仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

この記事は2 分で簡単に読めます




 

「仕事を覚えるメモの取り方なんて難しい!」

 

そう考えてはいませんでしょうか?

 

実はメモの取り方はちょっと意識を変えるだけで、簡単に上達することができますし、仕事などでノートにまとめる術も身につくかもしれません。

 

結果として、仕事や会議に関する引き継ぎに使えるメモの取り方にもなるのです。

 

パピーちゃん
ノートの聞き取りメモの仕方って、大事だよね!

パピーもバイトで活用してるよ!

このメモの取り方は仕事場でも全然つかえると思う!

長谷川さん

現在、著書が多く販売されていますが、このページを見たらすぐに解決できます。

ほんのちょっと意識を変えるだけでいいのです!

では見ていきましょう。

 

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎにも使えるメモの取り方を見ていきましょう。

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

「いつであるか明記する?」

それは、いつなのか時間などのタイミング、具体的には何時・何分・何日・何月など日時を決めるとわかりやすい

 

 

「どこに目的があるの?」

場所はどこなので、明確にメモを取ることで、目的の場所がどこなのか?明記する

 

 

「だれに対するものなのか?」

誰にするのか?誰がするのか?誰のために必要なのか?メモを取る

 

 

「なぜそれをする必要があるのか?」

なぜ、それをする必要があるのか明確に書くことで、他社に報告連絡相談もしやすいという意見も

 

パピーちゃん

最初は難しいですし、練習が必要なのかな?

メモの取りの商品としては「ルーズリーフのメモ帳」がオススメされるよね!

順番でピラミッド構造でメモを取るのがコツだとおもう!

この方法は実際に会議や引き継ぎに関する聞き取りをメモする際に練習してるみたいだね!

長谷川さん

メモをとる重要な要点がこの3つになっています。

なので、これを心掛けるとより見やすくてわかりやすいノート術に工夫すると、より効率があがりますね。

これが、多くの人が実際に実践している「会議・議事録・電話仕事」でビジネスに生きるメモの取り方ノート術とも言われています。

 

「仕事を覚える」・「仕事を引き継ぐ」この二つのメモの取り方はピラミッド構造が基本!

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

「メモの取り方はピラミッド構造が基本!」と言いましたが、まったく難しいことではありません。

 

ピラミッドのように区切って上から順番にメモに書いていけばいいだけの話なのです。

 

例えば上記で解説した例を使うとこんな感じににあります。

①「いつであるか明記する?」

②「どこに目的があるの?」

③「だれに対するものなのか?」

④「なぜそれをする必要があるのか?」

 

これらの順番をピラミッド構造のように区切っていけばいいのです。

 

 

これで仕事も覚える!ノートにメモを取るための心がけ

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

「書き込む時にインプットする固い決意でから書く」

オススメは、頭に叩き込むことはすべて一冊のノートに一括りにすることです。

 

公開講座や資格勉強やゼミナールや本のまとめなどジャンルごちゃごちゃにして「とにかく絶対インプットする」と決めたことは、一冊のノートに一括りにするのです。

 

記憶しないことを記憶することと同時並行的に書いてはいけません。

 

書き入れたときに、貴重な情報かそうでないかをしっかりとジャッジする。

 

情報を何から何までメモせずに「インプットする」という固い決意でから記してください。

 

頭に叩き込む情報なのか、しない情報なのかをハッキリさせてから次のステップです。

 

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

「帰宅する前に何が何でも仕事で学んだことを復習する」

「家に帰る前」が重要だと断言できます。

 

家路につくと、人は「休暇」になります。

 

一度「オフ」に見舞われてしまったものを「オン」にするのって「もんのすごい力」が不可欠です。

 

みなさんが、勉強系の復習をできないのが何故かといえば「家に戻ってからやろうと考えているから」です。

 

復習する量はそれほど長く掛からないはずです。

 

30分前後で終了させると言い切れます。

 

メモを取るときだからこそインプットすると覚悟して、どうしても復習とかは維持できないという人もいます。

 

「覚え書きをまとめ直すこと」をお休みの日の30分程度の日課にしてください。

 

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

「この先にどうするのか?を計算に加える」

情報を「何てことのない」・「覚えなきゃいけない情報」として取り扱い中のうちはメモリーできません。

 

メモリーをするコツは下記になります。

 

自分にとってその情報は何なのでしょうか?

 

その後自分はどう変化すればいいのか?

 

自分はどういう印象を受けたのか?

 

感覚(感情)はどのようになったのか?

 

などを、見つけ出すことで、その情報を徹底的にジブンゴト化するのです。

 

その情報で自分の頭の中に対して、できるだけ「衝撃」や「インパクト」を残します。

 

するとよりメモリーに残りやすくなるとのことです。

 

「その情報」と「自分」は将来的にどう付き合っていくのか、あなた自身は「これからどうするのか」を、メモするときに考える習慣を身に付けてください。

 

 

仕事を簡単に覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方はあるの?~まとめ

仕事を覚えるメモの取り方とは?引き継ぎに使えるメモの取り方は?

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

実は聞き取りメモの取り方は意外にも意識を変えるだけで簡単にできることがわかりませんか?

 

始めの方は慣れないかもしれませんが、意識的にやっていくことでこれが基本になります。

 

すると、いつの間にか仕事場でも簡単にメモを取ることができますし、メモの取り方は授業などでも役立ちますよね?

 

早いうちからメモの取り方を覚えておくと、人の話を効率的に聞くこともできるので便利ですよ。

パピーちゃん
このメモの取り方って社会人になった大人でも使えるよ!

パピーも仕事場で使ってるもん!

もちろん、こんなに細かくは書いてないけど、十分参考になるとおもう!

長谷川さん
そうですね。

特に聞き取りのメモは一度しか聞けないこともあるので、絶対にポイントを押さえておくようにしましょう。

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?