紅茶の利尿作用は体やむくみに効果なの?飲んでデメリットも検証!


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。





紅茶の補給は利尿作用を確固たるものにすることを目標にすることですが、異常に摂取しても逆の効果になってしまっています。

 

利尿作用を引き出すには、正当なやり方があるのです。

 

ただ水分を体内に取り入れていても、むくみが快方に向かったり、肌がキレイになったりするわけではないのでインプットしておきましょう。

 

そこで、紅茶がもたらす利尿作用にはどんな体に良いことがあるのでしょうか?

 
 

チェックしよう>>>あなたにピッタリのハーブティーや紅茶が見つかる!お茶に関する大切なコトはこちらをクリック

 
 

「紅茶で利尿作用を高めると血液循環がよくなります」

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

利尿作用とは身体内の毒素や不要な物質、余分な水分を身体の外に排出するナチュラルプロセスのことです。

 

尿を体にキープしてしまうと、毒素や老廃物、使い切ることができなかった水分が体の中に蓄積され、血行を悪化させます。

 

血液循環が劣化すれば、新陳代謝もダウンします。

 

利尿作用を引き立てることで、血の巡りが良くなり栄養成分や酸素が細胞にしっかりとアプローチすることで、新陳代謝が上昇します。

 

尿が出ないと新陳代謝も体も悪く!そこで紅茶の出番」

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

尿の回数が並はずれて少ない、尿の量が減った、などを含んだ症状が起こったケースになると気をつける必要があります。

 

尿が少ないと不要な成分が体内に溜まり、新陳代謝が活発でなくなり浮腫(むくみ)が起きる原因になるほか、だるさ、吐き気なども発生します。

 

吐き気などが発生したときには、早急にクリニックに行きましょう。

 

尿の量が減少するのは、腎臓に血液が欠乏する、脱水、ショック、出血、心臓病などが元凶となり引き起こされることもあります。

 

紅茶を摂取をするなど賢明な利尿作用はポイントですが、極短に排尿が少ないケースはクリニックに行きましょう。

 

 

体やむくみに良い!紅茶で利尿作用を高める水分摂取ポイント

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

紅茶を口に入れると利尿作用が活発化し、新陳代謝のアップにつながります。

 

結果として、血液循環が良化して体やむくみに良い結果が得られるというメカニズムです。

 

ただし、デタラメに紅茶を使用しても、おなかを壊したり、浮腫んでしまったり、デメリットが降りかかってしまいます。

 

紅茶と摂取するケースになると、以下のようなポイントとなるところを抑えて浮腫み(むくみ)や体のために紅茶を取り入れをするようにしましょう。

 

1日で取り込みたい紅茶の量は700ML~1.2Lぐらいです。

 

そうは言っても、一度に1.5リットルのお水を飲用しはいけません。

 

紅茶はちょいちょい摂るのが重要です。

 

起床時、お昼ごはんのとき、入浴前、入浴後、就寝する前、にコップ1杯程度の水分摂り入れをしましょう。

 

睡眠中にはコップ1杯、7~8月だとコップ2杯分の汗を出すと考えられています。

 

それを充満させるケースでも、朝起きたときと睡眠をとるときにお水を飲用するようにしましょう。

 

寝る前に紅茶を摂っても、でたらめに口にしない限りはむくみが起きる原因にはなりません。

 

適度に水分を飲用することで、血液濃度が上昇するのを阻止して血の流れをよくし、新陳代謝を高めてくれます。

 

 

紅茶の飲み方を間違えるとこんなデメリットも?

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

頻尿とは現代社会において1日あたり8回以上排尿することを意味します。

 

ただし、排尿には個人により差もあり得ますから、必ずしも8回以上が頻尿だとは言い切れません。

 

頻尿は尿の量が身体の中からダウンしてしまい、脱水症状に見舞われます。

 

何回もトイレに行くのはライフスタイルにも悪影響を及ぼすでしょう。

 

時代も様変わりして若い女性のみなさんにも拡大しているという頻尿。

 

女性になる発端としては、骨盤底筋のゆるみ、筋肉の衰滅、妊娠などが見受けられます。

 

解決方法としては骨盤底筋を強くするストレッチ体操をすることです。

 

また、頻尿が起きる原因は心因性のケースでもあります。

 

紅茶のポイントとしては上記のような飲み方を参考に、あくまでもむやみに愛飲することは避けるようにしましょう。

 

 

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いのか?デメリットも検証しました

紅茶リポーターのK・Hさん(主婦)

ディルマ(Dilmah)紅茶のアップルティーさせていただきました。

以前から興味ありましたし(^_-)-☆

さて、浮腫み(むくみ)には良いのかな?

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

今日、通販店で人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:アップルティー」の口コミリポートいたしました。

 

「ディルマ(Dilmah)紅茶」は外国で販売されているハーブティーシリーズです。

 

まず紅茶のデメリットとしてはカフェインが含まれるということですね。

 

下記にのような事例が挙げられています。

 

カフェインが含まれている紅茶は睡眠の妨害する可能性がある

 

カフェインは胃痛を引き起こす可能性がゼロではない(医学的にはそこまで重視されていない)

 

カフェインは眩暈(まめい)を引き起こす原因になる

 

しかし、一般には1日5Lとか極端な過剰摂取でなければ問題なしですし、紅茶に含まれるカフェインの含有量なんでたかがしてれるとのこと。

 

なので安心して愛飲しましょう。

 

され、こちらの紅茶はどんなテーストなのでしょうか?

 

こちらが、口コミリポートさせて貰う、通販販売コーナーなどで人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:アップルティー」です。

 

グリーンアップルのパックですね。

 

ちなみに近年では紅茶には利尿作用だけでなく、抗菌作用があるので風邪予防に効果を見せてくれますね。

 

また、個人によって紅茶を濃い目に出してうがい薬としても活用する人もいると考えられています(^_-)-☆。

 

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

ティーパックは何処とはなしに、やわらかいアップルのようなスイート系の香りがします。

 

でも、ほとんどアッサム紅茶のような香りがしっかりしたような気がしていますね。

 

なので、ほとんどアップルの香りは感じ取れません。

 

言われてみれば、何となくといったイメージかな。

 

 

お湯を注ぐと、ふんわりとリンゴのような香りを楽しむことができます。

 

でも、アッサム紅茶のような渋い香りと配合されていますね。

 

なので、ものすごくリンゴのような甘い香りじゃないだろうか。

 

紅茶にはリラックス効果があるので、日ごろからストレスを持っている人には効果を見せてくれますね(^_-)-☆。

 

 

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

ハーブティーとして口に入れると、口に含んだ瞬間はアップルの香りが感じれます。

 

しかし、すぐにアッサム紅茶のような香りが拡がっていきました。

 

そして、後味に心なしかアップルの香りが感じ取れますので、風味自体は紅茶の香りがメインではないでしょうか。

 

 

口に含む瞬間と後味にアップルの香りが、優しく楽しめるくらいかな。

 

 

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いのか?デメリットも検証~まとめ

今回、通販店で注目を集める「ディルマ(Dilmah)紅茶:アップルティー」の口コミリポートさせていただきました。

 

まず利尿作用ですが、1日目ではあまり変わらない気がしますが、継続的に摂取することで効果があるのかもしれませんね?

 

なのでデメリットもあまり感じることもなく・・・・

 

 

強いていうのであれば、カフェインが含まれているので、目が覚めて睡眠が心配になるということかな?

 

わたしは感じませんでしたがね(^^♪

 

風味はけっこうサッパリとしたアップルティーなので、そこまでアップルのような甘い風味とは違ったかな。

 

なので、濃厚な甘いアップルの甘酸っぱさを求める人には、マッチしてないですね。

 

あと、アッサム紅茶のような渋みとコクがありますね。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたにオススメのハーブティーや紅茶はコレかも!?こちらをチェックして自分だけのお茶を見つけよう

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。