マートル精油オイルの効能効果を解説!アロマオイルはどんな香り?

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



マートは別名「ギンバイカ」と呼ばれる日本ではあまり聞きなれない名前ですが、原産国である北アフリカ、イランを中心に親しまれている常緑低木(ハーブ)です。

 

ちなみに、温暖な地域では、生恒などによく使用されています。

 

花は直径3㎝ほどの、可愛らしい印象を与え、旧約聖書では平和との関連で記されます。

 

現在では、エッセンシャルとしても多く支持を得ています。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

とても優秀!マートル精油オイルの効能(アロマオイルの効果)とは

 「心への効能」

「不眠症を改善する」

マート(ギンバイカ)の精油成分には心を落ち着かせる鎮静作用があります。

これが安らかな眠りを促進する(安眠導入作用)があり、イライラや怒りなどの高ぶった精神も鎮静します。

ちなみに、このマートルの木(ギンバイカの木)を「愛」と呼ばれています。

繁栄を象徴するものと考えていた古代エジプト人にとっては長らく優れた薬効をもつ催淫剤として使用されます。

また「寝つきが悪い(不眠症)、ストレスが溜まっている、ストレス症状による胃痛、肌荒れ」にも効果的です。

 

「日頃から疲れた心を回復」

純粋さや初心を呼び戻させてくれる香りです。

頑張り過ぎて自分を掴み損ねてしまっているときに、今一度初心を思い浮かべさせてくれます。

怒りやフラストレーションを感じることではなく、誰の手も加えられていない自分に愛を向けることを促進させます。

心をリラックスさせるので、瞑想時にも丁度良い香りです。

 「体への効能」

「気管支炎などのトラブルに」

マートルの精油を利用したアロマテラピー(芳香浴)には気管支の痛みや鼻づまりをやわらげる効果が期待できます。

この優れた効能があることから、古くから薬用に用いられてきたハーブとしても認知されています。

かつてイギリスでは、結婚式の花束や頭飾りに加えられたり、乾燥させたマートルを赤ちゃんのパウダーにも使われたそうです。

さらに、ローマ人はマートル(ギンバイカ)の精油「エッセンシャルアロマオイル」を呼吸器系、泌尿器系の各症状に対する万能薬として用いていました。

 

「風邪やインフルエンザ予防に」

呼吸器系のトラブルに効果が発揮されるでしょう。

喫煙者の咳、鼻づまり、気管支炎、花粉症にも効きます。

抗菌作用は風邪症候群の引きはじめやインフルエンザにも影響を及ぼします。

 「肌への効能」

「ニキビや肌荒れの改善に」

マートルの精油(エッセンシャルアロマオイル)はストレスを解消し、高ぶった精神を鎮静させるリラックス効果や安眠効果があります。

また、消毒作用・収斂(収れん)作用があることから、ニキビや肌荒れ(吹き出物)などにも効果的です。

ちなみに、レモンマートルの精油「エッセンシャルアロマオイル」と誤認されがちです。

しかしこれとは別物でレモンマートルとは香りも効能も違うので、注意が必要です。

 

「肌を清潔に保つ」

肌には汚れを落として、落ち着かせ、お肌の特徴を整える作用があります。

近年では、お風呂に滴下するアロマバスとしても利用されていますが、肌に直接使用する際には注意点もあります。

マートルの精油成分は刺激が強いので、少しでも異常を感じた場合は使用を控えるようにしましょう。

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

でも魅力はそれだけじゃありません。

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

いったいどんな香なの!?「マートル精油オイル」の芳香について。

一般的にマートルの精油(エッセンシャルアロマオイル)の芳香は下記のように表現されています。

 

 

フレッシュでハーブ(草木)のような爽やかさと軽い甘さがあり、しみとおるような香りが特徴です。

 

柑橘系を思わせるような「フレッシュで甘いハーブ調の香り」

 

 

などと言われています。

 

またブレンドに使用する際は、あくまでもマートルの精油オイルをメインにして、ブレンドに使用する精油はあくまでもアクセントとして利用しましょう。

 

ブレンドを普段からしていない方はペパーミントやレモンなどの精油オイルを組み合わせるのが鉄板です。

 

 

 

「マートル精油(エッセンシャルオイル)」の詳細とは

学名 Myrtus communis
科名 フトモモ科
原産国 モロッコ、オーストリア、チュニジア
採取方法 葉の水蒸気蒸留法
香りタイプ 樹木系
香りの特徴 フレッシュでハーブ(草木)のような爽やかさと軽い甘さがあり、しみとおるような香りが特徴です。
ノート ミドルノート
作用まとめ 去痰、駆風、殺虫、殺菌、収斂(収れん)
ブレンドにおすすめの精油 スペアミント、ティーツリー(ティートリー)、ベルガモット、ラベンダー、レモン、ローズウッド、ローズマリー、レモンマートル

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

レビューも!「マートル精油オイル」を愛用する方の口コミについて

鹿児島県_30代_主婦_K・Kさん

マートルは、ユーカリなどと同じフトモモ科の精油なので、感染症予防を手助けすることになります。

 

クリアな香りの中に、とても甘いフローラルな香りが含有されていて、リラックス効果のある香りです。

 

子供の気管支が弱く喉のイガイガや風邪の初期症状に悩まされるので、できるだけ家でマートルのアロマを焚くようにしています。

 

 

自律神経のバランスが崩れやすい体質ですし、不眠症なのでつらいです。

 

 

いつも、わけのわからない不安に悩まされており、心が落ち着くことができません。

 

 

そんなときにはありがたい精油オイルだと思いますね(#^.^#)

 

 

安眠を促す作用も発揮しているので、我が家では冬の寝室に必要不可欠な精油の一つです(^_-)-☆。

 
 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 
 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?