カモミールを妊娠中に飲んでしまった!臨月や妊婦への悪影響は平気?

この記事は4 分で簡単に読めます


ついうっかりカモミールティーを妊娠中(臨月)に飲んでしまった!

 

実は妊娠中(妊娠初期~臨月)にカモミールティーを飲むと、

お腹の胎児に悪影響になる可能があります。

 

では見ていきましょう。

 

カモミールを妊娠中や臨月に飲んでしまった!副作用の危険はあるの?

カモミールティーはノンカフェインと事もあり、

臨月を迎えた妊婦(妊娠中)さんにも一息ついて飲める印象ですよね?

 

これは大きな間違いです!

 

基本的には「妊婦(妊娠中)や臨月の人」はカモミールティーの飲用を控えた方が安全です。

 

もちろん過度な摂取でなければ問題ありません。

(妊娠中の摂取量は下記で詳しく解説しています。)

 

実は、カモミールティーには子宮を収縮(縮小)させる作用の見られます。

 

臨月の妊娠中だけでなく妊婦さんは(特に妊娠初期)摂取しないほうが良いでしょう。

「カモミールティー 副作用 すべて解説」に関する記事も併せて読みましょう。

 

カモミールティーは、ストレス解消効果も血液循環促進効果もあるのはご存知ですよね?

 

またノンカフェインで妊娠中に効果なハーブティーだと勘違いされがちですが、

万が一のためにも別のお茶にした方が理想的ですね。

 

ちなみに妊娠中にオススメのノンカフェインハーブティーとして、

ローズヒップやハニーブッシュティーがオススメされています。

 

「ハニーブッシュティー 妊婦 効果」に関する記事も併せて読みましょう。

 

妊娠中への愛飲は懸念されているカモミールティーですが、

一方で授乳期間中はオススメされているハーブティーでもあります。

 

 

過度な摂取でなければ「カモミールティー」も妊娠中に安全なハーブティーです。

一般的にカモミールティーを数口(コップ1杯程度)なら飲んでも悪影響はありません。

 

またカモミールティーには妊娠中(妊婦)へのストレスを軽減する作用があり、

このストレスの方がよっぽど毒になるのです。

 

「カモミールティー 栄養成分 ストレス解消」に関する記事も併せて読みましょう。

 

ですが、継続的に多量摂取は胎児への悪影響を及ぼす危険性があるため、

気が付いたときは控えるようにしましょう。

 

もちろん、カフェイン有りの紅茶に比べたらマシではあります。

「紅茶 カフェイン 恐ろしい 胎児に危険」に関する記事も併せて読みましょう。

 

また「出産まで普通にカモミールティーを1日に1杯~2杯飲んでしまっていた!」

 

という体験談もありますが、無事に安産を迎えています。

 

結論として、カモミールティーの継続的な摂取は控え、

不安であればかかりつけの医師に意見を聞いてみると良いでしょう。

 

 

カモミールティーを授乳中に飲むのって本当に大丈夫!?

授乳期につきましては母乳の分泌を促す作用も存在するのです。

 

母乳の分泌を促すことでママさんの体をサポートしてくれますし、

体を芯から温めてホルモンバランスを整える作用があると言われています。

 

つまりカモミールティーは授乳中には積極的に取り入れるべきハーブティーでもあります。

 

子供の世話疲れのママの心を癒す効果もあるので、

子育て中のちょっとしたブレイクタイムに飲み慣れてみるとよいでしょう。

 

結論として、カモミールティーは妊娠中(1日多くてコップ2杯まで)~出産後の授乳期間まで、

女性をサポートしてくれるハーブティーというわけです。

 

ぜひ、あなたもカモミールティーを買って飲んでては?

「カモミールティー 売ってるお店」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

カモミールを妊娠中に飲んでしまった人の投稿エピソードを紹介とは

東京都_30代_主婦_S・Yさん

カモミールティーを妊娠中に飲んでしまった!

ちょっと焦りましたが・・・・・

この度「ロンドンフルーツ(LONDONFURIT):スイートカモミール」の口コミリポートしました。

 

こちらは国内においても人気を集めはじめているハーブティーシリーズの一つです。

 

さて、どんなハーブティーなのでしょうか?

 

スイートカモミールティーって言われる通り、

「甘いカモミールティー」という話なのでしょうか?

 

カモミールティーはリラックス効果で支持率が高く、

「リンゴのような香り」と称される傾向が高いハーブティーですね。

 

個人的にカモミールティーをリンゴのような風味と考えたことはありませんが・・・・・・

またカモミールティーはホルモンバランスを整えるので、

「歯痛、生理症状、PMS症状」などにも効果を発揮したりします。

ティーパックはカモミールティーにバニラとハチミツくらいの香りが加わったようなような気がします。

でも、「あくまでもハチミツのような香り」です。

 

なので、私たちがイメージするハチミツや菓子のような芳香を想像すると、

ちょっと裏切られてしまうかな?

 

どこかしら、パウダリーで人工的な甘さとなっていまして、

人によっては薬っぽいと思われてしまうかも。

 

授乳期間中にオススメされる「ロンドンフルーツ(LONDONFURIT):スイートカモミール」の成分表はこちらです。

 

「カモミール」

「ハチミツ」

「香料」

 

ティーパックの香りは、特徴的なので苦手な人は苦手かもしれませんが、

個人的な意見を述べるならば苦手ではないですね。

 

甘い香りのカモミールティーはとっても好印象ですよ(^_-)-☆

 

お湯を注いでみました。

 

ティーパックの香りと同様でカモミールティーに、

甘い粉っぽい香りがプラスされているようなように思います。

 

ぼんやりとですが、カモミールティーの独特の臭みを、

甘い風味でかき消しているといったイメージも与えてもらいます。

 

ハチミツをプラスしているようですが、甘い香りも特異的なので、

好みが分かれそうなハーブティーといった調子でしょうか。

 

余談ながら、カモミールは体を芯から温めるので、

ヨーロッパでは風邪症候群予防にも活用されていますね。

ハーブティーとして口に入れると確かにカモミールっぽさはどことなく感じられますし、

バニラのような甘さもあります。

 

確かに授乳期間中にストレスをフワフワ~~っと解消してくれるかのようです(^_-)-☆

 

なので、イメージしているようなハニーさではありませんね・・・・・

 

風味が特徴あるので、好みが分かれそうですが、

私としては飲みにくいわけではないかな。

 

甘くておいしいと思いますよ(^_-)-☆

 

いつも飲み慣れているカモミールティーに、

飽きてしまったときに気分を変えてこちらにチャレンジしてみてもいいかもしれないですね。

 

あと、温度がダウンしてくるとカモミールティーのクサみがアピールし始めるので、ホットティー向きかもしれませんね。

 

個人の好みな香りですが、思っている以上に好き嫌いが区分されてしまうようなイメージを持っていますね。

 

「ハニーカモミールティー」ということを指しますが、

なんとなくバニラの風味を加えたようなテイストです。

 

なので、人それぞれで受け付けないって人もいるかな?

 

いつも、飲みつけているカモミールティーに飽きたら、

気分を変えて堪能してみてもよさそうかな。

 

豆乳を加えると、比較的にクリーミーとなるので、

気休めですが摂取しやすくはなりましたよ。

 

次に紹介するのはドライハーブを利用した「ジャーマンカモミールティー(カミツレ茶)」です。

 

ハーブティーや(精油・アロマエッセンシャルオイル)ではカモミールの香りの効果は、

「神経を鎮めリラックス効果、ストレス解消効果」が認知されています。

 

また、精油成分による効能(肉体的疲労、ストレス解消、鎮静作用、緊張緩和作用)は、

医学的にも証明されています。

 

 

カモミールは女性に人気ハーブティーで、

ニキビ予防、アレルギー軽減などの効用が期待できます。

 

優しい花の香りですが、漢方のような癖(くせ)がありますね。

 

このハーブは、ヨーロッパで最も歴史がふるく、民間療法にも使用されています。

 

風邪予防に人気で、風邪予防や喉の不快感には紅茶とのブレンドも注目されています。

 

また、古くからヨーロッパで体を温める作用があるとして冷え性対策の為に愛飲されています。

お湯を注ぐと、ドライハーブよりも優しさがありますが、

やはり独特の癖(クセ)がありますね。

 

ちなみに、体を温めることで女性特有の悩み(月経痛など)を緩和することができます。

 

なので、生理の数日前から飲む女性もいます。

 

体を温める効果も期待できることから、冷え症にも効果的なよう!

 

特に女性に多い冷え症にお悩みの方はホットミルクカモミールティーにはちみつを足して飲布が人気。

 

ダイエットにも有効と言われます。

 

しかし、キク科アレルギーの人も副作用が起こる恐れがあるので、摂取は控えましょう。

 

ハーブティーとして飲用すると、優しい花の香りがありますね。

 

たしかに、後味は「どことなくリンゴ」のような香りもありますが・・・・・

 

でも、この味をリンゴとは言えないですね・・・・

 

強いていうなら、アップルティー(紅茶)との相性がよさそうかな。

 

カモミールティー(カミツレ茶)に含まれる精油成分「アズレン」には消化器系の炎症を抑える効果があります。

 

そのため、「歯肉炎や口臭予防、喉の炎症」に効果的で、毎日のエチケットサポートに役立ちます。

 

また、過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレス症状にも効果的です。

 

けっこう独特の苦いような臭みがあるので、飲みにくい思う人も多そうかな。

 

ちなみに、食事により体内に糖分が過剰なることを「糖化」と言い、

それにより生成されていく物質は「終末糖化産物」と言われています。

 

この物質は「生活習慣病や老化(「糖尿病、動脈硬化など)」の原因になります。

 

カモミールの含有成分「カマメロサイド」には、

この物質の生成を防ぐ効用があり、特に糖化予防に役立ちます。

 

さらに、肌(皮膚)を様々な刺激から守り効果がありますね。

 

「膀胱の炎症や気管支の炎症」などを和らげ、

これらを原因で発症する「吐き気(嘔吐感)も」緩和してくれます。

 

どうでしたか?

 

このように適量であれば妊娠中にもカモミールティーを楽しんでいる人もいます。

 

ハーブティーには多彩な効能や効き目があると認識されています。

 

このカモミールティーは一世界各国で多くの女性に親しまれております。

 

さらに初心者にオススメの人気ハーブティーでもあり、

有効性や効力を知って上手に利用するとよい作用をします。

 

 

カモミールを妊娠中に飲んでしまった!臨月や妊婦への悪影響は平気?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

確かにカモミールティーは妊娠中に飲むのは控えた方が良いですが、

1日に1杯~2杯までの適量であれば、問題ありません。

 

むしろストレス解消効果につながるので、メンタルサポートに役立ちます。

 

またノンカフェインなのも魅力の一つです。

 

カフェインは胃痛や吐き気、睡眠障害などの副作用をもたらすといった指摘があります。

 

多くの人が疑問に持つところではありますが、

カモミールティーはカフェインが含まれていない「ノンカフェインハーブティー」です。

 

これはローズヒップと同じですね。

 

なので紅茶のようにカフェインによる睡眠妨害などの心配はいりません。

 

カモミールティーにおけるカフェインを心配されている方は全く心配ありません。

 

しかし、ノンカフェインだからといった安心できず、

状況に応じて飲むタイミングは分けたほうが良い傾向にあります。



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?