シスト(ロック)ローズ精油オイルのアロマ効果と美肌化粧品を解説!


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





シストローズは樹脂の甘い香りで心の緊張をほぐす芳香(香り)を放つハーブともいわれております。

 

またシストローズは通称「ロックローズ」・「シスタス」・「ラブダナム」などと呼ばれています。

 

その精油成分を抽出して自然療法(芳香浴)に古くから利用されます。

 

樹脂からできたアロマになりあまり聞きなれないものですが、アロマを習う際には外せないアロマになります。

 

 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 
 

すごい効能が!「シストローズ(ロックローズ)精油オイル」の効果

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品

「心への効果」

「気持ちを落ち着かせる」

シストローズ(ロックローズ)の精油オイル鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせます。

他にも緊張をほぐすほか、自律神経のバランスを整えてくれます。

 

「不眠症対策に」

シストローズ(ロックローズ)の精油には鎮静作用があるのはご存知でしょうか?

これが気持ちを落ち着かせることで、不眠症改善に有効ですが、緊張をほぐすほか、自律神経のバランスを整えてくれます。

一般的に、春から夏にかけて葉や若い枝の線毛から、多量の特異臭を持つ樹脂状の物質を分泌します。

そして琥珀(こはく)に似た樹脂に似ているため、別名「ロックローズまたはラブダナム」とも呼ばれています。

また、その葉は油分に揮発性が高く、夏になると山火事を起こすほどだとも言われています。

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品

「体への効果」

「風邪や喉のイガイガに」

シストローズ(ロックローズ)の精油成分には殺菌作用があり、「風邪、咳(せき)」の症状を緩和します。

風邪が悪化することで発症してしまう「気管支炎の炎症」などにも効果があります。

この作用によってアロマテラピー(芳香浴)が風邪の初期症状緩和にも利用されます。

現在では多くの香料として利用され「ローション、パウダー、石鹸、香水」の他にも酒類、ソフトドリンク(飲料)などにも幅広く使用されています。

シストローズ(ロックローズ)に関連する化粧品は下記に詳しく紹介します。

 

「関節の痛みを緩和する」

近年では、シストローズ(ロックローズ)に精油成分が「関節の痛みも緩和するほど、薬効の優れた精油」と呼称されています。

実は古くに、葉(ハーブ)から浸出するゴム状の樹脂ラブダナムは、昔から使われていたもっとも古い芳香樹脂のひとつとも言われています。

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品

「肌への効果」

「ニキビや肌荒れ対策に」

ニキビの治りを促すだけでなく、皮膚に老化防止(アンチエイジング)、シワの改善、妊娠線の予防にも効果的です。

近年ではシストローズの精油成分は化粧水やボディミストにも利用されます。

 

「ダメージを受けた肌を回復する」

この精油成分には慢性的にトラブルのある肌の回復を促進する効果が高いと言われています。

これが日頃の外的要因からダメージを受けた肌を修復してくれます。

またこれによって、よりニキビや脂性のケアに役立ちます。

その強い芳香(香り)は、忘れていて記憶を思い出させてくれるとも言われています。

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

いったいどんな作用を持つのでしょうか?

 

では、次に作用について知っていきましょう。

 

 

「シストローズ(ロックローズ)の精油オイル」の詳細

学名 Cistus ladanifer
科名 ハンニチバナ科
原産国 地中海地方、スペイン
採取方法 葉や枝の水蒸気蒸留法
香りタイプ 樹脂系
香りの特徴 かすかに樹脂やじゃこうの芳香(香り)を放ち、ほのかな甘さも感じる事が出来る複雑な香り
ノート ベースノート
作用まとめ 抗微生物、殺菌、鎮咳、収斂(収れん)、鎮静、通経、去痰、強壮
ブレンドにおすすめの精油 ラベンダー、パインニードル、クラリセージ

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

体験レビューも!シストローズ(ロックローズ)精油オイルの口コミ

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品

東京都_30代_主婦_S・Hさん

ローズマリーの香りを甘くしたような芳香で特有ですが手作りクリームにブレンドしてしわ予防に利用するよていです(^_-)-☆。

 

もともと、自律神経のバランスを崩しやすい体質でしたが、特に生理中になると不快感に襲われてしまいます。

 

仕事と家事に追われるあまり、いつもストレスを感じます。

 

また、帰宅しても気が休まりませんし、疲労感がなくなりません。

 

あと、ここ2、3年くらい前から肌トラブルに悩まされるようになりましたし、シワやたるみも気になります。

 

そんなときにとっても役立ってくれる精油だと思っていますよ(^_-)-☆

 

最近になってアロマテラピーに利用するときはラベンダーとゼラニウムもブレンドします。

 

 

上記でもわかるようにとっても評判な精油だということですね。

 

ですが、まだそれだけじゃありません。

 

もっと詳しく見ていきましょう。

 

 

化粧品にも利用!シストローズ(ロックローズ)の優れた成分とは?

シストローズ(ロックローズ)精油オイルの効果!美肌化粧品

探求の末にわかったのが、ロックローズ(シストローズ)には、成人の肌を黄ばませる「肌ステイン」をやり直しするナチュラルプロセスがあること。

 

「ステイン」というと「歯のステイン」がよく厚い支持を得ているのはご存知でしょうか?

 

これはコーヒーや赤ワインなどといった色素と歯の表面のタンパク質が、連鎖反応を呼び覚まして黄ばんだもの。

 

ほんの僅かに積み上がって、歯の黄ばみに直結します。

 

実際のところ、肌の角層の主成分もタンパク質。

 

歯のステイン同様、化学反応を引き起こすと黄ばむ特性を持ち合わせています。

 

このような黄ばみが「肌ステイン」で、溜め込むと顔全体のくすみの引き金になることに。

 

肌ステインは角層の内部にこびりつき、油性の為、洗顔料ではなかなか落ちない特有性があります。

 

 

 

また、シミや日焼けの原因である「メラニン」とも同じではないものなので、美白化粧品でもアプローチできません。

 

この手間が掛かる肌ステインを角層から切り離す力をもつのが、ロックローズというものです。

 

 

ロックローズ(シストローズ)から機能成分を抽出した「ロックローズオイル」は、オイル状クレンジングと組み合わせがいいことも明らかになりました。

 

 
 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。