甘いグリーンティーのダイエット効果(効能)と成分カロリーとは?

この記事は3 分で簡単に読めます




グリーンティーは古来より中華人民共和国で5000年も前からハーブティーです。

 

日本では一般的に「緑茶」の愛称で良く知られているほど歴史の古いハーブティーです。

 

以前から「熱いグリーンティー(緑茶)を口に入れると風邪症候群が治る」と言い伝えがありますが、ダイエットにも効果的なんです。

 

では下記に紹介します。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 
 

甘いグリーンティーの効果(効能)がダイエットに人気

①:浮腫を改善する効果がダイエットサポートに

むくみは有毒物や水分が体に積み増し、停滞してしまっているということを意味します。

 

むくみ問題解決とはこの塞がった水分を体の外に体外に排出する事がとっても不可欠なのです。

 

グリーンティーに含まれるカフェインが体に滞留した不要な水分排出を手助けして、代謝を促進して痩せやすい体質改善する。

 

利尿・発汗作用によって、「むくみ解消、体内洗浄」に効果的で、はるか古来より薬草として需要が高いです。

 

 

②:便秘解消効果がダイエットサポートに

腸内の悪玉菌の数が増加すると抵抗する力や代謝を低下させ便秘がもたらされることが多い。

 

カテキンには、腸内の善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)を増やし、悪玉菌(大腸菌)を節減し腸内環境を改善します。

 

ダイエット中に起こることが多いな便秘を防ぐ効果が望めます。

 

 

③:脂肪を燃焼する効果がダイエットサポートに

緑茶にはいり込むカテキンには脂肪燃焼効果が望みが持てる。

 

特に身体を動かす前、スポーツをする前に飲む事でダイエット効果を際立たせることができると評判です。

 

しかし必要以上の飲み過ぎは控えて1日3杯から5杯、自分自身のコンディションに応じて飲んで下さい。

 

 

このようにグリーンティーにはダイエットサポート効果があり、多くの女性に支持されています。

 

ではそのグリーンティーのカロリーや成分にはどんな魅力があるのでしょうか?

 

 

甘いグリーンティーの成分カロリーについて解説します。

一般的に抹茶グリーンティーの1杯分(12g)の成分カロリーは40㎉~48㎉だと言われています。

 

つまりダイエットサポートとして飲用するのであれば、1日にコップ3杯~5杯ほど飲用すると良いでしょう。

 

ではグリーンティーにはどのような優れた成分が含まれているのでしょうか?

 

 

次にグリーンティーに含まれている優れた有効成分は下記になります。

アルカロイド タンニン アミノ酸 精油成分
クロロフィル ビタミンC 茶カテキン タンパク質
炭水化物 カルシウム 鉄分 ビタミンA
ビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC
食物繊維 飽和脂肪酸 塩分

 

上記のようにグリーンティーには優れた栄養成分が豊富に含まれています。

 

これがダイエットサポートにつながりますが、グリーンティーの効能はそれだけじゃありません。

 

下記にグリーンティーを飲むことで得られる効能も紹介しています。

 

 

ダイエットだけじゃない!グリーンティーの効果(効能)

「免疫力向上!風邪を予防する効果」

グリーンティーにはビタミンCが「レモンの約5倍、ほうれん草の約3倍」も含有されています。

 

基本的にビタミンCは熱に弱いですが、緑茶に含有されるビタミンCは熱に壊れにくいというメリットがあります。

 

ビタミンCには体の免疫力向上をアシストする効果があり、効率的に取り入れられる健康茶とも考えられています。

 

 

「アレルギー症状を緩和する効果」

「カテキン(茶カテキン)」の効能によって、「アレルギー症状緩和」に相乗的効果が生まれます。

 

今日では緑茶に含有されている「カテキン(茶カテキン)」を配合したサプリメントも市場に出回ってるほど、薬効が信用されているハーブティーの一つでもあります。

 

ちなみにグリーンルイボスティーと勘違いされることがありますが、全くの別種です。

 

 

「ニキビ、肌荒れを改善する効果」

グリーンティーに含まれる「クロロフィル」は油溶性で、角質中の皮脂層で溶け、優れた抗菌性と殺菌力があります。

 

これによってニキビや吹き出物が生まれる原因とも言われるアクネ菌の繁殖を防ぐことで肌荒れを防いでくれます。

 

もともと、グリーンティー(緑茶)は平安時代に空海(クウカイ)や最澄などの僧人が唐から持ち帰ってきたと言われています。

 

日本で薬草(メディカルハーブ)として儀式や解毒などに採用されてきました。

 

 

「シミ、ソバカス予防する効果」

グリーンティー(緑茶)の薬効(効能)は肌の弾力を保ちます。

 

また、「日焼け、シミ、ソバカス」の原因であるメラニン生成に歯止めをかける効果があり、美容を助け舟を出してくれます。

 

それ以外に、血管や細胞の強化や疲労回復、コレステロール抑制、精神安定など様々な良い結果が期待できます。

 

 

「体臭や口臭を予防する効果」

「クロロフィル」には血液の潤滑をお手伝いすることで、「体臭や口臭予防のサプリメント」などに採択されているほど高評価の成分です。

 

そしてビタミンCとの相乗効果によって美肌効果がより発揮されます。

 

また、時代も様変わりして認知症が改善されたなどの報告もあるほど様々な症状に応用可能と思われる万能ハーブティー(健康茶)です。

 

 

「虫歯を予防する効果」

グリーンティー(緑茶)に含まれているカテキン類(タンニン)の薬効(効能)には抗菌作用があります。

 

これが虫歯が引き起こされる歯周菌を殺菌し、虫歯菌の繁殖を未然に予防します。

 

また、ポリフェノールも包括しており虫歯の主な原因となる口腔内細菌の増殖を著しく抑制する効用効果があります。

 

上記のの効能によって口の中で細菌が蔓延るのを抑圧してくれます。

 

 

「老化を防止する効果(若さキープ)」

近年では、グリーンハーブティーの薬効(効能)も高い評価を得て、「抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗コレステロール作用」があります。

 

老化防止(アンチエイジング)に効果的かということが研究で掲載されています。

 

また、上記で少し解説しましたが、緑茶には風邪を防止する効果があると考えられています。

 

 

「楽天通販店でおすすめの人気グリーンティーを口コミ」

千葉県_40代_美容関係_Y・Uさん

「グリーンティーの風味への口コミについて」
冷え込んでくるとホットコーヒーばかり飲みつけてしまうので、たまには違う飲み物をと思いこちらを買い入れてみました。

 

ホットミルクにブレンドして飲んでいますが、イメージしていたより甘いかなぁー。

 

もうちょっと甘さ控えめ、お茶濃い目が気に入りです(^^♪。

 

濃くしようとすると甘さもUPしてしまうので^^;

 

でも疲労困憊してちょっと甘いものが飲みたいなーーという時にはピッチリ!

 

抹茶ミルクにすると幼い子どもたちには評価が高く甘くて美味しい!(^_-)-☆

 

と飲用しています。

 

友人たちが来たときに出せば、わずかばかりのおもてなしにもなるのでいいですね。

 

最近はお湯で割って少しミルクを入れると甘さ控えめでサッパリするので愛着を持っています(^_-)-☆

「グリーンティーの効果への口コミについて」
まず口臭対策になるのでしょうか?口の中でグリーンティーの香りがふんわりと広がってくれますね(^^♪

 

あとは、お通じが良くなって1週間に2回だったのですが、毎日快便になってきました(^^♪

 

1ヶ月くらい愛飲していますが、浮腫みと肌荒れにも効果がでてきているようにも感じますね。(#^.^#)

 

なんでもダイエットに効果的なんだそうで、食事のお供にしていたりしますね。(^_-)-☆

 

なんとなくですが、これを飲んでいると体重が増えないようにも感じています(^_-)-☆

 

これからも愛飲していこうと思います。

 

 
 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?