エテュセのオイルブロックファンデーションの効果と使い方を徹底解説


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





ファンデーションは、ベースを上手に使用したうえで理想的に塗ることができると、1日中崩れとは無縁の美肌をキープすることができます。

 

 

エテュセは「テカリ・毛穴」をたっぷりカバーし、サラサラ肌が維持される、リキッドタイプのファンデーションです。

 

 

のびが良好なリキッドが、お肌に適合するめらかにフィットしながら、即座にサラサラパウダリーにチェンジ。

 

Wヒアルロン酸と無農薬栽培の植物エキス(カミツレエキス・ローズマリーエキス)ブレンド。

 

モイスチャーケアもしながら、毛穴の凹凸・黒ずんだ部位・色ムラもしっかりカバー。

 

 

フォギーマットなつるすべみずみずしい肌に仕上ります。

 

プロテクトファインベール技術セレクトし、太陽光に含まれる紫外線や空気中のチリ・ホコリから皮膚を守ります。

 

 

エテュセのオイルブロックファンデーションの成分効果

エテュセのオイルブロックファンデーションの成分効果として注目したいのが「ローズマリーエキス」です。

 

抗菌性、抗酸化効果、消炎効果

ニキビ、肌あれ、若さのキープ、を目的に含有されている。

 

乾燥肌対策、刺激効果

皮膚コンディショニング剤、緊張剤としても活用される。

 

しっかりした収れん作用

たるんだ肌を引き締め、むくみをとる効き目をもっている。

 

 

そして次に注目したい成分が「カモミールエキス」

「美白効果」

カモミールに数えられるカミツレエキスが、厚生労働省より美白の有効成分として確認されています。

 

 

「シミを根元から断絶する」

シミの元になるチロシナーゼという成分の出現を抑え、メラニン色素を分泌することができないようにします。

 

 

「肌のシワを改善します」

肌が糖化するとハリや弾力が衰えて、シワが現れる原因を作成します。

 

くすみや黄ばみなども生じやすくなり、顔色は悪く清澄感も奪われるので、一気にビジュアル的年齢を高くしてしまいます。

 

カモミールに含まれるカマネロサイドという成分が、糖質とタンパク質の結合を抑制する活動します。

 

 

「ニキビや肌荒れ対策になる」

抗炎症作用によりニキビ肌の炎症、カサつきなどによる肌荒れにも有益な効果を生かしてくれます。

 

カモミールの抗炎症作用は、日焼けの炎症にも有益です。

 

またニキビは肌のカサつきにより皮脂が過剰分泌して毛穴塞がってを起こす事も主因となっているので、こういう時はカモミールの保湿効果がお奨めです。

 

 

 

エテュセのオイルブロックファンデーションの使い方とは

洗顔が済んだ後の肌を整えたあとに、よく振ってからご活用してください。

 

春の初めから心もとない小鼻まわりのトラブル。

 

そんな問題を修正液のようにカムフラージュしてしまう液状ファンデ。

 

サラサラなのに乾かず、モイスチャーも継続してくれます。

 

 

 

エテュセのオイルブロックファンデーションの注意点とは

ご活用後はキャップをしっかりとしめてください。

 

用いる量が少ないと潤沢な日やけ止め有効性がえられません。

 

洋服につくとおとませんので、つかないように心掛けましょう。

 

子どもさんの手が届かないエリアにおく必要があります。

 

日のあたるエリアや高い温度の位置におかないでください。

 

太陽光に含まれる紫外線防御に有効な化粧下地との同時使用をおすすめします。

火気にご留意ください。

 

 

 

 

エテュセのファンデーションの効果な使い方を徹底解説

手の甲にリキッドファンデーションを適量のせる

(適量は商品により異なっています。推進されている適量を保全しましょう。)

 

 

手の甲でファンデーションを馴染ませる

手の場合

中指と薬指を活用してのばします。

 

ブラシの場合

手の甲でブラシをまわして染みこませます。

 

スポンジの場合

先に指先でファンデーションを引き延ばしてから、スポンジに染み込ませます。

 

 

両頬⇒おでこ⇒鼻筋⇒あご(口回り)の順に、顔の中軸から外側の方向に染み渡らせる

 

1度に多くファンデーションを塗りつけると厚塗りになってしまうため、部位ごとにファンデーションをとるようにしましょう。

 

手の場合

広い面は中指・薬指を活用して広げましょう。

細かい所は指を1本だけ使って、上から押し付けるように塗り込みます。

 

スポンジの場合

スポンジの広い面を活用して均一になるよう浸透させます。

 

ブラシの場合

広い面を活用して大きく広げ、ブラシの跡が残らないように浸透させます。

どうにも跡が残るケースだとスポンジで馴染ませましょう。

 

 

目の周りはスポンジを使って馴染ませる

目元は素肌が薄いうえよく動くため、ファンデーションが崩れやすいポイントです。

 

しっかり塗り付けてしまうと崩れやすくなるため、スポンジに残存しているファンデーションを浸透させる程度にしましょう。

 

 

フェイスラインを馴染ませてぼかす

顔が白浮きしてしまうのをストップするため、スポンジを使い、フェイスラインから首筋に向けて行き渡らせます。

 

 

必要な場合はコンシーラーでカバーする

クマやニキビ跡、シミなどの色ムラが心配な方は、リキッドファンデーションが完成したらコンシーラーで隠しましょう。

 

 

フェイスパウダー(フィニッシングパウダー)を手の甲で馴染ませる

よりナチュラルに仕上げるため、仕上げにフェイスパウダーを役立てましょう。

 

ファンデーションと同じく、顔の中心から外側に向けて、ブラシを滑らせるように塗りつけます。

 

最後に白浮きを制止するため、フェイスラインから首に向かって馴染ませましょう。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。