紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果も紹介


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。





シソ(紫蘇)はシソ科のハーブです。

 

ちなみに「蘇」という原名をもつ中国を原産国とする一年草で、香りがさわやかで、食を進めて元気を蘇らせると言われています。

 

シソ(しそ)には「赤紫蘇」と「青紫蘇」の2種類存在しますが専門家の間では「赤紫蘇」の効能が優れていると言われています。

 

有効成分には「精油、脂肪酸、ステアリン酸、ビタミン類、ミネラル類」などの美や健康サポートに効果的な成分が含まれています。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 
 

紫蘇茶(しそ茶)の副作用が危険かも!?飲む前に知ろう

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

副作用は指摘されていませんが、どんな飲料も糸目をつけずに口に入れると身体にダメージを負わせます。

あえて「しそ茶(紫蘇茶)の副作用」を懸念するのであれば下記になります。

 

 

副作用①「過剰摂取は注意が必要」

紫蘇茶(シソ茶)もむやみに口に入れると、効果が躍進するなんてことはなくより一層のコンディション不調が発症するケースがあります。

 

一日2~5杯を上限に堪能すると適正と発表されています。

 

 

副作用②「過剰摂取は注意が必要」

ちょっぴりでは胃腸に関して蠕動運動を促したり、落ち着かせたりする効き目があります。

 

ですが摂取し過ぎると反対に胃腸を緊張状態させてしまうというのがあるので気を付ける必要があります。

 

個人によって些かでも刺激などを通して胃痛や胸焼けなどが降りかかるケースがあるので、不快症状を実感したケースではすぐに体内に取り入れるのを取り止めるようにします。

 

 

副作用③「シソ科アレルギーの方は注意」

体質的にしそ茶(紫蘇茶)である「シソ科の植物アレルギー」の方もいらっしゃいます。

 

もし、飲用した際に少しでも体調に違和感を感じるようであれば、すぐに摂取を辞めましょう。

 

アレルギーというものに関しては、食物アレルギーの持ち主である人は皮膚炎などに見舞われる確率が高いです。

 

これは、香りの成分のべリルアルデヒドが要因になっており、ストレートにアレルギーの元凶となっている事例はありませんが促す作用があるようです。

 

 

副作用④「妊娠中は注意が必要」

既に特定の病状や持病の持ち主である人、妊娠中の人は、ドクターやお茶の販売業者に依頼してから飲用するほうが良いと思います。

 

副作用こそ報告はありませんが、妊娠中は口にする飲み物にも細心の注意が必要です。

 

 

「紫蘇茶(しそ茶)のアトピーへの効果」について知ろう

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

「有効成分はアトピーや皮膚炎をを鎮静化する」

シソやエゴマ類に包含されるルテオリンはフラボノイドの仲間です。

 

このルテオリンの特殊性は花粉やアトピーなどを含んだアレルギーの症状を鎮静化してくれる効果が認められるということを指します。

 

アトピー性皮膚炎の炎症の元凶であるロイコトリエンといった物質や花粉症の症状の元凶であるヒスタミンなど。

 

これらの物質を生み出す酵素の動向を抑制して、アレルギーの諸症状を楽にする有効性が高いのだとか。

 

 

「飲用だけでなくお風呂にも利用できる」

しそ茶のドライハーブを入れたティーパック(5g~10g)をお風呂に浮かせることで簡単にしそ茶風呂ができあがり。

 

こういった方法もアトピー症状に効果があると言われています。

 

他にも、しそ茶(紫蘇茶)の抽出液をお風呂に投入するのも効果的な方法の一つでもあります。

 

また皮膚に直接的に作用することから、より早く効果を得られやすいという意見も。

 

しかし、肌に少しでも違和感を感じるようであれば、直ちに使用を中止するのは賢明だと言われています。

 

 

 

もっと知ろう!紫蘇茶(しそ茶)の効能はこんなにもある

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

「風邪予防または症状を緩和する効果」

シソティー(紫蘇茶)は殺菌作用が相当強く、喉のイガイガや風邪症候群の引き始め、神経的に堅苦しくなっているときに飲用することがイチオシされています。

 

ここ最近はその高い薬効から「アカシソ(赤紫蘇)ジュース」や「青紫蘇ジュース」などが市場に出回り、自宅でも一般的となったのです。

 

この他にも「イライラする気持ち・ドキドキ・恐怖心」などを含んだ不安定になった精神をノーマルに保つことでストレス解消に役立ちます。

 

発汗作用もあることから、シェイプアップサポートなどにもおすすめできると評判です。

 

 

「食欲不振を改善(食欲増進作用)」

食欲のないときは、食前にこのシソティー(紫蘇茶)を飲用することで「食欲増進作用」が期待できます。

最近では「食欲不信」に実効性があるとして、女性のみなさんから口コミを中心に人気を集めています。

 

また、シソ(紫蘇)のハーブは栄養価も高く、健康茶として飲用することもできます。

 

 

女性必見です!老化防止(アンチエイジング効果)にも

紫蘇は古くから国内においても活用されるハーブの一つ。

 

 

料理に添えられるのは「解毒、防腐効果」があり、老化防止(アンチエイジング)を手助けすると言ったところです。

 

 

βカロテン(ベータカロチン)は老化現象のもととなる活性酸素に歯止めをかける効果を発揮するようです。

 

また皮膚や粘膜の細胞を規則正しく保つナチュラルプロセスがあります。

 

免疫力を引き出す作用が期待できることから、アンチエイジングに非常に効き目を見せることが研究によって把握しているそうです。

 

さらにβカロテンはカラダの内側でビタミンAにチェンジされ目の神経伝達物質となるのであると言われています。

 

ドライアイや視力の悪化阻止を手助けすることになりそうです。

 

そういった背景から近年では女性を中心に美容ハーブティーとしてもスポットライトを浴びており、雑誌やブログなどのメディアでも紹介されています。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。