精油の選び方を紹介!アロマオイル販売店メーカーを比較します


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。





アロマオイルは通販などで購入でき、ポイントとして天然の精油(エッセンシャルオイル)がおすすめです。

 

オススメな精油の香り選び方と信頼できるアロマメーカーを知り、正しい選び方や購入方法を確認しましょう。

 

「精油名、学名、原産地、抽出方法、使用されている部位」などをチェックすることで、比較的見間違えは少なくなると思います。

 

基本的に、輸入元や製造元をしっかりと明記されているか?

 

チェックして購入すると良いでしょう。

 

 

 

絶対に失敗しない香りはコレ!精油アロマオイルの選び方

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

「柑橘系のアロマオイルは初心者にオススメ」

 

オレンジスイートやグレープフルーツなどのフルーティーな香りが楽しめる柑橘系の香りは、絶対にハズレなし。

 

万人に好かれる香りとも言われており、アロマオイル初心者は、まずはこの柑橘系の香り試してみると良いでしょう。

 

しかし、どの精油も似たような香りという難点もあります。

 

ですが、一般的にオススメされる人気な精油の香り選び方として専門家にも推奨されています。

 

 

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

「フローラル系のアロマオイルは優雅な気分に」

 

ラベンダーやローズなど、芳香剤としても楽しまれており、比較的に私たちの身近に感じられるアロマオイルの香りでもあります。

 

芳香剤よりもナチュラルな香りが楽しめる。

 

なので、柑橘系と同じくらいアロマオイル初心者にオススメされています。

 

通販店(アロマメーカー)や商品によっては、芳香剤のような安っぽい香りが存在しているにも事実です。

 

 

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

「ハーブ系のアロマオイルは爽やかな気分に」

 

ペパーミントやローズマリーなどの爽やかで新鮮な草木の香りが楽しめる精油の一つでもあります。

 

殺菌作用もあることからストレス解消や不眠症改善。

 

それだけでなく、部屋の浄化にも利用されることが多くあります。

 

しかし、ハーブ系の精油の香りは幅広く存在するために、中にはまったく馴染みのない香りがあることも事実です。

 

 

 

精油の選び方を紹介!アロマオイル販売店メーカーを比較

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

 

 

「生活(せいかつ)の木」

多くのアロマテラピストが利用している、精油やハーブティーの専門店。

 

品質や香りも文句なしで、一番有名な精油(エッセンシャルアロマオイル)の専門店です。

 

同じ精油でも生活の木の通販店で購入するアロマオイルや精油の香りは上品。

 

なでで、心が癒されるとの意見も多数あります。

 

 

「アロマスフール」

アロマスフールは、精油(エッセンシャルアロマオイル)の香りだけでなく、愛用者のを気遣い体に低刺激で優しい品質が特徴です。

 

体に負担を掛けずに、精油でアロマテラピーを楽しみたいという多くの女性に人気。

 

 

価格もリーズナブルなところも人気の理由の一つでもあります。

 

 

「シナジーアロマオイル」

商品の価格もリーズナブルなので、複数の精油を購入することができます。

 

初めて通販店で購入する初心者向きでもあります。

 

運気の向上など風水的にも効果があり、価格もリーズナブルなことから多くの口コミも寄せられています。

 

「届くまで香りがわからないので、低価格で失敗しても良い精油(エッセンシャルアロマオイル)が欲しい」という人向けです。

 

 

 

エッセンシャルアロマオイルの入れ物にも注意して購入

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

入れ物(ビンなど)が遮光性のガラスビンであるかも確認するのも重要です。

 

 

ビンの口に精油(エッセンシャルアロマオイル)を垂らす量を調節するため、ドロッパー付いているとブレンドしたときや香りの強弱の調整などに便利です。

 

 

また、入れ物には1度蓋フタを開ける密閉型タイプ。

 

押してから回さないと開かないセイフティーキャップが使われているタイプの選び方をすると良いでしょう。

 

 

 

精油(エッセンシャルアロマオイル)の3つの使い方とは

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

「アロマディフューザーによるアロマテラピー(芳香浴)」

 

 

一般的なアロマオイルや精油の使い方ですが、下記のような「アロマディフューザー」を利用します。

 

 

これに、お水を入れて、精油もしくはアロマオイルを数滴垂らします。

 

 

蒸気と一緒に精油(エッセンシャルアロマオイル)の成分を体内に取りいれるという方法です。

 

これには「ストレス解消や不眠症改善」など、主にメンタルケアに利用されております。

 

近年では鬱病の治療サポートにも使われています。

 

 

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

「浮腫みや美肌に効果的なボディローションに」

 

精油を化粧水や精製水に混ぜで、ボディローションやフェイス化粧水などに利用する方法もあります。

 

一般的に、美容目的として利用されており、リンパを促すボディマッサージに利用されることもあります。

 

精油によっては美肌効果もあります。

 

「ニキビ肌荒れ」や「肌のシワによる老化肌」に利用されており、肌荒れ~アンチエイジングまで幅広い利用法です。

 

 

「玄関や部屋をイイ香りにするルームミストに」

 

精油や水道水に精油(エッセンシャルアロマオイル)を混ぜて、部屋スプレーとして利用する人もいます。

 

もちろん、アロマテラピー(芳香浴)でも香りが楽しめます。

 

ですが、部屋スプレーとして利用することで即効性があり、部屋の中をすぐにアロマの香りにします。

 

精油によっては殺菌作用があり、風水的にも部屋を清潔にして運気を向上させる効果があるとも言われています。

 

 

 

好きなエッセンシャルアロマオイルの選び方と購入方法

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー

アロマテラピーで重要なのが、自分好みの香りである精油(エッセンシャルアロマオイル)を見つけられるか?です。

 

 

まず自分が好きな香りを見つけるようにしましょう。

 

最初は比較的初心者の方でも抵抗なく楽しめる「レモングラス」、「レモン」、「オレンジスイート」などの柑橘系の香りがあります。

 

また「ラベンダー」、「ローズ」などのフローラル系の香りを選ぶと比較的抵抗はなく、アロマテラピーが楽しめます。

 

上記の香りはアロマ初心者の方にオススメされています。

 

 

 

エッセンシャルオイルのブレンドに役立つ正しい選び方

これがオススメ!精油の香り選び方と信頼できる3つのアロマメーカー
自分の好きな香りがわかり、その香りの傾向などが見えてきたら、今度はアロマオイルをブレンド。

 

 

ブレンドアロマテラピーにチャレンジしてみましょう。

 

 

しかし、エッセンシャルオイルをブレンドする際は、初めの方(初心者)には難しいかもしれません。

 

 

同じジャンルの香りタイプに属する精油「エッセンシャルアロマオイル」をブレンドすると選び方であれば、比較的精油成分が調和しやすく比較的失敗しにくいです。

 

 

慣れたら「柑橘系のアロマオイル」+「フローラル系のアロマオイル」など違うジャンル同士の香りをブレンドの選び方をすればアロマの世界を広げられます。

 

 

1つのアロマオイルを使い続けても効果は限られ、自分好みの香りが楽しむことができないという人もいます。

 

 

複数のアロマオイルの種類を増やすことで、アロマテラピーによる効果が上がり「自分だけの香りを楽しみたい方」などに最適です。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。