ジャスミンの精油は陣痛促進して出産を助けるアロマなの?使い方は?

この記事は3 分で簡単に読めます


長谷川さん

出産って女性にとって大きな仕事になりますが、

できれば楽したのが本音。

でもどうやったら出産にかかる負担を、

軽減することができるのでしょうか?

そこで今ではジャスミンの精油オイルが、

陣痛を軽くしてくれると評判なのです!

パピーちゃん

確かに陣痛って痛いよねー!!!

本当に恐怖だよううう

長谷川さん

パピーちゃん子供いないでしょ!

そうですね。

スイカが鼻から出るよりも痛いと言いますからね。

でも本当に痛いのは陣痛なんですよ!

 

 

ジャスミンの精油オイルは陣痛促進して出産を助けるアロマって本当なの?

ジャスミンの精油オイルの優れた点である「分娩促進作用」が、

現在では出産を控えた妊婦に注目されています。

 

この「分娩促進作用」は、

子宮の収縮を強めて出産時の分娩をサポートして、

赤ちゃんがお腹から出てくるのも助けるのです。

 

出産前にジャスミンの精油オイルを使用していた妊娠さんは、

「これのおかげで出産が早く終わった」という意見もあります。

 

実はジャスミンの精油オイルは、

陣痛(じんつう)を促進する成分を、

組み込んでいると言われています。

 

ただ、どの成分がではなく、

アントラニル酸メチルやフィトール、酢酸フィチルなど、

化学成分が複雑に協同して、

そのような作用を出てくるという感じです。

 

出産が始まる前に分娩室に案内されることになったら、

お医者さんに頼んで枕元に、

ジャスミン精油を置いてもらってみることをオススメします。

 

さらに陣痛を促進すると同時に、

痛みの軽減などにも利用できます。

 

現実世界、某有名大学病院では、

分娩室に既にこのジャスミンが取り入れられているとか。

 

パピーちゃん

いいな~~!

私も少しでも陣痛を軽くしから、

アロマテラピーやろうかな?

長谷川さん

そうですね。

やはり少しでも陣痛を軽くできるなら、

ジャスミンの精油は相性ピッタリです。

心も落ち着かせてくれますね。

(いや!・・・・パピー子供いないだろ?)

 

 

出産前に使いたい!陣痛を促して出産の助けるジャスミンの精油の正しい使い方は?

ジャスミンには子宮の収縮を促進させて、

出産のサポートをするという効果を及ぼしてくれます。

 

出産間近に迫ったママは、

ジャスミンの精油を数滴ほど、

「アロマデフューザーまたは濡れたハンケチ」に滴下して、

アロマテラピーした方が良いでしょう。

 

さらにジャスミンの精油をマッサージオイルとして、

活用したらいいでしょう。

 

なので高い額のジャスミンの精油を買って、

マッサージオイルも作って持ち合わせておきましょう。

そこでこちらがオススメされている妊婦に、

人気のジャスミンの精油オイルです。

 

いざ陣痛が来たら、

お腹や腰に塗りつつ、

アロマテラピーしておくことで、

「え、もう産まれるの!?」とビックリするくらい、

スピード出産できたとの体験談もあります。

 

パピーちゃん
なるほど!

ジャスミンの精油を、

実際に利用してる病院もあるみたいだから、

本当に効果ありかも!

でもアロマテラピーするなら、

アロマデフューザーは必須だよね!

陣痛って本当につらいんだよな~~☆彡(^_-)-☆

長谷川さん
そうですね。

体験談もあるので実際に陣痛軽減効果は、

しっかりあるようですね。

(おまえ・・・・子供いないのに何言ってんだろ?)

 

 

使用上の禁忌もある!出産前にジャスミンの精油オイルを使用する際の注意点は?

「分娩促進作用」があるジャスミンの精油には、

使用上において、

一点注意点があります。

 

ジャスミンの精油はあくまで、

「出産が始まる数時間前~出産中に使用する」ということで、

妊娠期間中の使用は控えるということ。

 

妊娠中期間中に、

ジャスミンの精油を採用するのはNG!

 

まだ具体的な報告などは、

上がってきていません。

 

ですが、

ジャスミン精油には通経作用というプロセスがあり、

子宮からの出血を促す役目を担ってくれます。

 

妊娠初期に活用したら流産の可能性もゼロではないので、

絶対に分娩時以降に使用してください。

 

またお腹に赤ちゃんがいる間にジャスミンの精油を使うと、

子宮収縮作用が赤ちゃんを、息苦しくさせる可能もあるので、

極力は控えましょう。

 

出産する当日のタイミングで使用することが条件です。

パピーちゃん

え!!

そうなの?

出産当日に使う感じになるのかか?

長谷川さん

そうですね。

基本的に出産間近に使うのが良いですね。

陣痛に効果的な精油とは言え、

ちゃんと使い方を知りましょう。

 

 

出産後も役立つ!ジャスミンの精油オイルを肌に塗れば妊娠線をケアしてくれます。

妊娠中は避けなければならないジャスミンの精油オイルですが、

出産後の使用は問題ないです。

 

もし妊娠線が発生してしまっていたら、

そのケアに活用することができます。

 

ジャスミンの精油オイルは皮膚を柔らかくして、

保湿する効果が認められるので、

出来てしまった妊娠線を徐々に目立たなくしてくれます。

 

ボディクリームもしくは化粧水にジャスミンの精油オイルを、

1滴~3滴ほど加えて、

お腹のオイルマッサージをしてみると効果的です。

 

ただし、

ジャスミンはごく微量の溶剤が残存しているかも知れませんので、

使う前には必ずアレルギーテストをしてください。

 

腕の内側など皮膚が柔軟性のあるところに、

ジャスミンを薄めたオイルを少し塗り、

1日経っても皮膚に疾患が出ない場合は使ってもOKです。

パピーちゃん

陣痛軽減だけでなく出産後もケアしてくれるなんて最高!

あたしも使えばよかったな・・・・

長谷川さん

そうですね。

あとジャスミンには母乳促進作用もあるので、

実は陣痛軽減だけじゃないんです!

(パピーって実はいくつ何だろう・・・・怖くなってきた・・・)

 

 

ジャスミンの精油が陣痛促進して痛みを緩和~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

 

女性にとって大仕事と言えば出産ですが、

初産の場合、非常につらい陣痛が伴うときもあります。

 

そこでジャスミンの精油オイルには、

陣痛を落ち着かせる効果があります。

 

ですが、使用方法はしっかり知っておきましょう。

 

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?