ディルマ紅茶のブラックカラントティーは美味しいの?口コミで紹介

この記事は2 分で簡単に読めます


ディルマ紅茶のブラックカラントティーは本当に美味しいのでしょうか?

 

いくら評判の良い紅茶シリーズであったとしても実際に飲んでみないとわかりませんよね。

 

もしかしたらマズイ(まずい)可能性もあります。

 

ではディルマ紅茶のブラックカラントティーの口コミを見ていきましょう。

 

 

ディルマ紅茶のブラックカラントティーは美味しいの?口コミで紹介

紅茶のカテキン含有量と緑茶の比較を検証!カテキンの効果

今回、通販店で人気の「ディルマ(Dilmah)紅茶:ブラックカラント(カシス)」の口コミリポートさせていただきました。

 

「ディルマ(Dilmah)紅茶」は海外で流通されているハーブティーシリーズです。

 

どういった風味でしょうか?

 

ブラックカラント(カシス)のパッケージですね。

紅茶には茶カテキンが含有されているので、脂肪の燃焼をサポートし、ダイエットにいい働きをするといわれています。

 

ですが、一方で便を固める「タンイン」も含有されているので、便秘になりやすいともいわれていますね。

 

紅茶のカテキン含有量と緑茶の比較を検証!カテキンの効果

ティーパックからはカシスのような「甘酸っぱいベリー系の香り」が楽しめますね。

 

でも、その中に優しいスパイシーな辛さもあるような印象ですかね。

 

男性の方々が好きそうな香りですね。

 

好みがわかれそうな風味ですが、個人的な意見を述べるならば愛着がある香りだったりしていますね。

 

ちなみに紅茶の渋みを構成しているカテキンはタンニンの一種でありタンニンはポリフェノールに含まれるものです。

 

「抗酸化作用」

「抗菌力」

「殺菌力(インフルエンザやO157の予防)」

「中性脂肪の減少」

「コレステロールの低下」

 

が特徴的な効果が期待ができます。

 

紅茶のカテキン含有量と緑茶の比較を検証!カテキンの効果

お湯を注ぐと、ティーパックからは感じられた、「辛さ」がなくなりました。

 

優しい「甘酸っぱいベリー系の香り」になっていますね。

 

どことなく紅茶のような渋さも考えても良さそうですが、この時点では「カシス(ブラックカラント)」の香りがメインかな。

 

紅茶の代名詞といえばカフェインですが、カフェインには覚醒や消化作用、利尿作用、ヒーリングの効果があるとのこと。

 

微量ながら組み込まれているフッ素による虫歯予防の効果もあると考えられますね。

 

ひとことで「紅茶」であったとしても緑茶と比較対照すると産地の相違するところなどの差が無数にありますね。

 

簡単に説明するとアッサム種の紅茶と中国種の紅茶ではポリフェノールの量やカテキンの系統も異なっているためすべてを統一するのは大変であるとのことです。

 

ハーブティーとして飲用すると、基本にあるのは紅茶の渋みと香りがメインになりました。

 

でも、そこはかとなく「カシスの甘酸っぱいベリー系の香り」が存在しますね。

 

そして、後味にソフトにカシス(ブラックカラント)の香り、ふわふわ香ります。

 

わりと、しっかり紅茶なので、特別なことをしなくてもカシスの香りを感じることのできる程度かな。

 

 

「ディルマ紅茶のブラックカラントティーは美味しいの?」口コミで紹介~まとめ

今回、お取り寄せ店で注目を浴びる「ディルマ(Dilmah)紅茶:ブラックカラント(カシス)」の口コミリポートいたしました。

 

「ブラックカラント(カシス)」の香りもふわふわと楽しめますが、ちゃんとカテキンの存在(紅茶の渋み)とコクもありますね。

 

ちなみに、温度が下がったほうが、カシスの香しさをエンジョイできました。

 

なので、お腹が弱い人はお気を付けたほうがよさそうですが、アイスティー向きですね。





あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?