カップルで行く花見って何するのがオススメ?5つの楽しみ方を紹介

この記事は3 分で簡単に読めます


彼女とお花見デートしたいけど、具体的に何すればいいの?

彼女にお花見デートを楽しんでもらいたいけど、何すればいいの?

 

などと、疑問はつきませんよね?

 

お花見デートの楽しみ方は意外にも多いもの。

 

「カップルで行く花見って何するのがオススメなのか?」

5つの楽しみ方を紹介していきます。

 

カップルで行く花見って何するのがオススメ?彼女を喜ばせる5つの楽しみ方を紹介

彼氏と花見デートですることは?必要な持ち物やオススメの必需品

「桜を眺めつつ季節の景色を楽しみがら彼女と散策する」

季節の景色を堪能しながら二人で自然の中を散歩しみましょう。

 

「歩くだけって暇じゃないの?」と思う人もいらっしゃいますが、

自然を鑑賞しながら散策するのは快適なものですよ。

 

歩きながらゆったり話せるので、二人の仲をグッと縮めることも出来ます。

 

足並みを揃えて散策することで互いに相手に気遣いを感じ取るようにもなりますよ。

 

綺麗な花を見つけたり、見晴らしの良い景色を二人で眺めると、

話も跳ねあがってお互いに気持ちの良いでしょう。

 

人は緑を見ているだけで緊張が解け肩の力が抜けるものです。

 

自然の中ならあまりドキドキせず彼女と意思疎通をとれるはずですよ。

 

ポイントは彼女の足並みにあわせること。

男と女では歩幅も違うので、自分のペースで歩くと彼女が疲れてストレスを感じることにもなります。

「お花見 女子 つまらないと感じる瞬間」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「桜を背景に彼女とラブラブな写真を撮る」

彼女とお花見に行ったら2人で自撮り写真をとるのも楽しいですよ。

 

「こんな所に来たよ」とSNSに投稿すれば、周りからの反応も堪能できますね。

 

お花見デートで自撮りするときは太陽の向きに意識を向けましょう。

 

労力をかけて撮ったのに逆光で顔がわからないのはガッカリですからね。

 

印象が非常に暗くなるのでなるべく日陰も避け、

光のよく当たるところで撮ってみて下さいね。

 

おそろいの表情やポーズで撮れば可愛く撮れますし、

ピタッと顔をくっつけ合えばラブラブ感を演出できます。

 

「原っぱにレジャーシートをひいて桜を眺めながら日向ぼっこ」

原っぱにレジャーシートをセッティングして彼と寝そべり、

桜を見ながら日向ぼっこするのもとても快適ですよ。

 

彼女とゆっくり会話できますし、常々の疲れやイライラを解消することもできますね。

 

いつも人の多い場所でデートしている二人にとっては、

きっと初々しい一日になるでしょう。

 

彼女とのんびり過ごせて身体にもいい日向ぼっこ。

 

ぜひ一度お試し下さいね。

 

もっと詳しく知りたい人はこちらです。

「お花見 することって何? 恋人同士」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「シャボン玉とフリスビーなどの子供用おもちゃで遊ぶ」

しゃぼん玉や水風船など、子供用の遊び道具で戯れるのも人気です。

 

しゃぼん玉を飛ばして笑っているあなたを見て、

彼女は「可愛いな」とキュンキュンしてくれるはずですよ。

 

キラキラ光るしゃぼん玉は写真撮影にもとても映えます。

 

しゃぼん玉で遊びながら写真を一枚を撮って、SNSにアップしても楽しく過ごせますね。

 

夏なら水鉄砲でお互いを打ち合って遊ぶのもお勧めできます。

 

彼女も水鉄砲で遊べば思い切り盛り上がるはずですよ。

 

ノスタルジックなおもちゃで遊ぶことで、

2人の新たな一面を発見することも可能なのです。

「お花見 デート 7つの楽しみ方」に関する記事も併せて読みましょう。

 

「お弁当またはサンドウィッチを買って桜を眺めながら食べる」

彼女とのお花見デートのお楽しみといえば2人で食べるお弁当。

 

道中のコンビニやスーパー、百貨店で一緒に買い出ししても良いですね。

 

後々、ゴミになるのが嫌ならサンドイッチやおにぎりがおすすめです。

 

「サンドイチやおにぎり」なら片手で気軽に口に入れられますし、持っていくのも楽ですよ。

 

また、シェアするなた紙ナプキンや取り皿、フォークなど、

備品もしっかり用意して行きましょう。

 

「お花見 人気 食べ物 飲み物」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

カップルで行く花見に持って行くと彼女に喜ばれるものは?気が利く男になろう!

彼氏と花見デートですることは?必要な持ち物やオススメの必需品

「レジャーシート」

レジャーシートやブルーシートと呼称されるものです。

 

今、ホームセンターで数々のものが販売していますし、100均でも販売されています。

 

せめて、キャラクターが入っていたり、パステル調のシートが望ましいですね。

 

絨毯って言う手もあるのですが、少し重いので、家族の時に活用するようにしてください。

 

レジャーシート自体は、なるべく厚いものの方がいいです。

 

二人なら、1.8mⅩ1.8m。大人数なら、3.6mⅩ5.4mがメインです。

お花見しながらご飯を食べるならレジャーシートは必須です。

 

彼女に楽しんでもらうためにも、ぜひ購入しておきましょう。

 

「お菓子またはランチ」

お弁当またはサンドウィッチがオススメですし、

お菓子を持っていっても良いですね。

 

また、二人でシェアするのであれば、割りばしとかお皿、コップも大事です。

 

万が一「あっ!お弁当わすれた~!」となったら、

マックとかコンビニ、スーパーで事前に購入して行くとイイかもしれません。

 

 

「飲み物(ドリンク)」

これは、意外に大事です。

 

公園なんかは自販機がありますが、遠かったら飲み物を買いに行くのがつらいです。

 

もしもなかったら、もう一回、コンビニエンスストアに足を運ばないといけません。

 

なので自販機で買うか、水筒を持っていったり、保冷袋にペットボトルを入れて、

お花見スポットに持っていきましょう。

 

「ウェットティッシュまたはお手拭き」

ウェットティッシュもそうです。

 

汚れたり、食べる前とか、役に立ちます。

 

車で行った時なんか、ボックスティッシュを、一個持って行く人もいますね。

 

ウェットティッシュも、100均に行くと市販されてますので、

一緒に持参していけば便利です。

 

「タオルまたはブランケット」

ちょっと、大きい荷物ではありますが、

尻の下に引くと、クッションに変化します。

 

頭の下に引くと、枕に。

目の上に置くと、日よけになります。

 

多種多様な使い方ができますし、

寒い時も、服の中にいれると暖かいです。

 

彼女に気の利く男だと、アピールできるはずですよ。

 

「ビニール袋(ゴミ袋)」

ちょっと大きめのビニール袋を持参していくと、便利です。

 

お弁当やお菓子のシェアに利用した紙製をまとめてゴミ袋に入れてしまえば楽です。

 

お花見スポットにゴミ箱が設置されていない時は。

ごみ袋やレジ袋をもっていって、持ち帰って捨てられるようにしましょう。

 

これがあれば便利です。

 

最近では、お花見後のゴミの後始末が社会問題になっています。

「お花見 モラル ゴミ処理」に関する記事も併せて読みましょう。

 

彼女と花見デートするときに待ち合わせ時間は何時くらいが良いの?

お花見スポットの混雑予想状況にもよりますが、

祝日であれば、12時~14時くらいが良いでしょう。

 

平日であれば、本来14時~18時くらいには集合したいものです。

 

実は、人気のあるお花見スポットはそれなりに混雑するものです。

 

特に祝日は待ち合わせ時間が早ければ早いほど、場所取りもしやすいでしょう。

 

レジャーシートを敷いてお花見するなら日が暮れる前にはお花見スポットに到着するべきでしょう。

 

通常、平日は遅くても18時まで、土日などの祝日は12~14時くらいが良いかもしれませんね。

 

夕方や夜からお花見するなら、ディナーを兼ねたデートになってきます。

 

社会人の仕事の平均終業時間が17~18時頃だとすれば、

余裕をもって18~19時頃がベストな集合時間だと考えて良さそうです。

 

土曜日日曜日などの祝日で1日デートをするケースでは、

12時~14時頃が良いでしょう。え?遅いって?

 

大事な休みだからもっと早く会いたい!と考えている人もいますが

休みの日くらい朝はゆったり起きたいという人もいます。

 

土日はゆったりお昼から会って、

ランチをしながらこれから先のデートの予定を立てるのも悪くありませんよ。

 

 

カップルで行く花見って何するのがオススメなの?5つの楽しみ方を紹介~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

彼女と花見デートって意外にも楽しめることが豊富にあるものですよ。

 

「お花見って桜を鑑賞してるだけでいいの?」なんて思いますが、

ここで紹介したことを色々実践してみると良いでしょう。

 

きっと彼女とのお花見デートが楽しい1日になりますよ。

 

「桜」を見ながら色々な楽しい時間を彼氏と共用することで、

より親密度が上がりますよ。

 

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?