教されてしまうこともあります。

 

すると「自分には能力がない」とネガティブな感情になってしまいます。

 

しかし、どんな仕事のできるビジネスマンでも理不尽に怒られることは誰にでもあります。

 

たとえ怒鳴られて罵倒されたとしても、自分を否定することは絶対にありません。

 

誰しもが、色々な経験をして今の地位にいるので、良い経験になってと前向きに捉えることが大切だと言われています。

 

詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

 

 

 

「ONとOFFの気持ちの切り替え方をうまくする」

怒鳴られたり、叱られたりすると、家に帰ってもしんどい感情を引きずってしまうことがあります。

 

そして、人によっては、せっかくの週末休みも怒られたときのことを引きずって、台無しになってしまうことも多く寄せられています。

 

そこで、一番大切なのは、気持ちの切り替えです。

 

もちろん、反省することも大切ですが、気分を入れ替えてリフレッシュすることも重要。

 

仕事のできるビジネスマンやビジネスウーマンは、この気持ちの切り替えが上手くできる人が多いと、社会人の調査結果でも報告されています

 

 

 

 

このように対処法も様々ですが、この4つの対処法が比較的に多くの人実践しています。

 

 

では、仕事先でうざくて嫌いな人に説教され怒鳴られたときの立ち直り方はどうでしょうか?

 

 

 

立ち直る対策!部下のモチベーションを下げる上司に説教されときは

上司の説教への対策は簡単!部下のモチベーションを下げる上司

「人に会って話を聞いてもらう」

特に女性は感情的な生き物と専門家に言われ、気持ちを吐き出すことでストレスを解消しやすい体質にあります。

休日などを利用して、友人に悪口を聞いてもらうのもし仕事先で嫌いな人に説教されたときの効果的な立ち直り方でもあります。

 

 

「趣味に没頭する」

気持ちが落ちているときは、没頭できる趣味を見つけることが大切で、一時的に気持ちの落ち着かせることが出来ます。

また、趣味友達にあって気持ちをリフレッシュさせるのも効果的な方法の一つですし、気分を紛らわせましょう。

 

 

「アロマオイルを利用する」

アロマオイルの精油成分には気持ちを落ち着かせる効果が医学的にも証明されており、実施に治療にも使われています。

意外にも、思わず「うざい」と思ってしまうような仕事先で嫌いな人に説教され怒鳴られたときの対処法として有効の意見も多くあります。

 

 

「しっかりと睡眠を取る」

寝付きが良い人や寝つきが悪い人の体質によって個人差がありますが、脳は睡眠中にストレスを解消して気持ちの整理をつけると医学的にも言われています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

「買い物をする」

購買意欲を満たすと精神的な充足も満たすことが出来、ストレスや怒りを抑えて幸福感を与えると心理学でも言われています。

また買い物することで、気持ちが晴れてリフレッシュできるとの意見も多くあり、いろいろな意味で「買い物」は精神を安定させることができます。

 

 

 

むしろ教訓にする対策!上司に説教されて仕事を辞めたくなったら?

上司の説教への対策は簡単!部下のモチベーションを下げる上司

先輩や店長から説教をいただいたから、仕事を辞めたいと感じている方もいます。

 

これほどまでの考え方をしている方はゆとり世代に多く、親から説教を受け取ったことがない人が多いはずです。

 

現実的には、仕事先の店長や経験した人は見ず知らずの縁もゆかりもない人です。

 

 

仕事のことで説教を受けたら満足できるものでなることなど出来ませんし、仕事を辞めたいと判断する気持ちも十分に分かります。

 

しかし、説教を受けるのはあなた一人で間違ったことをしているからで、自分の言動に何かトラブルがあったのかきちんと想定しなければなりません。

 

 

 

怒られる原因は様々です!仕事で説教されるシチュエーションとは?

例えば、仕事中にどう行動したらベストとなるのか分からないがために、ぼんやりと立ちつくしていたり、一度言われた過ちを繰り返してしまったりと色んな要因が挙げられます。

 

 

これについては全てあなた一人で100%悪い。

 

なので、先輩や店長から説教を受け取ったとしても避けて通れないですし、仕事でお金を稼ぐということはそれだけ苦労することなのです。

 

 

正規雇用社員になればさらには激しく罵られることはあります。

 

説教を受けて精神的な打撃を受けているようでは社会に出ることは疑う余地もなくできないでしょう。

 

 

 

上司に怒鳴られたくないなら積極的に質問するのもポイントです!

仕事中にどう行動したらベストとなるのか分からないのであれば、自分からお伺いを立て積極的に動かなければいけないのですし、同じ失敗を重ねれば重ねるほど馬鹿なことはないのです。

 

 

職種によって異なるので一概に解説することはできません。

 

しかし労働に関して指示されたり注意したりした場合は、その内容をノートにメモし、二度と同じことを言われておりないような手段を講じることが不可欠です。

 

仕事先で何度同じことを言っても評価してくれないのであれば、放置されるシーンもあるはずです。

 

それに、例外無く最初は仕事ができないはずですし、説教を受けて生まれ変わっていくのがオーソドックス。

 

なので、たったこれだけの都合ですぐに仕事を辞めたいと考えているのは賢明ではありません。

 

 

 

本当に苦痛であれば仕事を辞めよう!説教ばかりの仕事はきつい!

上司の説教への対策は簡単!部下のモチベーションを下げる上司

仕事を退職しちゃう時に説教されるから辞めにくいと途方に暮れている方もおり、職場によっては手間なく辞めさせてくれないケースがあるようです。

 

 

雇用主が課の部下を自由を奪うことは労働基準法で不当行為されているのではないでしょうかし、私たちは思うままに仕事先を選択して辞任しちゃう権利を持っています。

 

 

「○○○○年の○○月まで働く」という契約書にシグナルをしていないのであれば、常識の範囲内で仕事を辞めることはできることになります。

 

 

辞める当日に店長に話をするケース、説教をして貰うことはあるかもわかりません。

 

しかし1ヶ月前から言い伝えておけば何一つ心配する必要はないはずですし、「親の介護をしなければならない」「遠くに引っ越すことになった」と解説すれば、簡単に辞めることはあり得ます。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

 

こんな体験談!上司に説教され罵倒された投稿エピソード

 

東京都在住_23歳_IT勤務_K・Sさん

 

私は始めて入った仕事場でいわゆる「難儀な初心者」だったのです。

 

 

「上司にため口をきく」

「すみません出なくごめんなさいと大親友に言うように詫びを入れる」

 

 

などなど、とにかく普通ではなかったのです。

 

 

上司に、君の悪いことは仕事の結果の如何ではなく、人間的な幅だと説教されました。

 

それを聞き入れて、さすがに今の状態ではいけないと理解しました。

そして、言葉遣いも仕事への態度も改めたつもりです。

 

 

ですが最近、またミスをして、上司に説教をされました。

 

 

半年間同じ様なことを指摘され続けてきました。

 

人生の先輩なのだからと、わたしはこの種の苦労をしたことがないから説教されても致し方ないと思い反論せずいました。

 

 

上司曰くいわく

 

「マナーがないし稚拙」

 

「君みたいな甘ったれは結婚できない」

 

「自分がかわいくて何もできないだろう」

 

「弱すぎる君の神経が判らない」

 

「新種発見て感じだ!!23年間よくそれで生きて来たな」

 

等々・・・

 

 

今回はこれに加え「本当に手の施しようがないな。救いようがないかも知れません」

 

に指摘されてしまいました。

 

 

尽力はしてますというと、意識の問題だから勤しんで直すものではないと言われました。

 

過去ずっとそうであったものを見直すには、努力が要されると思っていましたが、今回のことで判断できなくなりました・・・

 

 

頑張りは相手にして伝わらなければ努力ではないのですか?

 

マナーがなかったり重責感のない会社勤めの方は、先に述べたことを言われても仕方ないんでしょうか?

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?