紅茶の利尿作用は体やむくみに効果なの?飲んでデメリットも検証!

この記事は2 分で簡単に読めます


紅茶の補給は利尿作用を確固たるものにすることを目標にすることですが、異常に摂取しても逆の効果になってしまっています。

 

利尿作用を引き出すには、正当なやり方があるのです。

 

ただ水分を体内に取り入れていても、むくみが快方に向かったり、肌がキレイになったりするわけではないのでインプットしておきましょう。

 

そこで、紅茶がもたらす利尿作用にはどんな体に良いことがあるのでしょうか?

 

 

「紅茶で利尿作用を高めると血液循環がよくなります」

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

利尿作用とは身体内の毒素や不要な物質、余分な水分を身体の外に排出するナチュラルプロセスのことです。

 

尿を体にキープしてしまうと、毒素や老廃物、使い切ることができなかった水分が体の中に蓄積され、血行を悪化させます。

 

血液循環が劣化すれば、新陳代謝もダウンします。

 

利尿作用を引き立てることで、血の巡りが良くなり栄養成分や酸素が細胞にしっかりとアプローチすることで、新陳代謝が上昇します。

 

尿が出ないと新陳代謝も体も悪く!そこで紅茶の出番」

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

尿の回数が並はずれて少ない、尿の量が減った、などを含んだ症状が起こったケースになると気をつける必要があります。

 

尿が少ないと不要な成分が体内に溜まり、新陳代謝が活発でなくなり浮腫(むくみ)が起きる原因になるほか、だるさ、吐き気なども発生します。

 

吐き気などが発生したときには、早急にクリニックに行きましょう。

 

尿の量が減少するのは、腎臓に血液が欠乏する、脱水、ショック、出血、心臓病などが元凶となり引き起こされることもあります。

 

紅茶を摂取をするなど賢明な利尿作用はポイントですが、極短に排尿が少ないケースはクリニックに行きましょう。

 

 

体やむくみに良い!紅茶で利尿作用を高める水分摂取ポイント

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

紅茶を口に入れると利尿作用が活発化し、新陳代謝のアップにつながります。

 

結果として、血液循環が良化して体やむくみに良い結果が得られるというメカニズムです。

 

ただし、デタラメに紅茶を使用しても、おなかを壊したり、浮腫んでしまったり、デメリットが降りかかってしまいます。

 

紅茶と摂取するケースになると、以下のようなポイントとなるところを抑えて浮腫み(むくみ)や体のために紅茶を取り入れをするようにしましょう。

 

1日で取り込みたい紅茶の量は700ML~1.2Lぐらいです。

 

そうは言っても、一度に1.5リットルのお水を飲用しはいけません。

 

紅茶はちょいちょい摂るのが重要です。

 

起床時、お昼ごはんのとき、入浴前、入浴後、就寝する前、にコップ1杯程度の水分摂り入れをしましょう。

 

睡眠中にはコップ1杯、7~8月だとコップ2杯分の汗を出すと考えられています。

 

それを充満させるケースでも、朝起きたときと睡眠をとるときにお水を飲用するようにしましょう。

 

寝る前に紅茶を摂っても、でたらめに口にしない限りはむくみが起きる原因にはなりません。

 

適度に水分を飲用することで、血液濃度が上昇するのを阻止して血の流れをよくし、新陳代謝を高めてくれます。

 

 

紅茶の飲み方を間違えるとこんなデメリットも?

紅茶の利尿作用は体やむくみに良いデメリット

頻尿とは現代社会において1日あたり8回以上排尿することを意味します。

 

ただし、排尿には個人により差もあり得ますから、必ずしも8回以上が頻尿だとは言い切れません。

 

頻尿は尿の量が身体の中からダウンしてしまい、脱水症状に見舞われます。

 

何回もトイレに行くのはライフスタイルにも悪影響を及ぼすでしょう。

 

時代も様変わりして若い女性のみなさんにも拡大しているという頻尿。

 

女性になる発端としては、骨盤底筋のゆるみ、筋肉の衰滅、妊娠などが見受けられます。

 

解決方法としては骨盤底筋を強くするストレッチ体操をすることです。

 

また、頻尿が起きる原因は心因性のケースでもあります。

 

紅茶のポイントとしては上記のような飲み方を参考に、あくまでもむやみに愛飲することは避けるようにしましょう。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?