電車通勤の暇つぶし方法とアイテムを紹介!メリットを見つけよう


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。





サラリーマンの人の75%以上の悩みは朝の電車通勤だと言われているのは、ご存知でしょうか?

 

確かに、「満員電車」や「遠くからの通勤電車」は一日の始まりとして、最悪のスタートとも言えます。

 

帰宅時は、残業せずに家路につくことができれば帰宅ラッシュに巻き込まれ、残業や飲み会でオーバーしたらお酒の臭いが充満。

 

では、どんな対処法があるのでしょうか?

 

 

こんなメリットが!電車通勤の暇つぶし方法を紹介

「電車通勤で座ることができる暇つぶし方法を紹介」

 

 

「仕事の段取りを手帳に書きこむ」

どうしても必要なものは、仕事の進捗やスケジュールの判断を間違えないためのツールです。

 

お仕事や企業によっては、スマホが認められる方もいるでしょう。

 

そして忘れていけないことは、手帳やノートに手配を入力するということです。

 

 

「読書、勉強、資格取得、ビジネス書読破」

読書やニュースアクセスと同じぐらい主流ですが、どうにか着席できるなら勉学しないともったいないかも知れない。

 

自分自身のライフスタイルや仕事にまったく繋がりのない勉強は意気込みを保つのに苦悩しますが。

 

スキルアップのためにビジネス本を一週間に1冊読破すること、語学を勉強する、というものから取り掛かってみましょう。

 

できれば、仕事により引き起こされる各種資格勉強や万国共通する英語力をつけることがベストです。

 

 

「仕事の企画案を練る」

考えること、見つけ出すことはやりがいのある作業です。

 

現実の上で通勤時間に企画案のスキームを立てるというビジネスマンやビジネスウーマンはとてもほとんどだと思います。

 

例えば広告チラシ、搭乗している乗客、停留所の乗客、車窓の風景。

 

そちらをぼーっと見ているよりも、何か自分自身の仕事や企画と向き合うものはないかという観点で閲覧する方が気分が良いものです。

 

スマホにメモしたり、会社に行き着いてすぐに記録しておくことを覚えておいて下さい。

 

 

「電車通勤で座れないできる暇つぶし方法を紹介」

 

 

「筋トレ、ストレッチ、ドローイング」

 

電車の中で立っていることはことのほか足の筋力に効きます。

 

さらに高めるようにするために、おすすめトレーニングを3つオススメします。

 

「つま先立ちで静止」

第2の心臓だというふくらはぎの血液循環を向上させてくれます。

 

「力こぶを作る」

つり革を抱えている腕に力を入れることで二の腕を痩身が実現してしまいます。

 

「ドローイング」

息を吐き続けながらお腹を心ゆくまでへこませて静止を行わせることで、頼りないお腹周りをラクラク絞ることができます。

 

 

「タブレットやスマホで新聞を読む」

 

新聞や書籍はぜひポータブルPCやスマホで読みましょう。

 

不必要なゴミや空間を取らないですし、最近は大画面のタブレットも割かし手が出やすい価格帯になっています。

 

スマホの持ち主であるならタブレットはいらないかもと感じてしまうかもしれません。

 

特に新聞をアクセスしたいなら1台所持しておくことが大切です。

 

接続費用は、スマホのテザリング作動を利用すれば月に無料~数百円くらいです。

 

 

「目を閉じて疲れて目を休める」

 

パソコンやスマホに丸一日触っている、目が充血してドライアイになるなど疲労感が目に現れます。

 

睡眠中以外で、目を休養させている時間が1日のうちのいかほどあるでしょうか?

 

電車通勤の時間は目を休める時間にしてあげましょう。

 

目をつむることは目を休める原理原則です。

 

ついでにきっちりまぶたを閉じて数秒してから目を覚ます動作は、目の周辺の血行を良化してくれます。

 

 

 

メリットたくさん!電車通勤のアイテムを紹介。

 

「スマートホンリング」

趣味や小説などに関する自分が興味のある本を読書するのも快適な電車通勤をするための工夫の一つでもあります。

 

特に立っている除隊で電車に乗っているとスマホが滑って落下したなんてことも!

 

電車の中でもスマートフォンがらくらく操作できる便利なアイテムです。

 

これで電車通勤も楽しくなるはず。

 

ただし、画面に酔ってしまう人もいるので注意が必要。

 

 

「ノイズキャンセルイヤホン」

ストレスの溜まる電車内では、いかに自分が快適な時間を過ごせるかが大切です。

 

そこで音楽をもっとも優れていると言えます。

 

電車の中は騒音だらけで、ストレスが溜まるもの。

 

ノイズキャンセリングイヤホンで自分だけの空間を作りましょう。

 

世界は一転!自分だけのリラックス空間になります。

 

あくまでも電車内での席が空いていればの話ですが、仕事に行くまでにしっかりと騒音を遮断して睡眠を取るのも方法の一つです。

 

 

「アジャスタブルアンクル」

電車に乗っている時間に何もしていないなんてもったいない!

 

電車の中で立っているだけで、筋トレになるシェイプアップを実現です。

 

日頃から仕事で運動していない体を鍛えて弛んだ体を引き締めましょう。

 

有効利用できる方法として多くのサラリーマンが実践しています。

 

 

 

どうしても憂鬱な電車通勤への4つの対処法を紹介

「我慢して、通勤し続ける」

人によって環境はさまざまであり、特に家庭があるサラリーマンはなかなか職場を変えることもできません。

 

独身の方に比べると、住むところなどの生活環境を変えるのは困難です。

 

なので、我慢することも一つの選択肢として認知することも対処法の一つですし、忍耐力の向上にもつながります。

 

 

「職場環境を変えてみる」

例えば、在宅ワークができる職業を選んだり、自宅から近い職場に転職してみるのも方法の一つです。

 

また、上司に相談して人事異動させてもらうのも、対処法の一つです。

 

手短なところだと勤務地に近いところに引っ越すというのも、独身のサラリーマンの特権でもあります。

 

社宅や社員寮が設けられている会社であれば、そこに居住する人も多くいます。

 

 

「電車通勤のない職業を選ぶ」

社会人やアルバイトは必ずしも、電車通勤をしなければならないというわけではありません。

 

例えば、ウェブデザイナーやライターなどのお仕事が電車通勤せずに、自宅で仕事をすることができます。

 

このように、電車通勤が不必要な職業を選ぶのも対処法の一つです。

 

サラリーマンの95%以上は電車通勤が苦痛だというアンケート調査があります。

 

いかに社会人生活において電車通勤がストレスになっていることがわかります。

 

 

「車で通勤する(車通勤に変更)」

会社のルールや職場でのその人の立場によって違いますが、車で仕事場まで通勤するという人も少なからずいます。

 

たしかに、電車と違って車での通勤であれば、密接した電車内のストレスを感じることはありません。

 

なにより、快適な通勤時間を過ごせるようになります。

 

これは会社のルールや当人の職場での立場によって違うため、人によって白い目で見られてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

このように、電車通勤にストレスを抱えている人は多くいますが、対処法もいくつかあるようです。

 

サラリーマンやフリーターの電車通勤における、ストレスの原因は何なのでしょうか?

 

調べると、このような意見が多くみられました。

 

 

 

仕事前~仕事帰りの電車通勤でストレスが溜まる理由

原因①「人と距離が近い」

人間には、パーソナルスペース(絶対領域)とうのが存在し、この領域を人が超えてしまうと、心理的に不快感となります。

 

 

原因②「通勤時間が長い」

遠くから通っている人にとっては、通勤時間は恐ろしく長く感じてしまうもので、退屈以外の何者でもありません。

 

 

原因③「マナー違反がいる」

公共の場でつい気になってしまうのが、マナー違反ですよね?

しかも、意外とマナー違反が平気な人が多く、これがストレスの原因ともなります。

 

 

 

どうでしたか?

 

電車通勤こなしている方にとって、毎朝の通勤時間はイライラする気持ちいっぱい。

 

満員電車の内でギュウギュウ詰め、活動できるスペースは1ミリぐらい。

 

疲労困憊になった顔の人に伴って缶詰めにされる、シビアな毎日なはずです。

 

そんなときは正しい対処方法を知っておきましょう。

 

また、興味があればこちらの記事も読んでおきましょう。

 

チェックする>>>電車だけじゃない!!仕事のストレスは人間関係にもあるので対処をしておこう!!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。