レモンバーベナ精油オイルの効能とレモングラスとブレンド相性を解説

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は7 分で簡単に読めます



レモンバーベナとはクマツヅラ科に属する落葉性低木のハーブです。

 

別名「ベルベーヌ」とも呼ばれ、「バーベイン、リツェアクベバ」と混合されやすいです。

 

しかし、この2つとは別種で、食用にも利用されます。

 

また精油(エッセンシャルアロマオイル)は香水の原料として利用されるだけでなく、人気ハーブティーとしても使用されています。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

すごい効果がある!「レモンバーベナ精油アロマオイル」の効能とは

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

「心への効能」

「気持ちをリフレッシュ」

この精油(エッセンシャルアロマオイル)には気持ちを前向きで明るくポジティブにする効果があります。

またリフレッシュさせてくれることから「忙しい仕事」や「慌ただしい育児」、「面倒な人間関係」などで疲れた心を癒してくれます。

 

「虫除け対策に」

レモンバーベナの芳香成分には、蚊やハエなどの害虫~微生物を寄せ付けないことから虫除け対策にもオススメされています。

また、「サンダルウッド、ジニパー、タイム、レモン、ラベンダー、シナモン、グローブ」などのアロマオイルとブレンドすることでより相乗効果が生まれます。

かつて「精油成分」は指を洗うフィンガーボウルに香りをつけるためにも使用されたそうです。

 

「気持ちを落ち着かせます」

レモンバーベナの精油には催淫作用があることから、ストレスなどの高揚した気分を落ち着かせる効果があります。

ちなみに、古くにレモンバーベナには「魔女がこの木を使って催淫剤を作った伝説」があり、催淫作用の評価が高い精油としても知られています。

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

「体への効能」

「食後の吐き気に」

吐き気、消化不良などの症状をやわらげる効果があることが医学的にも証明されています。

消化器系と関係する食事によるトラブル症状の緩和にも有効であるため「食前」~「食後」にかけて芳香浴(自然療法)がオススメされています。

このことからレモンバーベナは18世紀頃には、南米からヨーロッパに導入されたハーブで、イギリスの庭園でも栽培されていました。

 

「浮腫みやダイエットサポートに」

レモンバーベナの精油成分には「むくみ解消、脂肪の消化」も助けることからダイエットサポートとして口コミを中心に人気です。

このことから、アロマテラピーだけでなくボディマッサージなど、利用されている精油(エッセンシャルアロマオイル)でもあります。

 

「喉のイガイガや痛みに」

喉のイガイガや喉の痛みなどによる気管支系のトラブルに有効と言われています。

他にも、「気管支炎や鼻づまり、ニキビを改善・予防」する効果が期待できると注目されています。

近年ではレモンバーベナハーブティー(ベルベーヌ茶)としても利用されています。

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

「肌への効能」

「ニキビや肌荒れ対策に」

皮脂のバランスを整え、ニキビ・肌荒れを改善する効果があります。

このことから美容を心がけている女性に支持を集めており、手作り化粧水もしくはボディマッサージオイルとしても愛用されています。

 

「肌の保湿に」

レモンバーベナの精油成分には、抗炎症作用があり「ニキビ対策」だけでなく、肌の保湿効果も期待できます。

このことからレモンバーベナ(ベルベーヌ)の芳香成分は石鹸の香水にも使われますが、採油率が悪いため、高価で貴重な精油です。

現在では、精油だけでなく、ヨーロッパでハーブティーとしても幅広く愛飲され、芳香リキュールとしても使われます。

 

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

いったいどんな成分なのでしょうか?

 

では、次に成分について知っていきましょう。

 

 

「レモンバーベナの精油オイル」の詳細について

学名 Lippia citriodora
科名 クマツヅラ科
原産国 スペイン、アルジェリア
採取方法 水蒸気蒸留法
香りタイプ ハーブ系
香りの特徴 レモンに似たフレッシュな香りの中に、メロンのような甘さを少し加えたような繊細な香り
ノート トップノート
作用まとめ 鎮静、強壮、健胃、刺激、抗感染、組織再生、抗炎症、抗うつ、肝細胞再生、腎臓機能促進
ブレンドにおすすめの精油 イランイラン、カモミール、グレープフルーツ、ゼラニウム、ネロリ、バジルスイート、パルマローザ、ベルガモット、ライム、ラベンダー、ローズ、ローズマリー

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

こんな体験レビューも!レモンバーベナの精油への口コミについて。

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性は?

神奈川_50代_主婦_S・Yさん

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性

最近になって、急激に肌が荒れやすい体質になってしまいましたし特に、頬にニキビができやすく・・・・・・

 

でも、最近は爽やかな香りが楽しめる、レモンバーベナのおかげで悩みはすっかりと解消しましたね。

 

やはり高級な精油はそれだけで効果があります。

 

化粧水に1滴ほど混ぜて使うと翌日にニキビが小さくなってるような(^^♪

 

 

基本的にはアロマテラピーに利用して不眠症対策にも使っていますが、肌にも効果的なんでうれしいですね。

東京都_30代_会社員_K・U

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性

仕事が忙しく、疲れて帰ってくることが増え、そんな日の翌日は顔がパンパンに浮腫んでしまいます。

 

 

なんとく眠れない日々が続いており、気が付いたら不眠症のような症状に・・・・・・

 

 

そこで、友人にオススメしてもらって今では、レモンバーベナの精油を毎日使うようになってます。

 

 

やはり、不眠症には効果絶大!!

 

そのおかげで、目覚めも良くなりましたし、体が軽くなって体調にも効果的なように感じています。

 

 

香りはレモンのようなフルーティーな甘さもありますが、上品で嫌みのない高級なハーブの香りがクセになります。

 

もともとレモンバーベナの精油は希少価値が高いのですが、やはりそれだけの効果はありますんね。

 

 

このページでわかるように口コミでも評判なようですね。

 

 

ではブレンドに利用する際には相性は何がオススメなのでしょうか?

 

見ていきましょう。

 

 

レモングラスとの相性がオススメ!レモンバーベナのブレンドレシピ

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性

レモンの爽やかな香り中に、ほのかな甘味を感じられるリラックスハーブとしても人気です。

 

一般的にはアロマオイルとしての利用が主流になっており、色々なブレンドにも相性が良いと人気です。

 

 

なかでも、レモングラスとのブレンド相性が良いと人気を集めています。

 

 

レモングラスの精油もむくみ解消やダイエットサポートに役立つことから、相乗効果も期待できます。

 

 

またブレンドの作り方としてライムやラベンダーなどのアロマオイルと香りとの相性も良いと言われています。

 

 

 

危険性も知っておこう!レモンバーベナの精油オイルの注意点とは?

レモンバーベナ精油オイルの効能☆レモングラスとブレンド相性

一般的にこの精油(エッセンシャルアロマオイル)は、アロマテラピーとして多くの人に利用されています。

 

 

一方で人によっては、副作用の可能性も懸念されており、それが妊婦(妊娠中)への利用です。

 

レモンバーベナエッセンシャルオイル(ベルベーヌオイル)は少し刺激が強いハーブなので、妊婦(妊娠中)の使用量には注意しましょう。

 

 

また、肌に使用する際に少しでも異常を感じたら使用を控えましょう。

 

 

 

レモンバーベナハーブティーの効果と香りを実際に口コミしました。

 

レモンバーベナはクマツヅラ科のハーブです。

 

また、アルゼンチンを原産とし、和名で「香水木(コウスイボク)」ではないかと考えます。

 

レモンバーベナの精油成分には鎮静作用がありますね。

 

 

「緊張、イライラ、ストレス」などの興奮した神経を鎮め精神をリラックスさせ安定させる作用が科学的に実証されています。

 

安眠効果もあり、就寝する2、3時間前に飲むことによって深い眠りに導き、症状を改善してくれます。

 

有効成分「リナロール」には肌(皮膚)の弾力を取り戻すサポート効果が美肌(美容)にも役立ちます。

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?

ドライハーブからは、草木のようなさわやかな香りの中に、どことなく甘みが広がっているような印象です。

 

 

芳香は心地よいレモンとハーブの香りで神経の緊張や不安、悲しみを和らげて、気持ちを穏やかに明るくさせて不眠症(安眠導入)にも有効です。

 

 

葉(ハーブ)からはレモンのようないい香りが漂いますが、これはこのハーブがレモンと同じ芳香成分を多く含有しているためです。

 

お湯を注ぐと、甘い香りの中にどことなく、やさしい苦みがあるような香りです。

 

 

そして、全体的を爽やかな香りが包み込んでいる印象ですね。

 

 

精油成分には鎮静作用があり、心を解きほぐします。

 

ハーブティーには血行を促進する作用があり、リンパの流れをよくし、むくみ解消効果があります。

 

 

皮脂のバランスを整えてくれる作用もあり、肌荒れを改善することもできます。

女性の人に人気ハーブティーで、ストレスからくる「頭痛や腹痛、生理不順」にも効果があります。

 

 

芳香リキュールにも使用されてたり、ディナーのフィンガーボール水に、レモンの風味をつけるためにも使用されていました。

 

さわやかなハーブの香りの中に、どことなく柔らかい甘みが感じられるので、ハーブティー初心者向きだと思いますね。

 

 

飲みにくいハーブティーが多い中、比較的飲みやすい部類のハーブティーといった感じかな。

 

レモンバーベナには健胃作用があり、ストレス症による胃の不調(消化不良、吐き気、胃のムカムカ)を緩和する効果があります。

また、食べ過ぎによる吐き気や消化不良を改善し、特にハーブティーを食前~食後までのあいだに飲むとより効果的です。

 

 

有効成分(リモネン)には精神的なリラックス成分があるほか、交感神経を活性化させ血管を広げ、血流の流れを良くします。

 

 

レモンバーベナティーは気管支の炎症を抑える働きも持てっており、風邪のひき始めにも有効ですね。

 

 

近年では、ブレンドティーにも利用されていますね。

 

 

レモンバーベナハーブティーの効能(お茶の効果)の詳細

レモンバーベナハーブティーの効果!どんな香り?作り方は?

「鎮静作用(不眠症改善、リラックスなど)」

レモンバーベナの精油成分には鎮静作用を持っています。

 

「緊張、イライラする気持ち、ストレス」などの興奮した神経を鎮め精神をリラックスさせ安定化させてくれる作用があると科学的に認められています。

 

また安眠効果もあります。

 

寝入る2~3時間前に飲むことによって快眠に導き、症状を正常化して不眠症を改善。

 

有効成分「リナロール」には肌(皮膚)の弾力を正常に戻すサポート効果が美肌(美容)にも何かと便利です。

 

 

「レモンバーベナは妊娠中にも効果的」

レモンバーベナハーブティーの効果!どんな香り?作り方は?

鎮静効果を持っていて、芳香は心地よいレモンとハーブの香りです。

 

このレモンバーベナの鎮静作用が妊娠中の神経の緊張や不安、悲しみを和らげてくれます。

 

気持ちを心穏やかに明るくさせて不眠症(安眠導入)にも効果も見せてくれます。

 

実際にハーバリストにも奨められているほど、薬効に高評価されています。

 

葉(ハーブ)からはレモンのようないい香りが漂ってます。

 

これはこのハーブがレモンと同じ芳香成分を豊富に含んでいるためです。

 

 

「血行促進効果(むくみ解消)」

血行を促してくれる作用があり、レモンバーベナティーにして飲むことを利用してリンパの流れをよくし、むくみ解消働きを示してくれます。

 

女性の皆様に人気ハーブティーで、ストレスからくる「頭痛や腹痛、生理不順」にも力を発揮してくれると考えられているそうです。

 

芳香リキュールにも扱われてたり、ディナーのフィンガーボール水に、レモンの風味をつけるためにも活用されていました。

 

 

「健胃作用(吐き気、消化不良など)」

レモンバーベナの効能には健胃作用があります。

 

イライラする気持ちが原因とされる胃の不調(消化不良、吐き気、胃のムカムカ)を緩和する実用的です。

 

また、暴飲暴食した時などに消化が上手くできないことによる吐き気や消化不良を改善。

 

特にハーブティーを食前~食後までのあいだに飲むとより作用を示します。

 

 

「胃もたれ、胃痛にも」

レモンバーベナハーブティーはおなかの調子も改善することができます。

 

消化を促進する効能を持つことから、食後の「胃痛、食後の胃もたれ」に働きがあります。

 

精油成分(芳香成分)は鎮静効果が望めます。

 

ハーブティーにして飲めば、レモンのような香りが神経の緊張や不安などを和らげ、心の指針を整え、気持ちを明るくさせます。

 

このことから夜眠りに就く前にハーブティーを飲むと快眠の役目をします。

 

 

「肌荒れ・ニキビ改善効果」

レモンバーベナには抗炎症作用もありニキビや肌荒れに効果を見せてくれます。

 

他にも皮脂のバランスを整理してくれる作用もあります。

 

レモンバーベナティーを濃くに煮出し化粧水にすることが原因で内側と外側から肌荒れを正常化することができます。

 

さらには17世紀にスペインによってヨーロッパにもたらされました。

 

後に18世紀からイギリスのハーブガーデンに植えられ始めハーブティーとしてヨーロッパ大陸を主体としてひろく愛飲されました。

 

 

「鎮痛作用(頭痛、腹痛、生理痛緩和)」

レモンバーベナハーブティーは気管支の炎症を抑える効き目も持てっております。

 

風邪のひき始めにも効果が見られ、鎮静作用があることからストレスからくる頭痛や腹痛、生理不順などにも作用を示します。

 

葉の香りが強いのは若葉のうちで、ハーブティー(お茶)に推奨されます。

 

乾燥させた葉は香りが耐久性に優れているので、ポプリなどの材料にもなると言えます。

 

 

「ダイエットサポート効果」

有効成分(リモネン)には精神的なストレス解消成分が見られるほか、交感神経を活性化させ血管を広げ、血流の流れをスムーズにします。

 

またアロマセラピー効果ではダイエットに有用されております。

 

これもリモネンが交感神経を活発化させてることで脂肪を分解する効き目が期待できると専門家に公表されています。

 

 

「暴飲暴食対策に」

ハーブティーには胃腸の調子を整えて消化を増進させる効能が見受けられます。

 

特に、夕食~就寝までにレモンバーベナハーブティー(お茶)を飲むと実効性があります。

 

「食い過ぎ、暴飲暴食」による体重増加を防ぐことから節制中のダイエットを援助します。

 

レモンバーベナは料理の香りづけに活用されたり、香水の原料にも利用され、日本ではコウスイボクとも呼称されます。

 

 

 

そもそも「レモンバーベナ」ってどんな香りがするの?

レモンバーベナハーブティーの効果!どんな香り?作り方は?

レモンバーベナは、レモンのような清々しい気分の香りをもちます。

 

さっぱりとした味をしているのです。

 

 

味は、香りほどレモンそっくりそのままとは異なりますが、酸味があるので似たイメージは受けるかもしれないですね。

 

 

レモンが一緒になったハーブ系の爽やかな香しさで、レモンの香りがふんわりと広がるハーブといったイメージ。

 

 

 

葉にはレモンと同じ成分であるシトラールが含有されていて、レモンのようなフレグランスがあります。

 

その為、肉や魚のにおい消しなどに採用されています。

 

レモンバーベナはあくまでも爽やかなハーブの中にレモンの存在がふんわりとあるといって程度です。

 

 

 

美味しいレモンバーベナティーの作り方を知りましょう!

レモンバーベナハーブティーの効果!どんな香り?作り方は?

「乾燥させたレモンバーベナの葉を使う作り方」

 

ドライハーブ(乾燥させた)レモンバーベナティーは、ふくよかな香しさがします。

 

準備するもの

①:一人分、約3gほどの葉

②:急須やガラスのティーポット

③:熱湯

 

 

作成方法(作り方)

①:急須やティーポットに葉を入れ、熱湯を注ぎ5分程蒸らして待ち続ける

②:前もって温めておいたカップに注ぎ込む

③:ドライハーブは、2回ほどの使用はオススメ

 

 

生の葉を使う場合グリーンの葉を目で見てエキサイトできる一方、乾燥させた葉を注ぎ込めば葉が開いてお茶になる様子を楽しむことができます。

 

どちらのケースでも、効能が違うところはありませんので好みに合わせて。

 

 

「生のレモンバーベナの葉(ハーブ)を使う作り方」

 

生の葉を使うと、とても清涼感のあるなフレッシュな香りを堪能できます。

 

「用意するもの」

①:レモンバームの葉っぱを手の腹に乗るほど

②:急須やガラスのティーポット

③:熱湯

 

 

「作り方」

①:葉は、流水できれいにきれいにする

②:洗った葉は、簡単に水を切り手で丁寧にちぎる(葉のエキスを出しやすくするため)

③:急須やティーポットに葉を入れ、熱湯を注ぎ5分前後蒸らして待機する

④:あらかじめ温めておいたカップに注ぎ込む

⑤:お好みで蒸らす時間をアレンジしてくださいね。

 

 

お湯に淡~いイエローグリーン色がついてきたら飲用し頃ですよ。

 

 

 

感想は?レモンバーベナハーブティーの香りと味を口コミ

東京都_30代_会社員_O・Sさん

「レモンバーベナハーブティーの風味について」
 

以前、飲んだことのあります。

 

抽出時間を長くしすぎるとハーブの香りが強力になり、フローラルな香りじゃなくてハーブの香りが主張します(*^▽^*)

 

 

抽出時間は3分~7分が一番香りと味が引き立てふさわしいような印象で、好感を持っています。

 

 

ほのかな甘みも感じることができるフローラルな風味。

 

 

なので、とても飲用しやすく「女の人」ってイメージを持てるハーブティーだと思います。

 

 

やはり、生理期間中には頼もしいハーブティーといったように感じますね。!!

 

味は口の中でフレッシュなハーブとフローラルな香りが少しずつ広がっていきます。

 

スースーするような爽やかさが頭の中を涼しくします。

 

「レモンバーベナハーブティーの効果について」
 

私は「イライラする気持ちになりやすく、特に生理中はガンガン頭が痛いほど!!

 

ストレス症状もある一方で、小さいポツポツ白ニキビ~大きな痛々しい赤ニキビ」が顔中に大量発生してしまってます。

 

 

これを飲むと、気持ちが平常心にホルモンの影響による症状を防御します。

 

 

特にムカァーーーっとしたりイライラっとすることが起こらなくなります。

 

 

さらに月経1週間くらい前から摂取すると「ストレス症の頭痛、肌荒れ、生理痛」に苦悩させられません。

 

肌の調子もよいので、美容効果ありってかんじかな?

 

あと、「ニキビが鎮静化するよ!」と言っている人もおりましたね。

 

どうでしたか?

 

このようにレモンバーベナには優れた効果があります。

 

では、同じレモンの香りを持っている「レモンバーム」との違いはあるのでしょうか?

 

 

 

知ろう!「レモンバーベナとレモンバーム」の違いとは?

「レモンバームとレモンバーベナの風味の違い」

 

 

「レモンバームの味」

爽やかなレモンを連想させる香りも楽しめる。

一方どことなくミントのようなメントールの香りもふんわりと広がっていきます。

一般的にシングルティーとして飲むならレモンバームの方がオススメ

 

 

「レモンバーベナの味」

レモンバーベナには、レモンのような香りがふんわりとしています。

しかし、どことなく甘みを含んでいるかのようなハーブティーです。

抽出時間を間違えると青臭さが際立つため、上級者向きです。

 

 

「レモンバームとレモンバーベナの効能の違い」

 

次に効能に関する違いは下記の通りです。

 

「レモンバームの効能」

しそ科に属しているハーブティーでもあることから殺菌作用が強い。

風邪の予防などにも効果的と言われています。

また鎮静作用にはストレス解消効果がります。

 

詳しくはこちらです。

 

 

「レモンバーベナの効能」

鎮静作用にも優れていることから、リラックスハーブティーとして妊娠中にもオススメされている傾向にあります。

またブレンドティーとして利用することで相乗効果が期待できることも。

 

 

 

「レモンバーベナとレモンバームの花言葉による違い」

 

次にレモンバーベナとレモンバームの花言葉に関する違いは下記の通りです。

 

 

「レモンバームの花言葉」

古代ギリシャの時代から、欧州では「長寿のハーブ」「バイタリティーのハーブ」とされ。

気管支炎や熱、頭痛に効き目がある薬として活用されていたことから、「思い遣り」「情け」という名の花言葉がつけられました。

 

 

「レモンバーベナの花言葉」

レモンバーベナっぽく、レモンのような匂いが漂い神聖とされる木は、あらゆることを心に決めるときや犠牲を捧げるときに利用されてきたと思われます。

花言葉は「我慢強さ」です。

 

 

レモンバーベナの「精油」と「精油成分」について

「レモンバーベナの精油の香りについて」

レモンに甘さが雑ざったリフレッシュできる香り。

 

レモンに含まれている香り成分を含んではいるが、基本的にはハーブの香りがメインです。

 

あくまでも「どことなくレモンの存在を感じる」程度だと思った方が良いです。

 

 

「レモンバーベナの精油成分はこんなお悩みを解消」
イライラする気持ちや精神疲労ハラハラなどの恐怖心を煽るような自己嫌悪に関するうつ症状

 

睡眠障害や冷静になれないストレス発散したい時すぐにめげてしまい、注意力が不足しているとき

 

消化不良や食欲不振、胃痛などの消化器官のトラブルによる下痢や便秘症状に

 

血行不良による冷え症や浮腫み(むくみ)、疲労蓄積による体が重さなどに

 

花粉症や感染症対策などの呼吸器系の炎症に

 

ギトギトしたような脂性肌を緩和してニキビケアをサポート。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?