職場の花見に行きたくないとき飲み会が嫌いな人の上手な断り方は?

この記事は3 分で簡単に読めます


3月~4月になると職場(会社)で大嫌いな「お花見イベント」が始まりますよね?

 

「職場や会社のお花見の集まりに行きたくない!」

と思わず感じてしまいますし、本当に悪しき風習です。

 

では、職場や会社の花見の集まりを上手に断る逃げ方はあるのか?

 

ぜひ、見ていきましょう。

 

 

職場の花見に行きたくないから誘いを断ったらマズイ?嫌われる?

結論から言えば、あなたが考えている以上にマズイ状況ではありません。

 

職場のお花見は会社の人が複数人来るので、

あなたが行かなくても誰も気にしません。

 

なので、職場なお花見に行かなくても、

マズイ状況にはならないでしょう。

 

職場の人も大人ですから、「昨日、来なかったね~~」なんて嫌味を言われることもないでしょう。

 

なので、職場の花見の集まりに行かない(不参加)は嫌われることはありません。

 

ですが、付き合いが良くない人間だと職場の人には思われます。

 

しかし、職場のお花見(飲み会)も交流として重要であるとは思いますが、個人の自由なのです。

「お花見 職場 楽しくない 」に関する記事も併せて読みましょう。

 

全く参加しないというのは「変わってるなー・・・」と感じるとは考えられますが、

そういう趣旨の人もいると納得できますし、それだけです。

 

お花見(飲み会)に来ないなら冷たくしよう、

というのは子供っぽい意図の人はごく稀でしょう。

 

それこそ、職場においての協調性を重要視してないような気がします。

 

仕事が全然できなくてダメだけど、飲み会には欠かさず参加して愛想のいい人よりも、

仕事はキッチリしているあなたの方が断然良いです。

 

しかし断り方は重要です。

 

「お花見が嫌いだから行きたくありません」

なんてバカ正直に答えてしまったら、それこそ最悪です。

 

では、職場のお花見や飲み会が嫌いな人はどうやって断っているのか?

 

上手に断っている先輩たちの意見を参考にしてみましょう。

 

「職場 花見 断り方」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

職場の花見に行きたくないとき飲み会が嫌いな人の上手な断り方を参考にしてみよう

「今、家族が大変なのでお花見は欠席いたします・・・」

「親が大病を患っていて入院しているので・・・・」(大手メーカー営業職:男性:27歳)

 

「母親が病気になっているとか嘘つけば、1回は確実に断れます。」(建築関係:男性:26歳)

 

リアルな「家族」でなくてOKです。

 

誰でもおのおのに大切な位置付けっていますよね。

 

ペットや成長させている観葉植物も「家族」と思いなす人もいますし、

趣味の仲間を「家族のような存在」として感じる人だっています。

 

つまり、家族=飲み会よりも価値のある存在、と理解すればよいのです。

 

 

「体調不備でお医者さんに止められてるのでお花見は欠席します」

「体調がよくない、薬を服用している状態など」(男性/29歳/医療・福祉/専門職)

 

「体調不備。相手もしつこく誘えない」(女性/30歳/建設・土木/技術職)

 

体調が悪い人をお酒の場に義務化することなど不可能ですよね。

 

誘ったほうも、「お大事に」や「またこの次」としか返せないでしょう。

 

 

「子どもを理由にお花見を欠席(拒否)しよう!」

「子どもがいるので、子どもの事情であったとしたらたいてい拒否できる」(女性/33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

 

「子どもの預け先がなかったり、他の用事が先に入ってる」(女性/32歳/医療・福祉/専門職)

 

子どもを持つ女性のみなさんに多かったのが「子どもの事情」で断わるという意見でした。

 

誘ってきた人が子持ちなら、拒否したとしても理解が望めそうですね。

 

 

「事前に有給を取り先手を打ってお花見をお休みする人も」

「職場や会社のお花見の集まりの時期にあわせて、有給とって休んでますよ。」(男性/30歳/大手建設業営業職)

 

「いつもお花見のイベントがあるときは、溜まっていた有給使ってるので出席してないですね」(男性/医療関係営業職/27歳/)

 

数日前から有給を取り、躊躇わず旅行にでかけるという人も少ないがいる。

 

「何も職場で花見があるのにあえてでかけなくても」

と色んなことをいわれる会社もけっこう多いだろう。

 

しかし、職場のお花見が決まる前から予め計画していた、

申請をしていたといえば、誰もバッシングすることは不可能。

 

 

職場のお花見を不参加する理由をあえて伏せるのも上手な断り方です

お花見に参加の有無を聞かれたら、余計なことは言わないのも一つの手です。

嘘が下手な人は「表情や声のトーン」でバレてしまします。

 

詮索して聞かれないのであれば

「あ、申し訳ない。私は不参加でお願いいたします」

でいいと思います。

 

ここで「なんで?用事あるの?」

など聞かれた場合が厄介ですが

ここで用事の中身を回答しなくてはならない!

と感じるとあせってしまいますが

 

「ええ、そうなんです。申し訳ありません。」

内容を答えず気に抜けられると良いですね。

 

お花見にしても職場の飲み会、新年会なんかも全部参加していない人も多い時代です。

 

そこまで、詮索してくる人もいないでしょう。

 

仲の良い同僚が一緒ならどうにか行けるようなら、

その人達と楽しく過ごしたらいいのです。

 

お花見よりも絶対に参加しざるをえない飲み会関連は他にあるので、

そちらさえ行っておけばいいという意見もあります。

 

 

職場(会社)の花見に行かなくても絶対に嫌われないワンポイントアドバイス

「どうしても職場(会社)のお花見に行きたくない!けど嫌われたくない・・・」

 

そんな人には最終手段があります。

 

それは、お酒または食べ物の「差し入れ」を用意していることです。

 

「お花見には参加できないけど、差し入れ買っておいたからよかったらみんなで食べてくださいね」

 

そう言って差し入れをしておけば、

あなたが職場(会社)のお花見に参加できなくても悪く言う人はまずいないでしょう。

 

というか差し入れをもらっている以上、悪くは言えないのです。

 

差し入れの値段はお花見の規模(参加人数)にもよりますが、

2000円前後で量が多いものが妥当でしょう。

 

職場(会社)の花見の集まりに行かなくても絶対に嫌われない方法として、

これは使える手段なのです。

 

「お花見 気が利く 差し入れ 何が良い」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

職場(会社)の花見に行きたくないって人の割合はどれくらいなの?

以前アンケート調査で「会社や職場の花見(宴会)は好き?嫌い?」こんな質問をしてみました。

 

すると・・・・

 

職場のお花見は好き(32%)

職場のお花見は嫌い(68%)

 

という結果になりました。

 

このように半数以上の人が職場のお花見に対して、

苦手意識を持っているのは事実です。

「お花見 嫌い 好き どっち」に関する記事も併せて読みましょう。

 

しかし、行かなかったとしても、同僚に嫌われたりするようなことはないので、

気を使わないで断るのも正解です。

 

断り方は重要ですが。

 

では、職場の花見(飲み会)が嫌いという人の意見を聞いてみましょう。

 

最近では職場(会社)の花見に対して疑問視する世間の声も顕著になってきています。

世間の人の声①

お花見って仕事じゃないですよね。

なんで一緒の仕事先だという理由だけで参加しないといけないの?

 

世間の人の声②

職場の花見や飲み会って必要なの?

お花見でお酒を飲むのは大好きだけど・・・・

正直、こんな下品な人たちとはプライベートで関わりを持ちたくないなぁ~

私なら思ってしまいます。

 

世間の人の声③

職場の連中とお花見しても面白くないでしょう?

自分でも、そんな吐き気がするような連中と呑みたくないです。。。。。

少しずつ、参加者も減ってきているようですけどね。

 

世間の人の声④

私も職場の花見の宴会は、社長同席で無い限り拒否しています。

むかし酔っ払った同僚から『脱げ!!』と服を引きはがされかけたので・・・

でも、今はそういうのにうるさい時代ですから、

上司も気を使っているようですけどね。

どうでしたか?

 

本当に職場のお花見なんてロクなもんじゃないですよね。

 

実は、楽しんでいる人なんて少数意見です。

「お花見 つまらない 感じる」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

職場(会社)の花見に行きたくないとき飲み会が嫌いな人の上手な断り方は?~まとめ

職場や会社の花見の集まりに行きたくない!上手に断る逃げ方

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

職場のお花見(宴会)には誰しもが行きたくないもの・・・

 

事実として社会人の半数以上の人が「嫌い」とアンケートで答えています。

 

職場や会社の花見の集まりに行きたくない上手に断る逃げ方として、

ここで紹介している言い訳を利用してみましょう。

 

職場のお花見なんてロクなもんじゃないですからね。

嫌なら、行かなくていいんです。

強制参加じゃありません。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?