自己中心的な女性の特徴と対処法は?職場のうざい女の扱い方も紹介

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



 

仕事をしていると多くの人に出会いますが、やはりモラルやマナーはしっかりと守っていなければなりません。

 

でも、中にはモラルやマナーもできておらず、人を罵倒する人もいますよね。

 

そんな非常識な人たちには、どんな特徴と対処法があるのでしょうか?

 

調べてみるとこんな対処法と特徴があるようですね。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

職場や友人にうざい女が!自己中心的な女性の特徴とは?

自己中心的な人を診断しよう!職場の自己中男女や上司の扱い方

「タバコのマナーが守れないのは自己中心的な女性の特徴」

仕事をしていると、煙草をする愛煙家の方たちは多くいますが、中にはマナーを守れない人も多くいます。

 

例えば、歩き煙草(タバコ)が一番有名な例ですが、これらを平気でやれてしまう方は、人に対してもマナーが守れない傾向にあるよう。

 

なので、愛煙家の人がいるのであれば、マナーがちゃんと守れるのか?

 

これも自己中心的な女性の特徴である判断基準の一つでもあります。

 

 

「バレなければ何をやっても良いと思う自己中心的な女性」

上司や先輩、同僚にバレなければ何をやっても許されるという考えを持っている自己中な女性がいます。

 

この手のタイプはモラルやマナーなどの常識がありません。

 

なので平気でミスを隠蔽したり、同僚を蹴落としたり平気でやってのけてしまうのがこの自己中心的な女性の特徴でもあります。

 

 

「部下や異性に差別的な態度を取る自己中心的な女性」

上司には媚びを売ったり、異性の社員に態度を変えたりする人は、職場でのモラルが低い傾向にあります。

 

また「人を見て態度を変える人間」は打算的で性根の腐った性格の持ち主である傾向が強いと多くのアンケートでも言われています。

 

この特徴を持つ自己中心的な女性とは関わらないようにする、もしくは信頼しないようにするのが一番の対策とも言えます。

 

このように、職場には自己中的でマナーやモラルのかけらもない人がいるようですね。

 

 

中には相手を罵る人もいるんだとか。

 

 

「自己愛が強すぎる自己中心的な女性の特徴」

自己中な人の類似している部分の中でも、よく取り上げられるのが、自己愛のパワーという意味です。

 

自己愛を所有していない人はそれほどいませんし、誰でも自分の身は華麗なものです。

 

しかし一般的な人は自己と第三者の折り合いを効率良くつけながら生きのびています。

 

自己愛が目立つようになりすぎないように、何気無くブレーキを掛け、マネージメントしているわけです。

 

しかし、自己中な人はこのブレーキが甘く、自分に対する愛情がより一層激しさを増してしまいます。

 

結果的にとして、「自分自身が世の中の中心にいる」と思い過ごししてしまうのです。

 

「肥大化した自分自身への仁愛を事項原理とするのが自己中の人」と言う部分でしょう。

 

 

「相手に指摘されると怒る自己中心的な女性の特徴」

自己中な人と称されているのは、自分自身に関する自尊心がとても目立つため、その自尊心をキープするために努力する動きが見られます。

 

しかし、仕事のミスを指令を受けたり、叱責があったりすると、自前の自尊心を貫くために、かえって思い違いを指摘した相手方に対し、怒りをぶつけることが想定されます。

 

自尊心をダメージを与えたことに対しての怒りで困ってしまってしまうため、自己反省をすることがなく、また仕事でケアレスミスをくり返してしまうケースがあります。

 

社会人のケースでは、その怒りは会社の内部だけではありません。

 

時に大事な先方にも怒りを覚えてぶつけてしまうケースがあるので、会社での自己中の対処には、注意です。

 

 

 

いつく診断が当てはまりましたか?

 

この診断のなかで一つでも当てはまるようであれば、「あなた自身」もしくば「周囲の人間」は間違いなく自己中な人でしょう。

 

 

では、この自己中な人診断の結果を得て、どんな対処法があるのでしょうか?

 

 

自己中心的な女性の対処法とは?うざい女の扱い方を紹介

自己中心的な人を診断しよう!職場の自己中男女や上司の扱い方
扱い方① 「褒めて倒して、媚びを売る」

人に罵倒するタイプの一つとして、男性だったら「ガキ大将気質」、女性だったら「女王様気質」の2タイプいます。

 

この手のタイプは、ちやほやされないと気が済まない性格の持ち主。

 

なので、反対に褒めたり媚びを売ったりすることで、上機嫌になるような単純な生き物だったりします。

 

詳しくはこちらの記事もお読みください。

 

 

扱い方② 「しっかりと報告連絡相談を行う」

自分の予定外に事態になると、焦ってパニックになり、感情をコントロールできずに、人に八つ当たりするような人もいます。

 

この手のタイプは、非常に器も気が小さいので、すぐにあせってしまう傾向にあります。

 

なので、報告連絡相談をしっかりと心掛けるようにして、仕事に支障が出ないようにするのが一番です。

 

 

扱い方③ 「無反応で、関わらにする」

仕事場(職場の中には)、人を罵ることでストレスを解消している人がいます。

 

この手の対応は罵った相手の反応を見て、楽しむ傾向にあるマナーやモラルのかけらもない人もいるので注意です。

 

できるだけ、無反応でいつつ、あまり関わらないように避けるのが一番効果的な対処法だと言われています。

 

 

上記のように対処法は様々ですが、同じ職場に居たら面倒くさいことには変わりません。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

会社(職場)にいる自己中心的ムカつくババアの心理とは

相手に好印象を持ってもらいたいことや、自分のことを評価してもらいたいと思うから、多少のことは我慢しなければと自分に釘を刺して我慢しているのです。

 

自分が耐えることがバカバカしいと考えているというのは、実は「開き直り」ということです。

 

会社のむかつく自己中心的なババアも相手のことを気遣うふりしつつ、ひとまず相手の嫌われないように、上っ面をよくして、という虚勢を張ります。

 

オバさんは当然の事、人間は、自分のことを第三者からよく見られたいという思いがある内は、素の自分自身の私情を隠します。

 

多少、年齢を積み重ね、今更他人によく思われたい

いいイメージを持ってもらいたい

自分を評定してもらって仕事でキャリアアップさせて貰いたい

 

これらの「欲が衰滅」してきたら、そんな自分自身が我慢して耐え忍ぶ、自分を作っていることがシンドイと思う結果に結びつくのです。

 

更にそれがもっと進めば、そんな我慢して自分をセーブして日々を過ごしていくこと自体がバカバカしいと思うくらいになるのです。

 

 

オバさんに限らず、中年の男性でもこんな自己中な人がいます。

 

キャリアアップコースから外れた40代以上の従業員

定年まじかで後は年金支給を待つだけ

60歳になってこれまでの役職を一切取られ、属託で65歳、あるいは70歳まで、働こうになっているかつての上司

 

このような人も、ほとんど先が無いので、全部開き直っているんです。

 

だから若い社員の言うことなど、聞き流すのですよ。

 

これらは「100%老害」です。

他人から、どう思われようが,どう評価されようが私には興味ないといって心理です。

 

 

それよりも自分の思う通りに、もう我慢などせずにやりたいようにやりたい、それが逆ギレであり、開き直った人はもう世の中に「怖いという感情は無し」になります。

 

そこでオバさんは、ようやく「開き直った」のです。

 

だから、怖いという感情はなし、自分のやりたいと思うようにやるジコチュー人間に戻ってきたのです、実は残念なことにオバさんの本性でもあったのです。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?