ラベンサラ精油オイルの効果と使い方の禁忌を解説!インフルエンザも


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





ラベンサラ(ラヴィンツァラ)はマダガスカルを原産とする高木で、湿度の高い熱帯雨林に自生し、古くから葉は薬と香りづけに利用されています。

 

香りは穏やかに心身ともに、リセットすることができる用途の広さが魅力的な芳香で、多くのアロマレシピにも取り入れられているほどです。

 

また、ラベンサラの精油(アロマエッセンシャルオイル)の効能は記憶力、集中力向上に役立ちます。

 

近年では風邪やインフルエンザなどの感染症を予防します。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

凄い効能!ラベンサラ精油エッセンシャルアロマオイルの効果とは?

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

「心への効能」

「集中力と記憶力の向上に」

意識をはっきりさせ、集中力や記憶力を高める効果があります。

このことから、勉強中や運転前、仕事中などの集中力や判断力を要する場面で有効と言われています。

ちなみに、精油(エッセンシャルアロマオイル)は花と葉から抽出され、効能が注目され始めたのは1980年代に入ってからです。

 

「不安や不眠症の改善に」

疲れた心や鬱(うつ)をやわらげて不安を取り除き、安眠を促してくれます。

このことから「寝つきの悪さ」など不眠っぽい症状だけでなく、「勉強や運転」など集中力を必要とする作業に効果的です。

実は、ラベンダーのように用途が広く「無人島にひとつだけ精油を持ちこむのなら、ラベンサラ」と言うアロマテラピストが多いです。

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

「体への効能」

「風邪やインフルエンザに」

呼吸器系の痛みや炎症をやわらげ、さらには免疫力高めて「風邪やインフルエンザ」の感染症を予防しますが、筋肉痛を和らげる鎮痛効果もあります。

このことから、リラックスだけでなく、感染症予防など空気清浄を目的としたアロマテラピー(自然療法)などにも利用されています。

 

「喉のイガイガ対策に」

「喉のイガイガや痛み」などの呼吸器系トラブルに効果的と言われ、実際に原産国の先住民が腹痛に煎じてを服用していました。

咳にはすり潰して胸や背中に塗るなど、古くから薬効(効能)を利用した万能薬(アロマレシピ)として役立されてきました。

 

「筋肉痛の緩和に」

ラベンサラの精油(エッセンシャルアロマオイル)は毒性が低く、リラックス作用があります。

このことから、室内の浄化や吸入に、さらには筋肉のコリをほぐすマッサージなど日常生活で幅広く使われ、筋肉痛を和らげます。

ちなみに、名前の由来はマダガスカル語で「体に良いハーブ」を意味しています。

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

実はラベンサラの精油はインフルエンザにも役立つのはご存知でしょうか?

 

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

 

インフルエンザの対策になる使い方は?ラベンサラ精油を知ろう!?

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

一般的にラベンサラの精油(エッセンシャルアロマオイル)使い方として、アロマディフューザーを用いた芳香浴に利用するのがオススメです。

 

以前までは「なかなか寝付けない不眠症」や「憂鬱な不安」の解消などのメンタルケアに利用されていました。

 

 

しかし、ラベンサラの精油成分には強力な殺菌作用があることから「風邪やインフルエンザ、ノロウイルス」などの感染症対策にも効果的と報告されています。

 

 

つまりアロマテラピー(報告浴)に利用することで、精神サポートだけでなく風邪やインフルエンザなどの感染症からも身を守る一石二鳥になります。

 

またお風呂にアロママッサージとしての使い方もありますが、肌に直接利用する際は、必ずパッチテストを行いましょう。

 

 

 

「ラベンサラ精油アロマオイル」の詳細について

学名 Ravensara aromatica
科名 クスノキ科
原産国 マダガスカル
採取方法 葉と花の水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 ほのかな刺激があり、爽快感のある香りで、ラベンダーやユーカリ、ローズマリーなどの精油に近いと表現されることが多いです。
ノート トップ~ミドルノート
作用まとめ 抗炎症、血液流動化、抗うつ(抗鬱)、去痰、神経強壮、催眠、収斂(しゅうれん)、抗菌、鎮痛、抗ウィルス、免疫力強化促進
ブレンドにおすすめの精油 タイム、パインニードル、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー、マジョラム、ラベンサラ

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

感想は?「ラベンサラの精油アロマオイル」に関する口コミについて

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

東京都_20代_会社員_K・Sさん

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

どうしても、資料を作成しているときに、全く身が入らず眠ってしまうことも・・・・

 

あと、筋肉痛もひどく治りにくいです。

 

生理中はイライラしてメンタルを崩しやすいですし、冬場は鼻水や鼻づまりなどの風邪の初期症状に悩まされています。

 

 

友人にアロマテラピストがいるのですが、ラベンサラの精油オイルをオススメしてもらってから毎日利用しています。

 

 

個人的には、不眠症と生理中のイライラに効果があるように感じています。

 

 

香りは、ラベンダーよりもスパイシーな香りが印象的ですね。

 

 

上品な香りの中に、攻撃的な香りが混ざっていて好印象ですよ。

 

神奈川_30代_主婦_A・Mさん

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

ローズマリーとラベンダーを足して2で割ったような印象があるのかな?

 

 

名前は似ていますが、ラベンダーの香りよりもラヴィンツァラの方がスパイシーですね。

 

 

毎日、気持ちが落ち着かないですし、さらに更年期になってから余計に、いつもソワソワしていました。

 

 

これのおかげで良くなりました(^^♪

 

 

最近になって、不眠症気味だけでなく、ストレスのせいもあってか?

 

 

イライラする毎日が続いていましたが、そちらにも効果があるようにも思えます。

 

 

このページでわかるように口コミでも評判なようですね。

 

では副作用などはあるのでしょうか?

 

さっそく知っていきましょう。

 

 

禁忌や注意点もある!「ラベンサラの精油アロマオイル」副作用とは

ラベンサラ精油オイルの効果と禁忌!インフルエンザ対策の使い方

ラベンサラの精油(エッセンシャルアロマオイル)は優れた効果ゆえに、非常に薬効の強い精油として多くの人に知られています。

 

もちろん、アロマテラピー(芳香浴)の一般的な使い方としては問題ありません。

 

 

しかし、妊娠中(妊婦)への使用は胎児に悪影響になる可能性もあり、禁忌とも言われ注意が必要な場合もあります。

 

もちろん必ずしも「禁忌」という訳ではないですが、極力控えたほうが良いと言われているのも事実です。

 

 

妊娠中にラベンサラの精油オイル使用した際に、少しでも異常を感じたら使用を控えるようにしましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。