紅茶は美容に効果的なのか口コミ!主成分ハイドロキノンの効能を解説

この記事は2 分で簡単に読めます


日頃から皆さんに親しまれ愛飲されているには、紅茶です。

 

実は紅茶には女性の永遠のテーマとも言われている「美容サポート」に有効なんです。

 

中でも紅茶は「シミやソバカス」などの美容(美肌)に効果的と言われているのを知っていますか?

 

それには有効成分である「ハイドロキノン」に秘密があると言われています。

 

 

紅茶は美容に効果的な主成分「ハイドロキノン」の効能

ハイドロキノンには「ビタミンCの10~100倍」もの美白効果があるのはご存知でしょうか?

 

ハイドロキノンはシミに高レベルな作用を示します。

 

ビタミンCにもメラニン色素を抑制するナチュラルプロセスがあります。

 

 

ビタミンCは美白効果があると定義されていますが、ビタミンCと対比してハイドロキノンの美白効果は10~100倍とも列挙されるほどです。

 

 

シミの治療はレーザー治療のイメージが強いですが、ハイドロキノンは、レーザー治療が不要で、薬や化粧品で皮膚に沈着してしまったメラニン色素にまで働きかける作用があります。

 

以前からできてしまったシミに影響を与えるに止まらずて、メラニンを作成する細胞であるシミのもとに警鐘します。

 

 

結果的に新規でできるシミに呼びかけ防止もできる点がほかの美白成分と異なった持ち味になるでしょう。

 

 

肝斑、加齢や紫外の誘発効果によるシミ、そばかす、くすみ、ニキビや傷の跡の色素の沈着などに力を見せてくれると考えられています。

 

 

 

紅茶に含まれる「ハイドロキノン」には副作用もある?

一般的に紅茶として愛飲するだけであれば何も問題はありません。

 

 

 

ハイドロキノンは即戦力になる効果も高いですが、強い成分なので、肌に炎症を引き起こしてしまうリスクもないとは言えません。

 

特に「紅茶パック」として使用するケースは注意です。

 

濃度とは関係なしに、皮膚に合うか否か、アレルギーテストを行った上で活用したらよいでしょう。

 

 

 

ハイドロキノンと捉えている期間の気をつける点は、何としても日焼け止めを塗り、できるだけ太陽光に含まれる紫外線を遠ざけることです。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を阻止しますが、メラニン色素にはディフェンス機能があり、UVが肌の細胞にあたえる重圧から守り抜きます。

 

それまで通り強い陽射しにさらされると、シミ、しわなどの肌の老化が実現できるでしょう。

 

ハイドロキノンは、酸化しやすい成分ですので、効き目を保つためにも、薬やコスメティックスなどは開封した後に冷蔵状態で取り置きするのがおすすめです。

 

なるべく早いうちに使いキリましょう。

 

 

 

紅茶の肌に付けるのはどうなの?ハイドロキノンの効果を得やすい?

紅茶の美白成分と言えば「ハイドロキノン」ですが、飲むだけじゃもの足りない・・・

 

という人もいますよね。

 

最近では、紅茶に含まれるハイドロキノンの美白効果を一番得られやすい方法として「紅茶のフェイスパック」が人気を集めています。

 

他にも、「紅茶エキスを肌に塗ったり、紅茶のお風呂に浸かったり」など、方法は様々です。

 

要するに、紅茶の抽出液を肌に直接的に浸み込ませるという方法が一番美白効果を得られるというわけです。

 

もちろん、紅茶を直接、肌に塗ることで肌質に合わずに少しでも違和感を感じるようであれば中止するべきです。

 

また、他にも注意点があります。

 

それはアールグレイ紅茶は光毒性があるので、塗ってから紫外線に当たると危険だと言う事です。

 

アールグレイ紅茶は香り成分はベルガモットであり、このベルガモットの柑橘系の香りには、光毒性があります。

 

つまり、アールグレイ紅茶を肌に塗った後に、肌が紫外線に当たると肌が炎症を起こす可能性があります。

 

なので、紅茶を肌に塗ること自体は違和感を感じないのであれば問題ありませんが、アールグレイ紅茶だけは絶対にやめておきましょう。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?