バイト面接は何分前にお店に到着すればいい?15分前くらいがいい?

この記事は2 分で簡単に読めます




アルバイトの面接は何時に行けばいいのでしょうか?

 

人によって違いますし、基本的に10分前~15分前と言われていますが、それは本当なのでしょうか?

 

このページではアルバイトの面接は何分前に到着するのがベストなのか?

 

調査したので紹介しています。

 

 

 

バイト面接の10分前~15分前の到着は煙たがれる!

10分~15分前行動を心掛けるのは賢明だとは思いますが、アルバイトの面接にあまり早く付きすぎるのはやめましょう。

 

確かに、しっかりした印象を持たれるかもしれませんが、単純に迷惑になるからです。

 

「しっかりした人」と「空気の読めない人」が紙一重でもありますが、この場合は後者である可能性が非常に高いのです。

 

先方も時間通りに進めたいと思いますし、最悪な状況だとあなたの他の面接者と被ってしまうことになります。

 

アルバイト先も迷惑ですし、あなたも早く到着して待たされるのは嫌でしょう。

 

自分が思っている以上に10分間、面接が始まるのを待つといのは長いものです。

 

なのでアルバイトの面接先に10分前~15分前に到着するのはお互いのためにもやめておきましょう。

 

あまり早くアルバイトの面接につきすぎて怪訝な顔をされたいのであれば別ですが・・・・

 

 

 

マナー違反も落ちる原因!バイトや仕事での理想的な面接で入り時間

不採用フラグ!バイト面接で「6つの落ちた人のサイン」と原因とは?

理想的な面接での入り時間は何時事がいいのか?

 

迷う人もいますが、あまり早すぎるとマナー違反でもあり、落ちる原因を作ってしまう可能性も。

 

なにより、面接での早すぎる入り時間は、逆に相手に失礼ですし、長く待つのも面倒です。

 

一般的に理想的な仕事やバイトでの入り時間は「5分前」と言われています。

 

しかし、実際に面接時間丁度であっても、職場が混んでいて待たされるケースもあり、一概には妥当な時間は明確ではないとの意見も。

 

 

なので面接時間の「5分前」に行けば間違いはありません。

 

もちろん、面接先にもよりますが店舗で面接している職場であれば5分前くらいが理想的ですよ。

 

 

逆に遅刻は完全なるマナー違反ですし、ほぼ100%の確率で不採用になる原因なので注目しましょう。

 

聞いた話では「遅刻したから面接しても採用しないけどどうするの?」っと言われた人もいます。

 

 

 

バイト面接に遅刻しそうになったときはどうする?

当然のことですが、アルバイトの面接に遅刻するのは絶望的です。

 

お店によっては「遅刻した段階で不採用が決定している」という店長さんもいるので、絶対に遅刻は辞めておきましょう。

 

ですが「電車の遅延」などで已む得ない状況で遅刻してしまうこともありますよね?

 

そういった場合は、遅刻するのはわかった時点で必ず電話連絡を入れておきましょう。

 

 

「ポイントはどういう理由で、何分くらい遅刻するのか?

 

 

をちゃんと明確に連絡したほうが良いですね。

 

またどうしてもいけなくなった場合も、わかった時点で面接の日にちをズラしてもらうように交渉しておきましょう。

 

先延ばしにすればするほど、アルバイトの面接を落とされる確率はドンドン高まっていくので、1分でも遅刻する場合は電話を入れておきましょう。

 

遅刻して何の連絡もなしにシレーーっと面接に受けに来たら、「確実に不採用」であることは間違いありません。

 

 

ひどければ、面接すらしてくれないこともあるので注意しましょう。

 

 

 

 

バイト面接は何分前にお店に到着すればいい?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決されたでしょうか?

 

基本的に面接は5分前に到着するのが理想的です。

 

もちろん10分前に面接場に到着するのも悪くはないですが、店舗面接(お店での直接面接)であれば、10分前もちょっと早い印象です。

 

実は著者もアルバイトの面接で「空気読んで来て!10分前とかに来なくていいから!」とお店の責任者に言われたことがあります。

 

 

可能であれば時間ピッタリにいくのもアリですが、遅刻するリスクもあるので5分前に到着しましょう。

 

そうすれば、あなた自身も待たされることもありませんし、先方も時間通りに事が進められるのでお互いにメリットしかありません。

 

またアルバイトの面接に理想的な時間に到着したからと言って必ず採用されるとも限りません。

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?