バジルハーブティーの効能と食べ過ぎによる副作用と解説!精油も紹介

この記事は3 分で簡単に読めます




バジルは和名で「メボウキ」と呼ばれるシソ科のハーブで、ギリシャ語の「王様」に由来して名付けられた一年草です。

 

バジルには「ホーリーバジル、スイートバジル」など種類豊富です。

 

その総称としてバジルと呼ばれ、タイの料理でよく利用される「ホーリバジル」は薬効(効能)が優れています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 
 

もっと知ろう!バジルハーブティーの効能(お茶の効果)

「胃炎・胃酸過多を緩和または改善する効果」

バジルの成分を抽出した「バジルハーブティー」の効能は食べ物の消化を促す効果があります。

 

それだけでなく「胃炎、胃けいれん、胃酸過多」など、胃腸の諸症状の改善にも役立っています。

 

また、粘膜保護に役立つカモミールティーとブレンドすることで、より薬効(効能)が期待できます。

 

このバジルハーブは時代や国によって「愛のお守りとされたり、憎しみや不幸の象徴とされる」など、さまざまとらえ方されてきた歴史を持ちます。

 

150種以上と品種も豊富です。

 

「ホーリーバジル」に対して、優しい香味をもつスイートバジルは、料理のスパイスなど、イタリアをはじめとする世界各国で利用されています。

 

 

「ストレス解消や神経系の疲労を回復する効果」

バジルハーブティー(メボウキ茶)は神経系にも働きます。

 

これが「心配、緊張、イライラ(ムカつき)、不安」などの神経系に関する症状を緩和します。

 

精神的ストレスからくる「不眠症や睡眠障害」に対しても有効と言われております。

 

特に「カモミールティー」とのブレンドが人気で、女性を中心に愛飲されています。

 

 

 

「若返りに!バジルの抗酸化作用とは」

バジルの有効成分「βカロチン」は体内でビタミンAに変わって効能を顕示するはずですし、健やかな抗酸化作用を持ち合わせています。

 

抗酸化作用は老化防止の若さのキープとダイエット、動脈硬化やガンを代表とする生活習慣病防止に強みを持ったもの。

 

またβカロチンに変化があることで作り出されるビタミンAは目の網膜にある物質を作成。

 

胃腸や気管支などの粘膜の健康をキープするのにも一役買います。

 

 

「ダイエットサポート効果」

バジルの効能として一番高いということになりますのがβカロチン、シオネールだけに限らず成分による抗酸化作用での若さのキープとダイエット効果。

 

抗酸化作用は血行促進や代謝機能のきっかけとなって、美容にも健康にも繋がってくるものではあります。

 

やはり特長的な効果としては加齢現象の防止とダイエットサポート効果であるものです。

 

 

豊富に含まれるバジルの栄養素が健康をサポートする

バジルの有効成分には栄養価の高い成分を含有し、とりわけバジルの持つ栄養素は健康や美容に効果的。

 

栄養価の中で関心の目を向けていただきたいものは次に挙げるもの。

 

「βカロチン」・・・癌の原因になる活性酸素から身を守る抗酸化作用を持つ

 

「カルシウム」・・・現在の日本人に一番と言っても良いほど不足しがちと問題視される成分

 

「シネオール」・・・ダイエットサポートに評判が良い

 

「オイゲノール」・・・風邪やインフルエンザ予防になると言われる殺菌作用を持つ

 

このようにバジルが含有する成分には、多くの美容や健康をサポートする効果があります。

 

食用だけでなく、ハーブティーとしても利用できるのもバジルが人気の理由でもあります。

 

 

溜まったイライラなどによるストレスを解消する効果も!

意外に思う方も大勢いるでしょうがバジルハーブティーに数えられる栄養素として実はカルシウムも多いと言えます。

 

 

カルシウムと言えば骨への影響と十分でなくなることでイライラすることが多く、バジルはこれを解消します。

 

 

世の中日本人には価値のある栄養素なのに欠如しがち。

 

シオネールは高血圧・高コレステロール・冷え症への影響でダイエットサポートに有効性を与えます。

 

オイゲノールは高い殺菌作用で免疫力を上向かせてくれるはずです。

 

 

日頃から愛飲することで「免疫力」を向上する効果も!

バジルハーブティーに含まれる成分のオイゲノールなどの殺菌作用への有効性の高い成分が免疫力を向上します。

 

カルシウムを含むだけでなく、カルシウムを吸収しやすくなるビタミンKがバジルには含有されており、健康維持の役割りもあります。

 

 

また精油成分が持つストレス軽減効果も見逃せないバジルの効能です。

 

フレグランスにも活用されてもストレス軽減効果を発揮する成分もバジルは含みますし、カルシウムがイライラ解決手段にもなるのです。

 

 

バジルを食べ過ぎによる副作用があるってホント!?

「バジルシードは妊娠中や授乳中に食べ過ぎると危険」

 

 

バジルシードに数えられる豊富な食物繊維は、消化吸収されにくい。

 

 

そればかりか、並行して口にした他の栄養素の消化吸収も控え目にする作用が見られます。

 

 

ですから、妊娠中や授乳中の、食べ物が乳児が危惧される期間は、バジルシードを食い過ぎるのは懸念があると認識していたほうが良いですね。

 

 

妊娠中・授乳中の保安性を示すデータベースがまだ十分とは言えずです。

 

事前にドクターに相談を持ち掛けるか、使用をストップするかしたほうが安心です。

 

 

「バジルシードを食べ過ぎると便秘になる可能性が」

 

バジルシードの特性は、水を含むと30倍に巨大になるという膨張性だと言えます。

 

 

これが食事制限や便秘解消に貢献するのですが、使い方を間違うと、腹部につらい症状が見られることになります。

 

 

口にする前の水分の含ませ方が不充分だと、お腹の中で腸内の水分を吸い込んでふくらみ、腸が滞るかも知れません。

 

また、1度にたっぷりと口にすると、おなかの中で満杯になっております。

 

 

胃腸のはたらきを悪くして腹痛や下痢をひき起こしたり、腸に詰まりに見舞われて便秘が起きたりもします。

 

 

バジルシードの1日の適量は9gと言われています。

 

 

ですが、とりあえずは、1日のうち複数回に分けて堪能し、様子を見ながら増加させていきましょう。

 

 

 

バジルの精油(エッセンシャルアロマオイル)について

バジルの精油(エッセンシャルアロマオイル)の香りはシュッとした甘さと辛味のある香りとハーブのような爽やかな香りが特徴的。

 

女性と言うよりも男性っぽさを感じるような香りです。

 

バジルの精油(エッセンシャルアロマオイル)の効果は下記になります。

 

困惑や自信のなさをリラックスさせ、自分の心中を自由にシンボライズすることを力となってくれます。

 

繊細になりすぎてしまう他に、頭でイメージすぎてしまう人に適した香りです。

 

消化促進作用、鎮痛効果、呼吸器系の不具合緩和に効果的。

 

ストレスで引き起こされる胃痛や頭痛に良く効くるでしょう。

 

女性ホルモンの調整作用が有り、生理痛や生理不順等の好転に最も良い方法です。

 

バジルリナロールは、より神経強壮やリラックス、抵抗力向上の作用に優れます。

 

お肌へは殺菌、浄化作用があり、ニキビを改善し、美しい肌にしてくれる。

 

 

 

「人気のあるバジルハーブティー(お茶)を口コミ」

大阪府_20代_営業職_K・U

「バジルハーブティー茶の風味への口コミ」
一般的にスパイスハーブとして認知されているので、正直不安ではありました・・・・

 

でもいざハーブティーを飲んでみると意外にも好感触!!

 

 

爽やかな香りが楽しめると口の中でふんわりとハーブの香りが広がっていくがとっても美味だと思いますね。

 

 

たしかにバジルのスパイスシーな香りも楽しめますが、ハーブティーにすると意外にも印象が変わるものです(^^♪

 

次はブレンドティーにしても利用したいと思っています(^_-)-☆

「バジルハーブティー茶の効果への口コミ」
栄養価の高いハーブなので日頃から食生活が乱れている私にとってはとても良いお茶だと思います。

 

なにより肌が綺麗になっていくようにも感じますね。

 

 

 

これを飲み始めたから新規のニキビ(吹き出物)が出来ていないので(^_-)-☆

 

 

何かしらの効果があるようにも思えます(^_-)-☆

 

 

友人の話では、ダイエットサポートと老化肌にも効果があるようなの!!

 

 

そちらにも期待していきたいとことですね。

 

 

口臭対策にもなるのか?食事のお供にハーブティーを愛飲すると口臭が気にならなくなりますね。

 

最近は毎日のように常飲していますよ(#^.^#)

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?