水素水が女性の卵子(卵巣)を老化防止して妊娠しやすい体に


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。





近年、不妊症に苦労していらっしゃる女性は増加傾向にあり、それにはさまざまな影響を受けていると言われます。

 

その理由の一種として卵子の老化が存在するでしょう。

 

一般的に卵子の老朽化とは「卵子の質が低下」だけでなく、「卵子の数が減少」も意味します。

 

これは血液を採り卵巣年齢検査(AMH検査)で卵巣の年齢としては見定められることができ、この年齢が若ければ若いほど、女の人の妊娠力があると判断します。

 

そして、水素水は卵巣(卵子)の老化を阻止します。

 

 

 

 

恐ろしい!卵子(卵巣)にも年齢があるって本当?

実はご婦人のお腹にいるときに一生涯分の卵子が卵巣に作られるのはご存知でしょうか?

 

これは卵子の年齢は実年齢の+1(胎内にいた1年分)と考えられます。

 

つまり、20歳では卵子の年齢は生み出せてから21年、30歳は31年経過することに。

 

産まれたときに200万個あった卵子は加齢とともに減少し、50歳を迎え入れるころには1000個にダウン。

 

 

 

しかし、手術では卵子(卵巣)の若返りは不可能!?

遺憾なことですが現在のテクノロジーもしくは医療技術では一度減った卵子の数を増やすことは出来ない。

 

加齢とともに乱視の数は少なくなっていくばかりです。

 

では、年月が経過して卵子が歳を経るにつれてどういう状態になるものか?

 

卵子が老化すると受精卵や胚にいけなくなってしまう染色体異常を持った卵子がいっぱいになり、これは受精からの細胞分裂が機能不足な環境です。

 

なので受精卵が養育できない、着床しない、着床しても流れていく(流産)といったことが起きるリスクがあがります。

 

 

近年、意識を向けられている「女性の不妊症状」や「加齢による不妊症状」などの可能性が上がってしまいます。

 

 

 

卵巣が老化するなか、女性の社会進出に伴う晩婚化とは?

女性の社会進出と同じく晩婚化が進み、今では30代~40代で出産をする女の人だって増加しました。

 

また卵巣(卵子)の老化は33歳からと思われますが、何を隠そう20代前半では6%であるの不妊症の割合が、40代では64%まで上昇します。

 

 

さらに、一度若さが感じられなくなった卵子は若返ることはなく、これはスムーズに妊娠・出産すべくは卵子の質と数が深く関係を持ってきます。

 

 

 

妊活サポートに水素水が口コミを中心に話題を呼んでる?

確かに、卵巣機能の劣化を若返らせるのは困難です。

 

 

そこで、不妊対策や卵巣の機能の老化防止に水素水に注目が集まり、実際に妊活サポートに水素水を利用する人も多いです。

 

水素水によるクチコミレビューでも

 

「水素水のお陰で妊活に成功した」

「周りの友人たちが水素水を飲んで妊娠できた」

 

などの報告もひとつにされています。

 

 

 

そこで、水素水が卵子(卵巣)の加齢を食い止める?

近年では、卵子の若さのキープにかんする効果はお聞きしていません。

 

この原因として卵子の細胞の中にある器官が酸化作用によって災難に遭うことが要因なのは報告され、水素水はその酸化を阻害します。

 

 

また、水素医学では細胞の酸化には「悪玉活性酸素」が関係するだと評されています。

 

これは身体の中の細胞を酸化させる「酸素物資」のことで、増えすぎると規則的な細胞や遺伝子を攻撃して細胞の機能を劣化させます。

 

 

卵巣の老化防止には日頃からの水素水の愛飲が大切!?

活動的な卵巣の維持には、水素水の悪玉活性酸素の除去効果が大事です。

 

つまり、水素分子には悪玉活性酸素による卵巣の酸化減少による劣悪化を予防。

 

 

さらに定常的に水素水を愛飲することで、肌や体の健康状態を管理することにもなります。

 

また限りなく若々しい卵巣(卵子)を維持し、これが女性が注目する魅力の一つです。

 

 

 

水素水で治す「辛い女性更年期障害」の症状と原因

水素水は近年では癌予防に人気となっていますが「更年期障害や生理不順」などの女性の苦患とも口にする症状にも有益。

 

さらに、テレビチャンネルでも女優さんが更年期障害対策として愛飲しているとして人気が高くなっています。

 

 

若い女の人は「PMS症状、生理不順」

中高年以降の女性は「辛い更年期障害」

 

という問題が表れます。

 

 

この症状は「女性のホルモンのアンバランスが原因とされる病で、女性が大幅に占めます。

 

これらの症状を簡単に克服するのが水素水です。

 

中高年の男性・女性に発症者が多いと取り上げられるのが「辛い更年期障害」。

 

また、社会問題にも指摘されてます。

 

これらのことから「更年期障害」は決して、自分とは無関係ではありません。

 

では、いったいどの様な症状なのでしょうか?

 

 

 

悪玉活性酸素もつらい更年期障害の原因になる!?

更年期は「職場、子供の独立・夫の定年・親の介護など急激」に生活のリズムに変化が起こる時期になっています。

 

しかし、この変化によるストレスによって体の中に「悪玉活性酸素」が発生することが多くなります。

 

この悪玉活性酸素は更年期になる発端でもある

 

「卵子(卵巣)機能の劣悪化や低下」

「女性のホルモンバランスの乱れ」

 

などの原因に。

 

言わば「諸悪の根源」といっても過言ではないと専門家にいうデータがあります。

 

そこで卵巣を劣化させる悪玉活性酸素をすべて除去する物質として水素水(水素分子)が注目されています。

 

 

では詳しく見ていきましょう。

 

 

 

水素水で治す「更年期障害」に関する治療方法とは?

「悪玉活性酸素」は辛い更年期障害の諸悪の根源であるのは、医学的にも立証されています。

 

しかしながら、体内で水素水が優勢になれば「生理不順や更年期障害」に効果的だと、日本水素医学でも掲載されていますね。

 

 

そして悪玉活性酸素を根絶させる最も優れた品物として「水素」が挙げられ、それを効率的に体内に入れる方法が「水素水」です。

 

この効用が「更年期や生理不順」に役立つとされるプロセスで、水素水濃度が高いほど合理的。

 

 

 

水素水で「女性の卵子(卵巣)」の老化防止~まとめ

男性には判明していませんが、現在に不妊や更年期に悩んでいらっしゃる女性は多くいます。

 

また、卵子(卵巣)にも年齢があり、気付かないうちに老化が発展中です。

 

 

水素水はほとんどの場合は「老化防止、美容、健康、病気の治療」にも活用されていますが、卵子(卵巣)の老化防止にも一役買います。

 

 

これが「水素水=不妊治療や更年期障害治療をサポートする」とされる長所の一つ。

 

 

なので日頃から水素水を愛飲しておきさえすれば、いつになっても元気な卵子(卵巣)でいてくれます。

 

中高年の女性は「更年期障害」悩みを抱える人は多いの事実。

 

水素水はこの症状緩和に効果的で、日頃から水素水を摂取することで治療にもなります。

 

 

医療でも推奨され、女の人だって日頃から水素水を愛飲することで、すごしやすい毎日を送れます。

 

水素水は将来的に様々な場面で力を発揮できる可能性を持ち合わせていると医学的にも呼びかけ、日々、研究が推奨されています。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。