アロマオイルの使い方は簡単!アロマ初心者に教える部屋での使用方法


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。





精油(エッセンシャルオイル)とは、花やハーブから放つ香り成分を抽出した「液体」を指し、「上等の石油」とも言われています。

 

現在では精油(エッセンシャルオイル)は専門店や通販で手軽に購入でき、わたしたちの身近になっています。

 

その薬効(効能)は医学的に証明され、治療にも利用されます。

 

しかし、アロマ精油を初心者が部屋で使うに当たって、何を準備したらよいのか?

 

 

わからないと思います。

 

そこでアロマ精油の初心者が部屋でアロマテラピーするにあたり、用意すべきなのは「道具・本・精油」の3点アイテムです。

 

 

 

アロマオイルの使い方は簡単!初心者の部屋での使用方法

コレが人気!アロマ精油の初心者が部屋で使う「道具・本・精油」

①:まずアロマ初心者は興味のある香りを知っておこう!

 

 

「第1位 フレッシュな柑橘系」

蜜柑(ミカン)やグレープフルーツなどのフルーティーな香りが特徴的な精油。

アロマを利用したことない人には特に初心者にオススメされています。

チェックする >>>「柑橘系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第2位 上品なフローラル系」

ラベンダーやバラ(ローズ)の香りなど、比較的に芳香剤としても利用されるほど。

私たちの身近な香りでもあり、馴染みやすいと言われています。

チェックする >>>「フローラル系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第3位 爽やかなハーブ系」

ペパーミントなどのような草木や新鮮な葉っぱのような爽やかな香りが特徴的なアロマオイル。

なので比較的に初心者向けです。

女性だけでなく、男性にも好まれているアロマオイルの一つです。

チェックする >>>「ハーブ系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第4位 中毒性のあるスパイス系」

ジンジャーやシナモンなどの私たちの生活の身近にある香り。

ですが、個性が強いため好みがハッキリわかれてしまう香りです。

逆を言えば、非常に中毒性のある香りとして評価されています。

チェックする >>>「スパイス系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第5位 森林をイメージさせる樹木系」

ティーツリーやユーカリなど樹木から抽出できる精油成分

なので、爽やかな香りもあります。

一方でスパイシーで辛い精油もあるので「当たり」と「ハズレ」が大きい。

チェックする >>>「樹木系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第6位 エキゾチックなオリエンタル系」

イランイランやサンダルウッドなどの中東を思わせるようなスパイシー。

なのでエキゾチックな香りが特徴的な香り。

好みが分かれるとの口コミが多数寄せられています。

チェックする >>>「オリエンタル系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

「第7位 懐かしさをイメージさせる樹脂系」

フランキンセンスやミルラなどの日頃から馴染みのない香りが多い。

アロマオイル上級者向けと言った意見が多く寄せられている香りです。

チェックする >>>「樹脂系の精油(エッセンシャルアロマオイル)一覧」

 

 

 

コレが人気!アロマ精油の初心者が部屋で使う「道具・本・精油」

②:次にアロマを部屋で使うアロマディフューザーを用意

 

 

まずアロマ精油の初心者が用意すべきなのは道具「アロマディフューザー」

 

これがないとアロマテラピーすることもできません。

 

精油(エッセンシャルアロマオイル)を部屋で使うにあたって、必ず用意すべき道具。

 

ですが、いったい何を買ったらよいのか?

 

現在、簡単に部屋で使えるオススメされる人気の道具「アロマディフューザー」はこちら。

アロマ精油が初心者の人は、部屋で簡単にアロマテラピーを楽しむにあたって、どんなメリットがあるか確認しておきましょう。

 

精油の種類によって効能は異なります。

 

ですが、道具「アロマディフューザー」を利用して部屋で行うアロマテラピーのメリットは下記になります。

 

 

イライラした精神を鎮静させ、心をリラックスさせてストレスを解消する

 

化粧水に混ぜて、ニキビや吹き出物、乾燥肌などの肌トラブルを解消

 

習慣的になった寝つきの悪さや治りにくい不眠症を改善する

 

しつこい便秘解消や冷え性改善などの健康サポート

 

目元のシワ、ほうれい線、頬のタルミなどによる老化肌

 

 

 

コレが人気!アロマ精油の初心者が部屋で使う「道具・本・精油」

③:アロマ初心者はブレンドアロマを部屋で使うのが良い

 

健康維のために、野菜や果物(フルーツ)を摂取。

 

女性が肌に栄養を与えるために保湿クリームや化粧水などでスキンケアをします。

 

それと同じで私たち人間の心にも栄養を与える必要で、これがメンタルケアともいわれています。

 

現在では多くの人が芳香浴に楽しんでいます。

 

中でもアロマ精油の初心者が部屋で試すべき精油はとして、こちらの精油が初心者向けと人気です。

 

 

 

コレが人気!アロマ精油の初心者が部屋で使う「道具・本・精油」

④:アロマ初心者は本で使い方を学ぶのもオススメ!

 

古くからハーブは外傷などの治療に利用されました。

 

医学の進歩につれてハーブの芳香成分が「メンタルケア、ボディケア、フェイスケア」に役立つことが本でも証明されています。

 

後にアロマディフューザーを利用した芳香浴による治療「アロマテラピー(自然芳香治療)」が一般的になりました。

 

そこでアロマ精油の初心者が部屋で学ぶべき人気の「オススメ本」はこちら。

こちらの本に書いてあるように精油(エッセンシャルアロマオイル)の種類によって「肌荒れ対策用の精油」や「ストレス解消」など使用用途が違います。

 

また部屋で道具を使いアロマテラピーしながら、こちらの本で勉強するのも効果的との意見も寄せられています。

 

 

どうやって使うのが正解?正しいアロマオイルの使い方


キャップをはずすと、ドロッパーと言われている1滴ずつ出る構造でもあります。

 

内側にあるプラスティックを外さないで、そっくりそのままコンスタントに傾け、1滴刻みで出します。

 

精油の濃度に影響を受けて、そんな簡単には出ないものやポタポタと零れ落ちてくるものが見受けられますから出す時は気を配って。

 

 

1滴およそ0.05mlとなっていてます。

 

 

5mlサイズのもので約100滴、10ml容積でしたら約200滴分混入されています。

 

 

お好みに合わせて香りを調節していきましょう。

 

 

上記のように精油(エッセンシャルオイル)やアロマオイルには様々な効果がありますし、種類によっても効果は様々です。

 

まずは、アロマ初心者が部屋で使うべきオススメの人気「道具・本・精油」を試してみるのも有効です。

 

 

「キャリアオイル」として簡単に使う方法も紹介します。

たとえば、肩が凝って辛いの~という場合、精油のローズマリーはコリをほぐしてくれる効能効果が想定されます。

 

しかし、精油そのものは皮膚に直接塗ることが不可能ですのでキャリアオイル(ベースオイル)で、希釈(きしゃく)しているわけです。

 

ここで、留意しなければいけないことは、容量を厳守するといった経緯。

 

精油(エッセンシャルアロマオイル)は体に良い効き目が見込めますが、量を誤ると、有害物質にも変容したりします。

 

 

「キャリアオイル10mlに比較して精油1~2滴まで」精油を入れすぎた場合キャリアオイルを増加させます。

 

 

活用したい分だけ作成しましょう。

 

 

その精油を希釈する基材として取り入れられるのが、植物から抽出したキャリアオイル(植物油)です。

 

「3つの効果的なキャリアオイルとは?」

種類はさまざまありますが、すべての肌質に適ったものとして、アプリコットカーネルオイル・スイートアーモンドオイル・ホホバオイルが存在します。

 

「アプリコットカーネルオイル」

浸透性に優れており、抜群の保湿効果の働きを示してくれます。

 

キメの細かい肌触りで軽くサラサラした使用感です。

 

フェイシャルトリートメントとしても最も良い方法です。

 

 

「スイートアーモンドオイル」

粘性があり、じわじわと浸透するので作用は落ち着いています。

 

炎症を抑制したり、肌の保湿にすぐれており、敏感肌や小さい子のケアには単品(精油を使用しなくてよい)で使うのが望ましいです。

 

 

「ホホバオイル」

肌質を選ばない実用性に優れているワックスです。

 

低温でガチガチに固まってしまいますが、常温で液体に立ち戻ります。

 

シルクのように滑らかな感触で単品でも利便性に優れています。

 

フェイシャルからヘアケアまで広範囲で活用することができます。

 

開封後は4ヵ月を目安に使いきりましょう。

 

頭皮にすり込んでからシャンプーすれば育毛効果があり、髪につやもでるというデータがあります。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。