アロマテラピーの危険性と注意点!精油の副作用が肝臓に有害で禁忌

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



インターネット通販や専門店で購入した精油(エッセンシャルオイル)・アロマオイルの商品でも注意点があります。

 

例えば、直接肌に触れるときは、必ず薄める。

 

精油「エッセンシャルアロマオイル」は有効成分が凝縮されており、天然成分といえど原液は肌に直接使うには、刺激が強すぎてしまいます。

 

なので、直接肌に使用する際は必ず薄めましょう。

 

このようにアロマテラピーには危険性と注意点がありので、理解することが重要です。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

アロマテラピーがアレルギー症状や副作用への禁忌になる

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

現在、基本的な利用ではアロマテラピーによる副作用は報告されていません。

 

 

しかし花粉症と同じで「肌の痒み、鼻水、目の痒み」など精油を利用したアロマテラピーにも、精油に対するアレルギー症状もゼロではありません。

 

 

精油といっても、ハーブの成分を濃縮しているので、アレルギー症状に効果的な精油もあります。

 

 

ですが、逆にアレルギー反応を引き起こす精油もあります。

 

 

もちろん体質のよって個人差があるので同じ精油を使っても「大丈夫な人」と「アレルギー反応」出る人もいます。

 

 

特に、カモミールやマリーゴールドなどのキク科の精油はアレルギー反応を起こす人が少なからずいます。

 

 

基本的にアロマテラピーとして利用のであれば、よほどの事でなければアレルギー反応が出ることはありません。

 

 

逆にアレルギーに効果的なアロマオイルもあります。

 

注意しなければいけないことは、化粧水として肌につける際のみはパッチテストを必ずしましょう。

 

 

 

過度なアロマテラピーは肝臓に有害で副作用を齎す禁忌に

健康を目標にしたビタミン類でも脂溶性成分というのは過剰摂取を避けることが大切だと考えます。

 

 

お酒を取りすぎたら肝臓に有害でダメージを齎すのは誰もが知ることです。

 

 

精油もまた、高濃度で継続使用おこなうことは、肝臓や腎臓の代謝に負荷を負わせることが考えられます。

 

 

臓器の代謝能力は人それぞれで異なります。

 

残念な事にエキスパートのアロマセラピストの中に於いても、精油を日々仕事で活用していく中でアレルギーが降りかかってしまった人はわずかではないのです。

 

 

花粉症同様に、24時間利用するといった過度な楽しむ方法はいつの間にやら貯まったものが肝臓へ負担になることも。

 

 

 

過剰摂取は禁忌!アロマオイルや精油を使用する注意点

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

精油やアロマオイルを使用する際に、過剰摂取は特に危険ですし、特に肌につける際は注意が必要です。

 

具体的なアロマオイルを薄める比率としては、1%以下を目安にします。

 

 

例えば「1滴のアロマオイル(約0.05ml)に対し、5mlの液体で、薄めていきます。

 

 

敏感肌の人や、ちょっと刺激が強いと感じる方は、もっと薄めるか、使用を控えてください。

 

 

また、アロマディフューザーを利用した芳香浴をする際、特に妊婦(妊娠中)は注意が必要です。

 

 

なるべく刺激の少ない精油(エッセンシャルアロマオイル)に使いましょう。

 

 

 

禁忌です!アロマオイルや精油を飲用するのは危険です

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

精油の元であるハーブを抽出した飲み物(ハーブティー)があります。

 

 

しかし、基本的にアロマオイルは飲用目的として生成されていないので、基本的に飲用は避けてください。

 

 

また、3歳以下の乳幼児への使用は副作用の可能性もあるので控えましょう。

 

 

12歳以下のお子さんに使用する場合は、普段使用している精油の半分くらい薄めて利用した方が安全。

 

これは芳香浴として利用する際も同じ。

 

 

妊婦(妊娠中)や小さなお子さんがいる方は刺激の少ない精油(アロマ・エッセンシャルオイル)を使用するよう心がけましょう。

 

 

アロマテラピーが妊娠中や犬や猫(ペット)に副作用を!

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

一般的に精油(エッセンシャルアロマオイル)をアロマテラピーとして利用するのは、なんの問題もなく、安全に使用できると言われています。

 

 

しかし、妊娠中は注意が必要で必ずしも厳禁と言うわけではない。

 

 

ですがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もゼロではありませんが注意が必要です。

 

 

精油によっては子宮を収縮してしまう作用もあり、妊娠中(妊婦)は精油の注意点をしっかりと確認しましょう。

 

 

自宅で飼われている猫や犬などのペットへの使用も基本的には控えたほうが良いと言われ、人間とペット(犬や猫)は体の構造が違います。

 

 

精油によっては、ペット(犬や猫)に副作用をもたらすことも。

 

運動失調や筋肉の震え

抑うつ状態による異常行動

嘔吐

めまい

失禁

食欲の減退による活力喪失

 

これらの症状を引き起こす可能性があります。

 

妊娠中やペット(犬や猫)への使用は必ず禁止と言うわけではないですが「極力避けた方が良い」という専門家の意見が多数寄せられています。

 

 

 

光毒性のある精油やアロマオイルが手に触れたら洗おう

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

精油やアロマオイルには光毒性を持つ香りがあります。

 

光毒性とは光刺激(紫外線)によって皮膚がアレルギー反応を起こす副作用で直射日光が当たることによって皮膚に悪影響を及ぼす成分。

 

 

一般的に、光毒性があるとして知られているのが、「ベルガモット、グレープフルーツ、レモン」などのいわゆる柑橘性の香りです。

 

 

特に妊婦(妊娠中)や小さなお子様は精油(エッセンシャルアロマオイル)を使用した際は、2時間程度は外出を避けましょう。

 

 

 

精油やアロマオイルを保存する際はガラス瓶がおすすめ

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット

アロマオイルは「日光、温度、湿度、酸素」などによる影響を受けやすい。

 

なので、品質や香りの劣化を防ぐ効果も含めて、ガラス瓶でアロマオイルを保存しましょう。

 

保存場所として、直射日光はなるべく避け、風通しのいい冷暗所が最適です。

 

他にもアロマオイルは湿気などにも弱く、成分が劣化してしまうことがあります。

 

バスルームなどの保存場所もおすすめできません。

 

 

アロマオイルや精油の保存期間は1年を目安です。

アロマテラピーの危険性と注意点!妊娠中は?猫やペット精油の品質保存維持期間は、未開封の場合は製造から5程度、開封した後は約1年を目安にしましょう。

 

特に柑橘系の香りは半年くらいが保存期間です。

 

この保存期間に関しては、購入したアロマオイルに記載されているので、よく確認してみましょう。

 

アロマオイルの品質を確かめたい場合は、ティッシュペーパーなどに1滴たらし、色や香りを確かめてみましょう。

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?