ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンドは?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は5 分で簡単に読めます



古くからメディカルアロマに利用されているハーブ。

 

この花の名前はギリシャ語で「地面のリンゴ」を意味しています。

 

ヨーロッパでは常飲されており、体を芯から温める効果があることで「子供の風邪予防」などに普段からハーブティーとして常飲されます。

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

 

ジャーマンカモミール精油の色は?精油は値段が高い?

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

 

「ジャーマンカモミールの精油の色は何色なの?」

ジャーマン・カモミールの精油は濃い青色です。

 

また精油(エッセンシャルアロマオイル)だけでなくハーブティーでは非常に人気が高く、多くの女性に利用されています。

 

ローマン・カモミールと似た効能を持ち、精油の主要成分であるカマズレンは、カモミール・ジャーマンの特徴成分でもあります。

 

この有効成分「カマズレン」による薬効は抗炎症作用と抗アレルギー作用が特徴で精油の色は濃い青色をしています。

 

そして、カモミール・ジャーマンは近くに植えてある植物の病気を治す働きもあると言われ、古くから青色の精油は治療サポートにも利用されてきました。

 

 

「ジャーマンカモミールの精油の値段は高い?」

一般的にカモミールの精油の価格は10mlで「8千円~2万3千円」くらいが相場です。

 

これはカモミールの精油が500kgの原料から1kg程度しか得られないので高価になります。

 

カモミールのような高い価格な精油は、希少種または採油率が低いという理由です。

 

つまり「希少性・採油率・優れた効能」これらを踏まえると妥当な価格になります。

 

 

 

「ジャーマンカモミールの精油」の効果的な使い方とは

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

使い方①:「アロマテラピー(芳香浴)に」

 

ジャーマンカモミールの精油を効果的に利用する方法として、お使いのディフューザーに精油を3~7滴ほど加えて、芳香浴するのが一般的です。

 

精油成分には緊張や心配などで高揚した精神を鎮静化させて心を落ち着かせる効果があります。

 

これによってリラックス効果が期待でき、緊張や心配により「不眠症や寝つきの悪さ」にも効果があります。

 

また、ハーブティーと同様で、生理症状を緩和する効果があり、生理痛や気分のムラを落ち着かせてくれます。

 

 

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

使い方②:「ボディローションやお風呂に」

 

精製水またはお使いの化粧水に2滴~4滴ほど馴染ませて、ボディローションとして利用する方法があります。

 

ポイントとしては、毛穴が開いて肌が柔らかくなっているお風呂上りなどに利用すると肌への浸透率が上がり、効果的です。

 

またジャーマンカモミールの精油には身体を心から温める作用があり、多くの女性を悩ませる「冷え性や末端冷え性」に効果が期待できます。

 

近年では、お風呂に数滴垂らす愛用者も多くおり、ジャーマンカモミールの香りを楽しみながら入浴を楽しむ人もいます。

 

 

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

使い方③:「自宅で手作り化粧水にも」

 

ご自宅の化粧水または精製水に精油を2~3滴ほど加え手作り化粧水に利用する方法もあります。

 

ジャーマンカモミールの精油には、抗炎症作用もあることから、ニキビの炎症を沈める効果があります。

 

またアトピーやアレルギー肌などのトラブルにも効果的で、肌の炎症を抑えてきれいにする効果があります。

 

抗ウィルス作用があることから、アクネ菌などの細菌にも耐性をつけると専門家に言われています。

 

 

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

備考について:「精油を利用する注意点」

 

ジャーマンカモミールの精油に限らず、精油を肌に使用する際に、必ずパッチテストを心掛けましょう。

 

精製水を利用した手作り化粧水には賞味期限があります。

 

精製水が腐る可能性もあるので、なるべく1週間~2週間以内に使いきるようにしましょう。

 

または無水エタノールやアルコールなどの防腐剤を加えても有効ですが、必ず冷蔵庫などの冷暗所に保存しましょう。

 

 

 

ジャーマンカモミール精油と相性の良いブレンドとは?

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

一般的にジャーマンカモミールと相性が良く、ブレンドにオススメされている精油は下記になります。

 

イランイラン

ゼラニウム

ベルガモット

マジョラムスイート

ラベンダー

レモン

ローズ

 

古くから、ジャーマン・カモミールには抗炎症作用、抗ウィルス作用があることから、民間療法として利用されてきました。

 

その薬効の高さからメディアハーブ(薬草)ともいわれるほど、信頼されているハーブでもあり、多くの治療に役立ってきました。

精油成分には「気持ちをお落ち着かせてリラックスさせる効果」があることから、不眠症やストレス解消に役立ちます。

 

これが、精油(エッセンシャルアロマオイル)が人気の理由です。

 

近年ではアロマテラピーとしてだけでなく、ハーブティーにも利用されており、生理痛や冷え性対策にも利用されています。

 

 

 

魅力的!ジャーマンカモミール(カミツレ)精油オイルのアロマ効果

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

「心への効果」

「イライラやストレス解消に」

ジャーマン・カモミールの精油、アロマオイルには安らぎを与え「イライラ、ストレス」などの高ぶった精神を鎮め、リラックスさせます。

また、このハーブはこぼれ種で増える1年草で、その甘い香りハーブティーにも利用されています。

 

 

「緊張や心配の緩和に」

ジャーマンカモミールの精油の効能には「リラックス効果」があり、心配や緊張を鎮め、それに伴う不眠症にも有効です。

実は、古くから近くに植えてある草木の病気を治すことから「植物のお医者さん」とも呼ばれ親しまれます。

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

「体への効果」

「更年期障害の改善に」

ジャーマン・カモミールの精油(アロマオイル)には関節の痛みを和らげるだけでなく、更年期症状を改善します。

これが、40代の女性にも口コミで人気を集めている香りの一つです、今では年齢問わず多くの方に愛用されています。

 

 

「切り傷の治癒力を高める」

切り傷の治癒力を高め、虫刺されにも有効なことから、夏場などのアロマテラピーとしても利用している愛用者も多くいます。

また、精油の色は濃い青色をしており、これはジャーマン・カモミールの精油成分(カマレズン)によるものだと考えられています。

 

 

「多くの作用が感染症予防に」

この「カマレズン」の効能は殺菌作用や抗炎症作用、抗ウィルス作用があり、抗アレルギーにも有効で、感染症予防にもなります。

さらに、消化促進作用もあることかで、古代では病気の治療などに幅広く利用されます。

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

「肌への効果」

「ニキビや肌荒れに」

抗炎症作用があり、ニキビ、肌荒れを改善するほか、ジャーマンカモミールには明るい色の髪を輝かせ、美しくする効果があります。

このことから、長年シャンプーの原料に配合されているほど、古くから多くの人に愛用される精油でもあります。

 

「生理やPMSの症状に」

ニキビ、肌荒れなどの肌トラブル~更年期障害だけでなく、生理痛など幅広い効果が期待でき、女性に人気ハーブです。

別名「マザーリーフ」と呼ばれ、ハーブティーや精油を利用した芳香浴も人気です。

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

またジャーマンカモミールはアトピー性皮膚炎を改善する効果もあります。

 

ジャーマンカモミールのカマズレン成分がアトピー性皮膚炎に効果的

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

ジャーマンカモミールの精油(エッセンシャルアロマオイル)はアトピー性皮膚炎に効果的です。

 

これは有効成分「カマズレン」に抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、アトピーやアレルギー肌の改善に効果があります。

 

 

以前まではアロマテラピーとして、ストレス解消や不眠症改善などに利用されてきたジャーマンカモミールの精油です。

 

 

近年の研究では、カマズレン成分の有効性が肌への効果もあることが報告されました。

 

 

このことから化粧水や精製水に混ぜて体に利用することで、アトピー性皮膚炎やアレルギー肌など「痒み、湿疹、かぶれ」などの肌トラブルにも有効です。

 

 

他にも、お風呂に精油を数滴垂らして、利用する愛用者も増えており、成人だけでなく、赤ちゃんなどの肌が弱い症状にも利用されています。

 

 

 

どんな香り?ジャーマン・カモミールの精油成分の香り

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

「ジャーマン・カモミールってどんな香りなんだろう?」

 

疑問に思いますよね?

 

基本的にジャーマン・カモミールは濃厚な甘い香りを持ち、よく「優しいリンゴ風味」と表現をされる芳香です。

 

しかし「あくまでもリンゴのような香り」であることから、フルーティーな林檎を連想してしまうとイメージと違うことも。

 

 

つまりカモミールの香りはフローラルな花の香りをメインに、うっすらとリンゴを連想させるような香りが混じる程度と考えた方が良いでしょう。

 

 

では、いったいどんな成分なのでしょうか?

 

次に成分について知っていきましょう。

 

「ジャーマンカモミールの精油オイル」の詳細

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

学名 Matricaria chamomilla
科名 キク科
原産国 フランス、ドイツ、モロッコ、エジプト
採取方法 花の水蒸気蒸留法
香りタイプ フローラル系
香りの特徴 甘くほのかにスパイシーで、ローマンカモミールよりも優しくまろやかな香りが印象的な精油です。
ノート ミドルノート
作用まとめ 抗炎症、抗ウィルス、鎮痛、鎮静、消化促進、うっ血、血圧降下、強壮、女性ホルモン様
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、ゼラニウム、ベルガモット、マジョラムスイート、ラベンダー、レモン、ローズ

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

カモミールジャーマンの精油を生活の木で購入した口コミ

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

 

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

 東京都_20代_会社員_Aさん

 

肌が荒れやすい体質で、今月になってから顔の7個くらい大きなニキビが出来ています。

 

母も更年期障害で、日によって気分にムラがあったり、精神的に不安定な日々が続いています。

 

3歳になる息子がいるのですが、育児とパートを両立しているため疲労がたまり、寝つきも悪いので疲れが取れません。

 

 

友人にオススメしてもらってから、利用するようになっていますが、少しずつ母の更年期障害も私の不眠症にも効果が出てきました。

 

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

今では、すっかり良くなっていますし、なにより肌荒れにもよくなりましたね。

 

本当にありがたいですし、友人には感謝です。

 

ストレスが溜まりやすい体質で、寝つきが悪い不眠症にも悩まされています。

 

私は人よりも生理症状が重く、肌荒れや便秘に悩まされます。

 

なので、胃に負担をかけるサプリメントを飲んでいました。

 

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

毎日、忙しい生活に追われ、正直気が休まりません。

 

そのせいでしょうか?

 

最近イライラすることが多くなりました。

 

でも、朝と仕事から帰宅してきたときに1日2回もしくは休日に3回程度アロマテラピーに利用すると、少しずつですが症状がよくなっていきました。

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

利用して2カ月くらい経ちますが、今では不眠症や生理痛にも効果を実感しています。

 

始めは、生理症状は何とかしたいと思ってジャーマンカモミールの精油を利用し始めました。

 

普段は、寝る前と寝起きにアロマディフューザーに3滴ほど垂らしてアロマテラピーしています。

 

1カ月くらい経過したころでしょうか?

アトピーにも!ジャーマンカモミール精油オイルのアロマ効果と使い方

不眠症や生理症状が軽くなっているのを実感しましたし、ニキビも確実に減ってきましたね。

 

本当にありがたいですし、今ではお風呂にも入れて30分程度半身浴していますが、背中のニキビに効果的ですね(^^♪。

 

 

 

このように口コミでも人気なようですね。

 

では、どんな使い方がオススメなのでしょうか?

 

実はジャーマンカモミール精油オイルはアロマテラピーだけじゃないんです。

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

相違点は?「ジャーマンとローマン」カモミールの効能と香りの違い

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

ジャーマン・カモミールには、近種の植物で「ローマン・カモミール」が存在しており、どっちか迷ってしまう人も多くいると思います。

 

しかし、実はこの二つの植物の違いはほとんどありませんし、精油(エッセンシャルアロマオイル)の効果に関しても差異も少しだけです。

 

ですが、多少なりと異なる部分もあり、それは「花の形状」と「効能」に関する違いです。

 

下記にジャーマン・カモミールとローマン・カモミールの違いを紹介します。

 

 

「ジャーマン・カモミール」

ハーブティーにも!ジャーマンカモミール精油の色とローマンとの違い

このページで紹介する「ジャーマン・カモミール」は、ローマン・カモミールの花に比べると真ん中の黄色い部分が膨らんだ一年草です。

 

 

花の部分に香りを放ち、ハーブティーにすることで、甘いフローラルな香りが楽しめ、「リンゴの風味」という意見もあります。

 

 

効能はローマン・カモミールとほとんど変わりませんが、抗炎症作用のある有効成分「アズレン」の含有量が多いという特徴があります。

 

 

これが、かゆみや虫刺されなどの肌トラブルに効果的で、生理痛などにも役立つといわれています。

 

また、古くからニキビ、冷え性、PMS(月経前症候群)などの女性の悩みにも利用されてきました。

 

「ローマン・カモミール」

次に、ローマン・カモミールは上記で紹介したジャーマン・カモミールに比べると花が大きく、草丈の低い多年草という特徴があります。

 

 

リンゴのような香りと表現されるジャーマン・カモミールに比べると少しだけ渋みのある香りを放つのも特徴の一つです。

 

ジャーマン・カモミールに比べると、鎮静作用のある有効成分「エステル類」を多く含み、その香りは心身をリラックスさせて不眠に効果的です。

 

 

ハーブティーにすると、ジャーマンカモミールに比べて穏やかに作用するほか、糖尿病の治療に効果的です。

 

 

 

最後に!カモミールジャーマンの学名や英名を紹介

ジャーマンカモミール精油の色は?効果的な使い方は?ブレンド

カモミールは学名や英名などではどんな呼ばれ方をしているのでしょうか?

 

下記に紹介しています。

 

学名「Matricaria chamomilla」

英名「German chamomile」

和名「カミツレ」

 

一般的に使われているカモミールの学名や英名はこの3つです。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?