ユーカリ茶の毒素性が人間に副作用を齎す?子供が飲んだらどうなる?

この記事は2 分で簡単に読めます


長谷川さん

ユーカリには毒性があり、

危険なハーブ!

一般的にユーカリをハーブティーとして活用される際は、

殺菌作用があることを利用して、

「風邪予防、口臭軽減」などに用いられます。

現在ではハーブティーとしても、

認知され始めており、

多くの人に愛飲されています。

 

 

ユーカリ茶の毒素性は人間に副作用を齎すって本当?飲んだら危険なお茶(ハーブティー)なの?

ユーカリの葉を使ったお茶(ハーブティー)は、

体によい作用を見せるのとは反対に、

青酸配糖体という成分を持ち合わせることから、

その毒性にも気に留めなければいけません。

 

下記にユーカリの毒素性について紹介しています。

 

「喘息の悪化や食あたり」になる

ユーカリ茶の有毒成分(青酸配糖体)は、

青梅にも組み込まれているものですが、

外用する分には問題ないです。

しかし、過剰摂取すると、

喘息(ぜんそく)の悪化や食あたりの元凶となっている、

副作用の危険もあると思います。

個人の体質にもよりますが、

ユーカリ茶を飲むなら、

1日に1リットルくらいにしておきましょう。

 

 

「肝臓の疾患がある人は注意」

ユーカリ茶の毒性である「青酸配糖体」は、

人間には毒である可能性があります。

 

解毒を担う肝臓にも負担を掛けるので、

肝機能に疾患がある人は注意です。

またユーカリの毒素性である青酸配糖体は、

「肝臓の薬」と一緒に口に入れると吐き気や腹痛など、

副作用が引き起こされるケースが付きまといます。

青酸配糖体は肝機能だけでなく、

薬の効果を低下させてしまい、

効き目を弱める可能性もゼロではありません。

念のため、

肝機能の薬を飲んで2時間くらいは、

ユーカリ茶を飲まないようしましょう。

 

 

「低血圧や糖尿病を患っている人は使用不可」

ユーカリ茶には、

血圧や血糖値を下げる作用もあるので、

降圧薬や糖尿病薬を飲みつけている人も気をつける必要があります。

ユーカリ茶(ハーブティー)を飲む前に、

医師にお問い合わせしてください。

 

 

「妊娠中(妊婦)が飲むのは危険」

ユーカリ茶には毒素性が含まれているので、

妊娠中(妊婦)はお腹の子供に悪影響を及ぼす可能性もゼロではありません。

妊婦への悪影響に関する報告はありませんが、

「青酸配糖体」には、

人間の体に毒になることもあるので、

摂取は控えましょう。

 

 

つまりユーカリ茶には毒素性があるから副作用が危なくて飲めないってこと?

ユーカリ茶の毒性が人間に副作用を齎す!葉油の有毒性と効能

上記でわかるようにユーカリ茶は、

青酸配糖体という毒素性を有します。

 

この青酸配糖体は血液中のヘモグロビンと組み合わせて、

酸素を運べなくしたり、

細胞内でエネルギーを作れなくしたりしていきます。

 

言うまでも無く、

人間の場合は大量に活用すると中毒を起こし、

死に至るわけです。

 

乳幼児(子供)には使用禁止です。

 

しかし、

ユーカリハーブティー(お茶)に関しましては、

大量に用いない限り(過剰摂取しない限り)、

大丈夫だと言えます。

 

基本的に、

1日にコップ1杯~6杯(1リットル)くらいを、

目安に飲用しましょう。

 

長谷川さん
ユーカリ茶の目安摂取量は、

1日に1リットルくらいです。

ユーカリ茶には毒素性があると言えど、

安全な摂取量を守れるのであれば、

決して危険ではありません。

 

 

毒性がある「ユーカリ茶」を子供が飲んでも大丈夫なの?危ないから止めた方が良い?

ユーカリ茶の子供への飲用は禁止ではありませんが

「念のために注意するべき」

というのが見解になります。

 

まずは、ユーカリハーブティー(お茶)を、

子供に飲ませるなら目安摂取量として、

1日にコップ3杯(500ml)くらいにしておきましょう。

 

大丈夫そうであれば量を増やしても良いですし、

体調に異常を感じるようであれば、

摂取量を控えましょう。

 

ハーブには栄養成分も含まれており、

いくら健康に効果的と言えど、

過剰摂取すれば体調を悪化させる恐れも。

 

一般的にユーカリ茶は市販でも販売されているように、

毒素性はありますが、

「風邪予防」や「リラックス効果」があり、

推奨されているお茶でもあります。

 

長谷川さん

体質的にユーカリ茶を受け付けない人もいます。

ユーカリ属性であるフトモモ科に対するアレルギー反応がある人も、

控えたほうが良いでしょう。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?