ユーカリ茶はカフェインが危険って本当?知るべきハーブティーの真実

目次一覧

この記事は4 分で簡単に読めます


 

ユーカリ茶のカフェインが体に毒だという噂を聞いたことはありませんか?

 

カフェインは覚醒作用や利尿作用がある一方で、

危険性も懸念されていますよね。

 

もし、ユーカリ茶にカフェインが含有されているなら、

もし妊婦が飲んだら大変ですよね?

 

では、ユーカリ茶はカフェインが危険って本当なのでしょうか?

 

見ていきましょう。

 

 

ユーカリ茶はカフェインが危険って本当?飲む前に知るべきハーブティーの真実

「ユーカリ茶(ハーブティー)ってカフェインの心配はないの?」

 

疑問に思うでしょうが、それは心配いりません!

 

ユーカリ茶にはカフェインが含まれていません。

 

なので、カフェインによる心配はありませんので、

気にせず飲んでみましょう。

 

しかし、カフェインが含まれていなくとも、過剰摂取は「吐き気、腹痛、下痢」などの副作用を招くことに・・・・

 

優れた栄養成分でも過多に摂取すれば、

副作用を齎す毒にもなります。

 

なので、ユーカリ茶の摂取量は、

1日に1リットル~1.5リットルくらいにしておきましょう。

 

 

ユーカリ茶がノンカフェインなのはわかったけど、注意事項(禁忌)や副作用はある?

ユーカリハーブティーに関する注意事項として、

妊娠中の妊婦が使用するのは禁忌だということ。

 

ユーカリには子宮収縮作用があるので、お腹にいる赤ちゃんが「ママ、狭いよ~~苦しいよ~~」

っといったような状態になってしまいます。

 

また刺激が強いハーブでもあるので、やはりハーブティーの飲用は妊娠中は避けるべきでしょう。

 

このように優れた効果をもつユーカリティーですが、

妊娠中(妊婦)には禁忌なのです。

 

「ユーカリ 妊婦 副作用 死」に関する記事も併せて読みましょう

 

また、体質的にユーカリのハーブが合わない方も控えておきましょう。

 

具体的には「腹痛、下痢」などの症状を引き起こしたら、使用を控えましょう。

 

 

ハーブティーにおけるユーカリ茶にはデトックス効果(効能)があり、美容や健康をサポート

ユーカリのデトックス効果は体内の毒素や老廃物を排出に役立ちます。

 

体内に不要な物質な減ると言う事は、単純に血流が良くなり、

体の循環機能が向上します。

 

そして、体内に毒素や老廃物が無くなることで下記の効果が期待できます。

 

便通を促進して便秘を解消

新陳代謝の促進

老廃物が減ることによる体臭軽減

肌のターンオーバーも促進され、ニキビ肌荒れを改善

 

 

ユーカリ茶に含まれる抗酸化物質SODでアンチエイジング(若返り効果)が期待できる

抗酸化物質は、簡単に説明すると「活性酸素」による体内の細胞の酸化を防いでくれます。

 

活性酸素による細胞の酸化を防ぐことは、

いつまでも若々しい細胞を維持することにつながります。

 

つまり、ユーカリに含まれる抗酸化物質によって、体や肌の細胞が守られると言う事ですから、

体や肌の老化を防ぐことにつながるのです。

 

これが、ユーカリハーブティーによるアンチエイジング効果(若返り効果)につながるのです。

 

ユーカリ茶を飲めば血行を促進して多くの病気を予防する

血行を促進することで、血流が良くなるのは明白です。

 

人間の体内には、常に血が巡っているので、

血流が良くなるということは、体の機能すべてが向上すると言う事になります。

 

特にユーカリハーブティーを飲み、血行を促進することで下記の効果が得られます。

 

冷え症や末端冷え症の改善

浮腫み(むくみ)の解消

血流が良くなることで、疲労を感じにくい体質に改善

代謝を向上して痩せやすい体質に改善する

 

このように、血行の促進は様々な効果を齎してくれます。

 

 

ユーカリ茶には抗菌作用があるって聞いたけど・・・抗菌作用ってどんな効果なの?

ユーカリ茶には抗菌作用は、

細菌の生育,増殖を阻止したり,細菌を死滅させる効果です。

 

例えば、体内に風邪の菌が侵入してきたときに、

一緒に戦ってくれるような効果があります。

 

この、ユーカリ茶の抗菌作用はインフルエンザの予防などにも有効。

 

さらに、病気になった後で、

ユーカリ茶を飲むことで治りを早くする効果もあります。

 

細菌感染症の対策に適しているのが抗菌作用。

 

最近では、ニキビの原因であるアクネ菌など、

肌の細菌感染にも有効だと言われています。

 

 

まだまだある!ハーブティーであるユーカリ茶の9つの効果効能がスゴすぎる!

ユーカリ茶の毒性が人間に副作用を齎す!葉油の有毒性と効能

「精神を安定させる(鎮静作用)」

ユーカリのハーブティーの香りには鎮静作用があります。

精神を安定させ、

集中する力を高めることを可能にするハーブ…

勉強や働いている時などにぴったりのお茶です。

このようにユーカリの香りには様々な効果があります。

詳しくは「ユーカリ 香り 効果」に関する記事も併せて読みましょう

 

「気になる口臭を改善する」

ユーカリはその高い殺菌力から感染症を防ぐ。

それだけでなく、

口内の悪臭の原因になる菌も殺菌効果が期待できます。

エチケットとして慢性的に口臭が不安な方にも、

ユーカリティー(お茶)はイチオシされています。

 

「体臭を軽減する」

ユーカリの有効成分には「クロロフィル」が、

豊富にプラスされております。

この成分は悪臭の原因を取り除く効果があり、

「体臭予防のサプリメント」にも含有されています。

あなたの体臭も軽減するはずですよ。

 

「アンチエイジング効果(若返り効果)」

ユーカリティーの有効成分(シオネール、タンニン、SOD様酵素、クロロフィル)。

これらの抗酸化物質は、

活性酸素による細胞の劣化(酸化)から守ります。

結果として細胞を老けさせずに守ることで、

若返り効果が得られるのです。

 

「風邪の予防する」

ユーカリは抗菌・抗ウィルス作用に優れています。

これはユーカリハーブの毒性の裏返しともいうべきもので、

殺菌力がとても高水準です。

「葉」に含まれる「シネオール」が高い抗菌作用を持ち、

インフルエンザや風邪症候群などの感染症の主因である菌を、

やっつけることが可能だと言えます。

 

「喉の痛い炎症を改善する」

粘膜の炎症を抑える実効性があります。

喉のイガイガや不快感

鼻詰まりなど風邪の初期症状

インフルエンザ

花粉症

などからくる体の不快感にも並はずれて効果的です。

 

「浮腫み(むくみ)を解消」

「血行促進」、「防虫効果」などの多くの効能効果があります。

ユーカリ葉に含まれるシオネールには血行を促進する作用が存在します。

これには浮腫み(むくみ)や冷え性などに効果的です。

血行不良は病気の引き金であり、

また美容の天敵だと言ってもいいでしょう。

 

「花粉症を軽減する」

ユーカリティー(お茶)の有効成分「ポリフェノール」は、

ヒスタミンの分泌を抑制。

これが、花粉症などのアレルギー症状を、

穏やかにする働きを示します。

また花粉症などのアレルギー症状が出てしまった時に、

発生する活性酸素と結びつき、解毒します。

花粉症が起こってしまってからでも症状軽減の効果的です。

 

「睡眠をサポートして不眠症を改善」

ユーカリの香りは高ぶった心を鎮めたい時によいと言われています。

心を穏やかにして睡眠(快眠)をサポートします。

また、肩こりやむくみの解消にも効果的であると考えられています。

体と頭をリラッックスさせることが快眠につながります。

リラックスできるハーブで快眠へ。

 

 

ユーカリハーブティー(お茶)の有効成分や作用に関するデータ紹介

ユーカリの有効成分
シネオール(約70%)、

ピネン、カンフェン、テルピネオール]を0.9~2.8%含み、

他にフラボノイド(ルチン、クエルセチン、クエルシトリン等)、

タンニン等

ユーカリの作用
抗菌作用・抗炎症作用・去痰作用・殺菌作用・

抗カタル作用・抗真菌作用・抗感染作用・抗炎症作用・

抗リウマチ作用・抗ウイルス作用・呼吸器の鎮静作用・

うっ滞除去作用・利尿作用・去痰作用・

解熱作用・頭痛の鎮痛作用・花粉症の緩和・血糖値低下作用・

免疫活性作用・駆虫作用・引赤作用・発汗作用

 

このようにユーカリハーブティーには、

 

様々な作用が期待できることがわかりますね。

 

つまりユーカリは奇跡の「ハーブティー」なのです。

 

ユーカリ茶の味と香りってどんな感じなの?

ふんわりとした、草木のグリーンな香りで、爽やかな印象を与える香りです。

 

ローズマリーやタイムなどの、シソ科のハーブに近い香りなので、

これらの植物の香りだ好きであれば、問題ないでしょう。

 

ハーブティーの味は、爽やかな香りと裏腹に、

ちょっとだけ渋みがある印象です。

ですが基本的に飲みやすいハーブティーなので、初心者にもおすすめです。

 

口の中で爽やかな香りがフワフワ~~っと広がるハーブティーです。

 

ユーカリハーブティー(お茶)の「飲み方、淹れ方、使い方」は?

「ユーカリの飲み方」

食後~食前などに愛飲することで、食べ物の消化を促します。

また、1日の摂取量は1リットルくらいにしておきましょう。

ノンカフェインであること、ストレス解消効果があること、

この2つによって、寝る前に飲むと不眠症に効果が期待できます。

 

「ユーカリの淹れ方」

10gのドライハーブに、200mlのお湯で抽出しましょう。

抽出時間は5分~10分くらいが目安です。

しかし、量や抽出時間に関しては、お好みで調節していきましょう。

上記で紹介しているのはあくまでも目安です。

 

「ユーカリ使い方」

ユーカリには殺菌作用があることから、肌に直接使用してもOK!

500mlほどの抽出液をお風呂の浴槽に加えても良いでしょう。

肌を清潔に保つだけでなく、風邪予防にも効果を発揮してくれますよ。

しかし、刺激が強いハーブなので、

肌がピリピリしたりなど、違和感を覚えたらやめておきましょう。

 

風味や香りが楽しめる一番オススメのユーカリハーブティー(お茶)はコレ!

ほんのりとしたスパイシーさも感じます。

 

その中に甘味もある豊かなハーブティー!

といった印象があります。

 

飲んだ瞬間に口の中でハーブティーの香りが、

「フワ~~~フワッフワ」

っと大きくなっていきくれます。

ハーブティー(お茶)はスパイシーも感じられますが、

全体を通してとてもスッキリしています。

日本茶っぽい爽やかさのある風味ですかね。

 

比較的に初心者向け美容茶です。

 

効果も優れているハーブティーと言うこともあってかな?

 

「ニキビやむくみ」などの美容と「疲労回復、便秘」など、

健康にもパワーを発揮してくれました!!

 

それなりに風味がつよいので、

少量でも十分に楽しめます。

 

あまりハーブティー自体に強い香りや主張もありませんから、

気軽に飲むことが出て来ます。

意外と薬効が優れており、

「喉の炎症と咳」が気になっていたのですが、

これを飲んだら翌日には健康になってました。

 

けっこう美容ハーブティーとしても知られていますね。

 

アロマオイル(精油オイル)としてのユーカリの効果・効能

ユーカリを精油オイル(アロマオイル)として使用する場合、注目したいのが鎮静作用です。

 

鎮静作用は心を落ち着かせてくれるので、

気持ちが高ぶっているときに心を安定させてくれます。

 

また、ユーカリの香りにはストレス解消効果が期待できます。

 

殺菌作用や抗菌作用、虫除け効果も注目したいところです。

 

つまり、ユーカリの精油オイル(アロマオイル)を使うなら下記の効果が期待できます。

 

ストレス解消

不眠症の改善

緊張状態の緩和

殺菌作用が室内の風邪菌やインフルエンザの菌を殺菌する

ハエやダニなどの虫除け効果がある。

 

「ユーカリ 精油 香り 効果」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

コアラの木として有名なユーカリハーブの特徴を教えて

ユーカリはコアラの木として名高いですが、

その葉からはいろいろ活用できるエッセンシャルオイルが採れます。

原産地には数百種類存在し、背丈は100m以上にも生育するため、

木材や植栽用などに活用されています。

日本国内には1875年代に渡来し、街路樹や生け花などに使われてきました。

 

砂漠などの乾燥地の緑化樹として特殊な需要も見られますが、

揮発性の精油分が多いので、山火事が多発するという問題点もあります。

ユーカリの精油分には、のどの炎症を緩和するなどの薬効があるため、

のど飴やハーブキャンディなどによく調合されています。

 

1種にレモンの芳香(リモネン)を多く含んでいるものがあり、

レモン・ユーカリと呼称して精油分を採るために栽培されています。

 

 

ユーカリハーブのスピリチュアルなストーリーを教えて!

ユーカリは病気の治癒と結び付けられていました。

 

持参していくことで健康が保たれると称されていました。

 

また、体の具合がすぐれない人の寝室に置くと、

病状が快方に向かうと考えられていました。

 

ユーカリの林は、遠くから目にすると青くボンヤリと見えるのでブルーフェーズ(青霞)と言われています。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?