アロマの香りノートを解説!香水やローズマリーのベースノートって?


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





精油「エッセンシャルアロマオイル」にはそれぞれ香りが揮発する速度が違います。

 

この香りの揮発速度のことを私たちが日常的に使用する香水などで、よく使われる呼び方で「ノート(精油のアロマノート)」といいます。

 

ノートの違うアロマオイルをブレンドすることで、香りがいつまでも持続。

 

バランス良く楽しむことができます。

 

では、精油「エッセンシャルアロマオイル」に関する3種類の香りノート(揮発速度)とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

精油の香りに関する3つのアロマノート(揮発性)とは?

精油オイルの3つのアロマノート(揮発性)とは?香りの持続

香りののアロマノートには速度ごとに分けることができます。

 

 

これは「トップノート」、「ミドルノート」、「ベースノート」の3種類に分けられています。

 

 

アロマオイルをブレンドし、アロマテラピー・芳香浴で利用する際にはそれぞれの相性があります。

 

これがアロマオイルをブレンドの作り方として利用する場合に重要です。

 

下記に3つのアロマの香りノートを紹介していきます。

 

 

トップノートのアロマの香り(精油の揮発速度)

 

香りの揮発速度が他のアロマオイルの香りよりも比較的早い成分が含まれています。

 

精油をブレンドした場合、まず一番早くに香りがたちます。

 

しかし、揮発速度が速い分、他の精油(エッセシャルアロマオイル)の香りよりも持続性がありません。

 

「ミドルノートやベースノート」の揮発速度の精油とブレンドすることでいつまでも香りを楽しむことができます。

 

 

ミドルノートのアロマの香り(精油の揮発速度)

 

ミドルノートは揮発速度が中程度のもの。

 

アロマオイルブレンドとしての作り方をする際はトップノートに続いて現れやすい香りが特徴のアロマオイルを指します。

 

 

これによって全体的なアロマテラピーにおける香りの印象が決まっていくとも言われています。

 

ノートが中程度なので、比較的シングルとしてもアロマオイルブレンドにしても十分に楽しむことができます。

 

3種類のアロマノートの中で最もバランスが取れている精油です。

 

 

ベースノートのアロマの香り(精油の揮発速度)

 

揮発速度が一番ゆっくりしている精油成分を指します。

 

 

そして、時間がたつとゆっくりとほのかに香るのが特徴。

 

 

数時間以上も香りを持続することができます。

 

 

アロマテラピーや芳香浴でブレンドとして人気を集めていることの多い精油です。

 

場合は、ノート(揮発速度)が速い「トップノート・ミドルノート」などの精油(エッセンシャルアロマオイル)と相性が良いです。

 

いつまでも香りを長持ちさせてくれる特徴があります。

 

 

 

精油が使われている「香水」のベースノートって?

香水は、日本語では「香水」のという1つであるネーミングしかがありません。

 

ですが、フランスでは、パルファムやオードトワレ、オーデコロンなどと呼び区別されています。

 

「香水の種類」して継続時間や濃度の数値にかなりの差が開いたことがわかります。

 

下記は「一つの目安」程度に理解していただければと思います。

 

 

「オーデコロン」

香りの継続時間は「1時間~2時間」程度。

ちょっとだけにライトに香るのでシャワーテイストで。

 

 

「オーデトワレ(オードトワレ)」

香りの継続時間は「2時間~5時間」程度。

数時間で僅かばかり香りが残っている。常日頃から実用性に優れている濃度かも

 

 

「パルファン(パルファム)」

香りの継続時間は「5時間~12時間」程度。

濃度が高レベルなため少量で効き目がある。価格を割高にプロデュースする製造元が多い。

 

 

「オーデパルファン(オードパルファン)」

香りの継続時間は「5時間~12時間」程度。

パルファンから近い濃度ながらも価格を控え目にしている商品が多い。

 

 

 

このように精油成分を使用している香水には、香りの持続性があります。

 

その日の気分によって使い分けるのもいいでしょう。

 

では下記にはローズマリーなどの精油に関する香りノートを紹介していきます。

 

 

ローズマリーのベースノートとその他のアロマノート一覧

精油オイルの3つのアロマノート(揮発性)とは?香りの持続

「ローズマリーのアロマノート」

 

スパイシーな香りとハーブのような新鮮な香りが特徴的なローズマリーの精油はミドルノートです。

また、ペパーミントなどの精油と相性が良いです。

 

 

「ラベンダーのアロマノート」

 

フローラで上品な香りが楽しめる、ラベンダーの精油のノート(揮発速度)はミドルノート~トップノートです。

また、ローズやレモングラスなどの精油と相性が良いと言われています。

 

 

 

「サンダルウッドのアロマノート」

 

白檀のような甘い香りが楽しめるサンダルウッドのノートはベースノートで、多くの人に親しまれています。

また、イライラなどの精油と相性が良いと言われており、ブレンドにも利用されています。

 

 

「ゼラニウムのアロマノート」

 

薔薇(ローズ)よりも甘く、上品でフローラルな香りが楽しめるゼラニウムのノートは「ミドルノート」です。

また、レモングラスやラベンダーの精油と特に相性が良いと言われており、人気のある香りの一つです。

 

 

「イランイランのアロマノート」

 

中東をイメージさせるようなエキゾチックで甘い香りが楽しめるイランイランの香りは「ミドルノート」~「ベースノート」です。

また、サンダルウッドなどの精油と相性が良いと言われており、催淫作用があることから多くのカップルが愛用しているアロマでもあります。

 

 

「バニラのアロマノート」

 

お菓子の香料として利用されている、甘い香りが楽しめるバニラのアロマノートは「ベースノート」です。

また、イランイランやサンダルウッドなどの香りやローズの精油など、幅広くブレンドが楽しめる香りの一つでもあります。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。