仕事で喧嘩した方へ!職場を辞めて退職する前に行う仲直り法を紹介


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。





会社で仕事をしていると、つい職場の人とケンカしたり対立することがありますよね。

 

同僚や上司、先輩などケンカしてしまう相手は様々ですが、仕事をしていると、どうしても理不尽な説教をされたり、イライラすることもしばしば。

 

そして、相手とぶつかり合ってしまうこともあります。

 

そんなときはどんな対処法があるのでしょうか?

 

調べてみると、相手によって対応は変えたほうが良いと言われています。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

仕事で喧嘩した方へ!職場を辞めて退職する前に行う仲直り法を紹介

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

「仕事であなたが上司と喧嘩したケース」

上司と部下がけんかをしてしまった場合は、どういって裏付けが取れているにしても、上司の言い分が全てとなっています。

 

仕事の人事として、上司がピックアップされ、その立場に所属しているため、部下は上司の言うことをお目にかからなくてはダメなんです。

 

現実的には上司は企業の方針を息がかかった者に伝授しています。

 

それに対し、部下が納得できないというのであれば、会社方針に怨み言を言っているように変わり、最終的には会社そのものズバリ苦情をつけていることがおきます。

 

また、上役そのものに不満を垂れる部下の場合、自分と蚊帳の外におかれた人に関しては牙をむけると捉えられてしまうため、挙句の果てに本人の人格を疑念をもたれることが考えられます。

 

もし上司とけんかをしてしまった場合は、こういった背景を容認したうえで、すぐにお詫びをすることを目的にしましょう。

 

そうしてから、おだやかな口調でこちらの意見を伝えてみることを目標にしましょう。

 

 

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

「喧嘩したときの仲直り方法とは」

 

上司とケンカしてしまった場合は、2回謝るのが鉄則。

 

上司はあなたより立場が上なので、反抗されることで「恥をかかされた」と思い込んでしまう人も多いとのこと。

 

なので、1度誤ってから、日を改めて別日にもう一度謝ることで、仲直りをして、関係を修復している人が多いそう。

 

仕事場(職場)での、上司との関係は非常に重要なので、しっかりと関係を修復したほうが出世にも影響しなくてすむでしょう。

 

 

「仕事であなたが部下や後輩と喧嘩したケース」

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

部下と上司がケンカをするケース、気付かぬうちに上司が部下をいいくるめてしまうと、配下の者はそれ以上、ランクアップしてしまわなくなる危険もあると思います。

 

それほど上から目線で傲慢不遜にいいくるめてしまうと、部下の一人は思うが儘に発言をすることを怯えを持ってしまう時もあるようです。

 

自明のことだが、部下のいうとおりに全てやらせるのが正解でありながらません。

 

上司のケースでは、立場上、全てに同意することも不可能ですが、全てを否定するのもやめた方が良いです。

 

会社の立場と部下の立場の両方が判明してるのが上役の立場であり、両方ともコンセンサスができるよう、間に立つことも上司の役目ということを示します。

 

部下とけんかしてしまった場合は、高圧的にならず、まずは部下のご相談しっかり聞かされてあげること。

 

その上で配下の者の言い分が会社の方針とは無関係にいるようであれば、自分の意見を部下に伝えることを目的にしましょう。

 

部下がその先、仕事でペースダウンしてしまわないように、その意識の高い姿勢はそのままに、どんどんリアクションを口にしてくれるようフォローをしておいた方が良いです。

 

 

「喧嘩したときの仲直り方法とは」

上司ほど2回や3回に分けて謝る必要もありませんが、やはり部下なので、あなたよりも立場は下。

 

たとえ、ぶち受かり合って怒り腹が立ったとしても、話し合いの場は設けてあげることにしましょう。

 

謝ることが出来ないのであれば、お酒の席などで、また友好的な関係を気づくことで仲直りすることもできます。

 

また、上司と違って、会社の部下はよく接する機会も多いので、しっかりと早く仲直りすることがオススメです。

 

 

「仕事であなたが同僚と喧嘩したケース」

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

同僚とけんかするケースは、上司や部下とはかけ離れていて、フィフティフィフティのため、なかなかそんなに簡単にはけんかが収まらないことも考えられます。

 

常に言い合いをしているような間柄のケースでは、仲直りの法則も芽生えているといわれていますが、そうでない場合は、少し手が焼けるなのではないでしょうか。

 

お互いが同じ経験値を持っているため、けんかの収め方も馴染みがあるはずですが、同僚という立場上、どちらの方が先に謝るかということに、双方が意固地に陥ってしまいそうです。

 

こういった場合、負けるが勝ちという言葉のとおり、先に詫びを入れしまう方が楽に変化することあります。

 

自分が悪くないからと意地を張り続けるより、原因はどちらであっても、先に謝罪をすることによって、話をするきっかけを持つことができます。

 

そのうえで冷静に話し合いをするようにしましょう。

 

お互いの意見に変化が起こることはないかも知れませんけど、ムキにならずに、一つの意見として受け入れることを目標にしましょう。

 

職場でけんかを起こしてしまった場合、一番やってはいけない行為は、元の木阿弥にして相手を避けることです。

 

けんか自体をカムフラージュしてしまい、腹の内を真っ黒にしている内に、どうしても相手の足を引っ張りたい考えが生まれてしまうこともあると聞きます。

 

職場で円滑にコネクションを保つには、揉め事をしてしまいましても、すぐにコミュニケーションを行い、お互いがホッとして仕事をできるように持って行かなくては困難なのです。

 

また、喧嘩をすることが原因で自分たちだけでなく、他の人にもまで不穏な空気が流れます。

 

仕事しづらい状況を生み出してしまうということを忘れることがないようにしましょう。

 

 

「喧嘩した際の仲直り方法とは」

実は、上司や先輩よりも、「同僚」と喧嘩したときの方が、非常に面倒くさいという意見が圧倒的に多いです。

 

また、同僚は立場が同じなために、なかなか自分から謝るのもプライドが許さないものです。

 

ですが、謝らないでいつまでも関係が修復できないと、どんどん関係が悪化していき、最悪の職場環境になってしまうという人も多くいるそうです

 

同僚が相手だと、どうしても謝りたくないのであれば「呑みに誘う」もしくは「時間が解決する場合」もあります。

 

 

 

「仕事で喧嘩したら早めに対策をとろう!」

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

職場で仕事していると必ず、口論になり喧嘩することもありますが、相手によっては喧嘩がエスカレートしていくことにもなります。

 

特に、上司とケンカして早いうちに仲直りなどの人間関係の修復を行っておかないと、間接的に窓際族に追いやられてクビになることも・・・・

 

また、普段から接する機会の多い職場の先輩や同僚と殴り合いになってしまうと、翌日職場で気まずくなり「無視される」なんてことも珍しくありません。

 

感情的になり、職場の人と意見がぶつかり合うこともありますが、「殴り合い・無視・クビ・口論」は避けたほうが賢明でもあります。

 

 

仕事場の喧嘩で仲裁されずに仕事を辞めた男性や女性も

仕事で喧嘩した方へ職場を辞めて退職する前に行う仲直り法

職場での喧嘩が原因で、だれも仲裁してくれず仕事を辞めていった男性や女性は少なくありません。

 

二人の仲を取り持ってくれる仲裁役がいれば別ですが、なかなか職場での喧嘩で仲裁役を買って出てくれるような人いないとの意見も。

 

もちろん、喧嘩の原因は様々なので「自分が悪くないとき」もありますが、これからの職場での人間関係を考えると、折れるのも選択肢の一つです。

 

特に上司や先輩の場合では、相手にも「恥をかきたくない」というプライドは、男女問わず持ち合わせています。

 

職場での喧嘩が悪化すると、人間関係が壊滅的になり最悪の場合には辞めることにもなりかねません。

 

なので相手によってはこちらから仲直りすることも賢明な選択肢でもあります。

 

 

 

このように、仕事場で喧嘩すると非常に厄介ですし、なにより職場環境が悪化してしまいますので注意です。

 

チェックしてみる>>>こんなにも最悪な事があるの!?職場の人間関係が辛い人の体験談な事例など

 

 

ですが、一番厄介な相手は「お客様や取引先」とトラブルを起こしたときに場合です。

 

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

2件のコメント

  1. こんにちは
    お疲れ様です。
    ガラの悪い客って迷惑ですよね・・・

ただいまコメントは受け付けていません。