七夕笹を買う場所は?竹や葉の枯れない簡単な保存方法や後処理も解説

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



もうすぐに七夕の季節になりますね。

 

七夕の笹や竹を買うにはどこで売っている場所はどこで購入したらよいのか?

 

 

そんなことに悩まされる時期ですよね。

 

では、さっそくお悩みを解決するために下記にページを見ていきましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

七夕の笹や葉の安く買う場所(お店の購入先)とは?

 

 

 

笹(竹)は、七夕が近付いてくると花屋さんで陳列しているようになるでしょう。

 

身近にある花屋さんでも取りそろえがあるのか不安なケースでは、お先に笹の入荷があるのかどうかを拝聴したり、予約をしたりしておくべきです。

 

花屋以外でも、ホームセンターでも受けつけているケースがあります。

 

手間なしにプラスチックの笹でもいい、と思うなら、ホームセンターやネット通販、カワイイものだと百円均一でも買い入れることができます。

 

余談ですが、願い事を書く短冊は百貨店やホームセンターで売っています。

 

七夕が近づくと人目を引くところに並ぶ傾向も強いので、探さなくても発見できることも考えられます。

 

また一方で一方でこんな疑問も寄せられています。

 

片付けが面倒な七夕の入手方法はAmazonや楽天などの通販で購入したらよいのか?

 

では見ていきましょう。

 

 

七夕の笹は楽天やAmazonなどの通販店での購入もOK

 

 

花屋やイオンスーパーマーケット、コンビニで七夕の笹や竹が売っていない場合は、通販を利用して七夕を購入しましょう。

 

 

ポイントは七夕の2日前くらいに本物の笹と竹が届くようにすれば枯れずに傷まずに七夕の期間に役目を果たしてくれるでしょう。

 

 

前日に届くようにしても良いですが、支度が大変な方は2日前くらいがベストでしょう。

 

 

 

もし面倒であれば、造花(レプリカ)を通販で買い取れば確実に長持ちするのでそちらを利用しても良いでしょう。

 

 

竹や笹の造花(レプリカ)であれば毎年使えますが、あまり大きい商品を購入すると保存が難しくなるので注意しましょう。

 

 

次にこんな意見もあります。

 

七夕はいつからいつまでの期間に飾るべきなのか?使用後の処理(後始末)はどうすべき?

 

七夕の笹は手作りでも良いのだろうか?

 

 

では詳しく見ていきましょう。

 

 

七夕に使う笹や葉が枯れないで長持ちする保存方法

竹は放ったらかしにしておくと、すぐに枯れて茶色くなっていきます。

 

大きいプールなどで竹全体を水にひたしておくと、幾らかは日持ちします。

 

ただし、水に入れていたとしても一日も経過してないうちに葉がロールしてしまいます。

 

こうなってしまうと葉先がとがって危険度が高いので、ちっちゃいお子さんの手の届かない、高い所に飾っておいた方が良いです。

 

竹は本当に水揚げが困難なので、七夕ギリギリに買い付け、短冊を装飾するという手も存在します。

 

 

①「濃い目の酢水に漬ける」

 

お酢くらいのうっすら黄色がかった水面の写真笹を保持する、一番簡単な方法です。

 

それは笹を酢水に漬けること。

 

ポイントは、お酢を少し垂らす程度ではなく、かなりたっぷり目に使うこと。

 

濃い酢水に漬けたら植物が枯れてしまうようなイメージがありますが、笹の場合は濃い酢水に漬けたほうが長持ちします。

 

目安は水:酢=3:2ほど。

 

かなりドバドバとお酢を用います。

 

酢水に漬けるのは笹をその状態を保つ方法として注目されているですが、今迄うまくいかなかったという人は、もしかしてお酢の量が僅かだったのかも?

 

安いお酢を購入してきて、たっぷり利用してみてください。

 

水に漬けて保存する為に比べて、葉っぱが開いた状態が長持ちします。

 

 

②「笹竹全体をお水に漬け、新聞紙で包める」

 

英字新聞の紙面の写真普通に花を花瓶に生けるような形で水に差しているだけだと、笹はどうも水を吸ってくれず、すぐに干上がってしまいます。

 

その状態を保つには、七夕の飾り付けをするギリギリまで、やや大きいタライや風呂桶に水を張り、積極的に笹竹全体を漬けることを目的にしましょう。

 

水からはみ出てしまうことが多い部分には、濡れ新聞をかぶせて、落し蓋っぽく笹全体を被覆ます。

 

劇的に長持ちするというのは無理ですが、この方法だと一般的に水に差して保持するよりは、葉っぱがきれいな状況の下で保存もらえますよ。

 

笹竹全体を漬けるのが困難な場合は、濡れ新聞で竹をくるみ、乾かないようにずっと新聞を湿らせておくことが大切です。

 

 

 

③「竹の節に穴を開け、熱湯を通して上から水を入れる」

 

細めの笹ではなく、太さがある竹を使う場合に効果が高い方法です。

 

キリや金属の棒などを使って、竹の内側の節に穴を開けます。

 

すべての節に穴を開けるのは手間暇がかかりますが、竹の中を空洞にするビジョンで、上下とも届く範囲内で開けましょう。

 

節を開いてみたら、竹の内側に軽く熱湯を通します。

 

これで薄皮が剥がれ、竹が水分を吸収し易くなるものなのです。

 

ただしあまり長時間熱湯を入れると竹の色が茶色く変色していますから、3~4分程度を目安に。

 

湯通しが終わったら、竹の下のスポットに可能ならば水を詰めてから水に差し、上に開けた節からも水をたっぷり注ぎます。

 

竹はなかなか水を吸い取ってくれないので、水を上からも注いでしまうのが大切です。

 

竹の内部の空洞を、可能ならば水で満たすのがポイント。

 

 

 

七夕の笹の葉の準備はいつからいつまでの期間なの?

以前からの方法では願い事を書いた短冊や七夕飾りは7月のはじめ頃から作り行います。

 

竹にデコレーションて軒先に振るうのは6日の夕方で、翌日7日の夜には取り除きてしまいます。

 

だからこそ、竹は6日の夕方までに支度すればOK、ということを意味します。

 

竹がいくらか枯れてしまっても長く満喫したいのであれば、しきたりにこだわなくても良いでしょう。

 

枯れているほうが、破棄するときにスムーズというメリットも存在します。

 

 

 

七夕の笹や葉の後処理(処分する方法)について紹介!

古くは川や海に流す習わしがありました。

 

生まれ故郷によっては、現在でも川や海に流出したり、土に埋めたりすることがございますが、多くのケースは地域で規則通りの方法で、ごみとして破棄します。

 

短冊や、飾りも同じことが言えるんです。

 

ちょっと夢がないですが、どうしようもないですね。

 

 

 

七夕の笹や葉(短冊)はお焚き上げするのがベスト?

短冊は護符等と一緒に「お焚き上げ」してくれる神社も存在します。

 

なので、すべてごみに出すのはちょっとだけ嫌だな、と考えられるケースでは竹はごみとして捨去って、短冊だけを神社で把持していくといいでしょう。

 

自宅で処理を行うとしたら、しっかりと気配りして燃やしましょう。

 

竹は、枯れてからのほうが燃えやすいです。

 

地域の行事として行っているところでは、合同で焼き上げていることもございます。

 

 

お子さんが書かれた七夕の短冊は、何枚かは処分せずに思い出としてとっておくことだって良いですね。

 

 

七夕の笹の葉が枯れない保存方法や後処理~まとめ

七夕を楽しむのは良いですが後処理(後片付け)に頭を悩まされていますよね?

 

このページでは七夕に使う本物の竹や笹の枯れない保存方法について解説していきました。

 

ぜひ、あなたも参考にしてみましょう。

 

 

また七夕に関する関連記事も見ておきましょう

 

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?