職場で悪口のターゲットにされたらどうする?原因と対処法を知ろう!

目次一覧

この記事は4 分で簡単に読めます


人の陰口って、うっかり聞こえてしまうことがありますよね?

 

「悪口(陰口)の現場に居合わせてしまった」

「自分が陰口を言われていると知ってしまった」

「自分が言った悪口が本人に伝わってしまった場合」

 

そんなときはどうしたらよいのでしょうか?

 

特に女性が多い会社や職場は、

陰口が言われ聞いてしまうこともありますが、

どんな対処法があるのでしょうか?

 

職場で悪口のターゲットにされたらどうする?まずは考え方を変える

自分もターゲット!陰口が多い女の職場と悪口を言われ聞こえた5つの対処法

「実は心が貧しい人間でもある」

陰口や悪口を言いふらすような人は、

心が貧しく深層心理の中で、

孤独を抱えているような人が、

多い傾向があると言われています。

心が貧しいかわいそうな人だと思って、

自分の中で気にしないようにしましょう。

「職場 悪口 コウモリ女」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「職場での仕事上の付き合いと割り切る」

職場での仕事上の付き合いだからと、

あまり感情的にならないようにするのも、

自分が悪口を言われたときに効果的との意見があります。

会社から一歩出てしまえば赤の他人なので、

気にしないようにする精神性を身に着けるのも有効です。

 

「時間が経過するのを待つ」

時間が経過してストレスがなくなっていくのを自分の中でひたすら待つ。

人によっては、

寝たら忘れてしまうという体質の人もいますが、

忙しい生活の中で気が付いたら忘れていた、

なんてこともあります。

 

「悪口を言う人は嫉妬の塊」

実は心理学的には、

悪口や陰口をいうような人は、

「嫌われたくない恐怖心」

「嫉妬の塊」

などとの報告も寄せられています。

「この人は他人のことがうらやましくてしょうがないんだな」

と思ってあげると見る目も変わるかもしれません。

「職場 意地悪 ババア」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「自分の目で判断する癖をつける」

「悪口はあくまでも噂話」と言うように、

他人の感情によるフィルタを通した上で、

語られている割合が高いようです。

そのた悪口を言っていた本人と接した上で、

自分の目で確かめることをお奨めします。

見る立場が異なれば、

相手の行動から感触を得る印象も関係のないことに行きます。

 

「自分を納得させる」

「自分が人気者になるのは気持ちがいい」

ですが、みんなから好かれることは確実に無理ですし、

特に女性の職場では人気者に嫉妬する女性も多いです。

つまり「みんなに好かれる人なんていない」ということを、

自覚したうえで職場環境を円滑にするよに意識することも大切です。

 

「コミュニケーションで必要ないものを切り捨てる」

いつも誰かの憎まれ口をたたいている人と、

ベッタリ付き合うことは不要です。

距離を一定に維持することが大切。

簡単に説明すると

「自分の仕事に有益な情報を自分のものにする」

「仕事に関する知識を得る」

「職場の権力構造の見極めを誤らない」

など、罵詈雑言を浴びせている人に対する交流の目的を明らかにしましょう。

そこでセールスポイントよりも、

マイナス面が増えてきたと感じる場合には、

悪口を聞きすぎる必要性がないでしょう。

 

「全ての人と分かり合えるわけではないと思う」

情報の増大から人たちが種々ある個性を抱えている現代において、

全ての人とわかりあうのは許可するわけにはいかない、

という諦めが重要事項だと断定できます。

そうだとしても、

これは「自分と分かり合える人はいない」という事ではなく、

分かり合える人も一定数はいるという危険性を意味しています。

そのように心を選択すれば気持ちが楽になり、

相手に対する不満も鎮静されていきます。

 

「他者をコントロールできるという幻想を手放す」

分かり合えない人間と、

無理矢理関わられないとなったらいけない場合、

動作させようとする人がそれなりの数います。

しかしコントロールをしたいとすればより嫌われてしまい、

相手からの反発を招くことが発生します。

「自分の世界通りにならないことはある」

という諦めがポイントであり、

さらにはそれが他者の「違い」に対する敬意にも及ぶのです。

 

「分かり合える少数の人を厳選する」

誰にでもケチョンケチョンに言う人は、

それが周囲の人にも共感してもらえる、

という仮定をしている場合がほとんどではないでしょうか。

もし、悪口を取り上げられるのが苦痛の場合には、

その人と道徳意識がずれているのかも知れません。

自分にとってモラルセンスが似ている人を、

入念に選んで友人として重要視してましょう。

 

 

職場で悪口のターゲットにされたらまずストレス解消方法を身に着けよう

「趣味に没頭する」

仕事のことを忘れられる趣味を見つけて、

気持ちを紛らわす方法も人気があり、

陰口が多い女の職場と悪口を言われ聞いたときの対処法として有効です。

悪口だらけの恐ろしい女の職場へのストレスには、

「いかに休日にリフレッシュできるか?」

これが重要になってきます。

 

「アロマテラピーする」

ストレス解消など医学的に証明されている

精油によるアロマテラピーで、

心の自然治療するといった悪口を気にしなくなる方法があります。

民間療法でもありますが、

精油によるアロマテラピーは、

医学的にも脳へのストレスに効果的と報告されています。

 

「しっかりと睡眠をとる」

寝ることで自分の感情を整理する

(医学的にも睡眠はストレス解消や自分の気持ちを整理する効果)

睡眠には、ストレス解消だけでなく、

気持ちを整理するにも効果的な方法と言われており、

現在では睡眠を促進するアイテムが豊富にあります。

 

「友人に話を聞いてもらう」

友人に気持ちを吐露することで、

悪い感情をすべて吐き出すようにする方法も人気です。

特に女性は自分の感情を人に打ち明けることで、

会話によるストレスを解消する体質があり、

話を聞いてもらうことでスッキリするとの意見も多くあります。

 

 

職場で悪口のターゲット作る人の特徴って何?心理的な気持ちはコレだった!

自分もターゲット!陰口が多い女の職場と悪口を言われ聞こえた5つの対処法

「自分の思い通りになると思い込んでいる傲慢知己な人」

罵詈雑言を浴びせる人は第三者への期待値が高いレベル。

また自分自身の理想とは違う場合に、

それを責めるというメンタリティの持ち主である可能性が大きいのです。

自分と他者との格差や有利性や長所として容認できないために、

他の人を責めるような構造が進展しているようです。

 

「人間的に視野が狭い」

悪口を言う人は、

狭い人間関係に封じ込められていて、

視野が狭くなっている場合が多いケースいえます。

新しいことを摂取しようとせず、

自分の道徳観念を常に中軸に被せて人と対応するため。

リアクションが衝突したり、

違う多くの人の考えを持った人を否定し、

叩いてしまいます。

 

「自分に自信がなくネガティブ思考」

悪口を言う人は、

自分よりうまく物事を進めることを可能にする人を羨み、

負のバイタリティーに変換してしまうこともあると聞きます。

第三者の言動が気になり

意識の高い発言や行動をネガティブ思考にとらえようとするのです。

普段から働いていると「自分も職場で悪口を言われてる気がする」

と感じることは誰しもにあると思いますし、

悪口を言われない人なんていないと思ったほうが賢明でしょう。

 

「環境選択能力がきわめて低い」

自分に違和感がある環境を選り抜いているとイライラする気持ちがたまり、

自然に悪口が増えてしまう時もあるようです。

自分と合っていない人と関わらなければいけない状況を、

自ら観念する能力が欠落しているという見解から、

選択能力が低いではないかと考えます。

その場合には社会環境を変える、

もしくは適正化することを勧めましょう。

正面突破でぶつかっていっても、

不満を溜め込む状態になり行き詰まりになってしまいます。

 

「敵と向き合う勇気がなく諦める」

通常だったら、

何か問題が発症した時には、

その本人との話し合いで解決するようにしましょう。

ボロクソに言う人は、

相手と正面突破で向き合う肝ったまがない、

もしくは言っても伝わらないと勝手に頭から決めてかかってしまいます。

そこで相手のいない場所でボロクソに言う特徴を拭いきれません。

 

「幼稚で稚拙な精神性」

株式会社はチームワークが基本的法則です。

悪口を言う人は、

自分の発言が周囲にどういう嫌な思いをさせるか、

ということまで気にすることなく自分の感情を発散させることに焦点を合わせて納めています。

悪口を配分することで、

仲間意識や連帯感を感じようとし、

チームとしてウンともスンともいわなくさせてしまいます。

全体よりも個を大切に考えるため、

精神的な成熟レベルが低レベルだと断言します。

 

「干渉好きで噂好き」

特に、「干渉好きな人」や「噂話好きな人」は、

人の行動や生活が気になってしょうがない傾向にあり、

同じくらい悪口を言う傾向にあります。

これら以外にも

「気が強い人、噂好きな人、干渉好きな人、自分が一番ないと気が済まない人」

など多くの人からあげられています。

「噂好き 職場 ターゲット」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「職場で悪口のターゲットにされたら言い返す!」という仕返し方法は人間関係を悪化させる?

悪口を言われたら言い返したくなるのは、

誰しもにある感情ですが、

その仕返し方法は、

会社(職場)で人間関係を、

悪化させる要因になります。

 

職場で一度悪化した人間関係は、

なかなか修復不可能。

特に女の職場では、

一度イザコザが生じるとずっと続くことに・・・

 

多くの人の意見として、

「悪口を言われたら言い返す!」

という仕返し方法を取る人が多いですが、

いったん冷静になり状況を窺いましょう。

 

一度、相手の立場を把握したうえで、

仕返しする機会を窺うのが一番の効果的な対処法で、

まずは自分の味方を増やすという意見もあります。

 

「つまり悪口を言われたら言い返す!」

という仕返しはいったん保留にして、

相手の立場や周囲の人間関係を、

よく把握することから始めると、

良いという経験談も多くあります。

 

 

職場で悪口のターゲットにされやすい人の特徴とは?原因を知ろう!

では、職場で悪口を言われやすい人の特徴として、

どんな人が挙げられるのでしょうか?

 

多くの意見を総括すると悪口を言われやすい人の特徴として

 

気が弱い人

人の顔色を窺っている

人に指示する立場である

自分の意見が言えない人

 

などが挙げられています。

 

 

気が弱い人や悪目立ちする人が悪口言われやすい傾向にあります。

 

出る杭は打たれると言う事でしょう。

しかし、あなたは何も悪くありません!

 

悪口を言う人がいけないのです。

 

また、悪口ばかりの人は最終的にみんなから嫌われるのです。

「職場 悪口 いじめ」に関する記事も併せて読みましょう。

 

女性が多い職場は悪口のターゲットにされる可能性が非常に高い!

色々な職種はありますが、

やはり女が多い職場は陰口に疲れるだけでなく、

人間関係がめんどくさいし怖いと言われています。

 

中でものこのページで紹介した「看護師」の職場は、

性格がキツイ人も多く、

悪口の大嵐だと言われています。

 

男性の職場に比べると、

女性が多い職場では陰口・悪口・噂話が、

仲良くなるコミュニケーションツールでもあると言われています。

 

他にも、人間関係に疲れてめんどくさいし怖い理由として、

「誰を信頼していいのか?わからない!」

という意見も。

 

基本的に女の人の会話として、

人の話が多くなりますし、

中でもその場にいない人の悪口や陰口は、

「女の職場あるある」という意見も多いです。

 

これが女が多い職場は、

噂話や陰口を頻繁に耳にする機会が多く、

疲れて人間関係がめんどくさいし怖いと、

言われている理由でもあります。

 

メンタルの弱い女性は、

自分も悪口を言われているに違いないとうつ病になってしまう人も。

 

「その場にいない人の悪口が定番」

その場にいない人の悪口には、

「絶対になるので誰が味方なのか?」

わからないことが多く、

自分も何を言われているのかわからず怖い。

これが原因で、

人間不信になってしまうとの意見もあります。

 

「出る杭は必ず打たれる職場」

人気者になったり、

仕事が上手くいってくると、

「それを面白くないと思う嫉妬深い女」

にネガティブキャンペーンをされる。

他にも、

噂話を流されて評判を下げられるとの意見もあります。

 

 

「上司の男性と仲良さそうにするのは禁物」

男性と仲良さそうに話していると、

「尻軽女」だと職場のみんなに言いふらされて評判を下げられる。

特に、看護師の人から寄せられる話ですが、

お医者さんと仲良さそうに話しているのを見た、

同僚の看護師に「不倫している」と吹き込まれたことがある!

との体験談もあります。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?