ジュニパーベリー精油オイルの使い方と香りを解説!アロマレシピも


この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。





ジュニパーベリーは常緑低木ジュニパーになる直径5~8mm程度の青黒く小さな柔らかい実を蒸留してアロマオイルを生成します。

 

「部屋の空気を浄化し、リラックス空間を作るいやしのハーブ」と言われています。

 

そしてジュニパーベリーの精油「エッセンシャルアロマオイル」には体に蓄積した毒素や老廃物を排出する効能があります。

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリの香りが見つかる!精油オイルの大切なコトはこちらをクリック

 

 

こんな利用方法も!ジュニパーベリー精油オイルの使い方

使い方①「アロマレシピに」

空気中に拡大させた精油の香りを鼻から吸収する方法です。

 

何よりも親しみやすいエッセンシャルオイルテラピー活用する方法です。

 

変わらない香りを1週間以上嗅がないように!ミックス割り合いをチェンジしてみましょう。

 

長時間に及ぶ吸入や、喘息など咳が出るケースになると吸入法は回避して下さい。

 

芳香浴は通例ですが、3歳未満の乳幼児には用いることができない精油が存在します。

 

 

使い方②【マグカップ】

マグカップに熱いお湯をいれて、精油を1~2滴落とします。

 

スチームと一緒にエッセンシャルオイルが行き渡ります。

 

お湯を組み込みながら香り成分を堪能できます。

 

思い違いして摂り込まないように、エッセンシャルオイル専用耐熱容器にするとベターですね。

 

眠気覚まし・集中力に「ペパーミント・レモン・ローズマリー他」刺激があるのでまぶたを閉じて香りを嗅いでみた方が良いですね。

 

もうちょっと結果を出したい時や、受験勉強のときは効果を見せてくれますね。

 

香りが好きになれない方は、交ぜ合わせるといいですね。

 

 

 使い方③「お風呂(アロマバス)に」

「全身浴」

身体全体から吸収された精油成分は、微量でも直々に身体全体に定着します。

 

お風呂のお湯に精油を1~5滴ほど入れて、よくかき混ぜ合わせてから入浴することになります。

 

しかし、精油はお湯に溶けないので、可能ならばバスソルトにお世話になると適切ですね。

 

市場に出回っているものもありますが、あなた自身でつくる場合は、バスソルト:自然界塩200gに、お気に入りの精油10~15滴をいれます。

 

よくかき混ぜて密閉容器でキャプチャーします。

 

約3週間で消費しきってくださいね。

 

 

「足浴(フットバス)」

深めの洗面器かバケツに熱めのお湯をはり、精油を3滴いれてかきブレンドします。

 

ふくらはぎあたりまで浸かります。

 

冷めてきますため、差し湯をしながら10分位するとちょっと経ってから汗ばんできますよ。

 

 

手浴(アロマハンド)」

洗面器に熱めのお湯をはって、精油を1~3滴落とし、よくかきブレンドします。

 

両手首の上まで浸かることからもわかるように、5~10分ほどを基準にして!

 

 

 

ジュニパーベリーはどんな香り?アロマブレンドレシピ

「ジュニパーベリーの香りの特徴」

一般的にジュニパーベリー精油オイルの香りの特徴として下記のような表現が一般的です。

 

深い森林を思わせるような、ライトな香りで、その香りの中にどことなく、かすかな果実の甘味も感じさせます。

 

深く落ち着きのある森の木々を思わせるウッディーで清涼感のある香しさが特徴で、ピリっとするような優しいスパイシーさが香り全体をまとめている。

 

ほんのわずかヒノキを感じ取る、爽やかでやんわりと甘いかんばしさ。ヒノキ科の植物で、サイプレスと一緒のようなもので、檜風呂の香りにちょっぴり似た趣を一緒にしています。

 

 

「ジュニパーベリーのオススメブレンドレシピ」

 

「ストレス解消」

ジュニパーベリー+グレープフルーツ+ベルガモット

 

「浮腫み解消に」

ジュニパーベリー+サイプレス

 

「集中力の向上に」

ジュニパーベリー+ローズマリー

 

 

アロマブレンドレシピのコツとしては、初めてブレンドにチャレンジする場合はあくまでもジュニパーベリーの精油をメインに。

 

ブレンドに利用する精油と1滴~2滴程度などアクセントになるようにブレンドすると良いでしょう。

 

 

 

どんな効能がある!?ジュニパーベリー精油オイルのアロマ効果とは

「心への効能」

「気持ちを明るく前向きに」

気持ちをリフレッシュし、明るく元気で前向きな気持ちに変える効果があります。

15世紀にはジュニパーベリーの精油成分を「かみ傷、切り傷」の治療にも利用されていましたほど、薬効が信頼されています。

 

「気持ちが落ち着く」

空気をきれいにするこの「ジュニパーベリーの精油(エッセンシャルアロマオイル)」の香りをたっぷり染み込ませると、気持ちが落ち着くと言われ人気です。

不眠症対策にも効果的です。

そして、この作用がものごとにチャレンジする前向きで元気な気持ちに変えてくれると言われています。

「体への効能」

「毒素や老廃物を排出促進する」

ジュニパーベリーの精油「エッセンシャルアロマオイル」には体内に蓄積した老廃物を排出させる効果があり、体を内側からキレイにするサポートをします。

この実はライムに似た芳香成分を持ち、お酒の「ジン」の香りづけにも利用され、その香り高い症毒性から古くに伝染病の予防に大きな役目がありました。

 

「肥満体質を改善する」

食欲を正常にするだけでなく、肥満(メタボリックシンドローム)対策にも効果的なので、ダイエット中の女性にも人気です。

日本では社松(ねず)の実として呼ばれて親しまれていますが、ジュニパーベリーのアロマオイルは少しだけ刺激があります。

なので、腎臓の弱い方や腎臓が弱ってしまっている方は、使用量、試用期間に注意しましょう。

「肌への効能」

「皮脂バランスを整えてニキビ改善」

ジュニパーベリーの精油成分には「殺菌作用・収斂(しゅうれん)作用があるのはご存知でしょうか?

実はこの作用には皮脂のバランスを整え、ニキビの治りを促すことから、肌荒れに悩んでいる女性の悩みを解消しています。

ちなみに、旧約聖書には疲れ切った預言者のエリヤが、この樹の下で、眠ったという一文があります。

この時代からジュニパーベリーには、「疲労回復効果」あると考えられていました。

 

「むくみ(浮腫み)解消に」

ジュニパーベリーの精油成分には「発汗、利尿作用」があることが報告されています。

この作用によって浮腫み(むくみ)やすい人、シェイピアップ中の人のマッサージオイルにもおすすめされています。

 

 

どうでしたか?

 

このページからもわかるように非常に優れた効果を持っていることが理解できます。

 

いったいどんな作用を持つのでしょうか?

 

では、次に作用について知っていきましょう。

 

 

「ジュニパーベリーの精油オイル」の詳細について

学名 Juniperus communis
科名 ヒノキ科
原産国 ハンガリー、イタリア、フランス、カナダ
採取方法 ジュニパーベリーの水蒸気蒸留法
香りタイプ 樹木系
香りの特徴 深い森林を思わせるような、ライトな香りで、その香りの中にどことなく、かすかな果実の甘味も感じさせます。
ノート ミドルノート
作用まとめ 強壮、駆風、解毒、健胃、抗神経障害、抗リウマチ、催淫、殺菌、殺虫、殺微生物、刺激、収斂(しゅうれん)
ブレンドにおすすめの精油 グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、ゼラニウム、ベルガモット、ローズマリー

 

 

この精油にはどんな口コミが寄せられているのでしょうか?

 

愛用者の意見も知っておくべきですよね。

 

実際に見ていきましょう。

 

 

レビューも!ジュニパーベリーの精油オイルを愛用してる方の口コミ

神奈川_20代_主婦_H・Yさん

「松」かのような樹の独特の匂いになります。(^_-)-☆

 

 

アロマスクールで、老廃物排出、むくみに有用と紹介いただき、手元に到着した今生理前だからか、特に嫌ではないではないかと考えます。

 

月経周期にもいいみたいで。

 

男性の消臭(足とか)にもいいらしいとのことで、使用目的がたくさんありそうで、これからワクワクします。

 

寝つきが悪いですし、寝起きも最悪ですし、一日の始まりと終わりぐらいは気持ちよくなりたいです。

 

混合肌なので、ニキビできやすいです。

 

人と話しているとニキビを見られているようで、つい俯いてしまいます。

 

浮腫みやすく、朝起きると「某子供向けのキャラクター」のように顔がパンパンです。

 

これらのお悩みに効果があり、いまではストレスのない生活を送っています☆彡。

 

 

このようにジュニパーベリーには色々な使い方があります。

 

また口コミでも評判なことがわかりますよね?

 

では、次にジュニパーベリーティー(お茶)について知っていきましょう。

 

どんな効能があるのかでしょうか?

 

 

 

ジュニパーベリーティーの効能と香りは腎臓に禁忌?

ジュニパーベリーはヒノキ科のハーブで和名で「セイヨウネズ」と称されています。

 

一般的には、ジンのフレグランス付け(スパイス)、精油を香水としてなど、数多く採用されます。

 

今日この頃は、ハーブティーや精油(アロマオイルまたはエッセンシャルオイル)にも活かされます。

 

その有効成分には「 精油、フラボノイド、タンニン、ビタミン類、糖質(とうしつ)」が含有されています。

 

 

すごい!「ジュニパーベリーティー(お茶)」の効能とは

「ダイエットサポート効果」

ジュニパーベリーには消化促進する作用を持っております。

 

このことから食前~食後の合間にハーブティーとして摂取すれば、食事メニューの消化を促進することで、脂肪へと変換されるのを防ぎます。

 

結果としてダイエットをアシストする効果に望みが持てます。

 

主成分に「ビタミン類、精油成分、フラボノイド、タンニン」が多量に含有されることで、節制暮らしを送るダイエットに不足傾向にある栄養を補うことができます。

 

 

「風水では魔除けにも」

欧州ではこの実を乾燥したものを「ジュニパーベリー」と称しダイエットサポートにも活用されています。

 

古代ギリシアでは、これを燃やすことにより葬儀の際の悪霊祓いという形で、ジュニパーの根の部位を冥府の神ハーデスへの供物として焚まいりました。

 

他にも、魔よけや精神を浄化するとして、宗教儀式で炊かれていたそうで、フランスやチベットでは、病菌の空気清浄の為に、炊かれていたといいます。

 

 

「むくみ解消、毒素排出促進(デトックス効果)」

ジュニパーベリーハーブティー(お茶)の効能には「体内毒を排出する効果」があります。

 

体に停滞した老葉物や毒素などの排出を促すナチュラルプロセスがあり、「むくみ」や「リュウマチ」、「痛風」を良化してくれます。

 

果実はお酒のジントニックなどのジンの原料としても活用されます。

 

また果実から水蒸気蒸留法にて抽出されてる精油はアロマテラピーでも活用されています。

 

 

「生活習慣病を予防する効果」

有効成分である「フラボノイド」には抗酸化作用がり、生活習慣病の予防・改善する力を発揮します。

 

余談ですが、生活習慣病とは、動脈硬化や心筋梗塞などの病気の全体の名前で、その素因となる物質の一つとして活性酸素が存在するでしょう。

 

しかし、活性酸素は細胞やDNAを破壊します。

 

また血液中の悪玉(LDL)コレステロールと影響し合って、血栓が発生する原因にもなるといわれ、ジュニパーベリーには、これらの症状を守る効き目があります。

 

 

「肌荒れ(ニキビ)予防または改善する効果」

ジュニパベリーは過激な皮脂分泌を安定化させ、ニキビや皮脂分泌をコントロールしてくれます。

 

これが肌のターンオーバーを促してくれる作用との相乗的な効果により肌荒れを改善してくれます。

 

肌荒れが心配でたまらない方にはジュニパーベリーがイチ押し。

 

 

「痛風またはリウマチ症状を緩和」

ジュニパーの実を乾燥させたものがジュニパーベリーで、ジンの香り付けや、肉料理の臭い消しのスパイスなどによってよく活用されています。

 

ティーにして飲むとデトックス効果が上昇して、身体の内側にたまった不要な成分や毒素を体外に押し出す効用があります。

 

関節炎やリマウチ、通風の症状の緩和に働きをしてくれます。

 

 

「泌尿器系の感染症予防効果」

「浮腫み(むくみ)や水太り」を防いだと、泌尿器系の感染症などの泌尿器系に関係したトラブルの改善にいい働きをするとされています。

 

古代エジプトであれば、「関節炎の症状や肌(皮膚)に至るまでのトラブル症状を軽減するため、ジュニパーベリーの抽出液を入浴剤として活用していたと考えられています。

 

 

「ジュニパーベリーティー」愛飲者からの口コミレビュー

東京都_30代_主婦_K・Sさん

「ジュニパーベリーティーの風味について」
朝の森林とか樹林を連想させるようなウッディーな香りをふんわり漂わせてくれます。

 

ほのかなスパイシーの風味が「くぅ~~~~っ」とさせてくれます。

 

飲みにくいハーブティーが割と多いですが、このハーブティーは飲みやすくなっているので、安心しました。

 

 

それだけでなく、香りの中に甘みとスパイシーな味を感じることがで、ハーブティーとして飲む際はむくみ解消効果がありました。

 

 

薬効が優しいので、飲み続けなければならない気もします。

 

「ジュニパーベリーティーの効果について」
個人的にですがダイエットサポートに効果的なような気がします、発汗が促進されるのか?

 

ポカポカしてきますし、代謝が良くなっていう気がしていますし。

 

特にお風呂に浸かりながらハーブチーを飲用することで、ダイエットサポートにより有効ですね。

 

寒い冬場の風邪予防や冷え性にもよさそうですね。

 

 

 

どうでしたか?

 

ジュニパーベリーティー

ジュニパーベリーの精油

 

どちらも魅力的ですよね?

 

では、具体的にどんな香りが楽しめるのでしょうか?

 

 

ウッディーが楽しめる!「ジュニパーベリーの香り」とは

ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌

ジュニパーベリーの香りについて下記にような表現が一般的となっています。

 

実際の所お酒のジンの香りという形で皆が知っているのがジュニパーベリーのアロマです

 

ジンの原料と呼ばれてありませんでしたしそれこそ胡椒のようなスパイシーな香りに気付くことが想定されます。

 

微かにヒノキを感知する、爽かでやんわりとスイートな香り

 

お酒のジンの香りづけと言う側面もあるジュニパーベリーは、ウッディーで気候のよいで甘い香り。

 

このようにジュニパーベリーの香りについては色々な表現がありますが、スパイシーでウッディーな香りということは共通しています。

 

 

 

ジュニパーベリーの効能は腎臓に禁忌って本当なの!?

ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌

ジュニパーベリーには身体の内側の水分を取り除く、強力な利尿作用が存在します。

 

この利尿作用は腎臓に疾患が起きる人においては体のダメージとなるので、摂取を自重するべきハーブと指摘されています。

 

腎臓の疾患で来院していたり、経過観察中の人が活用しないのは当然の事。

 

腎臓疾患とは違ったけれど、腎臓の機能がそれほど強く無い人も、万が一の時のためにジュニパーベリーを体に取り入れる際は、ドクターなどにお問合わせしてから摂取する方が良いでしょう。

 

 

他にもジュニパーベリーの効能には下記のような禁忌があるのはご存知でしょうか?

 

 

「妊娠中(妊婦)は使用を控える」

ジュニパーベリーには子宮を刺激する働きがあるという理由から、妊娠中、授乳中の人は利用を回避した方が良いとされています。

 

これ以外には月経が重く出血が多いケースだとなども、ジュニパーベリーの使用は回避した方がよいと考えます。

 

 

「高濃度のアロマオイルの使用は肌に刺激に」

 

・サプリメントやハーブティーと違って、アロマポットで香りを楽しむアロマオイル

・浴槽に数滴垂らしてストレス発散するアロマバス

・ハーバルウォーターやアロマオイルに伴う手作り化粧水

 

なども、発揮させる際には気を付ける必要があります。

 

ジュニパーベリーを回避した方が良い妊娠中や授乳中、腎臓疾患の人だけでなく、高濃度でアロマを堪能したりします。

 

アロマバスや高濃度のハーバルウォーターや自作化粧水は、肌の刺激になる人もいるようです。

 

万が一にも肌に刺激を感じたケースになると、ただちに使用をストップしてください。

 
 

チェックしよう>>>あなたにオススメの精油はコレかも!?こちらをチェックして自分だけの精油を見つけよう

 

 

 
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。