七夕の由来を子どももわかるように簡単に解説!英語での意味とは?


この記事は2 分で簡単に読めます



あなた七夕の意味や由来を知っていますか?

 

英語では「Tanabata」と言われています。

 

実は七夕は中国の話を発祥とする古い歴史があり、実は奥深くすべてを説明するのは困難です。

 

この時期になると幼稚園で保育士さんが七夕の由来や意味を子供に向けて簡単に説明しています。

 

このペースでは七夕の由来や意味を子供(こども)に向けに簡単に説明できるように簡潔に解説しています。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

 

子どももわかる!七夕の由来や意味の始まりを簡単に解説

「七夕」は、「たなばた」、「しちせき」とも読まれ、昔から行っている日本の祭りイベントです。

 

棚機(たなばた)という神事が「たなばた」の起源

 

そのむかし、我が国の禊(みそぎ)のイベントとして

 

「乙女が被服を織って棚にそなえ、大神を迎え入れて秋の豊作を祈ったり、国民の穢れれをはらう」

 

という神事があったんです。

 

その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」それから、被服を織る機械を「棚機(たなばた)」と口にしていました。

 

時と共に、この催し物がお盆を迎え入れる支度として「7月7日の夜」に行なわれることになりました。

 

ここから、現在のところ「七夕」を「たなばた」と当て字で読む由来(意味)がここから来つつあるのです。

 

 

 

おりひめとひこぼしの伝説も簡単に知っておこう!

七夕と申しますと、皆が知っている伝説ですね。

 

これは、中国からの由来が起源と言われています。

 

おりひめ(琴座のベガと言われる「織女(しゅくじょ)星」)は縫製の職業をしていました。

 

ひこぼし(鷲座のアルタイルと言われる「牽牛(けんぎゅう)星」)は農業の仕事を司る星となっていました。

 

この2人の星は、1年に一度、7月7日に天の川を挟んで一番光り輝くこともあって、この日をめぐりあいの日として七夕のロマンチックなおストーリーが作られました。

 

 

子供でもわかりやすい!七夕に願い事をする理由を解説

これも中国の行事から来ています。

 

最初は、おりひめにあやかって願い事をしていたものが、時と共に、いろんな願い事をするようになったのです。

 

これは「乞巧奠(きこうでん)という中国の習わし」から来ています。

 

7月7日の織女星にあやかり、機織りや縫製が熟練するようお祈りする習わしが生まれました。

 

やがて縫製だけではなく芸事や書道、そして現在ではみんなが願い事をする習わしが浸透したのです。

 

また、笹に願い事を書き下ろした短冊を下げて彩る七夕飾りは、江戸時代に寺子屋で学んでいた寺子たちが、習字が熟練するようにと、「短冊」に書かれたのが由来とされています。

 

 

七夕に笹を飾る由来(意味)も知っておきましょう。

七夕に短冊に願い事を書きますが、なぜそれを笹の葉に吊るすのでしょう?

 

笹竹は神聖なもの

 

七夕よりとうの昔から、笹(竹)は神聖なものとして手厚く扱われていました。

 

笹(竹)は、根強く、繁殖力も高く風雪寒暖にも強力。

 

その生命力と神秘性をもっている笹(竹)は古くから神事などにも用いられるほどでした。

 

また、笹の葉の擦れ合う音は、神様を呼び込むとされ、神聖なものとして採用されて来たのです。

ですから、七夕の願い事も、神聖な笹(竹)に吊るすようになってきた。

 

 

 

七夕の由来(意味)を英語で簡単に説明した例文とは?

Tanabata is the Star Festival in English.

七夕は英米語で”the Star Festival”と言います。

 

 

Orihime represents Altair and Hikoboshi represents Vega.

織姫はアルタイル、彦星はベガ、を意図します。

 

 

Orihime and Hikoboshi didn’t work hard at all because they fell deeply in love and were crazy about each other.

織姫と彦星は、強く色恋沙汰に落ちて両者共に惚れこんで、まったく本気で働かなくなってしまったのです。

 

 

The legend of Orihime and Hikoboshi originated from China.

織姫と彦星の逸話は中国が始まりです。

 

 

Tanabata was born from the legend of Orihime and Hikoboshi.

七夕は織姫と彦星の神話から誕生しました。

 

 

Ama no gawa represents the Milky Way.

天の川(あまのがわ)は”the Milky Way”のことを意味しています。

 

 

The king got angry and separated Orihime and Hikoboshi by Ama no gawa.

天帝は激怒して、織姫と彦星を天の川で引き離したそうです。

 

 

Tanabata started to celebrate their once-a-year-reunion.

七夕は彼らの1年1度にの再会を祝うことが理由で始まりました。

 

 

If it rains on July 7, Ama no gawa will flood and they can’t meet.

もし激しい雨が降ってしまうと、天の川が大洪水になって、二人は巡り合うことが出来ません。

 

 

Orihime and Hikoboshi were allowed to meet only on July 7, which is Tanabata.

織姫と彦星は七夕の7月7日だけ巡り合うことを許をうけたのです。

 

 

 

七夕の由来を子どももわかるように簡単に解説~まとめ

どうでしたか?

 

実は七夕の由来や起源は中国が発祥だったと初めて知ったのではないでしょうか?

 

七夕の由来や意味を子供(こども)に向けて説明するのはちょっと難しい・・・

 

大人なら理解できる話も子供では理解できないこともありますからね。

 

そこでこのペースで簡潔かつ簡単に七夕の由来や意味を解説しているので参考にしてみるもの良いともいます。

 

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?