紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果も紹介

この記事は3 分で簡単に読めます


シソ(紫蘇)はシソ科のハーブです。

 

ちなみに「蘇」という原名をもつ中国を原産国とする一年草。

 

香りがさわやかで、食を進めて元気を蘇らせると言われています。

 

シソ(しそ)には「赤紫蘇」と「青紫蘇」の2種類存在しますが、

専門家の間では「赤紫蘇」の効能が優れていると言われています。

有効成分には「精油、脂肪酸、ステアリン酸、ビタミン類、ミネラル類」など、

美や健康サポートに効果的な成分が含まれています。

 

 

紫蘇茶(しそ茶)の副作用が危険かも!?飲む前に知ろう

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

副作用は指摘されていませんが、

どんな飲料も糸目をつけずに口に入れると身体に副作用を齎します。

 

あえて「しそ茶(紫蘇茶)の副作用」をあげるのであれば下記になります。

 

副作用①「過剰摂取は注意が必要」

紫蘇茶(シソ茶)も過剰摂取すると、より効果的ということはなく、

体調不良を発症するケースがあります。

過多な栄養補給は逆に毒にもなります。

一日2~5杯を上限に堪能すると適正と発表されています。

 

副作用②「過剰摂取は注意が必要」

紫蘇茶は胃腸に関して蠕動(ぜんどう)運動を促したり、

落ち着かせたりする効き目があります。

ですが摂取し過ぎると反対に胃腸を緊張状態させてしまいます。

個人差もありますが、胃痛や胸焼けなどを感じる人もいるので、

不快症状を感じたらすぐに飲むのを中断しましょう。

 

副作用③「シソ科アレルギーの方は注意」

体質的にしそ茶(紫蘇茶)である「シソ科の植物アレルギー」の人もいます。

もし、飲用した際に少しでも体調に違和感を感じるようであれば、

すぐに摂取をやめましょう。

しそ科アレルギーの持ち主である人は、

紫蘇茶を肌に塗ることで、皮膚炎などに見舞われる確率が高いです。

これは香りの成分のべリルアルデヒドが原因で、

直にアレルギーの元凶となっている事例はありませんが、

症状を促す作用があります。

 

副作用④「妊娠中は注意が必要」

既にや持病の持ち主である人、妊娠中の人は注意が必要。

妊婦は紫蘇茶を飲用する前に医師に相談してから飲むようにしましょう。

副作用こそ報告はありませんが、

妊娠中は口にする飲み物にも細心の注意が必要です。

妊娠中に飲むと危険なお茶や飲み物は他にも沢山あります。

チェック>>>「妊婦 副作用 危険 飲み物」に関する記事も併せて読みましょう

 

 

もっと知ろう!紫蘇茶(しそ茶)の効果効能はこんなにもある!

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

風邪予防または症状を緩和する効果

シソティー(紫蘇茶)は殺菌作用が相当強く、

喉のイガイガや風邪症候群の引き始めに効果的です。

上記の症状のときは、飲用することがオススメです。

ここ最近はその高い薬効から、

「アカシソ(赤紫蘇)ジュース」や「青紫蘇ジュース」なども市場に出回り、

自宅でも一般的となっています。

また、風邪に効果なハーブは紫蘇だけではありません。

「シソ科 レモンバーム 風邪予防」に関する記事も併せて読みましょう

 

気持ちを落ち着かせてリラックスさせる

「イライラする気持ち・ドキドキ・恐怖心」など、

不安定になった精神をノーマルに保つことでストレス解消に役立ちます。

また気持ちをリラックスさせることで、不眠症にも効果があります。

発汗作用もあることから、ダイエットサポートなどにもおすすめできると評判です。

不眠症やストレスにお悩みの人は、ぜひ下記にハーブティーも知ってみましょう。

「セントジョンズワート ストレス 不眠解消 効果絶大」に関する記事も併せて読みましょう

 

食欲不振を改善(食欲増進作用)

食欲のないときは、食前にこのシソティー(紫蘇茶)を飲用することで、

「食欲増進作用」が期待できます。

最近では「食欲不信」に効果があるとして、

女性のみなさんから口コミを中心に人気を集めています。

また、シソ(紫蘇)のハーブは栄養価も高く、

健康茶として飲用することもできます。

 

女性必見です!老化防止(アンチエイジング効果)にも

紫蘇は古くから国内においても活用されるハーブの一つ。

料理に添えられるのは「解毒、防腐効果」があり、

紫蘇は老化防止(アンチエイジング)を手助けすると言われています。

これは有効成分「βカロテンとアントシアニン」が老化現象のもととなる、

活性酸素を抑える効果を発揮するからです。

さらに、肌や粘膜の細胞を規則正しく保つ効果があります。

免疫力を引き出す作用が期待できることから、

アンチエイジングに非常に効き目を見せることも研究で発表されています。

またアンチエイジング効果があるハーブティーは紫蘇(シソ)以外にもあります。

「ルイボスティー 若返り 効果」に関する記事も併せて読みましょう

 

ドライアイや視力低下に効果的

紫蘇茶の有効成分である「βカロテン」は、

カラダの内側でビタミンAにチェンジされ目の神経伝達物質となります。

これによって、ドライアイや視力の悪化を阻止してくれます。

この背景から近年では女性を中心に、

美容ハーブティーとしてもスポットライトを浴びており、

雑誌やブログなどのメディアでも紹介されています。

 

 

紫蘇茶(しそ茶)の「アトピーや皮膚炎」への効果って何?

紫蘇茶の副作用が危険!しそ茶の効能やアトピーへの効果

しそ茶の有効成分がアトピーや皮膚炎を改善する

紫蘇の有効成分にはアトピーや皮膚炎を鎮静化します。

これが、フラボノイドの一種「ルテオリン」が含有されていることが理由です。

このルテオリンは花粉やアトピーなどを含んだ、

アレルギーの症状を鎮静化する効果が認められています。

アトピー性皮膚炎の炎症の元凶である「ロイコトリエン物質」や、

花粉症の症状の元凶であるヒスタミンなど、

これらの物質を生み出す酵素の動向を抑制して、

アレルギーの症状を楽にする効果が高いと言われています。

 

飲用だけでなくお風呂にも利用できる

しそ茶のドライハーブを入れたティーパック(5g~10g)を、

お風呂に浮かせることで簡単にしそ茶風呂ができあがり。

こういった方法もアトピー症状に効果があると言われています。

他にも、しそ茶(紫蘇茶)の抽出液をお風呂に投入するのも効果的な方法の一つです。

また皮膚に直接的に作用することから、

より早く効果を得られやすいという意見も。

しかし、肌に少しでも違和感を感じるようであれば、

直ちに使用を中止するのは賢明だと言われています。

 

紫蘇ジュースの効能と副作用もお茶と同じって考えていいの?

紫蘇茶の効果効能や副作用はわかったけど、紫蘇(シソ)ジュースはどうなのか?

 

気になりますよね。

 

結論から言えば、紫蘇ジュースもしそ茶と同じように考えても良いでしょう。

 

なぜなら、紫蘇ジュースは紫蘇茶の成分をふんだんに抽出しているからです。

 

紫蘇ジュースの副作用や効能を知りたければ、

上記で解説している「シソ茶の効能や副作用」を参考にしましょう。

ですが、紫蘇ジュースには砂糖が含まれていたり、

水分で希釈していることもあります。

 

なので、薄くなった紫蘇茶を飲んでいるような商品もあるので注意しましょう。

 

過剰摂取による副作用の心配も少ないですが、同時に効果も落ちてしまうこともあります。

 

なので、効果効能を目的に飲むなら「紫蘇茶」を、

そして副作用の危険性を避けたいなら「紫蘇ジュース」がオススメです。

 

もちろん、紫蘇茶も紫蘇ジュースも同じシソの成分であることは、

間違いないのであまり気にする必要はありません。




あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?