ホーソンベリーティーの効果(効能)と禁忌な飲み方の副作用を紹介!

この記事は2 分で簡単に読めます


ホーソンはバラ科に属するハーブで、

和名では「西洋サンザシ(セイヨウサンザシ)」と呼ばれています。

 

ハーブティーに使用される部分は「花、葉、果実」で、

伝統医学では「心臓を強くする」として長い実績の中で取り扱われています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、

多くの人に愛飲されています。

 

 

ホーソンベリーティーの効果(効能)について知ろう!

「1日に1度の飲み方で高血圧対策に」

ホーソンベリー(サンザシ)は、

高血圧に際立ってよく効く薬草と考えられるもので、

たいへん人気が高いです。

心不全・狭心症・高血圧だったり、

広い範囲に亘る心臓疾患のケアに効果的。

 

「心臓の筋肉をサポートする」

ホーソンベリーは、心臓の筋肉を強力にし、

心臓から提出して出される血液の質を良化する効果があります。

また、血管を拡げ、神経信号の交信をサポート。

これらの全てが、血圧を下げるのに相乗効果を齎します。

ホーソンベリー茶を作り、1日に1度飲用しましょう。

 

「美容(老化予防、若返りなど)に効果的な飲み方」

ホーソンには「OPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)」とい成分が内包されています。

これには細胞が酸化し破壊されるのを防ぎます。

老化現象に抑制する優れた抗酸化作用(若返り、アンチエイジング効果)が研究でわかっています。

米国にて特許も取得され、薬効も優しくに作用します。

このことから医療界でもの高い評価を得ているハーブです。

またルイボスティーを組み合わせることで、より相乗効果が期待できます。

ページを進む前に「ルイボスティー ホーソン 若返り」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「ダイエットサポートにつながる飲み方」

ホーソンベリーティーの優れた効能によって、

身体の内側の脂肪燃焼をサポートする効果を発揮。

なので、ダイエットにも効果を見せてくれます。

ホーソンベリーティーを日頃から愛飲した飲み方は、

太りにくく痩せやすい体質に改善します。

激しい運動したあとにも効果的なので、

体型を気にしている方はぜひ飲みましょう。

ダイエットサポートを目的として飲むなら、

紅茶やルイボスティーとブレンドしましょう。

「紅茶 ホーソンベリー ダイエットサポート」に関する記事も併せて読みましょう

 

「血圧を安定させる効果」

ホーソンハーブティー(セイヨウサンザシ茶)の効能は血の流れをサポート。

血圧を正常化する作用があり「低血圧、高血圧」など、

症状にも効果を見せます。

症状にお悩みの人で、このハーブティーを常備している人もおります。

体にダメージを与えないので、

高齢者の方も心配をせずに飲むことができます。

 

「動悸、息切れ改善する効果」

「動悸、息切れ」などの心臓により引き起こされる病の緩和する効果を見せます。

特に登山者に飲用され、

山頂に近づくとどうしても空気の濃度が減少。

体内に酸素を運びずらくなってしまいますが、

ホーソンティーはこれらの症状を緩和します。

 

「強心臓作用で心臓を丈夫にするのに効果的」

「ホーソンの実や葉」には強心作用など優れた効能があります。

はるか古来より伝統医学では「心臓を強くするホーソンハーブ」として採用されます。

さらに、ホーソンは漢方でも「山査子」として利用されます。

薬効は時間を掛けて作用するので、安全性も高く、

「動悸や息切れ」などの心臓が関係する症状に利用されるほど、

信頼のおけるハーブです。

 

口コミでも人気のあるオススメのホーソンベリーハーブティー茶はこれだ!

ホーソンベリーティー茶の味と香り

「ふんわりとした酸味が」楽しめるベリー系のハーブティーですね。

 

でも、ベリー系といっても「ブルーベリー」のような感じではないです。

 

もうちょっと軟らかく甘みを加えたようなベリーの味と香り。

 

ホーソンは少し甘みもあるハーブティーで、

さわやかなベリーの香りが口の中いっぱいに広がります。

 

なので初心者の人でも、比較的ですが気軽に飲むことができるのではないでしょうか?

 

それくらい、口当たりが優しくてまろやかなハーブティーかな。

 

血圧安定効果があるので、日頃から飲用してみるのもいいかもしれません。

 

ローズヒップやローズとかと相性が良い言われています。

 

しかし、作用がゆっくりなので継続的に飲む必要があります。

 

少しずつ、体調が良くなっていくことでしょう。

 

とくに「寝起きのダルさ」には効果的で、

老化防止効果かがあるので、美容にもオススメ。

 

このようにホーソンベリーティーは優れた効能を発揮します。

 

現在では、味や香りかた女性を中心に多くの方に愛飲されているハーブティーの一つ。

 

しかし、一方で禁忌な飲み方による副作用が懸念されています。

 

下記にはホーソンベリーティーの禁忌な飲み方と副作用を紹介しています。

 

 

ホーソンベリーティーの禁忌な飲み方による副作用とは?

禁忌な飲み方①「妊娠中(妊婦)や授乳中は控える」

セイヨウサンザシ(ホーソンベリー)は適切に飲む限り、

安全に体内に入れることができるハーブ。

 

ですが、妊娠中及び授乳中の保安性につきましては保証されていません。

 

そのため、できるだけ摂取は避けるのが無難です。

 

 

禁忌な飲み方②「無理した過剰摂取は控える」

セイヨウサンザシ(ホーソンベリー)副作用においては、

過剰摂取による経口採取したときにいくらか言われています。

セイヨウサンザシ(ホーソンベリー)は効果をもたらすまでに、

数カ月かかるかも知れない。

ですが、飲用して6週間以上トラブルが良化しないか、

足のむくみが生じるケース、薬剤師にご相談ください。

 

 

禁忌な飲み方③「違和感を感じたら摂取を控える」

また、腕に抜け落ちる胸の苦痛のように、

心臓疾患からくる痛みに見舞われる場合は医学的診断が必要です。

強心配糖体が含まれたハーブや強心力になるハーブです。

心臓血管の薬、冠状動脈拡張薬、CNS(中枢神経系)の抑制薬、

ジゴキシンといったセイヨウサンザシ(ホーソンベリー)の併用は控えるべきです。

 

 

このような禁忌な飲み方は絶対にやめておきましょう。

 

禁忌な飲み方を続けていると下記のような副作用が起こるケースがあります。

 

 

ホーソンベリーティーの禁忌な飲み方による副作用一覧
吐き気や悪心 胃腸の不快感 疲労感
過剰な発汗 手のかゆみ 心悸亢進
動悸や息苦しさ ズキズキする頭痛 めまいによる嘔吐看
精神的な動揺 不眠や睡眠障害 循環器系のかく乱

 

ホーソンベリーティーを無理して飲み続けると、

このような副作用を引き起こすことがあります。

 

その有効成分には「オリゴメリックアントシアニジン、ヒペロシド、ビテキシン、カテキン」が含まれています。

 

用法用量を守って正しくホーソンベリーティーを飲みましょう。

 




あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?