ルイボスティーで妊娠出来た!妊活希望者にオススメの飲み方と効果

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は4 分で簡単に読めます



近年、不妊症に困惑していらっしゃる女性は増加傾向にあり、それには多様な要因があると言われます。

 

その理由の1つとして卵子の老化が挙げられます。

 

一般的に卵子の老朽化とは「卵子の質が低下」だけでなく、「卵子の数が減少」も意味します。

 

これは血液を採り卵巣年齢検査(AMH検査)で卵巣の年齢としては見極めて貰うことができ、この年齢が若ければ若年である程、女の人の妊娠力があると認識します。

 

そして、ルイボスティーは卵巣(卵子)の老化を阻止します。

 

 

 

「妊娠出来た!」とルイボスティーが口コミで話題に!

確かに、卵巣機能の劣化を若返らせるのは厳しいです。

 

 

そこで、不妊対策や卵巣の機能の老化防止にルイボスティーに人気が集中し、実際に妊活サポートにルイボスティーにお世話になる人も多いです。

 

ルイボスティーによるクチコミレビューでも

 

「ルイボスティーのお陰で妊活に成功した」

「周りの友人たちがルイボスティーを飲んで妊娠出来た」

「毎日飲むようになってから3ヶ月で妊活出来た」

 

 

などの報告も一緒にされています。

 

 

妊娠希望者がルイボスティーを妊活に利用した体験談とは

ルイボスティーのキツイ不妊治療(妊活)サポート効果 あらゆる抗酸化物質の中で、ルイボスティーは大きな還元力をもつのを認識しているでしょうか?

 

これが、ルイボスティーが効果があると言われている理由というわけです。

 

ルイボスティーによって悪玉活性酸素を元から断つことで、卵子細胞やホルモンが上昇します。

 

細胞が若返ることで不妊の原因を向上させることができます。

 

下記の体験レポート見れます。

ルイボスティーの不妊治療(妊活)レポート:体験談①

「ルイボスティーのおかげで、念願かなって赤ちゃんを授かりました。(#^^#)」

色々と健康に気に入ったものを調べた結果、ルイボスティーに辿り着きましたよ。

 

 

ルイボスティーは、医学の世界では「奇跡の飲料」とも言われているそう。

 

万病を治すパワーを発揮してくれるという言葉が印象に残り、半信半疑で購入。

 

 

毎日、500ml習慣的に飲みキープすると、2週間ほどすると体に変化がご覧になられましたね。

 

その時は、不妊治療(妊活)効果は心の底から思って来なかったが、体調がすぐれ、顔の血色も良くなるので、しばらく愛飲していましたよ。

 

 

また、お風呂でも発汗が促進され、冷え性が良化されました。

 

 

そして3か月を愛飲行なっているときに、生理が遅れていることに察知・・・・妊娠していることが分かりました。

 

 

他にも、驚きのうれしい効果としては、私は体力がなく、疲れることが多いタイプだったのですが、ルイボスティーを飲用するようになり、身体が疲れにくく変化したのです。

 

ルイボスティーは、不妊にも効果があり、身体に素晴らしい変化をもたらしてくれます。

 

ルイボスティーの不妊治療(妊活)レポート:体験談②

「正直いってはじめの頃は半信半疑で、飲用していました。」

私共夫婦は、妊娠出来ることがが叶わなかったので焦っていました。

 

旦那さんの身体にトラブルは無く、私の「生理不順・健康状態を管理すること」が素因であると病院の先生に診療されました。

 

飲み始めて8ヶ月ほど経ち、月経が来なくなったので、もしやと見て病院に出かけると見事子どもが出来ていました。

 

 

今では赤ちゃんも平穏無事に生まれ、心からルイボスティーにお世話になりありがとうございました。

 

 

「胎児の健康にもルイボスティーはとても良い」

 

 

と厚生労働省で認可され、不純物、食品添加物が少なく、母体や、赤ちゃんの健康的にとても高いと聞いています。

 

 

とくに35歳以上の高齢出産は、母体へのリスクが多くなるので、より購入しておくと良いでしょう。

 

 

しかし、ルイボスティーの中には、詐欺商品もあるそうので、ルイボスティーは正しくセレクトすると良いでしょう。

 

 

女性の方にとって一押しの大きな仕事と言えば、妊娠(妊婦期間)とお産です。

 

妊娠と出産は未知の生命の誕生なので希望が膨らみますが、妊娠と出産が女性の「つわり、痔疾」に追い込む理由に。

 

妊娠後期に入ると胎児は成長し、出産に臨むころには3キロ以上もの重さの胎児をお腹の中に抱え続けるので、それが原因で便秘にも。

 

その症状には「悪玉活性酸素」も関係すると専門家に提示されているようです。

 

ルイボスティーは「悪玉活性酸素」の除去に一番優れた抗酸化物質で、妊娠中の便秘症状を緩和させます。

 

 

 

実はルイボスティーは卵子(卵巣)の加齢を食い止める!

近年では、卵子の老化対策にかんする効果はお話しいただいていません。

 

この原因として卵子の細胞の中にある器官が酸化作用によって災難に遭うことがする理由なのは報告され、ルイボスティーはその酸化を阻害します。

 

また、医学では細胞の酸化には「悪玉活性酸素」が関係すると噂されています。

 

これは身体の内側の細胞を酸化させる「酸素物資」のことで、増えすぎるとシステマチックな細胞や遺伝子を攻撃して細胞の機能を劣化させます。

 

 

 

妊活に効果的なルイボスティーの飲み方は毎日飲むこと!

妊活に効果的なルイボスティーの飲み方はとしてポイントなるのは500ml~1リット程度でいいのですが、毎日継続して飲み続けると言う事!

 

活動的な卵巣の維持には、ルイボスティーの悪玉活性酸素の除去効果が大事です。

 

つまり、ルイボスに含まれるSOD様酵素には悪玉活性酸素による卵巣の酸化減少による劣悪化を予防。

 

さらに定常的にルイボスティーを愛飲することで、肌や体の体調を維持することにもなります。

 

またできる範囲で若々しい卵巣(卵子)を維持し、これが女性が意識を向ける魅力の一つです。

 

 

 

妊活希望者にオススメ!ルイボスティーで不妊治療に有効

不妊症の原因は様々です。

 

女性の不妊症に陥る原因の一つに、「胎盤や卵子細胞の老、生理不順」などの症状が指摘されています。

 

しかし、ルイボスティーには活性酸素を元から断つ効果があり、美容と健康だけでなく、不妊治療(妊活)をサポートして、症状を改善できます。

 

つまり、キツイ不妊治療(妊活)サポートに適した飲料です。

 

 

 

とっても恐ろしい!卵子(卵巣)にも年齢があるは本当?

実はご婦人のお腹にいるときに一生涯分の卵子が卵巣に作り上げられるのはご存知でしょうか?

 

これは卵子の年齢は実年齢の+1(胎内にいた1年分)と考えられます。

 

つまり、20歳では卵子の年齢は生み出せてから21年、30歳は31年経過することに。

 

産まれたときに200万個あった卵子は老化現象とともに僅かになり、50歳を迎えるころには1000個にダウン。

 

 

 

しかし、手術では卵子(卵巣)の若返りは不可能!?

遺憾なことですが現在のテクノロジーもしくは医療技術では一度減った卵子の数を増やすことは出来ない。

 

加齢とともに乱視の数は少なくなっていくばかりです。

 

では、年月が過ぎ去って卵子が年齢を重ねるにつれてどういう風に変わっていくと思いますか?

 

卵子が老化すると受精卵や胚にいけなくなってしまう染色体異常を持った卵子がいっぱいになり、これは受精からの細胞分裂が能力不足な環境です。

 

なので受精卵が育成することはできない、着床しない、着床しても流れて行く(流産)といったことが起きる失敗の可能性があがります。

 

近年、マークされている「女性の不妊症状」や「年齢アップが原因の不妊症状」などの可能性が上がってしまいます。

 

 

 

卵巣が老化するなか、女性の社会進出に伴う晩婚化とは?

女性の社会進出と一緒のようなもので晩婚化が進み、今では30代~40代で出産をする女の人だって増してきました。

 

また卵巣(卵子)の老化は33歳からと言えるでしょう。

 

ですが、何を隠そう20代前半では6%であるの不妊症の割合が、40代では64%まで上昇します。

 

さらに、一度加齢が進んだ卵子は若返ることはなく、これはストレスなく妊娠・出産すべくは卵子の質と数が深く関係を持ってきます。

 

 

 

近年、急激に増え続けているしんどい不妊症の原因とは?

女性の不妊症は少しづつ増大中ということを意味しますが、果してどういった症状が原因でしょうか?

 

もちろん男性が原因で不妊に陥るケースがあります。

 

自身に合致しない場合は、もしかしたら男性の性機能に差し障りが出るかもしれません。

 

下記に、主に女性の不妊の原因について解説していきます。

 

恐ろしい!不妊症状を招く6つの原因とは?

①:女性の排卵障害によって、卵巣の機能がダウンし、不妊症に陥ることが多くなります。
②:性行為が元凶の性感染症によって、卵子(卵巣)の機能の障害を作ることが理由で、不妊症になります。
③:女性ホルモンバランスの下降によって、生理不順(月経不順)が発症しやすくなり、女性の機能が悪化します。
④:子宮筋腫によって、女性ホルモンバランスに悪影響が出るだけでなく、不妊症に要因にもなります。
⑤:胎盤・卵巣の老化によって、女性の機能が老化(衰え)がゆえに、懐妊しにくい体質になります。
⑥:生理(月経)不順によって、卵巣の機能の釣り合いが乱れて、懐妊しにくい悪い習慣になることがあります。

 

この中において、唯一「性行為による性感染症」にかかわる不妊に関しては、産婦人科での治療が必要不可欠です。

 

しかし、その他の元となってあればルイボスティーで改善がみられるかもしれないですね。

 

 

 

辛くしんどい不妊の原因は悪玉活性酸素かもしれない!?


「女性ホルモンの乱れ、生理不順、胎盤老化」は、悪玉活性酸素の増加が要因とも呼ばれております。

 

 

これは強い酸化力のある物質で、毒性酸素です。

 

 

体内で悪玉活性酸素が増すと、卵細胞や卵胞ホルモンを攻撃し、悪影響を齎して「胎盤老化・生理不順」になり不妊を招く原因と。

 

 

また「加齢は不妊を発生しやすい」と考えられる理由は、悪玉活性酸素が体内に滞留し増大するからです。

 

これがキツイ不妊治療(妊活)に見舞われると言えます。

 

 

 

知ってた?便秘症もつらい不妊治療の原因になりやすい

ルイボスティーのしんどい不妊治療(妊活)サポート効果 妊婦が出産を控えている頃には最大級の腹圧がかかり、無駄に便秘になります。

 

女性は元々男性に対比して便秘で恐怖に戦く方が数多いがこれも不妊になる原因に。

 

不妊治療や妊娠と出産に臨むとき、便秘に悩む妊婦が多くなります。

 

ですが、ルイボスティーを飲用することで不妊の元凶となっている便秘の解決をサポートすると報告も。

 

 

ルイボスティーは不妊症の原因「悪玉活性酸素」を除去

ルイボスティーは、不妊の要因でもある「悪玉活性酸素」の除去。

 

ちなみに酸化作用の強い悪玉活性酸素は、抗酸化物質で取り除けます。

 

そこで中でもルイボスティーは有益な抗酸化力をもち効き目を発揮してくれます。

 

人間の子宮は厚い壁で堅持され、大概の物質は入り込めませんが、SOD様酵素が非常に小さいので細胞の奥の悪玉活性酸素も除去。

 

これがしんどい不妊治療(妊活)サポート効果が適うことになります。

 

 

 

ルイボスティーの効果は不妊症改善以外にもある!

ルイボスティーを1週間飲用すると、硬かった便は柔らかくなり、排便は腹圧をかける必要などなくなりますという口コミも。

 

そのため排便の時間もほんの2、3分で済み、また便の臭いも消えます。

 

したがって、ルイボスティーを飲む事によって痔疾も良化できるといっても賢明だと思います。

 

これこそが不妊治療や妊娠と出産に臨む人にルイボスティーが人気のポイントの一つです。

 

 

 

ルイボスティーが妊活にオススメの飲み方と効果~まとめ

健康や美容の印象に残るルイボスティーですが、不妊治療や妊婦の身体も支援します。

 

近年では、ルイボスティーやビタミン剤が、不妊・妊婦に進展されています。

 

しかしながら、化学製品であるビタミン剤には副作用の恐れもありますし、ハーブの成分を抽出したハーブティーには人によってアレルギー反応も。

 

なのであなたの体質や体を考えに入れるのであれば、ルイボスティーが不妊治療や妊婦に一番好都合な飲みものだと思います。

 

男性には判明していませんが、現在に不妊や更年期に悩んでいらっしゃる女性は多くいます。

 

また、卵子(卵巣)にも年齢があり、気付かないうちに老化が発展中です。

 

ルイボスティーはほとんどの場合は「老化防止、美容、健康、病気の治療」にも活用されていますが、卵子(卵巣)の老化防止にも一役買います。

 

 

これが「ルイボスティー=不妊治療や更年期障害治療をサポートする」とされる長所の一つ。

 

 

なので日頃からルイボスティーを愛飲することで、いつまで経っても元気な卵子(卵巣)でいてくれます。

 

中高年の女性は「更年期障害」悩みを抱える人は多いの事実。

 

ルイボスティーはこの症状緩和に効果的で、日頃からルイボスティーを摂取することで治療にもなります。

 

医療でも推奨され、女の人だって日頃からルイボスティーを愛飲することで、すごしやすい毎日を送れます。

 

ルイボスティーは将来的に様々な場面で力を発揮できる可能性を持ち合わせていると医学的にも呼びかけ、日々、研究が推奨されています。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?