七夕のストーリーを英語で説明する例文とは?願い事もしちゃおう!

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は6 分で簡単に読めます



七夕を英語で言うと何なのでしょうか?

 

七夕を英語で言えばなんと呼称するのか?

 

七夕というイベント自体、英語圏では存在していないので「tanabata」

 

もしくは七夕は英米語で「the Star festival」とも言われていますね。

 

 

というふうに命名してから、どういうイベントなのか詳述したり、または『the Star Festival』
なんてふうに称される事がいっぱいありますね。

 

因みに「お盆」のことも「Bon Festival」などと呼んでいます。

 

ちょっと不快な感じありますが、英語で口述するとこのように言われるのですね。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

 

七夕のストーリーを英語で説明する簡単な例文とは?

Orihime and Hikoboshi fell in love and were so crazy about each other that they could not focus on their work.

織姫と彦星は色恋沙汰に落ち、双方ともに心奪われ、勤務しなくなったのです。

 

The heavenly gods got angry and separated Orihime and Hikoboshi onto the different sides of the Milk Way, or Ama-no-gawa in Japanese.

「腹を立てた天の大神は、2者の間を天の川で離れ離れにしてしまったようです」

 

However, the heavenly gods felt sorry for them and allowed them to cross the Ama-no-gawa to meet each other once a year on July 7th.

惨めな2人を可哀相に思った大神は、年に一回きり、7月7日に天の川を渡って二人が顔を合わせることを許しました

 

On this day, many people pray for good weather on July 7th, because if it rains, Orihime and Hikoboshi will not be able to meet up due to the rising water levels of Ama-no-gawa.

7月7日になれば、数多くの人がその日が晴れ上がるように頼みます。

なぜなら、雨が降り落ちると天の川の水かさが増加して2人共が会うことが不可能になりしまうからです。

 

Tanabata is an event that originated from the legend of two stars called Ori-hime and Hiko-boshi. It is held on July 7th every year.

七夕は2人の星、織姫と彦星の逸話がもとになっているイベントで、毎年7月7日に催されます

 

Tanabaka is also known as the Star Festival in English.

七夕は英米語で”the Star festival”とも伝達されます

 

Orihime represents Vega, Hikoboshi represents Altair.

織姫はベガ、彦星はアルタイルの星という特性があります

 

It is said that Tanabata is a special day for lovers because it is the day where lovers reunite.

七夕は、恋人同士が年に一回だけ巡り合う、ロマンティックな日とも話し掛けられます。

 

 

 

七夕に行う短冊に飾る願い事の意味を英語で説明しよう

織姫と彦星のストーリーがわかったところで、その先は七夕に行う見慣れた習わしについて検討しましょう。

 

笹の飾り付けや文章の記載されている短冊など、他の国の方から考えるとアンビリーバブルなものばかりなはず。

 

「あの笹は何?」なんてお尋ねされたときにしっかり答えられるように、リサーチしておきましょう。

 

 

「七夕においては織姫と彦星の再会を賛美なるために、笹を飾ります」

We put up bamboo decorations to celebrate the reunion of Orihime and Hikoboshi on Tanabata.

 

 

「笹には短冊と言われている長細い用紙や、紙の装身具を吊るします」

We hang strips of paper called Tanzaku and other paper accessories on the bamboo sticks.

 

 

「短冊に願いごとを書き綴って笹に吊るすと、その祈りが届く噂されています」

It is believed that your wish will come true if you write it on the Tanzaku and hang it on the bamboo sticks.

 

 

「七夕が近くなると商業施設や学校が短冊を据え置いているケースがあるので、探し出したら書き綴ってみてくださいね」

When Tanabata is around the corner, shopping malls and schools put up the Tanabata bamboo decorations where you can write your wish on the Tanzaku and hang them up.

 

 

「七夕の前後には日本国内で甚大な祭りやセレモニーが行われます。チャンスがあった時に足を運んでみてくださいね」

There are many Tanabata-related festivals and events all over Japan in the month of Tanabata. Do join these activities during this period.

 

 

 

最後に!七夕の願い事を英語で綴ろう(例文を紹介)

I wish to have a happy life.

素敵な一生が送れますように

 

I wish to get a lover.

恋人になれますように

 

Wishing that each day is happy!

幸せな日頃からが送れますように!

 

I wish our family to have good health.

家族みんながが健康健全でありますように

 

I hope everything goes well in my life.

これからの運命がすべて順調にいきますように

 

I wish people all over the world may live in peace.

世界各国の人たちが平穏に過ごすことができますように

 

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

7月7日は七夕ですね。

 

七夕が近付くにつれ、街のあらゆるところで「ささのはさらさら~♪」という歌が耳にしたりします。

 

学校で習った七夕の歌に耳を傾けてみると、自然と子供の頃を思い出してみてノスタルジックを感じる気分になりますよね。

 

 

下記に七夕のうたの歌詞カードと一緒に見ていきましょう。


それと同時に、よく訊いてみると歌詞の意味が気になってきたりします。

 

そこでこちらでは、七夕の歌の歌詞について説明を加えていきます。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

七夕のうたの歌詞カードの意味を解説していこう!

七夕の歌は、「たなばたさま」という呼び方です。

 

昭和16年(1941年)に提供された「うたのほん下」にピックアップされた歌です。

 

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一

ささの葉 さらさら のきばに ゆれる

お星さま きらきら きん ぎん 砂子

 

五しきの たんざく わたしが かいた

お星さま きらきら 空から 見てる

 

 

七夕には短冊に願い事を書き綴って笹の葉に飾り付けるという、江戸時代から誕生した習わしにちなんだ歌詞でもありますね。

 

七夕祭りは、中国で誕生して日本に行き渡ったものですが、短冊を飾るのは、日本だけにある習わしという一説もあります。

 

 

笹の葉さらさらって?七夕のうたの歌詞カードの意味

ささの葉さらさら のきばにゆれる

短冊を飾り付けた笹の葉が、暑い季節の夜風によってサラサラと揺らめく様子を縁側から眺めている雰囲気を意味しています。

 

 

お星さまきらきら きんぎんすなご

星屑が砂子と同じ様に輝いているのを見ているシーンです。

 

 

ごしきのたんざく わたしがかいた

短冊にワクワクして願いを綴ったのを意味しています。

「わたし」という単語には、子供達に同感しながら歌唱して欲しいという思いがこめられています。

 

 

おほしさまきらきら そらからみてる

1番の歌詞では下から星を見ている雰囲気を表していました。

しかし、こちらでは空から観賞する星状況で、俯瞰した形とも言えます。

 

 

 

七夕のうたの歌詞で「のきばや砂子(すなご)」の意味

七夕の歌の歌詞には、現在ではあまり使われないキーワードも見受けられますよね。

 

「のきば」「砂子」「五しき」こういった類の言葉の意味に関して、説明を加えていきます。

 

 

「砂子(すなご)」

砂子は、金や銀を微細な粉としたものの事を示しております。

 

あまたある星がきらきらと光を放つ天の川を、金や銀を微細な粉にして散りばめたニュアンスに例えたと思われます。

 

天の川を本物の川とみたてて、川にある砂というフレーズを用いたかも知れませんね。

 

 

「のきば」

のきばは、軒端と記載します。

 

「軒(のき)」の「端(はし)」だということですね。

 

日本国内家屋で、屋根が建物からはみ出している部分が「軒」。

 

「軒端(のきば)」は、その下の部位です。のきばに、短冊を飾り付けた笹の葉を置き、風に揺らめく様子が歌詞とも言えます。

 

 

「五しき(五色)」

五しきは、「五色」と書き残しています。

 

 

七夕は中国から受け継がれてきたものでしょうが、中国には「五行」という哲学を挙げることが出来ます。

 

 

この世界の物は、木、火、土、金、水の五分類で構成されるという思考法ですね。

 

 

この五行には、各自対応する色があって、青、赤、黄、白、黒の五色であると断言できます。

 

 

中国だと、七夕に、この五色の紐を飾っていらっしゃると思われます。

 

 

日本全国は短冊を飾り付ける習わしとなったため、「願い事を綴った五色の短冊」という歌詞であると言えるでしょう。

 

 

日本では「黒」はあまり喜ばれてないため、代わりに紫が採用されるようになりました。

 

 

ですが、今日この頃は、五色に拘ることなく、多種多様な色でカラフルな短冊がデコレーションされていますね。

 

 

 

七夕のうたの歌詞カードの意味について解説~まとめ

歌詞の意味を知りながらも、改めて七夕の歌に耳を傾けてみると、その情景が浮かび、七夕気分もアップしますね。

 

お子様に説明を加えてあげると、子供さんたちとも素敵な七夕の時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

 

四季折々の伝統行事を、次世代にも継承しながら、堪能したいですね。

 

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

織姫と彦星が、天の川をはさんで年に一度限り巡り会うという七夕の物語。

 

では正直なところ、夏のシーズンの夜空に天の川と織姫彦星は考えられると思いますか?

 

何時に観賞するのが一番なのでしょうか?

 

まずは天の川に関する動画を見ておきましょう。

 

とっても綺麗ですよ!特に最後の方に驚くようなことがありました。

 

どうでしたか?

 

ではさっそく七夕で天の川は空で観測できる場所位置や時間を写真(画像)で解説してきます。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

七夕で天の川は空で場所の位置によって観測できない?

残念な事に、東京などの大都会の空では鑑賞することはできません。

 

街の光源が強烈過ぎることが原因です。

 

天の川は小さな星の輝きが集結して映るもので、全体を通して淡い光線です。

 

自然の残存している山々の中や郷里の全国各地に出ないと無理があるのが現在の状況なのです。

 

もしも東京都内で見えるとしたら、七夕の(7月7日)ではなく、8月前後の時期がオススメだと言われています。

 

 

オススメは仙台!七夕で天の川は空で観測する場所とは

現時点の七夕(7月7日)は、だいたいは梅雨の時節。

 

なので、天候もマイナスがほとんどで、星を見るのには向いていないのが真実なのです。

 

しかし、昔の七夕は、旧暦まで行っていました。

 

旧暦である太陰太陽暦の7月7日は、実際の8月に当てはまります。

 

これが伝統を受け継いだ七夕の元々のタイミングです。

 

 

七夕が見れる場所(位置)だと仙台がオススメ。

 

これにちなんで仙台では七夕祭りは8月7日だと思います。

 

 

 

何日がいいの?天の川は空で観測できる日時について

旧暦の七夕の日付である一番直近では下記になります。

2015年 8月20日

2016年 8月9日

2017年 8月28日

2018年8月17日

2019年8月7日

2020年8月25日

 

というわけです。

 

これって旧暦の七夕の時節だったりします。

 

実際の所、旧暦の七夕の時期であればある程、天の川と星がきれいに現れます。

 

中華人民共和国や日本中で活用されていた太陰太陽暦では、7日の月はいずれもが上弦の月だったのです。

 

そして真夜中には月が沈み、月明かりで映り辛かった天の川が、暗い夜空に浮かび上がります。

 

 

旧暦の七夕の遅い時刻のだと今日の時点での7月7日のころよりも、星座と天の川の高度が上昇しており、よりきれいに分かりやすいスポットにあります。

 

 

もしデートやレジャーで七夕の星空を見たいと希望するなら、是非8月にスケジュールを準備されるといいですね。

 

 

 

天の川を空で観測できる場所位置(北海道で写真撮影)

織姫と彦星は、東の方角に見られております。

 

ちょうど天の川を挟むようにポジショニングで、天の川の真下に見られているのが彦星であるアルタイル、上側に映っていると言えるのが織姫であるベガです。

 

この二つの星は、一等星なので、かなり明るい星です。

 

都心だとぎりぎりかもしれないけれど、運が良ければ鑑賞することは実現可能です。

 

北寄りにあって、最初に上昇してくる明るい方の星が織姫星のベガ。

 

こちらの動画だと、右側の明るい星がベガで、天の川をはさんで左側の星がアルタイルと言います。

 

 

 

 

七夕の星座である織姫よ彦星について学ぼう!

七夕星座のメインの織姫と彦星天の川を挟んで

 

琴座の一等星 「ベガ」が織姫

鷲座の一等星 「アルタイル」が彦星

 

です。

 

天の川を挟むように位置しており、七夕伝説の通りのエリアになっています。

 

14.8後年です。

 

光のスピードでも14.8年かかる距離感の違いああります。

 

ベガとアルタイルはずっと距離を置いており、七夕伝説のみたいに、1年に1度星が距離が近くなるなどということは起きないでしょう。

 

 

 

注意!織姫と彦星はカップルではなく夫婦です

ちなみに関係ない話ですが、織姫と彦星は、カップルじゃありません。

 

夫婦です。

 

七夕の元々のストーリーは、天帝の娘の織姫と、牽牛の働き者の彦星がいたそうです。

 

しかし、本来勤勉だった二人が、結婚が原因でからは遊び過ぎて、織姫は機を織らなくなり彦星は牛を追わなく陥ったんですね。

 

怒りを露にした天帝は二人を天の川を仕きりて引き離し、年に一回、七夕の日にだけ巡り合うことを許した・・・というストーリーです。

 

そうは言っても、年に1度しか巡り会うことができないのは悲しみに満ちた感じですね。

 

今の時代なら、とても恐ろしい独り暮らしや赴任夫婦と行ったところでしょうか?

 

 

 

 

七夕で天の川は空で観測できる?画像で紹介~まとめ

旧暦の七夕に星空を眺めてみれば、頑張って織姫と彦星が見える・・・

 

というのだってロマンティックですよね。

 

少し郊外に出向いて、日差しが強い夏のシーズンは夜に涼みながら、天体観測を行なうのもいい気分になりそうですね!

 

運がよければ天の川は東京都内で見ることができるかもしれませんが、天候がすごく良い場合のみ・・・

 

なのでこのページでも紹介しているように街の明かりが強くないのが条件で、田舎の方が見えやすい傾向にあります。

 

 

特にオススメなのがこのページの画像(写真)で紹介しているように、北海道や仙台が人気のあるスポットであります。

 

次に日時は七夕(7月7日)ではなく、8月前後である方が条件が良い傾向にあります。

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?