紅茶のデメリットは体に悪い!安い紅茶は副作用が怖すぎるって本当?

目次一覧

この記事は5 分で簡単に読めます


「紅茶は体にいいのか?」

「紅茶は体に悪いのか?」

 

あなたはどちらだと思いますか?

今では多くの人から愛飲されている紅茶ですが、

「実は体に悪い!」との意見もあります。

 

では、実際に見ていきましょう。

 

 

紅茶のデメリットは体に悪いって本当?副作用を教えて

「紅茶を飲むと眠れなくなる」

紅茶を飲むと30分~40分程で目が覚めてしまいます。

これはカフェインによるものです。

寝る前にうっかり飲むと安眠しにくくなり、

寝つきが悪くなります。

カフェインに弱い人は、17時後以降は摂り入れない方がいいとの意見も。

カフェインレスの紅茶も市販されているので

寝る前でも紅茶を飲みたい人はノンカフェインにしましょう。

「紅茶 寝る前 太る」に関する記事も見ておきましょう。

 

「トイレが近くなる」

紅茶を飲み過ぎるとトイレが近くなります。

ちょっと迷惑ですよね。

もちろん、利尿作用はデトックス効果にもつながります。

体の中の不必要なモノが出るので、

メリットでもありデメリットでもあります。

 

「紅茶の過剰摂取はNG!」

紅茶は毎日飲んでも、悪影響はないと言われています。

しかし、飲み過ぎて過剰摂取すれば別の話。

美味しい紅茶ですが、

飲み過ぎたりすると副作用も気になってしまいます。

カフェインやタンニン、シュウ酸を摂取し過ぎると、

胃痛や吐き気などど副作用を齎す危険性があると考えられています。

 

「歯が染まる(茶色くなる)」

紅茶染めがあるのと一緒で、紅茶には色が存在します。

これはタンニンによる色素沈着が原因です。

タンニンで歯が黒ずむと懸念する人もいます。

しかし1日2~3杯だけでは染まりません。

常日頃から丁寧に歯を磨いていれば問題ありません。

ですが、歯磨きした直後は止めておきましょう。

 

「気持ち悪くなり吐き気を催す」

紅茶を飲むと気持ち悪くなる人は意外に多い。

この原因としては、過剰摂取や空腹時の飲用によるものが原因です。

紅茶には様々な栄養成分が含まれています。

これを過剰摂取することで、吐き気を催すこともあります。

「紅茶 成分 吐き気」に関する記事も一緒に見ておきましょう。

 

胃の炎症や胃痛の原因になる

紅茶にはカフェインが含まれていますよね?

実は、カフェインは胃酸の分泌を促進する効果があります。

過多な胃酸は胃の粘膜をボロボロにすることもあります。

胃が弱っている人が紅茶を飲み過ぎると、

胃の炎症や胃痛の原因にもなるので注意しましょう

「紅茶ダイエット 飲み過ぎ 胃痛」に関する記事も併せて読むのがオススメです。

 

紅茶の有効成分「カフェイン」は便秘を招くデメリットがあるって本当なの?

紅茶にはカフェインがたくさん含有されますが、

このカフェインには利尿作用があります。

 

この利尿作用は体に不要な水分を排出するため、むくみ解消には効果的です。

 

しかし、この紅茶の利尿作用によって腸内の必要な水分までも排出する危険があります。

 

腸内の水分が不足すると便が硬質化して、便秘に見舞われてしまうと思います。

 

紅茶に含まれる「タンニン」は便を固めるデメリットがあるので、過剰摂取は注意!

紅茶にはタンニンが含まれているのはご存知ですよね?

 

この成分には便を固める効果をもたらしてしまいますので、

1日に1リットル程度の紅茶の飲用がオススメ。

 

また便秘に効果的と言う意見もありますが、これは基本的に短期的な効果。

 

例えば、センナなど刺激性の便特効薬を服用し継続すると、

効果がなくなってしまうのと同じ物理現象。

 

似たような効果を手に入れようとすると、

より一層量を増やさなければならなくなりしまいます。

 

このように適量であれば、健康や美容をサポートする紅茶でも、

飲み過ぎることで、逆に悪い影響を齎してしまうこともあります。

「紅茶 飲み過ぎ 危険 副作用」に関する記事も併せて読んでみましょう。

 

安い紅茶は体に悪くて副作用が怖すぎるって本当なの?その理由を教えて!

「低価格の紅茶ティーバッグ」には過剰なフッ化物が含まれている

大学研究チームの調査によると、低価格の紅茶ティーバッグには、

1日の推奨摂取量から近い、またはそれ以上の「フッ化物」が含まれているという。

「フッ化物」は骨や歯の健康に重要な物質だが、

過剰に摂ったらむしろ様々な健康トラブルが発症する。

 

フッ化物の過剰摂取は「関節の痛み、筋力低下、骨粗しょう症」を招く

フッ化物の過剰摂取によって起こりうる健康被害は色々ある。

「関節の痛み、筋力の低下、骨粗しょう症、歯がもろくなる、腎臓に問題が生じる」

といった様々な健康への悪影響が専門家からは指摘されている。

なお、紅茶に限らず、緑茶などお茶全般にフッ化物は含まれ、製品によってその量は異なる。

日々消費しているお茶にどれほどのフッ化物が含まれているのか、気になるところである。

 

「古い茶葉」ほどフッ化物の量が増える

低価格の紅茶ティーバッグにフッ化物が多く含まれる背景には、

使ってる茶葉の成長段階が大きく関係する。

茶葉は成長するにつれて、フッ化物が増加するという特徴をもつ。

よって、質の低い、味の濃い紅茶を作るのに使われる「古い茶葉」ほど、

フッ化物の量が増える傾向にあるのだ。

 

 

体に悪いデメリットだけじゃない!紅茶には体にいいメリットもあります!

美白作用があり肌を白くする

紅茶に含まれるハイドロキノンはシミを抑制する作用もあるので、

女性のみなさんにはとっても有難いのが紅茶です。

このハイドロキノンは美白成分アルブチンの100倍もの美白効果があります。

日焼けで傷んだ肌に紅茶を化粧水のように塗ることでシミやそばかすを予防。

ハイドロキノンという成分は皮膚病の治療にも採択されている成分です。

日焼けしてヒリヒリ痛むときは、

紅茶をやさしく塗ってあげましょう。

「紅茶 美白 ハイドロキノン」に関する記事も併せて読むのがオススメです。

 

脳を覚醒する効果(記憶力や集中力が向上)

紅茶を飲用し20分程すると、頭の中がすっきりします。

これは紅茶の中のカフェインが脳に送られて覚醒作用を発揮しているからです。

「これから学習をするぞ、業務につくぞ、」

と言うタイミングでは開始30分前に紅茶を飲用しみましょう。

寝る前に飲むと寝つきが悪くなるので、禁物ですが・・・

 

鎮静作用(アロマテラピー効果)

紅茶の香りには脳にα波を発生させて、リラックス状態にする効果があります。

この香りには人を平静状態に戻す効果があり、精神性を穏やかにしてくれます。

テアニンにストレス解消への効果が高いので、

成分と香り両方から幸せな気分になります。

フレーバーティーに限らず、ダージリンなどのリーフティーでも効果が期待できます。

 

殺菌作用で風邪予防

紅茶には殺菌作用があり、風邪やインフルエンザを引き起こす細菌を殺します。

また紅茶に含有されるテアフラビンがウイルスに抵抗する力を向上します。

つまり、ウイルスが繁殖するのを抑制する効果もあるため、

インフルエンザ対処方法にもなると考えます。

紅茶でうがいしておくことで、喉の殺菌にもなると思われます。

風邪予防にもバッチリです。

 

ビタミンやミネラルの補給

紅茶の葉はビタミンB1や2、カルシウムやカリウムなど、

ビタミン・ミネラルが多量に含みます。

紅茶にする際、お湯を注いだ葉から栄養が溶けだしていますから、

きちんと栄養成分を体内に取り入れることができます。

 

体の酸化防止や肥満防止

紅茶にはポリフェノールが含有されています。

このポリフェノールは体の酸化の抑制、肥満(脂肪分の吸収)を防ぐ効果があります。

紅茶カテキンが糖分を分解します。

カフェインと茶カテキンが脂肪の燃焼をサポートするので、

ダイエットサポートにも効果的です。

 

浮腫み解消(デトックス効果)

紅茶を飲むとトイレに行きたくなりませんか?

紅茶には利尿作用があり、体の中の有毒物を体外に出してくれます。

むくみの解消にも一役買ってくれるので、ありがたいですね。

しかし過剰摂取はNG!

1日に多くても1.5リットル以上は飲まないようにしましょう。

 

ビタミンB群が便通をサポート

紅茶に含まれる「ビタミン群」は便通効果が高いことで、

健康や美容に何かと一目を置かれています。

ビタミンB群には便通を正常化する作用があり、

その中でもビタミンB1には自律神経を回復させるという作用も見受けられます。

腸の蠕動(ぜんどう)運動を司っているのは自律神経です。

しかしビタミンB1の一種「パントテン酸」には、

自律神経の中に存在する「副交感神経」の働きを促進する効果が高いです。

副交感神経は心神が沈静化しているときに優勢になる神経で、

スムーズな御通じには欠かすことができません。

 

カテキンが腸内環境を正常化する

緑茶には「カテキン」という有効成分が含まれています。

カテキンには抗酸化作用や殺菌効果、脂肪燃焼効果など、

様々な効き目を見せることがわかっています。

その多岐に亘るカテキンの効果の一部分が、腸内環境の改善します。

カテキンは小腸で摂り入れられることなく大腸に到達して

大腸菌などの悪玉菌を低減する効果を見せてくれます。

さらに、ビフィズス菌などの善玉菌には負担を掛けることはありません。

結果的に腸内環境が調整されるため、便秘解消への効果が発揮されます。

 

 

紅茶は体に良いの?悪いの?毎日紅茶を飲んでいる人の口コミを紹介

東京都_20代_会社員_H・Sさん

紅茶は体に良い効果があるということで!!

果たして本当なのでしょうか?

今回、機会をいただいてわたしが検証しました。

今回、「リプトン:ピーチ&マンゴティー」に関する口コミリポート。

 

紅茶は腹痛を伴う便秘解消に効果的です。

 

ハーブティーや紅茶は、女性だけでなくや男の人が愛飲するようになってきましたよね。

 

みなさんの周りにも、けっこう愛飲者はいませんか!?

 

「ピーチ&マンゴー」の風味はけっこうウンザリしてしまっている自分もいます・・・・

 

みなさんはピーチ&マンゴーティーは好感を持っていますか!?

 

でも、紅茶って商品によっては、

香りや味が変化してくるような気もしますね・・・・

 

さて、本当にリプトンティーの紅茶が便秘解消に繋がるのでしょうか!?

 

では、「リプトン:ピーチ&マンゴーティー」のパッケージ を開封。

 

う~ん。

 

 

ティーパックからは「フルーティーなピーチの香り」も「甘いマンゴーの香り」のどちらも感じられないですかね!?

 

イングリッシュブレックファースト紅茶のようなスッキリした茶葉の香りが思えましたよ。

 

なので、そこまでクセがあるわけじゃないし、

嫌みのない紅茶の香りというポイントかな(^^♪

 

「リプトンのピーチ&マンゴー」のティーパックの中身はこんな風。

 

コロコロと香料のブロックがあるのがわかりますね。

 

ちなみに、紅茶の有効成分には便通をサポートする作用があるので、

便秘に悩みを抱えていらっしゃる方にもオススメされていますね。

 

 

わたしの友人は「ちょっと便が出ない!!」

 

そんなときに紅茶を飲むと「便秘症状に効果的だったりする」とのことです。

 

お湯を注ぐと、よりイングリッシュブレックファースト紅茶のような上品で嫌みのない香しさかな!?

 

でも、「薬品っぽい甘さ」が見受けられる香りの水蒸気がモコモコ~~っと!!!

 

うっわ~~~~~

 

どことなくですが、フルーティーな湯気が立ち上がってきた~~~(^_-)-☆

 

 

でも、「ピーチ」と「マンゴー」の香りは薄い感覚がありますし、

けっこう紅茶の香りが強いことも考えられますね。

 

 

やはり、どちらかに偏ってしまうものなんですかね!?

 

では、さっそく飲用!!

 

う~~~ん

 

紅茶の香りがメインで、「ピーチ&マンゴー」フレーバーな香りはけっこう薄味かな!?

 

といったイメージでしたよ。

 

フレーバーティーって多くのメーカーさんから売りに出されていますし、

風味もピンキリのような印象を受けませんか!?

 

この商品は「フレーバーの香りがおとなしい」ような気持ちがしましたよ。

 

想像以上に「ピーチ」でもなければ、「マンゴー」でもありませんでしたね。

 

イングリッシュブレックファースト紅茶にどことなくフルーティーな甘さが感じられるかな?

 

程度でしたね。

 

 

ちなみに、こちらの紅茶は便秘効果があったような・・・といった印象でした。

 

継続的に毎日飲んでいけば変わるのかもしれませんね。

 

便秘に悩んでいる方は飲んでみては!?

 

 

 

紅茶は体に良いの?悪いの?毎日紅茶を飲んでいる人の口コミを紹介~まとめ

今回、「リプトン:ピーチ&マンゴーティー」の口コミ調査レポートをいたしました。

 

こちらのリプトンティーの紅茶は便秘解消には、思ってるほど実効性がありないかな?

 

まあ、気休めにはなりそうでしたよ!

 

「甘ったるいフレーバーティー」を堪能したいという方にはオススメなのかもしれませんね・・・・・

 

「しっかりと甘いフレーバーティー」を楽しみたい方は、イメージと違う可能性があります。

 

どちらかと言うと、後味にふんわりと「フルーティーな甘い香り」が楽しめるかな!?

 

あくまでも、どこかしら程度なので、

比較的に香り自体は「おとなしい」ようなイメージを持っていますね。

 

でも、フレーバーティーは数多くリリースされているので、

よく言えば「クドくないピーチ&マンゴティー」といった部分でしょうか?

 

「さっぱりした風味」が好みの人には正しいかも。

 

どうでしたか?

 

では次に紅茶と食べ合わせると相性抜群の食品を紹介します。

 

実は意外なモノが紅茶と相性が抜群んです。

 

見ていきましょう。

 

 

ヨーグルトと相性抜群!紅茶の便秘解消に即効性がでる?

便秘は大勢の人が頭を悩ませています。

 

便秘は腸内に悪玉菌が増加します。

 

腸内環境を改善するためには、

まず悪玉菌が減らして腸内をキレイにして、

善玉菌を増やすことが大切です。

 

そのためには、日頃から乳酸菌などの善玉菌を摂取することが賢明でしょう。

 

そこで紅茶とヨーグルトの組み合わせがオススメ!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸の働きをスムーズにするだけでなく、

腸内で紅茶の有効成分「ビタミンB群」をサポートします。

 

つまり紅茶の有効成分とヨーグルトの乳酸菌の相乗効果で、

より腸内環境をサポートすることになります。

 

しかしビタミンは壊れやすく、

食品だけでビタミン量を維持するのは簡単な話ではありません。

 

そこで乳酸菌を摂取して腸内でビタミンが作り上げられるということは、

体にとって良いことがたくさんあるのです。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?