仕事場の子供っぽい大人「ピーターパン症候群(病気)」の4つの性格

この記事は1 分で簡単に読めます


 

仕事をしていると多くの男性や女性と接する機会があります。

 

その職場(仕事場)のなかに、

「子供っぽい性格をした大人の男性や女性」

に出会うこともありますよね。

 

現在では、

そんな子供っぽい大人の人を「ピーターパン症候群」と呼び、

一つの症状(病気)に近いとも考えられています。

 

では、いったいどんな特徴があるのでしょうか?

 

調べてみると下記のような人が特徴として当てはまるそうですよ。

 

 

仕事場の子供っぽい大人「ピーターパン症候群(病気)」の性格


「発言や言動が子供っぽい」

社会人になってくるに連れて、

目上の人への礼節だけでなく、

発言や言動も大人のような振る舞いが求められてきます。

 

もちろん、職場環境によっても異なりますし、

すべてではありません。

 

しかし職場によって、30代~60代など、

ある程度の年齢にいっても

・「敬語が使えない」

・「口が悪い」

などの子供のような口調の人がいます。

 

特に、敬語が使えないで、

幼児性が抜けていない上司や先輩がいるのであれば、

それは子供っぽい大人「ピーターパン症候群(病気)」なのかもしれません。

 

 

「行動が抑えられないガキ大将気質」

これは、男性に多いのですが、

怒りやイライラなどをまったく隠すことが出来ず、

感情のコントロールができない人がいます。

 

感情を理性で抑えられないのは、

典型的な幼児性が抜けていない人の症状でもあります。

 

しかし、この症状は改善するのが難しく、

一種の病気や症状のような部類に入ってしまうということが、

心理学でも言われています。

 

ワガママで自分の思い通りにいかないと、

すぐに怒り出す人も幼児性が強い、

子供っぽい大人と言われています。

 

 

「お酒に酔うと赤ちゃん言葉を話す」

普段はしっかりとしていたり、

大人しそうにしている人がアルコールに酔うと、

「赤ちゃん言葉を話す人」がいます。

 

これは親に甘えたり、

ワガママを言ったりして幼少期に、

「子供らしい時間」を十分に過ごせていないことが原因です。

 

しかし、

この手のタイプは会社の上司であることが多いのも事実で、多

くの女性の悩みの原因でもあります。

 

もし、職場に「お酒に酔うと赤ちゃん言葉を話す人」がいるとするならば、あなたに母性を求めている証拠だと専門家に言われています。

 

 

「物に八つ当たりり、もしくは物を壊す」

よく物に当たる人も、

子供っぽい大人と言われています。

 

イライラすると物に当たったり、

物を壊すというのが、

幼児が怒ったときとる代表的な行動です。

 

これは、専門家にも言われておりますが、

物に当たる人は幼児性が抜けていない代表的な症状の一つだと言われています。

 

もし、職場にこのような症状の人がいたら、

注意が必要かもしれません。

 

 

このように、

男性や女性でも子供っぽい大人「ピーターパン症候群(病気)」の人は、

あなたの仕事場に多くいます。

 

 




あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?