仕事や職場の意地悪おばさん(ババア女)の3つの特徴と負けない対処法


この記事を読むのに必要な時間は約 30 分です。





仕事場(職場)に必ずいるのがパートの意地悪やなおばさん(ババア女)です。

 

 

このタイプの人たちは、仕事場において非常にストレスや美容トラブルの原因にも。

 

 

チェックする>>>職場のストレスで「激太り!肌荒れ!栄養不足!」そんな頑張り屋さんのあなたにオススメ商品はこちら

 

 

あなたは経験ありませんか?

 

職場で性格悪いおばさん(お局ババア)の嫌がらせにムカついて殺したくなることも・・・

 

 

では陰口大好きなおばさんにはどんな対処法があるのでしょうか?

 

 

そして仕事や職場(会社)の意地悪でやなおばさん(ババア女)達にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

 

調べてみると下記のような意見が多い傾向にあります。

 

 

仕事や職場で意地悪な顔つきでむかつくおばさん(ババア女)の特徴

タイプ①「悪口の総合商社を営む顔つきの意地悪ババア」

仕事場(職場)に必ずいる、悪口や嫌味の総合商社なのでは?

 

と言いたくなるほどの意地悪な悪口を言うめんどくさいババア(女の人)がいます。

 

とにかく悪口や陰口が大好きな性格悪いおばさん。

 

ずっと人の悪口を言っており、本人の目の前では良い顔したがるのも特徴の一つ。

 

チェックする>>>詳しくはこちらの関連記事ページも同時にお読みください。

 

 

 

タイプ②「イビリをきかせる顔つきのジャイアンババア」

とにかく、後輩をイビリ倒すような精神性の持ち主で、その口癖は「わたしの頃はもっと酷かった」と言っているそう。

 

「いや、あなたも同じことやってるよ!」と思わず突っ込みたくなるという人の意見も多いです。

 

チェックする>>>詳しくはこちらの関連記事も一緒にお読みください。

 

 

 

タイプ③「対処法に困りめんどくさい仕事をサボるババア女」

とにかく、仕事をさぼっているので、業務に負担がかかります。

 

しかも、トイレに行くふりして煙草を吸いに行ったりしていることも。

 

そんなゲスを極めているような意地悪で性格悪いおばさんです。

 

仕事をサボる人への対処法として

 

「上司や会社の上層部に相談する」

「そのサボる人を嫌う人間に密告する」

 

との意見もあります。

 

チェックする>>>もっと詳しく知りたい方はこちらの関連記事も同時にお読みください。

 

 

 

タイプ④「職場のキモい女である監視ババア」

人の仕事を逐一チェックしては、みんなに言いふらしたり、怒鳴り散らしてきたりする職場のキモい女である監視ババアがいるとの意見も多くあります。

 

特に「人のミスや失敗、噂話」が大好物で、そういったマイナス要素をチェックしている傾向にあります。

 

「あまり関わらないようにする」

「潔く堂々と喧嘩する」

 

といった対処法をしている社会人もいます。

 

詳しくはこちらの記事もお読みください。

 

 

このように職場(仕事場)にいる意地悪おばさんは多くの人を悩ませており、モンスターのような最悪の人間です。

 

では、そんな性格が悪い意地悪おばさんに負けないようにする対処法あるのでしょうか?

 

 

 

仕事場の意地悪おばさん(ババア女)に負けないで仕返しする対処法

対処法①「忙しいフリして仕事を断る」

仕事をさぼるようなゲスな人の仕事を代わりに引き受けることは絶対にありません。

そんなことをすると余計にストレスの原因になります。

そこで、忙しいフリをしてすべて仕事を断っているという意見も多数あります。

 

 

対処法②「ハッキリと自分の意思を伝える」

職場(仕事場)にいる意地悪おばさんです。

しかし、実は反撃されると打たれ弱いとの可愛い一面もあるんだとか。

なので、自分の意思をしっかりと伝えて、正面衝突してみるのも選択肢の一つです。

 

 

対処法③「上司に相談してみる」

職場(仕事場)にいる意地悪おばさんに悩まされているのは、あなただけではありません。

多くの被害者がいることもあります。

なので、同僚と被害者の会を結成して、上司に泣きついて相談してみるのも方法の一つとして挙げられています。

 

 

対処法④「いじわるされないパワーストーン」

仕事で意地悪されたり、イジメられるなどありますが、もしかしたら悪い運気が充満しているせいかもしれません。

また、そういった出来事によってどんどん運気が汚れていきます。

さらなる意地悪や過酷な職場に引きずり込まれると風水的にも言われています。

 

チェックする>>>このアイテムで職場でイジワルされないようにする為の方法を知っておこう!

 

 

 

どこの職場にも殺したくなるほど意地悪なおばさん(お局)がいる?


口コミを調べてみるとわかりますが、どこの職場にも必ず意地悪なおばさんはいます。

 

 

看護師や介護士、美容関係などの一般的に女性が多い職場で長く働いているおばさんがあなたの周りにはいませんか?

 

 

女の蹴落とし合いの中で揉まれて生き残っているので、意地悪になりがち。

 

 

「男性が多い職場にいるおばさんは意地悪ではない」と思う人も多いです。

 

ですが、女性はいつになってもチヤホヤされたいという願望は誰にでもあります。

 

男性からの扱いに限らずですが、意地悪なおばさんは自分の地位が危ぶまれると感じると、攻撃的になる傾向にあります。

 

つまり、どんな職場環境にも意地悪なおばさんは必ず、いるということになります。

 

 

 

職場で嫌がらせしてくる意地悪な顔つきの人に囲まれる場合も!


意地悪な人は1人というイメージがありますが、職場に複数いる場合もあります。

 

 

例えば、始めのうちは意地悪な人が一人かもしれません。

 

 

ですがその人に嫌われてしまうことで、連鎖して多くの人があなたに対して意地悪になるというケースもあります。

 

 

また、少数の職場環境では、小さな組織での団結力が強い。

 

始めのうちは輪に入れずに、職場の人間が意地悪に感じてしまうこともあります。

 

意地悪な人に囲まれるケースも多々あり、なるべく敵を作らないのが賢明です。

 

うまく味方を作って立ち回るのも有効との意見もあるようですね。

 

 

 

醜い人だらけ!職場の意地悪な人はこんな心理状態です

「愛情のない人はメインの仕事の足を引っ張る」

お勤め先にいる意地悪な人というのは、多くの場合において仕事ができないごった返すだろうと思います。

 

実績を出せる人と称されているのは、人に意地悪をしている暇などは無いでしょう。

 

 

それに対しては意地悪をするような人というのは仕事ができず。

 

 

そのため仕事場で誰かが実績を残せる場合や活躍しているような時、わざわざ面倒を掛けるような仕事を振ってきたりします。

 

 

こちらが納期の指示通りに仕事をがむしゃらになってこなしているのに、コピー取りやお買いものといった雑用件のお願いをしてきたりします。

 

その仕事をホントにアシストしてもらいたくて話し掛けてくるのではなく、単に仕事を活躍している人が小憎たらしい以外の何者でもないのです。

 

仕事が上手くいきそうな時やご多用の時、意地悪な人にはその気配を気づかれないようにした方が、仕事を遅滞なく進める事ができるでしょう。

 

 

「意地悪な人は職場で口汚く罵る」

職場で意地悪な人というのは気の優しいとは言えず。

 

そのため仕事の場である働き場所でも、暇が見つけ出せれば仕事や職場の人間の憎まれ口をたたくという風潮があります。

 

元を正せば勤務している時は仕事に集中すべきですが、心根が歪曲しています。

 

本人が目につく相手や不満などを、何処もかしこも悪口という形で他の人に伝えて憂さを晴らすることもあるのです。

 

それと同じ様な時、うかつにあなた自身も悪口を言わないことに注意しましょう。

 

 

意地悪な人は、こっちの意見を話した悪口を、当事者以外の人には「○○さんが声を掛けていた」

 

 

このようにあたかもあなたが悪口を発言したような口ぶりで伝えるという風潮があるのです。

 

 

勤務先で意地悪な人がボロクソに言ってきたな…と思ったら、さりげなく話題をひっくり返すか席を立つように気を付けてください。

 

 

「無理難題を言ってくるのも意地悪な人の特徴」

働き場所において意地悪をするような場合、仕事に関与する意地悪というのがたくさん存在します。

 

職場に意地悪な人がいるというようなケース。

 

本来はあなたがフォローしてくれる必要がない仕事の御手伝いを持ちかけられたりします。

 

立場が上だと「この仕事はあなたには無理難題」という具合に仕事から差別的に扱われるという事もあるでしょう。

 

相手の話を持ちかけてくる用事があまりにも合法ではない場合は、上役に悩みを打ち明けたり少し距離をとったりやってみましょう。

 

 

「意地悪な人は実は暇人で鈍感」

意地悪な人は、が認められず、暇な人なので周囲の方がすることを驚くほど意識します。

 

よって、やたら関与してくるので意地悪な人、という位置づけられます。

 

キャパシティーが低いため、人を見渡すことができる上司の場合、こういった類の人には仕事の責任を及ぼしません。

 

そういう理由で、意地悪な人は手持ち無沙汰だと感じます。

 

自身の力だけは素晴らしいことをしていない、棚に上げて他人のことは色々ガミガミ言ってきます。

 

 

でも、自分はプロフェショナルだと誤認識してているので、決して暇人だなんて自身は微塵にも考えたりしてはいません。

 

 

それとは反対に、自分はよく気がつく、あなたはなぜ考え付かないの、鈍感ね、仕事できないのね、と余計なことまで口にして来てくれるんです。

 

 

そして増々、嫌われます。

 

解釈次第で、鈍感で空気が読めなく、マイペースなのが意地悪な人の性質だと考えられます。

 

 

「意地悪な人は寂しん坊(かまってちゃん)」

意地悪な人は実は寂しん坊です。

 

誰も向こうにまわしてくれないので、ますます意地悪なことをして人の意識を引きたがります。

 

注意を集めたいのです。

 

逆の効果になってしまってあることに感知ません。

 

 

視野に入れて欲しく、認可して欲しいがために意地悪し続けます。

 

 

でも、ただの一人も相手方にしてしません。

 

さらに意地悪はヒートアップしてとどまるところを知りません。

 

もう、誰も身近な所にいなくて嫌煙されてるのに、考え付かないのです。

 

よって、仲間も少なく、ひとりぼっちです。

 

そして、それをさらにセールスポイントにしてくるツワモノもいます。

 

自分で自分を自分で追い込んでいます。

 

 

「意地悪な人は自分勝手な人間」

意地悪な人は違っている世界をわかっていません。

 

自前のいるフィールドしか知覚していないのです。

 

意地悪な人にとって、入れられている世界は、今当事者である私がいるところ以外の何者でもないのです。

 

自分が世の中の中心なのです。

 

 

自分の物差しからハミ出る人は、受け容れません。

 

 

そんな人は見受けられない、イカれている、ノーマルに見えないものと判断します。

 

 

すべて、自分がメインで、自分の脳みその中を付加されていないことは不適切なこと。

 

決して許容しません。

 

嫌味、ジェラシー、嫉妬をあらわにするのも習性のひとつです。

 

 

「勤続年数が長くお局になっている」

職場で当てこすりする人の特異性としてあげられるのは、勤続(キャリア)が長いといったポイントです。

 

その職場に長く勤務して欠かすことができない人と一人で勘違いしている人。

 

これに限って、周囲や新参者に対して意地悪なことをします。

 

特に多い意地悪は、嫌がらせを言うなどの吐露による意地悪。

 

「何年時間が経っても達成できないの?」

「いつになったら身につけられるの?」

「この仕事向いていると思えないんじゃない?」

 

といったように、嫌味キーワードで意地悪なことをしてくるでしょう。

 

こうした人は、自分は「職場で欲しい人間」といった過信をしています。

 

悪質な嫌味を言っても、自分が立ち去ってしまったら会社が大変な目に会うはずだと誤認しているに違いありません。

 

自分以上になられることが嫌で、辞職しさせるためにわざと腹黒いことをやり遂げている可能性もあります。

 

こうしたお局は、いくつもの職場に存在していて、たくさんの方を悩ませている人の習性という面があります。

 

 

「中心でありたいと考えている」

働き場所で中心でありたいと願う感情がデカすぎて、嫌がらせを行ってしまうという人もいるでしょう。

 

仲間が良い実績を作れば、それだけリーダーに高く評価され認知される。

 

しかしその実情を良く感じられず、その人の悪口を言いふらしたり尋常でない噂を立てて嫌がらせをする。

 

ターゲットに対してジェラシーを持っており、憧れに近い意識を持っているとも表現してもいいかもしれません。

 

 

こうした人の多くは

 

「自分が一番でありたい」

「トップになりたい」

 

という気持ちが強く、周りに越されそうになると焦りの感覚を持ちます。

 

 

その焦燥感が当てこすりに代わり、メンタル的に追い込んだり、自分が優勢になるように方向転換して、1番なろうともしてしまうというわけです。

 

そこまでしても「NO1になりたい」という気持ちが確固たる人は、負けず嫌いでもあって、キャパシティーを兼ねそなえていない人間。

 

現職でNO1に達するというよりも、画策して動いてイカサマして勝ち得る人が多いと思います。

 

 

「自分も過去に意地悪な扱われ方をされてきた」

後輩や配下の者に嫌がらせをする人です。

 

「自分自身だってされてきた」

「私にしても同様になって生育した」

 

と考えている人もいるのが確認できるでしょう。

 

その人のの中に於いては、嫌がらせされることは一種の通過ポイントであり、文化様式のように知覚しているケースがあります。

 

 

自分が意地悪されてランクアップしてきたために、私も後輩や部下に対して嫌がらせするというのが正統なことだと勘違いしている訳なのであります。

 

 

このような人間はすでに信じ切っている理想的なフォームが存在。

 

そのために、そんな簡単には改善されず、中傷をしているが悪いことだという認識にはなりません。

 

むしろ意地悪をしていることで、世話をしている、よく見てあげていると思っていることもあるかもしれません。

 

 

その人自身も似たような過去をきっかけに、それが王道であり現職のレクチャー方法であると考えているようです。

 

 

どこかでこの昔から変わらない嫌がらせを見直して行かない限りはなる事無いでしょう。

 

 

「個人的な事情にイライラ感を持っている」

プライベートの時間よりも、勤務場所での方が自分自身をお見せできるという人間がいらっしゃいます。

 

具体例として下記になります。

 

帰郷するとご家族からいつも冷たくあしらわれている人

奴隷のように使われてヘトヘトの状態になっている人

 

そられのイライラする気持ちを勤務先で保持しいってしまう時もあるようです。

 

そのストレスを発散するようにするために、職場で嫌がらせをしてしまうケースになると仕事先の方が落ち着きを取り戻している具合ということになります。

 

プライベートの空間に自分自身の居場所がなく実感して寂しく思っています。

 

なので事あるごとに指示されてばかりのご家庭にウンザリしていたりと、フラストレーションを持つ傾向にあると思いますか。

 

ストレス発散方法として、飲みの席に誘ってみるとか、一緒にディナータイム実行してみるなどすると、その嫌がらせは改善されることもあるでしょう。

 

フラストレーションの発散先が勤務場所の方達に向かっているため、嫌がらせすることで自分を保ち続けていることが理由でしょう。

 

 

 

どんな方法がベストなの?職場の意地悪な人との付き合い方について

 

「仕事上の仲間付き合いと妥協する」

仕事をする上では見て見ぬふりをする訳にもいかないので、干渉せず気にせず仲間付き合いましょう。

 

どんな事情があろうとも深入りはせずに、当たり障りがない振る舞いで対応する事がポイントです。

 

意地悪だからと緊縮したり、変ちくりんに気にかけてしまうと態度に出てしまうことが想定されます。

 

自信たっぷりで振舞い、仕事上大切になってくるのは会話をして、スムーズにしている事が要求されるのです。

 

意地悪であっても、一人の人間としましては常識的な現職はするわけですから、気に留めずになるべく接点を持ち続けないのも賢明アプローチです。

 

メインの仕事として、済ませておきたい事はやって普通に働いていれば、それ程被害が出る事もないでしょう。

 

それでも悪質である事をされたら、コイツはこのような人間なんだと妥協する以外にありません。

 

その度毎に気に掛けいたら、身体が持ちません。

 

カチンと来るというようなケースもあるでしょうが、観念して適当に済ませることが必要です。

 

 

「標的にされないように用心する」

激烈に意地悪な人を避け過ぎていき、それとは反対に顕著になってしまいマイナス感情を買わない様にインプットしておきましょう。

 

人目を引くことが、意地悪の非難の的になる可能性が考えられるからです。

 

また、地味すぎても意地悪な人にとっては、ピッタリの獲物に見舞われてしまいます。

 

嫌な事は嫌と、きちんと意思露出をしないと、最低な嫌がらせをされ兼ねません。

 

それを回避するためにも、仕事でも隙を作ることをしないように意識しなければダメなんです。

 

意地悪な人は、都合が良い口数の少ない人を見い出しては嫌がらせを行います。

 

何も言わずにおきますからと、悪化していき、とことん悪事を再度言います。

 

その様に、ただの一度でも標的に見舞われると、そこから脱出するのがハードになります。

 

遂には退職にまで必要な状況になるケースもありますから頭に置いておくようにしましょう。

 

 

「巻き込まれないように気を付ける」

意地悪な人にいっぱいいるのが、ゴーインな習性だということです。

 

相手のタイミングなどはシカトして、自分の用件に付き方向づける事が相当あるのです。

 

意地悪な人嫌われたくないからと、無理強いをして合わせていると、常に引っ張られる事に陥ってしまいます。

 

何でも好き勝手にしないと納得できないので、まるで使用人が存在するのと一緒で顎で利用されてしまうことになります。

 

仕事を押し付けられたり、過ちの冤罪をきせられたりと、非人道的な扱いを食らう場合もあるでしょう。

 

一度引っ張られると、地獄絵図のように脱走できなくなっていくと思われます。

 

今更避けたところで、嫌がらせの対象となるという事は口にするまでもありません。

 

引きずられないように、気持ちを強く保持する事もポイントです。

 

 

 

職場(仕事先)の意地悪な人を理解することなんて絶対にありません

意地悪な人というのは、仕事にプライオリティ(重点)を置いていない、ある意味では今の仕事ができない人であったりします。

 

そういう相手方には出来る範囲でかかわらないようにして、仕事のローテーションを乱さないように取り組む事が肝心だと言えます。

 

どうしても意思疎通を取るようにしなければいけないというタイミングであれば、ちょうど良い具合に聞き流すことが必要だと断言できます。

 

また、あなたに対して嫌がらせをしてくるようだとすれば、同僚を最高の味方につけて、当てこすりしにくい社会環境を作ってしまうのも実効性があるでしょう。

 

労力をかけて当てつけする人の感情やすることになった原因などを認識する必要は全くないと断言します。

 

やはり、必ずいる職場には意地悪おばさんがいるみたいますね。

 

あなたも職場で、痛いアラフォーの仕事っぷりに困らおこなったことありますよね?

 

男性社会で勤務している女性同士、できれば仲の良いままでいたいのに・・・「あれは、ないわ…。」と嘆息をついたことは一度や二度とは言えないはず。

 

 

 

あなたの職場にもいる厄介なババア(おばさん)への対処法とは?

「何様なの!?クレーマー系言いつけババア(おばさん)」

 アラフォーにもおよぶと、同期が昇りつめてそれなりのポジショニングについていたりするもの。

それを活用して、何でもかんでも上に言いつけるアラフォー女子、見受けられるものです。

 

「Aさんと一緒に仕事したい気が起きないでしょう!」

 

「おぉ~っと私のすべき仕事ではないですかです!」

 

「この仕事をBさんに委任するのは短絡すぎます!誰が何と言ってもこんなミスをしていたからです」

 

といわれるもの。

 

本来は個人個人で解消すべきことでも、上に指令るのです。

 

大型の組合だと、飲みの席で旦那の話題出たなどのちょっとしたことで「セクハラ!」「パワハラ!」など、ハラスメント対応受け付け窓口に駆け抜け込んだり……。

 

 

本当に行き詰っている人が上司や窓口に相談しにくくなると聞きますよ!

 

 

「対処法について」

ほっときましょう。

 

非人道的なことを上に言いつけていたとしても、正直なところどうなのか、上司の目にきてからというものもわかる。

 

この手の人は例外なしに仕事が不可能です。

 

クレームをつけて上にどんな手を使ってももらおう、というクライアント気分が先に立って、正義感がゼロの状態だからです。

 

まともな上司であるのなら彼女のそういった点は選別しているでしょう。

 

万が一真に好評を得る上司がいたら、1人1人にできることは淡々と内容を宣するだけです。

 

「ゴシップ大好きムラ社会のババア(おばさん)」

職場では円滑な情報の授受が何よりも肝要。

 

同僚と雑談を取り交わして良いインプレッション作りをするのも、成人のつとめです。

 

そうかと言って、あの、30分も1時間も立って話は、やりすぎでしょ。

 

リーダーが目の当たりにしてますよ。

 

それにもかかわらずその内容といったら

 

「Aさん(仮)、メインの仕事がお粗末なんだよね〜。こないだもこんなし損なっててさぁ…」

 

「□□課のB君とCさんって、デキてるんですってー!!」

 

はい、完全悪口とゴシップとなります。

 

さらにコイツたちは、その巧みな悪口コミュニティにより社内の女子に派閥を作ります。

 

そこであることないこと言い通して、自分の嫌いな人をハブにしたりサークルを作ったりと、コミュニティーを操ることに頭を使っています。

 

まるで会社が、旧態依然とした日本のムラ社会のよう・・・サポートしてよー!!

 

 

「対処法について」

彼女たちの友達に入ると、疑う余地もなく足を引き付けられます。

 

でも嫌われてしまうと、中傷をしてきたり悪口を広められたりして時間は取られる存在なのも確実。

 

ただ、社内の人間関係の機微を理解しているのも彼女たち。

 

ここは「A部長ってどういう人ですか?」

 

といわれるもの、社内のことを色々と聞いて重要視してるアピールに手を出すのが吉。悪口が起きないようにように、上手に距離をキープしてくださいね。

 

「子供が一番!ステージママこじらせ権利主張ババア」

育児と仕事の2足のわらじには憧れを抱くんだけど。

 

「子供が疾患だからお休みの日にします!」

 

「参観日ですので早退します!」も、これからの女子には揃えておかなければならないけど。

 

仕事を放置状態で休んで、お礼の言葉もないとか、「子供を迎えに足を運ばないといけないから、今すぐ書類提出して!」

 

と急に言って来るとか、周りにトラブルをかけすぎないでー!

 

「見て見て〜」とお願いしてもないにもかかわらず子供の写メを見せてこられても、本心を言えば興味あり得ないので!

 

 

「対処法について」

まずは、育児をしている女性のみなさんは大変なんだということはわかってあげましょう。

 

できる限り協力する姿勢を見せておかなければ、あなたがフィフティフィフティになったときに肩身が狭苦しいです。

 

その上で、「急にオファーがあってもできないことだって想定されるので、前もって伝えてください」ということをやんわり言っておくことによって安心できると思います。

 

「いつも具合が悪い・・・加齢に勝てないひ弱ババア」

ものすごくご多忙の時に突然「一週間休みの日にします」って!?

 

当たり前のように通院で早退しているけど・・・・大丈夫?

 

体調は気に病んでいるけど、あなたの仕事が丸ごとこっちに降り引き起こされてきてるんですが・・・。

 

来ると来たで顔色が劣悪だし、辛そうだし、言い辛いけど時を同じくして勤務したくないよー!

 

 

「対処法について」

アラフォーにもなると、若々しい時代に無理した人ほど身体を壊しがち。

 

年若き時代の活躍によってそれ相応のポストにあっても、身体にガタが来てしまって凄惨を極めた目にあっているアラフォー女子はいるものと言えます。

 

しかも自己イメージが過去のバリバリとできる自分で見受けられるため、ハードルが高すぎる仕事までバトンタッチされがちなのがこのタイプ。

 

このタイプが同僚ともなれば、自分に降りプラスされる前に先回りして仕事を横から奪い取ってしまいましょう。

 

一時的にあなたの負担の数が増大するかもしれませんが、問題なし。

 

このタイプのアラフォーババアは第三者の仕事を自分の手柄にする狡猾さに持っていないため、あなたの上司からの評判が引き揚げるだけです。

 

「仕事は優秀だけど傲慢!いつも機嫌最悪ピリピリババア」

ものすごく生き生きと仕事が行なえて、上司の覚えは素晴らしいのですが・・・

 

いつもアンビリーバブルなまでに機嫌の悪い40歳前後ババア、いませんか?

 

呼び掛けると睨む。溜め息をつく。

 

説明するといつも詰問アクセント。

 

仕事に大きな問題はないんだけど、一緒にいるとフラストレーション溜まるよ〜!

 

 

「対処法について」

正義の心が強く一生懸命な40歳前後女子に多いタイプです。

 

コミュニケーションが下手で損をかぶる可能性大であるのを、仕事の正確性と速さでカバーしてきたのでしょう。

 

正確さがなくても効率的に昇りつめていく周囲を見て、不満を募らせていることが多いです。

 

このタイプは懐に入ると救いの手を差し伸べてくれる存在であったりします。

 

また、頼られることも好きだったりしますので、わからないことを次から次へとお伺いを立てみましょう。

 

とは言っても下手な質問をすると逆に切れさせることだとも言えますので、いい加減な気持ちではコンタクトをとらないこと。

 

「イケメン男子には優しい!男好きなヒステリック女子」

仕事がバツグンにできて、コミュニケーション力も高く、上司の覚えめでたいアラフォー女子は、出世していくに違いありません。

 

そして出世したはいいものの・・・なんだか年齢とともにセンチメンタルになっているような・・・・?

 

気分にムラがあり、感情の悪い日は怒鳴り散らす。

 

女子には辛辣なのに、若々しい男子には優しい・・・

 

男性の上司とは異なってセクハラで訴えることもしづらいし。

 

言ってみれば、理不尽っ!

 

 

「対処法について」

非常にエモーションがあり、部下を誘ってお酒の席にもガンガン進んだりするタイプです。

 

仕事に感情を持ちこんでがちですが、今までそれで白旗を挙げたことがないため、特に本人も重大なと思っていません。

 

このタイプが上司だと辛い傾向もあるですが、原則的に上司。

 

色眼鏡で見ず、淡々と会社勤めするとともに、見当が付かないことは丁寧に聞く、指示されたことは率直にやる、に注意してましょう。

 

女だてらに出世コースをステップ、女性としての手数も人一倍よくわかっている上司です。

 

あなた方のがんばりはきっちりと見てくれていらっしゃると思いますよ。

 

「まるで姑かよ!?人の失敗や粗さが探し大好き小言女子」

・「ここ、印章が斜めとなってるわよ!」

・「お茶が薄すぎるのじゃないの!?」

・「スカートが短いわ!」

・「この調査報告書、書式が勘違いしてるわよ!」

 

お姑さんのように顕微鏡的なことまで口を出す40歳前後女性。

 

いいアイデアをくれることもあるけれど・・・大半は重要ではありませんから!

 

 

「対処法について」

そこそこ仕事はできるのに、想定したように出世できていないアラフォー女子がこうなることが多い。

 

満たされないプライドを、当事者以外を訓戒を垂れることによって満たそうとするのですが、身がある注意が成し得ることができないため「あら探し」になってしまうためです。

 

実際のところは聞き発信すればOK。

 

ただ、心に留めておきたいのはこのタイプ、本当にためになる小言も話し掛けてくるのです。

 

そのため、「また始まった……」とシカトしてばかりいると、あなたがひどい目に遭うことも。

 

注意されたときに「この文句、必要かしら?」と考える習慣を身につけましょう。

 

「厚顔無恥!?家計節約?銭ゲバおばさん」

都市伝説かと思っちゃいますが、存在していますよね・・・・

 

備品をチョロチョロと持って帰ってしまったり。

 

会社のウォーターレンタルサーバーから水筒に水を汲んだり。

 

交通費を遠回りで相談を持ちかけたり。

 

私的な買い物をどうにかして経費で取り除いたり。

 

本人は節約の心積もりでしょうが、立派な横領だということですねー!

 

お金をもらって会社勤めしているという作業がないため、仕事も水準に達していないなのがこのタイプです。

 

 

「対処法について」

具体的な証拠が見つけ出せれば、上司にそれとなく明らかにするのも手です。

 

職場の雰囲気によっては言い辛いことも考えられますから、あなたの名前が出ないように、キッチリとことを進めてもらうようにオーダーするのもいいでしょう。

 

素知らぬ振りをする手もありますが、明るみに出た時にあなたに責任がふりかからないかどうかはよく見つけ出すこと。

 

本人に直接アタックは回避してください。

 

のらくらとかわされるだけです。

 

 

 

意地悪な人の出現はあなたへのスピリチュアルメッセージかも!?

スピリチュアルな角度で考えてみると、前世で実習しきれなかったことが今世出ているケースがあります。

 

 

またご理解はいるはずのことも、無意識に影響を受けてやってしまっていることも存在する。

 

 

全ての事象は因果であり、自分の為だということを無視出来ません。

 

 

メンタリティが変化し始めたら、近辺の反応も著しく変わります。

 

 

すると例外なく全てが良い方向へ流れ作るのですが、それをまたあなた一人で投げ出してしまうことがあるのです

 

 

職場の意地悪な顔つきの人から受ける嫌がらせによって「忍耐力を付けろ!」

 

 

といったスピリチュアルメッセージかもしれません。

 

 

2件のコメント

  1. 更新ありがとうございます。
    意地悪な人って何処の世界にもいますよね(^-^)v

  2. まみちゃさん←
    コメントありがとうございます。
    みたいですね~~。
    私も意地悪な人に囲まれているので、お互いに頑張りましょう!!

ただいまコメントは受け付けていません。