七夕で天の川は空で観測できる?場所位置や時間を写真(画像)で解説


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。





織姫と彦星が、天の川をはさんで年に一度限り巡り会うという七夕の物語。

 

では正直なところ、夏のシーズンの夜空に天の川と織姫彦星は考えられると思いますか?

 

何時に観賞するのが一番なのでしょうか?

 

まずは天の川に関する動画を見ておきましょう。

 

とっても綺麗ですよ!特に最後の方に驚くようなことがありました。

 

どうでしたか?

 

ではさっそく七夕で天の川は空で観測できる場所位置や時間を写真(画像)で解説してきます。

 

 

七夕で天の川は空で場所の位置によって観測できない?

残念な事に、東京などの大都会の空では鑑賞することはできません。

 

街の光源が強烈過ぎることが原因です。

 

天の川は小さな星の輝きが集結して映るもので、全体を通して淡い光線です。

 

自然の残存している山々の中や郷里の全国各地に出ないと無理があるのが現在の状況なのです。

 

もしも東京都内で見えるとしたら、七夕の(7月7日)ではなく、8月前後の時期がオススメだと言われています。

 

 

オススメは仙台!七夕で天の川は空で観測する場所とは

現時点の七夕(7月7日)は、だいたいは梅雨の時節。

 

なので、天候もマイナスがほとんどで、星を見るのには向いていないのが真実なのです。

 

しかし、昔の七夕は、旧暦まで行っていました。

 

旧暦である太陰太陽暦の7月7日は、実際の8月に当てはまります。

 

これが伝統を受け継いだ七夕の元々のタイミングです。

 

 

七夕が見れる場所(位置)だと仙台がオススメ。

 

これにちなんで仙台では七夕祭りは8月7日だと思います。

 

 

 

何日がいいの?天の川は空で観測できる日時について

旧暦の七夕の日付である一番直近では下記になります。

2015年 8月20日

2016年 8月9日

2017年 8月28日

2018年8月17日

2019年8月7日

2020年8月25日

 

というわけです。

 

これって旧暦の七夕の時節だったりします。

 

実際の所、旧暦の七夕の時期であればある程、天の川と星がきれいに現れます。

 

中華人民共和国や日本中で活用されていた太陰太陽暦では、7日の月はいずれもが上弦の月だったのです。

 

そして真夜中には月が沈み、月明かりで映り辛かった天の川が、暗い夜空に浮かび上がります。

 

 

旧暦の七夕の遅い時刻のだと今日の時点での7月7日のころよりも、星座と天の川の高度が上昇しており、よりきれいに分かりやすいスポットにあります。

 

 

もしデートやレジャーで七夕の星空を見たいと希望するなら、是非8月にスケジュールを準備されるといいですね。

 

 

 

天の川を空で観測できる場所位置(北海道で写真撮影)

織姫と彦星は、東の方角に見られております。

 

ちょうど天の川を挟むようにポジショニングで、天の川の真下に見られているのが彦星であるアルタイル、上側に映っていると言えるのが織姫であるベガです。

 

この二つの星は、一等星なので、かなり明るい星です。

 

都心だとぎりぎりかもしれないけれど、運が良ければ鑑賞することは実現可能です。

 

北寄りにあって、最初に上昇してくる明るい方の星が織姫星のベガ。

 

こちらの動画だと、右側の明るい星がベガで、天の川をはさんで左側の星がアルタイルと言います。

 

 

 

 

七夕の星座である織姫よ彦星について学ぼう!

七夕星座のメインの織姫と彦星天の川を挟んで

 

琴座の一等星 「ベガ」が織姫

鷲座の一等星 「アルタイル」が彦星

 

です。

 

天の川を挟むように位置しており、七夕伝説の通りのエリアになっています。

 

14.8後年です。

 

光のスピードでも14.8年かかる距離感の違いああります。

 

ベガとアルタイルはずっと距離を置いており、七夕伝説のみたいに、1年に1度星が距離が近くなるなどということは起きないでしょう。

 

 

 

注意!織姫と彦星はカップルではなく夫婦です

ちなみに関係ない話ですが、織姫と彦星は、カップルじゃありません。

 

夫婦です。

 

七夕の元々のストーリーは、天帝の娘の織姫と、牽牛の働き者の彦星がいたそうです。

 

しかし、本来勤勉だった二人が、結婚が原因でからは遊び過ぎて、織姫は機を織らなくなり彦星は牛を追わなく陥ったんですね。

 

怒りを露にした天帝は二人を天の川を仕きりて引き離し、年に一回、七夕の日にだけ巡り合うことを許した・・・というストーリーです。

 

そうは言っても、年に1度しか巡り会うことができないのは悲しみに満ちた感じですね。

 

今の時代なら、とても恐ろしい独り暮らしや赴任夫婦と行ったところでしょうか?

 

 

 

 

七夕で天の川は空で観測できる?画像で紹介~まとめ

旧暦の七夕に星空を眺めてみれば、頑張って織姫と彦星が見える・・・

 

というのだってロマンティックですよね。

 

少し郊外に出向いて、日差しが強い夏のシーズンは夜に涼みながら、天体観測を行なうのもいい気分になりそうですね!

 

運がよければ天の川は東京都内で見ることができるかもしれませんが、天候がすごく良い場合のみ・・・

 

なのでこのページでも紹介しているように街の明かりが強くないのが条件で、田舎の方が見えやすい傾向にあります。

 

 

特にオススメなのがこのページの画像(写真)で紹介しているように、北海道や仙台が人気のあるスポットであります。

 

次に日時は七夕(7月7日)ではなく、8月前後である方が条件が良い傾向にあります。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。