上司が怖いときの克服法を紹介!仕事を辞めたい症候群のあなたへ


この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。





 

 

仕事をする職場(会社)には色々な人がいますが、なかには癇癪持ちの上司や先輩もますよね?

 

あなたの周りには、喜怒哀楽が激しかったり、すぐにヒステリックに怒ったりする厄介な人はいますか?

 

調べてみると、大人になっても病的な癇癪持ちはこのような人に当てはまると言われています。

 

ではいったいどんな状況なのでしょうか?

 

診断しよう!職場にこんな怖い上司がいませんか?

上司が怖いときの克服法で動悸や辞めたい症候群

怖い上司① 「すぐにヒステリックになる」

仕事で焦るとすぐにヒステリックになり、周囲の人間に当たり散らす厄介な上司や先輩

気持ちをコントロールする能力がなく、脳内で感情が抑えられないことが原因です。

 

 

怖い上司② 「気分にムラがある人」

心配事や不安なことがあると、急激にパニックになって怒りだし、精神的に不安定になる

とても気が小さい体質で、不安なことがあると焦る感情に囚われて、パニックに陥りやすい

 

 

怖い上司③「子供のような人」

自分が気に入らないことがあると、子供のようにすぐに怒鳴り罵る稚拙な人

この手のタイプは、子供のころから癇癪持ちだった傾向にあり、欲望や感情を我慢できない体質です。

 

もっと詳しくはこちらの関連記事もお読みください。

 

 


こんな人たちには、どんな対応法があるのでしょうか?

 

調べてみると、下記のように対応している人が多いみたいですね。

 

 

怖い上司の克服法!仕事を辞めたい症候群の方も必見です

上司が怖いときの克服法で動悸や辞めたい症候群
克服法①「5秒息を整えて、冷静に対応する」

相手が焦ったり、怒っていると、こちらも相手のペースに飲み込まれて、気持ちがアタフタしてしまうことがあります。

 

そんなときは、5秒だけ深呼吸(息を深く吸って、吐き出す)と気持ちが落ち着くと心理学でも言われています。

 

癇癪持ちのペースに巻き込まれないように、しっかりと自分のペースを守りましょう。

 

 

克服法②「気づかれないように避ける」

「触らぬ神に祟りなし」といったコトワザがあるように、怒鳴り散らしているような癇癪持ちの人とはなるべく距離を置きましょう。

 

もちろん、仕事場(職場)が同じ場合は非常に厄介で、まったく関わらないわけにもいきません。

 

しかし、相手の機嫌に合わせるとこちらも疲れてしまうので、必要最低限のことしか話さないようにしましょう。

 

 

克服法③「適度な距離を明確に保つ」

職場(仕事場)の上司と仲良くなるのは非常に良いことかもしれませんが、相手が癇癪持ちのなら別。

 

上司があなたと仲良くなることで、心を許して感情をぶつけてくる人もいます。

 

まったく関わらないようにすると、かえって不愉快にさせてしまいますが、適度な距離感を明確にして付き合うようにしましょう。

 

 

この癇癪持ちの症状の方が身近にいると、非常に厄介だったりしますし、特に上司の場合だったら最悪です。

 

 

詳しくはこちらの関連記事も同時にお読みください。

 

職場の上司がこの手のタイプは自分の気分によって、態度が急激に変わるので、その人の感情に付き合うのはとっても面倒くさいし疲れる。

 

 

では、職場にいる怖い上司とはどうやって接したらよいのでしょうか?

 

下記を参考にしてみてください。

 

 

仕事を辞めたい症候群の方は実践しよう!怖い上司の接し方

上司が怖いときの克服法で動悸や辞めたい症候群

「話し掛けられないなら話し合う機会をできるだけ多くする」

「上司が怖い。できれば回避したい」と感じている人がしばしば見られるでしょう。

 

「怖い」と考える先方とはなるべく距離をおいたり、関わらないようにする人が多いです。

 

しかし、同じ仕事場の上司と部下という関係であるのなら、毎日顔を合わせないというのは無理です。

 

では、どのようにしたらいいか。

 

お勧めしたいのは、上司と意思の疎通をはかる機会を積極的に増やし、「慣れる」といったポイント。

 

上司との距離が縮まれば縮まるほど、上司に馴れっこになって、怖さは希薄化するのです。

 

それを現実にするには「報連相」が行なうのがもっとも有効的な手段です。

 

本気を出して報連相を行うおかげで、上司と相互理解することに慣れ、やがて上司というような人間そのものずばりにも慣れることが適います。

 

 

「上司がスリル感でいっぱいのなら仕事終わりに意思疎通を図る」

仕事を離れたケースの意思の疎通も、「ベテランになる」ために有効性ある手段です。

 

アフターファイブのお酒の席や社員旅行、部署内のある出来事などの際に、多少無理してでも上司の近くに席を確保して、直接話す機会を続けるようにすると良いいでしょう。

 

特にアルコールが入ると、ふだんとはまたは除いた顔を見せることも考えられますし、こちらも会話しやすくなります。

 

プライバシーの話や、それなりの悩みの相談などを持ってかけて、仕事にどうでもいい話で打ち解けるように企むことが必要です。

 

かいつまんで言えば、上司の懐にあなたから駆け込むのです。

 

怖い上司は、こっちの考えを懐に飛び込んできた部下に関しては、案外親身になってヒアリングしてくれるものなのです。

 

 

「上司の「人間観察」をしてみる」

それでも「怖い」とう感情が消えることがないようなら、一度、上司とでもいうべき一人のキャラクターを「研究」なさってみたらどうでしょうか。

 

上司の仕事の様子や仕事を離れた場での態度、行動パターンなどを細かく観察し、どんな人間性の持ち主であるのか、観察してみるのです。

 

そうなってしまったら、「怖い」というのは上司の属性の中のひとつに過ぎないことがわかることは間違いありません。

 

あらゆるタイミングに怖いということは、人柄と言う以上ありえません。

 

以外に天然なところがあったり、おちゃめな一面を所有していたり、上長に対してはゴマすり部下であったりしているわけです。

 

そうした、一人の人としての多様性を知るおかげで「そう簡単に血の気が引くといったような相手でもない」

 

という意識の中に変わることはじゅうぶんにあるということも考えられます。

 

 

「上司が怖い原因をしっかりと分析する」

上司が怖いと思っている人はあなただけではあるはずがありません。

 

その人の独自が身近な所に息吹いて結果「怖い」という印象を植え付けているというわけです。

 

では、どんな訳で恐ろしいと感じ取るのだろう。

 

お叱りを受けるから、発言が乱暴ですので、モノを突っ撥ねるような粗雑な振る舞い等、怖いと取り入れた理由はバラバラです。

 

まず、何故あなた一人で恐怖に戦いているのか、周辺の人は何故その上司を恐怖におののいているかをよく究明してみましょう。

 

あなた方の上司は、何をすると機嫌が悪くなってしまうからしょう。何をすると恐怖心を抱くようになるのでしょう。

 

24時間365日喜怒哀楽の心理的なうち、怒りの感情だけで日々を送っている人は見られません。

 

 

「反対の感情をくまなく見る」

あなたの上司が怖いと言われるなら、逆に恐怖じゃない瞬間を感じたことはないかと思います。

 

その時はどうだったのでしょう。

 

その時のあなた方の行動はどうだったかなのでしょうか。

 

上司が怖いなら、それ以外の感じを受けた瞬間はなかったのかを想定してみてください。

 

バラエティーに富んだその上司のパーソナリティーが間近に迫ってくるはずです。

 

怒ってばっかりのボスは何に向かってイライラが募っているのでしょうか。

 

怒りがもたらされる原因があなたなのでありますと、その原因は何だと思いますか。

 

また、上司が笑っている時は、何をしている時なのでしょうか。

 

怒りと反対の感情が出る瞬間を冷静にウオッチしてください。

 

色々と実は取り違いしている部分が判明してくるかもしれません。

 

 

「上司のパーソナリティーを受け入れること」

「ボス・コントロール」という言葉が存在します。

 

つまり自分の上司をあなたのスムーズに動かす方法によってです。

 

それを果たすには上司のパーソナリティーをしっかりと受け入れることが必須になります。

 

上司はあなたの何に激怒していて、どの部分については笑っているのか。

 

要するにボスが嫌う行動や言葉づかい使い、しぐさ等怒りが引き起こされる要素を上司の前では指し示さないと問題ないのです。

 

それだけではなく上司が堪能する用件や言葉使い、しぐさは何であるのかを明晰しましょう。

 

つまり上司が喜ぶことを上司の前で気に掛けてアナウンスすることでいけば、怒りの感情はゆっくりと消え、笑顔の割合が増加してきてきます。

 

次第に双方ともに調和がとれた誘因になってきたら、お酒の席などでいろいろと話し合いをしてみましょう。

 

また、思わぬパーソナリティーが見つけることができるはずです。

 

人間は感情を持つ生き物で、うまく行く時と行かない時の感情で日々を送っている部分もあります。

 

要するにその部分を押さえることができれば問題ないのです。

 

 

「上司が怖いなら無理やりでも友好的になろうとしない」

上司が怖いときの解決手段として、無理やりでもフレンドリーになろうとしないというテクニックがあります。

 

上司と部下の一人という関係は、仕事に関する事だけで済みます。

 

仕事は別としてまで仲良くなることは不必要です。

 

あなたを囲いこむ人には、その上司の他にも、親しい知り合いや友人や近所も結構見られます。

 

ほとんどの人の一人として、気にしすぎないように仲間付き合いましょう。

 

無理に仲良くなったとしてもしない、という方法は、上司が怖いときのの準備の為のひとつです。

 

 

「上司が怖いなら意識的にご挨拶をする」

上司が怖いときの対策として、主体的に挨拶を行ってしまうというテクニックがあります。

 

大抵の上司は、年上で、人生の経験した人です。

 

人生の先輩には、敬意をアピールしましょう。

 

わかりやすい敬意の示し方は、挨拶をすることです。上司に会ったら、こちらから先に、大きく心地よい声で、お辞儀をしてからみましょう。

 

また、限定された上司では、年下の上司も存在するのです。

 

彼もまた、自分を除いた経験をピックアップしてきているという点で、人生のエリート集団として敬うことが不可能ではありません。

 

率先して挨拶をして、覚えておいてほしいのは話すことができるような因縁になりましょう。

 

意欲的に挨拶をする、という方法は、上司が怖いときのの準備のためのひとつです。

 

 

「頻繁に相談にチャレンジする」

上司が怖いときの解決手段として、意欲満々で相談をするという方法が見られます。

 

たいていの上司は、その仕事について、自分より知識を身につけています。

 

作業の一つ一つにも知識が存在しますし、作業をコントロールするような大きな考え方の仕事にもアイディアがあります。

 

意識的にご相談をして、オペレーションの仕方や対処方法を聞きたほうがいいでしょう。

 

作業にいくつかの段階があるときや、どれくらいの細かさの記録を作ればいいか明確になっていないときは、積極的に相談を持ち掛けることは特に効果を見せてくれます。

 

上司がサーチしているレベルのデスクワークを、的確に聞き生み出して全部有効に仕上げることが、上司からの信頼が実現できるでしょう。

 

また、削り落とすことで、あなたなりの時間のコスト削減にもなります。

 

意欲満々で相談をする、というテクニックは、上司が怖いときのの準備のためのひとつです。

 

 

自分の中で聞いてみよう!「あなたの上司が怖い理由」とは?

上司が怖いときの克服法で動悸や辞めたい症候群

「あなた自身の親と重ねてみてしまって見られる」

上司のことが抵抗感があるわけではないのに、なぜか恐怖心で一杯のという場合は、自分の親と上司を重ねてみてしまっているかもしれないですね。

 

子供の頃に親が怖いと感じた体験が多いケースいう人、親に煙たがれたくないという思いが強い人ほど、理由がはっきりしていないのになぜか上司が怖いと誤解してしまうケースが目立ちます。

 

上司に叱咤されるという行為が、自分の親ことに加えられたときの記憶とかぶさってしまうためです。

 

上司が怒りを覚えることで嫌われるに違いないという感情が芽生え、親に嫌われたくないという感情の高ぶりと積み重なって、ますます怒られるのが心許なくなっていきます。

 

上司そのものを怖がって存在するのではなく、過去の経験から考えて親と重ね合わせてしまうせいで、上司が怖いと理解してしまっているとも考えられます。

 

親と上司はまったくの別物だと頭では理解しておいても、心が整理できていないことも想定されます。
出来ない理由を受け止めることはできないから

 

上司に何か指令を受けたり、仕事の面で指示を出されるだけでも上司が怖いと思い違いしてしまう人が増えています。

 

自分が実現されていないことを第三者から指導されることにキャリアが浅いからです。

 

上司が正真正銘の攻め立てるような態度で毎回指示をするのなら話は異なってくるです。

 

しかしレクチャーしていることが間違っていなかったり、その都度1人だけを責めているというのは無理ですのであれば、受け止め方の避けた方が良いです。

 

あなただけの実践したことを認可してもらえないというメンタリティから、相手を怖いと感じてしまっていることも想定されます。

 

まずはなぜ怖いのであろうかを知ることが大前提となります。

 

また、自分自身が何かをできていないという状態を受け止めることができない。

 

もしくは承認して貰えないせいで、「相手がアンフェアなことで指図してくる・・・」といった怖いという気持ちが芽生えてしまいやすくなることも原因の1つです。

 

 

「しゃべり方や発言の表面だけ眺めている」

上司が怖いという感触があるファクターの1つが、話し方やコメントです。

 

物言いが怖かったり、声が強烈だったりすると、「恐れがある」と想定しやすくなります。

 

これは感情云々の頭痛のたねではなく、人間にもともと搭載されている危機管理の機能で、大きな声または怖い反対意見には恐怖をインプレッションしやすくなっていくと思われます。

 

ですが、しゃべり方がもともと何の変哲もない上司、声が絶大上司という可能性もあります。

 

話し方に対して恐怖を感じてしまうのは少しくらいなら仕方のないことですが、相手が何を表現したいのかを理解すれば、そこに至るまではおびえた感情は芽生えません。

 

打開策がないみたいに上司が怖い、話の全容も耳に入って来ないくらいに怖いというのであれば、「相手が何を言いたいのか」が本質的に把握できていないケースがあります。

 

相手の話の内容を理解できないままで、相手がただ怒っていると思い違いしてしまうのが引き金になっています。

 

 

「過去の経験がトラウマになっている」

上司が怖くて仕事が手につかない、相手の顔色ばかり見つめてしまう、しまいには物音も気にかかる・・・

 

こんな我慢できない症状が出ているケースになると、過去の体験が精神的苦痛になっていることも想定されます。

 

過去に働きすぎてうつ症状を起こしたり、他の上司からひどい扱いをうけたなんてことも。

 

自分の限界を超えるイベントを体験していると過去の精神的な苦痛から目の前の上司に対して恐怖心を抱いてしまいます。

 

過去のことだし、もう病気の状況はよくなっていると考えられているかもしれませんが、うつの症状は何てことのないことで再発しやすいものです。

 

現時点の上司が声を荒げたことが引き金となって、以前のトラウマがよみがえってしまうことすらあります。

 

上司が恐ろしいのは、その上司に不都合があるわけではなく、過去のトラウマが引き金で畏怖の念を増幅させているのか知れないです。

 

 

我慢することない!上司が怖くて萎縮するなるなら退職も考えよう

上司が怖いときの克服法で動悸や辞めたい症候群

いかがでしょうか。

 

上司が恐れがあるとどうしても萎縮してしまい本来の作業効率を発揮不可能になってしまいます。

 

それでは仕事に行くのも苦痛ですし、幸せでもありませんよね。

 

都合よくその怖い上司が異動になれば問題ないですが、現実はそういうわけでは起きないでしょう。

 

なので、あなたから行動してないと状況はいつまでも変わらないことを脳裏に刻み込んでおきましょう。

 

退職なり、新しい職に就くこともたくさんの人が選択している1つの対策方法によってです。

 

 

2件のコメント

  1. おはようございます。
    家の職場にも癇癪を起こす人いますねー!!
    めちゃめちゃわかりますよ

  2. www
    散々でしたねー。
    でも、ちょっとツボってしまいました(^-^)v
    すみません。

ただいまコメントは受け付けていません。