紅茶の利尿作用はむくみに1番効果的な飲み物!浮腫みへの即効性は?

この記事は3 分で簡単に読めます


紅茶を飲用することで、優れた利尿作用があり、

この利尿作用は浮腫み(むくみ)解消につながります。

 

専門家によっては「紅茶の利尿作用は浮腫みに一番効果的な飲み物だ!」

そう提唱する人もいます。

 

もちろん過剰摂取する必要はありませんが・・・・

 

では、紅茶がもたらす利尿作用には、

どんな体に良いことがあるのでしょうか?

 

紅茶の利尿作用はむくみに1番効果的な飲み物だった!その理由を教えて!

むくみは血液中の「余分な水分」や「体内の毒素、老廃物」が、

皮下にしみ出し溜まっている状態です。

 

結論から言えば、紅茶の利尿作用は排尿を促すことで、浮腫みを招く「余分な水分」を排出します。

 

また利尿によって「体内の毒素や老廃物」を排出して血液の循環をスムーズにします。

 

血流がスムーズになれば、より浮腫みは改善されます。

浮腫み(むくみ)を解消する一番の方法は、体内の循環を促進することです。

 

体内の循環や血行を促進することで、浮腫みは簡単に改善されてますが、

それを抑制しているのが「体内の毒素や老廃物」です。

 

紅茶の有効成分である「カフェイン」や「カテキン」には、

非常に優れた利尿作用があります。

 

これが「紅茶の利尿作用は浮腫みに一番効果的な飲み物だ!」

と提唱する理由です。

 

むくみ解消するなら「水・コーヒー・紅茶・緑茶」どれがいい?利尿を促す飲み物を教えて!

浮腫み(むくみ)を解消するなら紅茶が1番オススメです。

 

「水道水」で浮腫みを解消するというのは賢明ではなく、下策でしょう。

 

もし「水」で浮腫みを解消するなら、せめて温めてから飲むと効果的です。

 

他にも、ミネラルウォーターなどの硬水やスポーツドリンクを飲むのも悪くありません。

 

コーヒーですが、これにも同様にカフェインによる利尿作用が期待できるので、

浮腫みを解消するといえるでしょう。

 

しかし、コーヒーは並外れたカフェイン量が気になるところです。

 

一方で、紅茶は利尿作用だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富ですし、

コーヒーに比べると比較的に安全性は高いと言えます。

 

最後に緑茶ですが、実は「緑茶」も「紅茶」も茶葉は一緒なのです。

 

単純に「利尿作用や浮腫み解消効果」を比較するなら、

紅茶も緑茶も変わらないでしょう。

 

ですが、紅茶には浮腫み解消に効果的な理由がちゃんとあります。

 

それも見ていきましょう。

 

紅茶の3つの成分が利尿作用を齎して浮腫みを解消している!

紅茶の利尿作用が優れているのはなぜでしょうか?

 

確かに、コーヒーも利尿を促進する飲み物だと言われていますが、

専門家たちは「紅茶の方は利尿作用が高い!」と口を揃えて言います。

 

実は、それは紅茶の三つの成分が利尿を促進しているからなのです。

 

紅茶には「カフェイン」・「カテキン」・「ミネラル」が含まれています。

 

実はこの3つもの成分が利尿作用を促していることが分かっています。

 

この3つの成分が利尿作用を齎すことで、浮腫みを解消をサポートします。

 

紅茶の利尿作用は浮腫み(むくみ)解消に即効性はあるの?

紅茶の利尿作用は浮腫み解消に即効性は十分に期待できます。

 

早ければ、翌日くらいには効果を感じられる人も多い。

 

紅茶を飲むと「トイレが近くなる・・・・」

という経験はありませんか?

 

紅茶を飲むと「1時間以内にトイレに行きたくなる」というのは、

紅茶によって利尿作用が促されている証拠です。

 

つまり、浮腫みを解消するカギは「利尿作用」なので、

この時点ですでに効果を得られているということになります。

 

利尿作用の飲み物で体内に余分な水分を溜めなことで、脚のむくみ解消にも繋がる

脚のむくみの原因は体内の毒素を運ぶリンパの流れが低下し、

心臓から遠い脚に余分な毒素が蓄積される事で起こります。

 

紅茶の利尿作用や浮腫みを解消する効果が高いのは、

「カフェイン」、「カテキン」、「ミネラル」の3つの成分が相乗効果で働くからです。

 

浮腫みと言えば、「顏」のイメージがありますが、足も浮腫みます。

そこで、紅茶の利尿作用が「顏」や「足(脚)」など体全体の浮腫みを解消してくれるのです。

 

正し、紅茶にはカフェインが含まれているので過剰摂取は禁物です。

(紅茶の飲み方は下記に紹介しています。)

 

余談ですが、紅茶にはミネラルが含まれています。

 

ミネラルはタンパク質・炭水化物・脂質・ビタミンなどの身体を構成する5大栄養素のひとつ。

 

でもミネラルは体内で合成させる事が出来ないので、

食べ物や飲み物で体内に摂取しないといけません。

 

手早くミネラル補給がでるのも紅茶のメリットですね。

 

紅茶で利尿作用を高めて浮腫みを解消する飲み方とは?

紅茶と摂取するなら、以下のようなポイントを心掛けて、

浮腫み(むくみ)や体のために紅茶を摂取するようにしましょう。

 

1日で取り込みたい紅茶の量は700ML~1.5Lぐらいです。

 

そうは言っても、一気に1.5リットルのお水を飲用しはいけません。

 

紅茶は1日の中で時間を空けて小まめに飲むのがポイントです。

 

「起床時、お昼ごはんのとき、入浴前、入浴後」

これらのタイミングにコップ1杯程度の紅茶を飲みましょう。

 

紅茶を飲むと利尿作用が活発化し、新陳代謝のアップにつながります。

 

結果として、血液循環が良化してむくみに効果的につながるのです。

 

睡眠中にはコップ1杯、7~8月だとコップ2杯分の汗を出すと考えられています。

 

適度に水分を飲用することで、血液濃度が上昇するのを阻止して、

血の流れをよくし新陳代謝を高めてくれます。

 

紅茶の利尿作用は3つの素晴らしい効果(効能)を齎してくれます!

紅茶で利尿作用を高めると血液循環がよくなります

利尿作用とは身体内の毒素や不要な物質、余分な水分を身体の外に排出することです。

尿を体に溜まると、毒素や老廃物、不要な水分が体の中に蓄積され、

体全体の血行を悪化(血行不良)につながってしまいます。

日頃から紅茶を飲んで血液の循環をサポートしましょう。

 

血液循環が劣化すれば、新陳代謝もダウンします。

血液の循環不良(血行不良)は、体脂肪の燃焼を鈍化せてしまいます。

血行不良は疲労や冷え性にもつながってくるので。

実は深刻な症状でもあるのです。

そこで紅茶の利尿作用によって、血の巡りが良くなることで、

栄養成分や酸素が細胞に行き渡り易くなることで、新陳代謝が上昇します。

 

尿が出ないと新陳代謝も体も悪くなる!そこで紅茶の出番

「尿の回数が少ない」・「尿の量が減った」

などの症状が起こったケースになると気をつける必要があります。

尿が少ないと不要な成分が体内に溜まり、新陳代謝が活発でなくなります。

すると浮腫(むくみ)が起きる原因になるだけでなく、「だるさ、吐き気」なども発生します。

尿の量が減少するのは「腎臓に血液が欠乏する、脱水、ショック、出血、心臓病」などが元凶です。

 

紅茶は飲み方を間違えると「利尿作用」が悪影響を及ぼすことも!

頻尿とは1日あたり8回以上排尿することを意味します。

 

ただし、排尿には個人により差もあり得ますから、

必ずしも8回以上が頻尿だとは言い切れません。

 

実は、頻尿は体内の必要な水分も排出して、脱水症状に見舞われることも。

 

何回もトイレに行くのは生活にも悪影響を及ぼすでしょう。

 

確かに、紅茶には利尿作用がありますが、

過剰摂取は効果(利尿作用)が効きすぎることもあるのでNGです。

 

1日に多くても2リットル以上は飲まないようにしましょう。

 

カフェインが含まれている紅茶なら尚更です。

 

 

紅茶の利尿作用はむくみに1番効果的な飲み物だった!浮腫みへの即効性は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

確かに、コーヒーやミネラルウォーターなど、

利尿を促進する作用を持つ飲み物は豊富にあります。

 

ですが、紅茶のメリットは優れた利尿作用や浮腫み解消効果だけではありません。

 

「抗酸化作用」や「ビタミンやミネラル」が豊富など、多くの効果があるのです。

 

ぜひ、日常的に紅茶を飲んでみましょう。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?