国産の紅花茶の効能と美味しい飲み方を紹介!副作用があるって本当?

この記事は3 分で簡単に読めます




サフラワーとはキク科に属するハーブです。

 

和名では「ベニバナ」と言われており、遠い昔から花は赤や黄色の染料として採択され、また口紅の芳香成分にも取り扱われています。

 

現在では、ハーブティーとしても評定され始めており、多くの人に愛飲されています。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 
 

 

国産紅花茶(サフラワーティー)の効能と美味しい飲み方

「生理痛を緩和または軽減する飲み方」

生理前に愛飲すると生理痛を軽減できます。

 

サフラワー(紅花)の成分を抽出したハーブティーは通経作用に優れています。

 

これが「生理痛や生理不順」、「更年期障害」といった婦人科系の病気の状況にも効果を見せてくれます。

 

かつてに「血液の巡りをスムーズにし体を温める薬草」として特に女性のみなさんの生理症状に用いられます。

 

また紅花で染めた布を身に付けると体が温まると言われ、腹巻や腰布にも活用されていたようです。

 

この薬効(効能)から「サフラワーティー(紅花茶)」は女の方にもイチ押しだと評価されています。

 

 

「ホルモンバランスを安定する飲み方」

近年、PMS(月経前症候群)や更年期障害の緩和に実効性がある健康茶としても親しまれました。

 

ホルモンバランスを調節する働きと抗酸化作用が改善に効果的と言われていました。

 

また、ホルモンバランスの乱れから発症してしまうイライラや落ち込みなどにも効果が期待できます。

 

メンタル的な症状が強い方はリンデンフラワーやチェストベリー、レディースマントルなど鎮静作用のあるハーブと組み合わされています。

 

 

「冷え性を改善する飲み方」

サフラワーハーブティー(紅花茶)の効能の一つとして血行促進作用があり、日常的に愛飲する飲み方が効果的。

 

体内の血液循環を良くすることで、「冷え性」を改善する効果効能があると専門家に言われています。

 

サフラワーオイル(油)にも同様の効果を獲得出来ますが、ハーブティーのほうが薬効(効能)が見込めます。

 

一般的に「サフラワー油」としても家庭に親しまれております。

 

よく「サンフラワーオイル(ひまわり油)」と誤解されますが、関連性はなく全く以て異なっている。

 

 

「肌の代謝を向上(美肌サポート効果)」

サフラワーハーブティー(紅花茶)には不飽和脂肪酸、ビタミンEなど血流改善に実効性がある成分が活用されます。

 

他にも「ビタミンE」には肌の代謝を向上させ、美肌をサポートしてくれます。

 

また有効成分には「黄色色素サフロミン、紅色色素カルタミン」が含まれています。

 

この成分が血行促進や血液浄化に効果が期待でき血液を綺麗にして血液循環を整える役目を担います。

 

 

「老化を防止する飲み方

紅花茶はアンチエイジングのビタミンとも呼称されるビタミンEは豊富。

 

また黄色色素成分サフロミン(サフロールイエロー)やリグナンなど抗酸化作用を保持する成分が沢山包含されています。

 

毎日飲むことで、肌など外見の老化予防に拘ることなく、動脈硬化や高血圧、生活習慣病の予防としても効き目があります。

 

テローム(粉瘤)を融解するなどの作用も期待されていますから、女性専用ではなく男性のみなさんにも摂取メリットがある健康茶だと断言します。

 

 

「便秘や下痢を改善する飲み方」

サフラワーに含まれているフラボノイド類(フラボン、カルコン)には整腸作用があります。

 

便秘や下痢の改善にも有効とされています。

 

特に女性のケースでは血流改善効果と相乗して腸の蠕動運動促進に因果関係があり、便秘解消を感じ取る人が多いと評されています。

 

食前~食後に飲むことで消化促進をサポートしてくれます。

 

 

「美肌をサポートする飲み方」

少量の紅花茶は血液や栄養の不足を補足することで美肌効果をもたらします。

 

薬膳料理の原材料としても取り入れられています。

 

紅花茶は便秘解消から肌荒れの予防にもダイレクトに影響。

 

有効成分「リグナン」には抗菌・抗炎症作用が期待されているので肌トラブルの改善にも効果が期待出来るでしょう。

 

血行促進作用とトータルで顔色が青白い方の血色を良くしたり、色艶なく黄ばんで見えるような方はトーンアップもすることが可能と評価されています。

 

抗酸化作用を伴いながら肌のくすみやハリ低下の予防・改善にもと美肌を目標にする方やキープしたい方には頼もしい相棒となってくれます。

 

 

国産の「紅花茶(サフラワーティー)の味」を口コミ

千葉県_30代_会社員_K・Fさん

「サフラワーハーブティー(紅花茶)の風味への口コミ」
独特の風味はありますが、全体的にフローラルで飲みやすいハーブティーと言ったイメージでした。

 

 

ハーブティーはやわらかいフローラル系の香りと独特の風味かな( ^)o(^ )

 

 

シングルティーや牛乳、蜂蜜(はちみる)などのブレンドティーのどちらでも堪能できます。

 

 

特にミルクと合わせることによって香りが優しくなります。

 

より美味しいままで飲むことができました。

 

「サフラワーハーブティー(紅花茶)の効果への口コミ」
あまり、周知徹底されていなハーブティーですが、女性のホルモンバランスなどにとっても効果的なハーブティーなんですけどね・・・・・・・・

 

あと、美容にも効果的!!!

 

「肌に弾力」が出てきましたよ~~~(^_-)-☆

 

やはり、ハーブティーと言えば、「カモミールティーやルイボスティー」が知名度の高いので、その潜んでしまっているのかもしれませんね。

 

 

毎日飲用していると「末端の冷え性」が少しずつ改善されていきましたね。

 

あとは、お通じが良くなった感じがしました(^_-)-☆。

 

 

ちなみに、愛飲者友達は「肌がキレイになるし、ニキビが減るよ!!」だそうです。

 

どうでしたか?

 

このように紅花茶(サフラワーティー)は生理痛を緩和する有効性が高いことがわかります。

 

とりわけ女性のみなさんにイチ押しされているハーブティーであったりします。

 

では副作用はあるのでしょうか?

 

 

国産の紅花茶(サフラワー)には副作用があるって本当?

結論から言えば、基本的に紅花茶(サフラワーティー)には副作用は報告されていません。

 

なので副作用の危険性がないことからサフラワーティー(紅花茶)がよく活用されています。

 

ですが、強いていうのであれば下記のような副作用が見受けられます。

 

流産のリスクがあるので赤ちゃんが出来ている人はNG

 

妊娠していると見受けられる人は体内に取り入れてはいけません。

 

出血のデメリットを顕著にするので、胃潰瘍の見られる方や生理中の方、外科手術を迎える方などは飲用を中止。

 

菊科の植物にアレルギーを有している方も厳禁と考えて良さそうです。

 

 

このような条件に当てはまる人は摂取を控えるか、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?